里村 裏切り。 ノーサイドゲーム 里村亮太役の俳優は誰? チームへの裏切りの結末と本心をネタバレ!

『ノーサイド・ゲーム』7話のネタバレ感想。裏切り者、引き抜きで窮地に!? 視聴率9.7%のあらすじとは?

里村 裏切り

TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」に登場するアストロズの部員・里村亮太についてまとめます。 里村を演じているのは、元中日ドラゴンズの名投手・郭源治氏の息子で俳優の佳久創(かく・そう)です。 スクラムハーフ・里村 負けん気が強いスター選手 里村亮太はアストロズのスクラムハーフで、浜畑とともに長年アストロズを支えてきたスター選手です。 原作によれば里村は日本代表経験があり、普段は工場の品質管理課で働いているとのこと。 里村の性格は、一言でいえば負けず嫌い。 屈強な男たちが集まるアストロズのメンバーの中でも特に気が強く、ボランティア活動をボイコットしたり君嶋に対し敵意を見せたりと、時にチーム内に波風を立てる存在でもあります。 里村は、同じポジションの控えメンバーである佐々(林家たま平)を下に見ているところがあるようですが、サイクロンズ戦ではその佐々と途中交代をされてしまいます。 演じているのは、1980年代にプロ野球・中日ドラゴンズの名投手として活躍した郭源治氏(通算106勝、116セーブ)の息子で俳優の佳久創(かく・そう)です。 愛知県名古屋市の出身の28歳で、185cmの恵まれた体格。 台湾原住民族(アミ族)の父と日本人の母の血を受け継いでおり、少しエキゾチックな顔立ちをしています。 珍しい名字である「佳久」は、郭源治氏が日本に帰化した時に名乗ったものです。 元ラガーマン 怪我もあり芸能の道へ 小学生時代は父と同じ投手として野球をプレーしていた佳久創ですが、中学時代にラグビーに出会うと頭角を現し、高校時代には7人制ラグビーの東海選抜に選ばれ全国準優勝も果たしています。 明治大学に進学後も7人制ラグビーの日本選抜メンバーに選ばれるなど活躍を見せますが、左膝前十字靭帯を断裂する大怪我に見舞われています。 卒業後にはジャパントップリーグ 「トヨタ自動車ヴェルブリッツ」に入団するも怪我の影響もあり2年で引退。 その後に芸能活動を開始しています。 当初は 漫才コンビ「ピグマリオンコウカ」を結成してM-1グランプリに出場するなどしていましたが、次第に俳優としての活動が目立つようになります。 2018年にテレビドラマ 「ヘッドハンター」(テレビ東京)、 「今日から俺は!! 」(日本テレビ)、 「神ノ牙-JINGA- 」(TOKYO MX)に端役で出演すると、2019年にはラグビーをテーマにしたNHK BSのドラマ 「キミに最後の別れを 〜永遠なれ ラグビーの青春〜」にメインキャストで出演。 その後も「ミストレス〜女たちの秘密〜」(NHK)、「ストロベリーナイト・サーガ」などに出演しています。 村田琳は政治家・蓮舫氏の息子、眞栄田郷敦は千葉真一の息子、林家たま平は林家正蔵の息子であり、佳久創を含めていずれも有名人の二世たち。

次の

「ノーサイド・ゲーム」ライバルチームの誘いに応じた看板選手に承諾書を出すべきか、大泉洋が苦悩した7話

里村 裏切り

長与千種が創設した女子プロレス団体『GAEA JAPAN』が旗揚げ日である4月15日に復活興行を行う事が先日発表された。 今なお伝説の団体として語り継がれる同団体でデビューした里村明衣子は、今や女子プロレス界のリビングレジェンドとして国内外問わず活躍の幅を広げている。 今回のGAEA一夜復活に、大会運営メンバーとして名前を連ねる里村はどう思っているのか? 自身の弟子である橋本千紘と長与の弟子である彩羽匠がメインイベントでシングルを行うことも決定し、団体を率いる立場としても次世代へ繋ぐ思いを直接聞いた。 そしたら母親に『女子プロレスなんてとっくの昔からあるよ』と言われてビックリして!そこで始めてレンタルビデオ屋さんで借りて見たのが全日本女子プロレスの北斗晶さん対神取忍さんだったんです。 それで衝撃を受けてしまって、こんな女性が世の中にいるんだと思って、さらに女子プロレスがやりたい衝動が強くなって…。 中学3年生の時には、高校には行かないでプロレス一筋で修行したいと思って団体を探していました。 全日本女子プロレスを受けようと思ったんですけど、中学3年生の夏にたまたま当時『リングの魂』というテレビ番組で、長与千種さんが新団体を旗揚げするから一期生を募集すると言っていたんです。 ただ長与さんが『GAEA JAPANは好きな時に練習に来て自由な環境を選手に与える』と言っていたのは覚えています。 まず、道場住まいですね。 倉庫の2階に、カーテンで仕切りがある八畳の部屋に二段ベッドが4つ置いてあって、それが一階二階とあって、そこに当時13人一気に詰め込まれて住みましたね。 練習は一日8時間ずっと練習して、コンビニ行くにも会社に許可をもらって、何時何分にコンビニ出発します、何時何分に帰ってきますと全部報告しなきゃいけなかったですし。 長与さんの存在も全く知らなかったですけど、入門した時すぐに直接練習を見てくださって。 私がその当時時代を作れなかったというのは、同世代のライバルが正直いなくて。 中西百重さんや高橋奈七永さんは全女に居たんですけど、対戦する機会が全くなくて(注:中西は一度だけGAEAに参戦したが、里村は負傷欠場中だった)。 満員にするために、それこそ会社側は朝までミーティングを連日してましたし、選手側は一日8時間から10時間練習してるのが当たり前でしたし。 でも、後楽園を満員にできなくなったらうちはすぐ辞めるからと、代表の杉山さんには最初の頃から言われてたんですよ。 自分がGAEA JAPANの未来を背負えなかったっていう負い目はあったんですけど、それでも過ごしてきた10年間の環境が、私にはもうすごく素晴らしい環境だったので、この素晴らしい世界を無くすわけにはいかないと。 そして、もし新しい団体を作るとしたら、今までのメンバーで一緒にやっていくなら、だったらGAEA JAPANを続けていればいいと思ったので、新しく始めていくには、全く新しいものをやっていかないと意味がないと思って。 ほんとに新崎社長にその時はついていくだけだったので。 まず言われたのが『あービューティーペア昔すごかったよね』っていうのと『ダンプ松本すごかったよね』ぐらいで。 それこそ長与千種というスターがいて、私達も驚異の新人と呼ばれて、すごく業界から注目されていて。 チケットもほんとに試合内容でお客さんが集まってくれたというところでやってきたので、正直集客の心配を選手がしたことがなかったんですね。 仙台に引っ越してきた時に、これからは時代が違うということを(新崎社長に)言われたんです。 今までは後楽園ホールで月イチでやってきた事が当たり前だけど、これからは新木場1stRingのような200人、300人規模を相手にしていく時代になるよっていうふうに言われて、選手が自ら営業を活動して名前を売るところから、対面して名前を売るのが当たり前の時代になるというのをすごく痛感しました。 それは14年間の積み重ねだなと思います」.

次の

【里村明衣子インタビュー前編】15年前に解散したGAEA JAPANは里村明衣子にとってなんだったのか!?

里村 裏切り

里村は、ラグビー部以外の同僚からも裏切り者扱いされ、仕事を押し付けられていた。 夜、残業していると、浜畑がやって来る。 てっきり説得しに来たのかと思った里村は、「みんなを裏切ったのは悪いと思ってます。 でも、俺はもっとでかい舞台で活躍したいんです。 このチャンスを逃すわけにはいかないんです」と訴えるが、浜畑は「ほな、さっさと終わらせて練習せいや」と言って、彼の仕事を手伝い始めた。 「家族が困ってたら助けるのは当然やろ。 ……どこ行っても頑張れよ、里村。 応援してるで」。 浜畑の思いがけない言葉に促され、里村はグラウンドに出る。 そこでは、友部(コージ〈ブリリアン〉)がタックルの猛練習中だった。 友部は里村の穴を埋めるべく主将の岸和田(高橋光臣)の指示で練習していたのだが、どうにもうまくいかず、「別の人に任せたほうがいいんじゃないですか」と弱音を吐く。 その様子を目にした里村は「無様な試合されたくない」と助言し、さらには自らが練習台となって、友部にタックルを繰り返させる。 なかなか体がつかめず、何度も里村に飛びかかってはよけられ、倒れ込む友部。 そんな両者の姿に、ほかのチームメイトも集まってくる。 ついに友部が里村をつかまえると、里村は「その感覚、忘れるんじゃないぞ」と言い残してグラウンドを去っていく。 浜畑もいつのまにかその様子を見ていて、里村に「最後、わざとつかまってやったんか?」と訊ねるが、返事はなかった。 移籍承諾書を出すべきか悩んだ末に君嶋は….

次の