アントニオコンテ ウイイレ2020。 (ウイイレアプリ)オンラインで勝つ!低チームパワースカッドでレートを上げよう│sports

【ウイイレアプリ】FPミカイルアントニオ(7/16)の能力

アントニオコンテ ウイイレ2020

ヨアヒムレーヴ (写真はウィキペディアより) ドイツ国籍、1960年生まれ ヨアヒムレーヴ監督は現在 ドイツ代表の監督を務めています。 2014 FIFAワールドカップ では監督として、ドイツ代表を優勝に導きました。 フォーメーションは3-2-2-3 ウイイレ2019では4-2-3-1のフォーメーションで人気だったレーヴ監督ですが、 今作(ウイイレ2020)では まさかの3バックで登場しました。 3-2-2-3というフォーメーションで、中盤4人は中央にCMF2人、サイドハーフが1人ずつサイドに配置されています。 さらに3トップは中央にCF、サイドに1人ずつSTが配置されているため、 バランスを重視したウイイレ2019のレーブと比べると かなり攻撃的になっています。 守備に力を入れたい方にはお勧めできないフォーメーションですが、 攻撃はかなりしやすいので、良いと感じた点を書いていきます。 特に、セカンドトップとサイドハーフ(RMF、LMF)が関わるサイド攻撃は強力。 ドリブルで切り込んだり、横パスで相手を揺さぶったりと攻撃の幅も広いです。 中央にヘディングが得意な選手を配置することで、クロスからの得点も期待できますね。 サイドからの攻撃では サイドバックのような役割でセカンドトップを支援してくれるだけでなく、 パスを回しづらい時には 中央に寄ってくることもありボールを繋ぎやすくしてくれるのです。 サイドハーフのおかげで攻撃はかなりしやすいです。 CMF、3バックを中心とした守備陣は中央に強いです。 自分の好きな選手をマネジメント能力を気にせずにつかえるかと思います。 欠点は? これは3バックなのでしょうがない部分ではあるのですが、サイド攻撃に弱いです。 特にサイドハーフが攻撃参加しているときにボールを失うと、 そのままサイドからカウンターを受けて失点ということもあります。 ある程度 人数が固まっているときの守備は安定しているため、 まずは相手の攻撃を遅らせる守備が必要になります。 おすすめの起用法 欠点でも書いた通り、サイドからの攻撃に弱い監督です。 サイドハーフは守備対応で特にスタミナを消費しやすいので、 スタミナのある選手(またはサイドバックが適正ポジションでサイドハーフでもプレーできる選手)がおすすめです。 また、CMFもサイドハーフが対応出来なかった分の守備を担当することがあります。 中盤にボール奪取を得意とする選手を配置することで、守備が安定するので CMFのプレースタイルは「 ボックストゥボックス」、「 ハードプレス」などがおすすめです。 レーヴの使い方 ここからは簡単な使い方を見ていきます 攻撃 攻撃に人数をかけれるフォーメーションで、3トップを中心として攻めやすいです。 攻撃エリアはサイドがほとんどですが、CMFもいるので中央でも問題なくボールを回せます。 守備 カウンターを受けてしまうこともあるのでサイドから突破されないことが大切になります。 そのため、サイドハーフはあまり攻撃に専念させないようにしましょう。 サイドハーフが守備参加してくれるとゴール前に人数をかけられ、カウンターでの失点は無くなります。 また、3トップは基本はゴール前まで戻ってこないので、ボールを奪った後にロングパスを送ることでカウンターに繋がることもあります。 こんな配置もできる ここからは配置例を紹介していきます このフォーメーションですが 下の写真のように、 ウイングとサイドハーフを同時に配置することもできます。 この配置をすることでさらに サイドに特化した攻撃ができるようになりますね。 このフォーメーションで何試合かしてみたのですが、ウイングが高い位置をとってくれるので攻撃がめちゃめちゃしやすいです。 レーヴを使うならセカンドトップをウイングにする配置方法も試してみてください。 最後に いかがだったでしょうか。 今回はウイイレ2020でのヨアヒムレーヴ監督を紹介させていただきました。 かなり攻めやすい監督なのでウイイレ2020で なかなか点が取れない方におすすめです。 最後までお読みいただきありがとうございました!•

次の

【ウイイレアプリ】FPミカイルアントニオ(7/16)の能力

アントニオコンテ ウイイレ2020

ヨアヒムレーヴ (写真はウィキペディアより) ドイツ国籍、1960年生まれ ヨアヒムレーヴ監督は現在 ドイツ代表の監督を務めています。 2014 FIFAワールドカップ では監督として、ドイツ代表を優勝に導きました。 フォーメーションは3-2-2-3 ウイイレ2019では4-2-3-1のフォーメーションで人気だったレーヴ監督ですが、 今作(ウイイレ2020)では まさかの3バックで登場しました。 3-2-2-3というフォーメーションで、中盤4人は中央にCMF2人、サイドハーフが1人ずつサイドに配置されています。 さらに3トップは中央にCF、サイドに1人ずつSTが配置されているため、 バランスを重視したウイイレ2019のレーブと比べると かなり攻撃的になっています。 守備に力を入れたい方にはお勧めできないフォーメーションですが、 攻撃はかなりしやすいので、良いと感じた点を書いていきます。 特に、セカンドトップとサイドハーフ(RMF、LMF)が関わるサイド攻撃は強力。 ドリブルで切り込んだり、横パスで相手を揺さぶったりと攻撃の幅も広いです。 中央にヘディングが得意な選手を配置することで、クロスからの得点も期待できますね。 サイドからの攻撃では サイドバックのような役割でセカンドトップを支援してくれるだけでなく、 パスを回しづらい時には 中央に寄ってくることもありボールを繋ぎやすくしてくれるのです。 サイドハーフのおかげで攻撃はかなりしやすいです。 CMF、3バックを中心とした守備陣は中央に強いです。 自分の好きな選手をマネジメント能力を気にせずにつかえるかと思います。 欠点は? これは3バックなのでしょうがない部分ではあるのですが、サイド攻撃に弱いです。 特にサイドハーフが攻撃参加しているときにボールを失うと、 そのままサイドからカウンターを受けて失点ということもあります。 ある程度 人数が固まっているときの守備は安定しているため、 まずは相手の攻撃を遅らせる守備が必要になります。 おすすめの起用法 欠点でも書いた通り、サイドからの攻撃に弱い監督です。 サイドハーフは守備対応で特にスタミナを消費しやすいので、 スタミナのある選手(またはサイドバックが適正ポジションでサイドハーフでもプレーできる選手)がおすすめです。 また、CMFもサイドハーフが対応出来なかった分の守備を担当することがあります。 中盤にボール奪取を得意とする選手を配置することで、守備が安定するので CMFのプレースタイルは「 ボックストゥボックス」、「 ハードプレス」などがおすすめです。 レーヴの使い方 ここからは簡単な使い方を見ていきます 攻撃 攻撃に人数をかけれるフォーメーションで、3トップを中心として攻めやすいです。 攻撃エリアはサイドがほとんどですが、CMFもいるので中央でも問題なくボールを回せます。 守備 カウンターを受けてしまうこともあるのでサイドから突破されないことが大切になります。 そのため、サイドハーフはあまり攻撃に専念させないようにしましょう。 サイドハーフが守備参加してくれるとゴール前に人数をかけられ、カウンターでの失点は無くなります。 また、3トップは基本はゴール前まで戻ってこないので、ボールを奪った後にロングパスを送ることでカウンターに繋がることもあります。 こんな配置もできる ここからは配置例を紹介していきます このフォーメーションですが 下の写真のように、 ウイングとサイドハーフを同時に配置することもできます。 この配置をすることでさらに サイドに特化した攻撃ができるようになりますね。 このフォーメーションで何試合かしてみたのですが、ウイングが高い位置をとってくれるので攻撃がめちゃめちゃしやすいです。 レーヴを使うならセカンドトップをウイングにする配置方法も試してみてください。 最後に いかがだったでしょうか。 今回はウイイレ2020でのヨアヒムレーヴ監督を紹介させていただきました。 かなり攻めやすい監督なのでウイイレ2020で なかなか点が取れない方におすすめです。 最後までお読みいただきありがとうございました!•

次の

(ウイイレアプリ)オンラインで勝つ!低チームパワースカッドでレートを上げよう│sports

アントニオコンテ ウイイレ2020

CForST• CForST• CForST というフォーメーションです。 CF3人にしてもいいですし、2CF+1STという構成で中央をゴリゴリ突破できるのが3CF監督の最大の魅力。 この3CFが出来る監督は今作既に結構な人数が登場しています。 意外とレア監督でもあります。 今回はウイイレ2020で3CFが出来る「パヨンクンナン」監督を実際に使ってみました。 ウイイレ2020で3CFが出来る「パヨンクンナン」監督について パヨンクンナン監督は、この記事を書いている2019年10月2日時点で獲得可能です。 今後のアプデ次第ではフォーメーションが変わる可能性もありますので、興味のある方はこまめに監督リストをチェックして早めに獲得してみて下さい。 と思って実際に獲得してみました。 以下個人的な主観になりますが、パヨンクンナンを30試合ほど使ってみた感想です。 パヨンクンナンはあくまでロマン監督枠 結論から言うと、 パヨンクンナンはロマン監督枠。 使っていて攻撃はかなり楽しいですが、守備が難しく勝率はそんな良くならなかったというのが正直なところ。 正直勝ちを目指すならフェルナンドサントスやシメオネ(=クリストバルブエナ)辺りをおすすめします。 いか実際に使ってみた感じたメリットとデメリットです。 メリット:パヨンクンナンはOMFありで攻撃の楽しい監督 3CFでワンツーパスなどを駆使しながら中央をゴリゴリ突破することが出来るのがパヨンクンナンの魅力。 中央に味方の数が多くなるので攻撃に様々な選択肢が出来ます。 FPロナウド・FPケイン・FPオーバメヤング・FPムバッペ・FPルカク辺りを3CFに持っていれば、相手からするとこの上なく嫌な陣形だと思います。 そして 3CFに加えてOMFを1人配置できるのがパヨンクンナン最大の長所。 デメリット:ただ守備が難しい監督でもある パヨンクンナンはDMFを2人置けるので今作流行っている2トップ対策にちょうど良さげに見えますが、意外と守備は難しいです 笑 中央が結構空いてしまうため、失点率は他の有名監督と比べると高くなるかと思います。 点を取れるけど失点も多いという感じですね。 以上のことから、 パヨンクンナンはガチスカッドにおすすめというよりはロマン系の監督というのが個人的な評価です。 ただ使っていてかなり楽しいので、息抜きに起用したりなどするのは結構おすすめ。 3CFの監督はウイイレ2020でも結構レアなので、もしも監督リストで3CF監督を見つけた場合は一応キープしておくと良いかもしれませんね。

次の