岡村 隆史 署名。 カズレーザーが岡村隆史の降板求める署名活動は「するべきだと思...

「岡村隆史 降板署名」を始め、ネット署名の“数字”は全く信用できない|通りすがりの文筆家|note

岡村 隆史 署名

ナインティナイン・岡村隆史さん 49 が、23日深夜放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送 木曜25時)で問題発言をした件で、27日に『ニッポン放送』が謝罪、29日には所属事務所『吉本興業』と岡村さんが謝罪コメントを発表しました。 そして、30日深夜に生放送される番組でナイナイ岡村隆史さんが改めて釈明をする予定とされていますが、現在も炎上状態が続いており、NHKの人気レギュラー番組『チコちゃんに叱られる!』(金曜19時57分)、現在出演中のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(日曜20時)からの降板を求める声も噴出する事態になっています。 番組担当者から所属事務所に対し、そのことを遺憾の意とともにお伝えした」とコメントしており、NHKに直接クレームが殺到していることが明らかになっています。 また、署名サイト『Change. org』では 【女性軽視発言をした岡村隆史氏に対しNHK「チコちゃんに叱られる」の降板及び謝罪を求める】と題した署名活動が行われており、30日20時半過ぎ時点での賛同者は6950人を突破しています。 この署名活動はジェンダーの平等を目指す団体『一般社団法人 Voice Up Japan』の国際基督教大学支部、早稲田大学支部、高校生支部が行っているものとなります。 受信料で成立している局だけに、視聴者の声には敏感」とし、このまま降板になる可能性もあるようです。 また、ナイナイ岡村隆史さんのレギュラー番組を抱える他のテレビ局社員は、 「(30日のラジオでの)謝罪を番組存続の判断材料にする」と語っているとのことです。 そして、ナイナイ岡村隆史さんの問題発言による番組降板危機に対してネット上では、• 視聴者層を考えるとさすがにチコちゃんの番組にそのまま出演するっていうのはマズイと思う。 NHKの対応次第では局の姿勢も疑われるよ。 新型コロナで困窮した女性を金で買うのを楽しみに自粛しましょう、、、 これは、不倫やらで謹慎した芸能人を考えたら、岡村氏のこの発言はその域を越えているんじゃないかな。 岡村さんは人の不幸をあざ笑っている。 それに女性差別については謝罪していない。 女性をモノのように考えている人がNHKに出てくるのは不適切で非常に不快• 朝のワイドショーでは取り上げないし、日テレのスッキリではぐるナイの番宣までしていた。 ネットで騒ぐほど局は問題視していないのかな? 吉本の力かもしれないが。 ただ、NHKは難しいかな。 今日のラジオは矢部が来そう。 一人で2時間生放送は厳しいだろう。 この発言は社会的に一発アウト。 コロナショックにより不幸にも困窮した女性(美人限定)が性産業に落ちることを望むという発言は、人身売買ブローカーにも通ずる精神性であると断ずるしか無い• 発言その物も問題と思うけど、その発想が出てくるのが怖い。 彼の周りにそう言った発言をする人を置いているのか、そもそもの考えがそうなのか… 昨年は反社会勢力と芸能人の関係が取り沙汰されたが、もしかしてとも思えてくる• 岡村は東出の不倫騒動の時も擁護して炎上してたけど、内心では基本的に男性優位、女性蔑視の考え方しているのが明らかになったって感じかな。 深夜のラジオだとしてもタレントとしては不用意な発言、多くの女性を敵に回す致命的なミス• NHKは吉本興業に忖度することなく、厳しい対応で臨んでほしい。 降板は当然。 無期限の出入り禁止処分でもおかしくない。 などの声が上がっています。 ネット上の反応を見てみると、国民から徴収している受信料で成り立っているNHKの番組からの降板は妥当、已む無しとの声が目立ちます。 ナイナイ岡村隆史さんとしては、まさかここまでの騒動に発展するとは思わずに、新型コロナウイルスの影響で生活に困窮した綺麗な女性たちが、性産業へと流れることに期待している、楽しみという趣旨の発言をしてしまったのだろうと思いますが、深夜のラジオ番組と言えども軽率すぎる発言でしたね。 それが皆さんを不快にさせてしまった」とテレビ番組でコメントしています。 また、『オールナイトニッポン』のスポンサーでもある美容整形外科『高須クリニック』の高須克弥院長は、ニッポン放送やナイナイ岡村隆史さんの謝罪コメントを受けて、 「僕は失言に関しては、常に速やかな謝罪をすれば受け入れて許すよ。 悩むな岡村くん」「この問題は僕の中では終わりました。 これ以上彼を追い詰めることに明確に反対します」とツイッター上でコメントしています。

次の

岡村隆史の発言でチコちゃん降板を求める署名活動がヤバいことに。

岡村 隆史 署名

カズレーザーのコメント力が話題 岡村隆史にも忖度しない理由 お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー(35)が、5月3日放送の『サンデージャポン』(TBS系)に出演。 4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で新型コロナウイルスの影響で収入が減った女性が、収入を得るため泡姫業で働く可能性があると発言した岡村。 世間から大きく非難を浴び、30日の放送回で謝罪。 相方の矢部浩之(48)も登場し、「甘え」と岡村の人格やコンビの関係性について説教を行った。 司会を務める爆笑問題の田中裕二(55)は岡村に対してレギュラー番組降板の署名活動も始まっていることについて、カズレーザーに意見を求めた。 するとカズレーザーは「(岡村に対して)不快感を抱く方はやるべき。 そういう活動は絶対発信すべき」と断言。 いっぽうで「すぐ降板につながるのはまた違う。 署名が来たのをどう受け止めるかは岡村さん次第」とコメント。 続けて「周りに対して謝罪なりもっとアピールすべきなのに、最終的な落とし所がコンビの話になったというのはどうかなと思う」と疑問視。 「不快感を抱いたのはリスナーではない」と強調した。 そんなカズレーザーの意見について、賛同の声が上がっている。 《カズレーザーの発言に凄く納得した。 今回の件を岡村さんの性格だけを批判しコンビ間だけで完結してしまった(ラジオを聞くとそう捉えられでもしょうがない)モヤモヤの原因はここだったのかも》 《カズレーザーいいこと言うじゃん。 コンビで慰め合っても意味ないんだよね。 嫌な思いした人の感情に目を向けなきゃ》 これまでも共演者や不祥事を起こしたタレントに対し、忖度しないコメントで注目を集めてきたカズレーザー。 19年10月からは『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)の火曜レギュラーにも抜擢。 「カズレーザーさんは自ら学んだものを軸に発言していると語っていました。 新聞やスポーツ紙、週刊誌にも目を通しているそうです。 カズレーザーさんの意見が支持されることもありますが、必ずしも自分の意見が正論だとは考えていないようです。 対立する双方の意見に納得した上で、中立的なコメントを心がけていると聞きました」(テレビ局関係者).

次の

岡村隆史の発言でチコちゃん降板を求める署名活動がヤバいことに。

岡村 隆史 署名

4月27日月曜日の夜、(日本時間4月28日お昼頃)自分が代表を務める「一般社団法人Voice Up Japan」の学生メンバーからメッセージが届いた。 「和奈、岡村さんの発言に対して、謝罪と番組降板を求める署名活動を行ったほうがいいと思う。 彼の発言はめちゃくちゃ女性蔑視だったし、『チコちゃんに叱られる! 』の番組にこのまま出演続けるのはおかしいと思う。 小さい子供も見る番組で、しかもチコちゃんのキャラクター設定は女の子でしょう?」 私はこのメッセージを見て、何より最初にショックだったのは岡村氏の発言よりも、「自分の感覚が麻痺をしてる」ことだった。 岡村氏に対する署名活動に賛成意見・反対意見がある中、私が思うこと、感じる危機感について書きたいと思う。 「週刊SPA! 」の署名を振り返って 2019年の初めに私は「週刊SPA! 」が2018年12月25日号で「ヤレる女子大学生RANKING」を掲載したことに対する署名活動を行い、「週刊SPA! 」編集部と対談を行った。 正直それまでの自分は、日本社会の女性軽視に対し絶望をしていて「もうこの国に住みたくない」と諦めて、特にジェンダーに関するアクティビズムには関わってこなかった。 ただ、あの記事を見た時の恐怖感と怒り、その衝撃により始めた署名活動は数日間で4万人を超える署名が集まった。 「こんな記事が出てしまうなんてありえない」その思いが何より先を走った。 その署名活動から一年が過ぎ、毎日ジェンダーについて考えさせられ、学びながら生活をしてきた。 ただ、それと同時に私は毎日絶望するニュースや発言を聞いている。 そして自分でも気づかないうちに、いつの間にか、様々なものに対し感覚が麻痺をし始めていたようだった。 女性を蔑視、差別する発言、政治家や著名人によるセクシュアルマイノリティへの差別発言、在日外国人や日本に在住する外国人に対するヘイトスピーチ、ありとあらゆるものに毎日触れていて、自分の中でどんどんと「絶望」が「無」へと変わっていった。 だから、Voice Up Japan の学生メンバーから話をされた時は、すぐに「そうだね。 何かしよう」と署名を立ち上げる準備をした。 社会が変わらないのであれば、私たちが変えないといけない 「」を始めて数日経つが、私は反対意見にもきちんと目を向けている。 反対意見を述べている人の言いたいことはわからなくもない、何故そういう主張をしているのかも理解できなくもない。 ただ、その彼らの反対意見に私が一番感じるのは「危機感」である。 日本では何十年にも渡り「女性差別・蔑視発言」が横行してきた。 そして自分自身物心がつく時からテレビやラジオ、雑誌や漫画を見て疑問を抱いてきた。 私の考えや活動を応援してくださる、私より10年、20年、30年歳上の方(ジェンダー関係なく)からこんな風に言われることが時々ある。 「この状況は何十年も続いてきた。 そして私たちは何もしなかった。 その代償を背負わせてごめんなさい。 だから、私たちはあなたたちを応援します」 上の世代を責めるつもりは全くない。 だけど、同時に女性差別や蔑視に溢れる社会をかえることができなかったという点においては、ある程度の「責任」はあるのではないか、と思う。 政治家が女性やセクシュアルマイノリティ、外国人や障害者に対して発する差別発言を何度聞いてきたか。 著名人が女性やセクシュアルマイノリティ、外国人や障害者に対して発する差別発言を何度聞いてきたか。 定型文のような「謝罪」で満足している社会 では、ここ数年で状況は良くなっているか? 私は、良くなっていないと思う。 むしろ酷くなっているのではないか、と思う事の方が多い。 「グローバリズム」「ダイバーシティー」「女性活躍」などの言葉がよく見られるわりには差別や蔑視が存在する状態は継続していると思う。 (むしろジェンダーギャップランキングは下がり続けている)。 だからこそ、今回の「女性軽視発言をした岡村隆史氏に対しNHK「チコちゃんに叱られる!」の降板及び謝罪を求める署名活動」には意味がある。 今まで署名人や政治家の「問題発言・差別発言」は炎上して、「不快な思いをさせて申し訳ありません」と定型文のような謝罪文で済まされてしまってきた。 そして謝罪をした次の日には、また誰かの似た発言が「炎上」して…の繰り返し。 それは社会が定型文のような「謝罪」で満足をしており、そういった発言にどんどん寛容になってきているからではないのか? だから私は、社会として「差別や蔑視に寛容的はない」という声明を出す必要があると思っている。 そして被害者が傷つくばかりではなく、加害者がその行動や発言に責任を取る社会にならなければいけないと思う。 何より、社会やメディア、権力との戦いを、絶対に次の世代には背負わせたくない。 それが、私が感じている私の「責任」だ。 それでも麻痺していく感覚 学生メンバーからメッセージが届いた時、私は自分の感覚がものすごく麻痺していることに気づいた。 岡村氏の発言に対しても「酷いこと言うな、よくこれで許されるんだな」と思った。 だがその時はそれ以上の感情が生まれなかった。 何故なのか? それは、つらいから。 様々な社会問題を知れば知るほど、人々の「靴を履いてしまう」。 英語で言う「Put yourself in their shoes」、その人の立場にたって物事を考えてみること。 その人がどういう気持ちでいるのか、どんな感情を抱いているのか、そんなことを考えて絶望のあまり寝れない日も少なくはない。 自分も性暴力にあったことがある。 一度きりのことじゃない。 私も22歳なりに色々な体験をしてきた、そしてその多くは人には打ち明けてない。 だから、性暴力の事件のニュースを聞くと涙が出てくる、自分の感じた恐怖、自分の体が自分のものでなくなる感覚、絶望感、無力感、その感情が蘇ってくる。 私はきっと、自分を守るために、自分の感覚を麻痺させていたんだと思う。 そして今回の岡村氏の発言に対しても「またか」で済ませようとしてしまったのだ。 私は、そんな自分に危機感を抱いた。 しかし、私と同じように感覚が麻痺してしまっている人は多いのではないか。 もう、こういった発言が日常的すぎて、「重大な問題」として捉えてない人も多いのではないか。 発言や行動には責任が伴うことは当然 「言葉は刃よりも鋭いものだから」と小さい頃母に言われた。 だから私にとってセカンドレイプ や性暴力を助長する発言、人間の人格を軽視する発言、一定のグループに対する差別発言、はものすごく重大なことだ。 それは、「言葉に刃」があるから。 だからこそ私は、「署名はやりすぎ」という人たちに伝えたい。 私は、私たちは岡村氏を芸能界から追放しようとしているわけではない。 ただ、理解をしてほしい。 分かってほしい。 だから KuToo 発案者の石川優実さんが行なっている、「岡村さんとNHKで、「今回なぜ炎上したのか」、「女性の貧困問題についての現状」、「フェミニズムとは?」をしっかりと勉強できるような番組を作って欲しいという要望する署名活動「にも個人として、団体として賛成しています。 だが、それ以上に「Serious Actions have consequences」。 発言や行動には責任が伴うことは当然だと理解してほしい。 そして「署名はやりすぎ」と危機感のない発言は、私の世代やまたその次の世代をただただ絶望させていることに気づいてほしい。 (編集:).

次の