ドラパルト たつじんのおび。 【S5シングル最終466位】パッチラプラス

シュバルゴ軸マスボ級到達PT

ドラパルト たつじんのおび

初めまして。 ジローという者です。 自己承認欲求のため、そして備忘録的な意味のためソード・シールドのシングルバトルシーズン1にて使用していたパーティを記事にしようと思います。 ストーリーで最初に選んだヒバニーの進化系であるエースバーンがとても気に入ったのでこいつを使うことからパーティ構築をスタートしました。 メインウェポンに専用技である高威力の かえんボール、等への打点になる 、先制技でありドラパルトへの打点にもなる ふいうちを攻撃技として採用。 最後の枠に補助技透かし、もうかの能動的な発動、様子見、そしてックス時にはダイウォールとして使えるととても便利な みがわりを採用しました。 といい ふいうちといいじゃんけん択が発生しやすいなのでかなり使う人を選ぶ気がしました。 そういう意味でも様子見ができる みがわりは素晴らしい。 持ち物は微妙に足りない火力を補うために たつじんのおびとしました。 これによりやH252をワンパンできます。 ランクバトル開始からちょこちょこ型を変えながら使っていましたがこの形に落ち着きました。 11月の頃はなぜか過小評価されていてほとんど誰も使っていなかったのに最近になってやたらと個体数が増えてしまったため、内に眠るマ心が疼いてしまいます。 受けル以外でもこいつより遅いと対面するだけで相手のパーティをボロボロにできることが多く、こいつの味を知ってしまうとスカーフが使えなくなってしまいます。 このパーティでは襷を持ったが重いため、うまいことやれば襷を潰しつつ立ち回れるとんぼがえりを採用しています。 某Youtuberが使っていたHB眼鏡を自分なりにアレンジしましたがあまり自信のある調整ではありません。 トリックはこだわりアイテム持ちに自然と組み込めてかつ誤魔化し性能が高く、そしてックス時にダイウォールとして使えるため非常に便利でした。 明確な不利をとる相手が多いため選出しても腐ってしまうことが多々ありましたが、それでも便利なのでなかなかパーティから外すことができませんでした。 テンプレなので言うことなし。 相手のに少しでも強く出たいので性格は陽気にしました。 エースバーンと見るとよく水タイプのが出てくるのでそこに突き刺さる を採用。 シャドークローが欲しくなることも度々ありましたが、他ので手こずりやすい、、などにも刺さるのでこのパーティにはこの構成が合っていたと感じました。 このドラパルトを使い始めた頃はスカーフドラパルトが絶滅しかけていたのでSを甘えていても多くのドラパルトを先制で葬れましたが、シーズン終盤になってまたスカーフドラパルトに遭遇するようになったのでクソ調整も相まって何とも言えないになってしまいました。 【このパーティの強い点】 ほぼ選出しないが生まれず、すべてのが活躍できていたのでその点は非常に満足でした。 戦っていてきついが何体かいますが 後述 、それでも現在の環境では立ち回り次第でほとんどのパーティと五分以上に戦っていける感じがあったのでよかったです。 【このパーティの弱い点】 強い点よりも改善点の方が書きたいことが多いので箇条書きで書いていこうと思います。 ・絶対に作ってはいけない対面の存在 このパーティでは相手の攻撃に後出しすることをほとんど考慮していないため、一部作られてしまうとどうしようもなくなる対面がたくさんあります。 例えば、"こちらのドラパルト vs 相手の"、"こちらの vs 相手の"などです。 これらの対面をいかに作らずに相手を削れるかが勝負の分かれ目になります。 ・選出じゃんけんになりがち 作ってはいけない対面が存在するため、初手対面がとても重要になります。 そのためこの記事のタイトルにもあるように選出の段階で択ゲーのじゃんけんが生まれがちで、安定感があまりありません。 逆に言えば選出じゃんけんを押し付けられているのは相手も同じなので、初手から有利対面を作ることができれば楽に勝てることが多いようにも感じました。 ・重い ダルマが何もできずに倒されてしまうため非常に苦しい。 削れていなければエースバーンも不利。 ふしぎなうろこが発動すると鉢巻ダルマのでさえ確2を取れなくなる。 の眼鏡放電ぐらいなら耐えてきてを返される危険もあり、またこいつの裏には電気無効が控えていることが多いため択ゲーになりがち。 くいしんぼうで のろいを積まれても苦しいしでダルマパルエースバーンのメインウェポンを半減されても苦しい。 先に展開されないようにするか、のトリックでごまかしつつ立ち回りで戦う。 シーズン2もエースバーンを組み込んだパーティを使って頑張っていきたいと思います。 やニコ生でランクバトルの配信も行っているのでそちらも見ていただけると嬉しいです。 拙い文章ですがここまで読んでいただきありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】ジュナイパーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ドラパルト たつじんのおび

はじめに はじめまして。 休歌 です。 シーズン1から セキタンザンを使ってきて、ついに上位に食い込むことができたので寄稿しようと思いました。 セキタンザンを使うの人の助けになれば嬉しいです。 構築経緯 セキタンザン+ドラパルト を使っていてどうしても処理の遅れるサマヨールやドラパルトに強い裏エースを探していました。 そこで、 エルフーンの補助を入れた ジュラルドンを採用し、この問題を解決した。 セキタンザンミラーや耐久水への回答として ウォッシュロトム を、パーティー全体としてバンギラスに強くするために ミミッキュ を補完に入れて完成とした。 物理鋼技を耐えるためにリリバのみ。 この構築の泣きのもう一回担当でMVP。 全ての技が強かったです。 追い風下で十分な速度、嘘泣きで火力、オボンのみで耐久を底上げできるのがとても偉かった。 サイドチェンジはお守りなので、なるべく使わないようにしましょう。 本当は命の珠を持たせたかったが、後述するジュラルドンが持っていたため達人の帯。 じゃれつくを打ちたいドラゴンタイプをジュラルドンに任せていたためシャドークローでよく、技範囲先制打点と構築に足りないものを補ってくれた。 ナットレイには勝てないのでドレインパンチを過大評価しないようにしましょう。 守るは10万ボルトでもいいが、キョダイフンセキと相性のいい守るは使い勝手がよかったです。 嘘泣きを絡めることでより多くの相手を倒すことができる素晴らしい裏エースでした。 物理型が流行したが火力が繊細なポケモンなので、威嚇の影響を受けるのは絶対にダメだと思っている。 ナットレイが重いのでナットレイに対してピンで選出することも大事です。 C0個体。 ギミックスターター、肉壁、スイーパー、ダイマックスエース。 なんでもやった600族の秀才。 展開によってはギミックスターターとして働いたあと、一旦引いてスイーパーとして使うことも大事なので、簡単には捨ててはいけないポケモンです。 選出・立ち回り ドラパルト、サマヨールやミトムキッスに対してはエルフーンジュラルドン バンドリュやミロカロスにはエルフーンロトム それ以外にはセキタンドラパ を先発に出します。 裏はその時々で変わります。 エルフーンを出すときはなるべく嘘泣きを打ち、死に際に追い風を心がけるといいです。 セキタンドラパはいかにセキタンザンを動かす回数を増やすかが勝負の分かれ目なので、水技を警戒してダイバーンをしておくこと、キョダイフンセキを使えるように動くことが大事です。 おわりに バランスよく選出し6匹すべてに活躍の機会があった、しっかりとした構築を組めたと思っています。 構築がしっかりしていると選出が楽になる。 選出が楽になると立ち回りに余裕ができる。 このことを痛感しました。 これからも精進していくので感想をリプしてくれると喜びます。 ここまで読んで下さった皆様、対戦してくれたトレーナー、戦ったポケモンたち、リバティノートさん。 本当にありがとうございました! レンタルチームID: 0000 0003 DF3G 9B パーティ作成者 休歌 最高順位(剣盾):シングル271位 ダブル4位 s5最終10位• 就職して関東に出たことをきっかけにVGC熱が急上昇。 最近では海外のVictory Roadで日本語記事の英訳を担当したりもしている。 関連する記事• 2019. 31 目次 1. はじめに2. オーラスフィアとは3. オフレポ3. 会場へ3. 予選開始!3. 3 […][…]• 2019. 07 先日、イシヘンジンの特性「パワースポット」の倍率を検証し、「パワースポット」による強化倍率は1. 33 […][…]• 2020. 26 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. イエッ […][…]• 2020. 08 レンタルチームID: 0000 0002 NRX6 86 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2019. 26 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成3. アーマーガア3. トリトドン3. タル […][…].

次の

ポケモン剣盾シーズン6の研鑽5

ドラパルト たつじんのおび

ただ、という有能な技を切り捨てなくてはならないのは悩みどころ。 こだわってても採用ワンちゃん? でも、耐久ポケは大半がはたきおとせば性能が大幅に落ちるのでこれでいい? はABぶっぱ。 HPに振らないことで特殊面は柔らかくなったが、特殊ATは基本的に耐性的に有利を取っているか、炎技を持たれているかの2択なので、特殊耐久面は気にしないことにした。 [使用後] 中途半端。 耐久力が激減しているため、サイクルが思ってた以上に回せず、対面寄りの扱い方になっている。 ボディプレスの火力もいまいちで、ジャイロボールを打つことがほとんどだった。 案外、こだわりはありなのかもしれない。 セキタンザン@いのちのたま 変更点:なし 手ごたえあり いじっぱり じょうききかん 108-236-4-0-52-108 、、、おにび [使用後] トリルを組み込むことで、無理な炎技読みをしなくてもよくなった。 その弊害として、が全くと言っていいほど発動しなくなった。 後、耐久ポケを相手にするには、やはり火力が足りなかった。 ってかなってる。 [使用後] 選出機会が少なかった。 選出しないというプレイングが悪いのか、このPTに対してのドラパルトが弱いのかが不明。 超絶ピンポイントで明確な役割はあるものの、他に役割が具体的にないので、そこが悪いのかも。 ひこうZを思い出した。 はHBぶっぱ。 [使用後] 使い勝手はいい。 ラス一のをちょうはつだけで倒した 補助技のみだったらしくわるあがきしてきた のは、気持ちよかった。 先制つらら落としでひるませたこともない。 つらら落としを当てた後にねっとうを食らってやけどするくらいことはお手の物だった。 死ね 使い方や採用するPTが悪いのか、ダルマモードが発動しても仕事せずに退場することしかなかった。 後、火力も足りなかった。 使用後の感想 ドラパルトが重い。 ドラパルトが炎技を持っているかどうかが分からず、対面では引かざるを得ず、ダイジェットするタイプだとセキタンザンの受け出しが成立しない。 を初手につらら落としを当てたとしても、耐えられたり襷だったりした場合、ダルマモードでも最速ドラパルトは抜けないため、負けてしまう。 は物理型であった場合は強く出られるが、を覚えているドラパルトが一定数いる以上、安定はしない。 受け出しであれば一点読みされない限りは安定するか? とりあえず、この欠点をどうにかしたい。 go-go-poke.

次の