デビルマン かい。 【#98】司芭扶がデビルマンΧ史上最高に破壊した結果【SEVEN’S TV】

デビルマンχ(カイ)【スロット新台解析】完全攻略マニュアル

デビルマン かい

デビルマンのハイエナポイント• ボーナス&ART間1280GハマリでART当選• 700G 期待値1300円以上 以降の台を天井orボーナス当選まで打つ• ボーナスorART終了で即やめ データを確認すると当日ノーボーナス・ART当選なしで、前日以前のデータを確認すると3日越しで420Gハマっていました。 宵越しだと1050Gで期待値は5000円以上! このホールは万年設定1を据え置くホールですのでお宝台です! コイン持ちが悪い・・・これが5号機か・・・ 打ち出すと、思ったよりコイン持ちが悪いことに気づきます。 デビルマンの1000円あたりの回転数は32. 6回転。 6号機や5. 9号機のメダル持ちに比べると結構厳しい・・・ そしてこの台は通常時にART抽選をしておらず、ARTの当選契機はボーナスor天井のみという5号機ART初期を思い出すような仕様となっております。 しかし、1度ARTに入った際の破壊力は凄まじく、万枚OVERも過去に数回目撃しています! 異変に気づく 順調にハマリ、気づけば宵越し1280G・・・ しかし・・・ 天井が発動しません。 絶対おかしい!この店は設定据え置きしかしないはずだ!ペナルティか?いやペナルティはないはず・・・ 結局天井が発動したのは当日1280Gでした。 設定変更していたのね・・・ ちなみに天井は前兆なしで即発動って感じでした。 リゼロも星矢SPも据え置きっぽかったのになんでデビルマンだけ据え置きなんじゃい! んで当選した天井も 天井単発・・・ 8月はほんとこればっかりだ・・・ その後打った番長3も特訓までいくもART当選せずで負債を増やして終了でした。 とはいえ当日600G越えしていたので一応期待値はあったかな〜 悔しいけど、まいっか!.

次の

SLOTデビルマンχ

デビルマン かい

」の答えを追記。 2 98. 0 99. 4 101. 2 104. 1 109. 3 115. そのため、期待値稼働では設定狙いor天井狙いのどちらかで立ち回っていくことになりますが、高確以上濃厚台をピンポイントゾーン狙い感覚で狙っていくことはできそうですね。 左リール上段付近に BARを狙いつつ、右リールは適当打ち。 中段チェリー停止時は、中リールは適当打ち。 角チェリー停止時も、中リールは適当打ち。 スイカテンパイ時は、中リールは 白7を目安にしてスイカ狙い。 下段BAR停止時は、中リールは適当打ち。 カットイン発生時には全リールに赤7狙い。 まずは左リール上段付近にBARを狙いつつ右リールを適当打ちし、スイカがテンパイした場合には中リールは白7を目安にしてスイカを狙いましょう! スイカには強弱の概念はなく、スイカハズレはチャンスリプレイBとなります。 また、チェリーの強弱は右リールの停止形で判別でき、中段にベルが止まれば弱チェリー、それ以外の角チェリーが強チェリーです。 弱チェリー確率は設定「1・2<3・4<5・6」の順で優遇されていき、低設定と高設定では 約1. 3倍とそこそこの差が付けられています。 共通ベル確率とスイカ確率に関してはほぼ設定差が付けられていないため、特にカウントしておく必要はありません。 チャンスリプレイA・Bに関しては通常時とART中で出現率が異なりますが、しいて言うならART中のチャンスリプレイB確率くらいはカウントしておいてもいいでしょう。 デビルボーナス当選時のART抽選 設定 当選率 1 50. ART当選時のストック個数 設定 1個 2個 1 98. なお、技術介入成功時のセリフ振り分けはリセット時1回目とそれ以外で変化し、「デビルマンの力を教えてやる」は設定変更確定パターン、「妖鳥の恐怖・・・思い知るがいい」は設定3以上確定&朝一1回目のボーナスで発生した場合には据え置きが確定します。 基本的な法則としては目玉が左向きなら奇数設定示唆、右向きなら偶数設定示唆となるほか、まぶたが全開になればその時点で 設定4以上が確定となります。 ART終了画面でひっそり開いていることも・・・!? 演出中に光ったら良い展開に期待! 通常時の「デーモンバトル」中は、「デビルマン」 変身時の背景に注目だ! ART準備中の 帯の色が紫に変化している間は、ART発動までチャンス・・・!? ART中に レア役以外でストックすると・・・!? ART中にBGM 「今日もどこかでデビルマン」が流れると・・・!? ART中の 見慣れないナビは要チェックだ! 「デビルボーナス」の 揃った図柄にも注目しよう! 赤7頭がよく揃うと・・・!? 「デビルマン」以外の声が流れると・・・!? ・屋上ステージでボーナスを引き当てればART期待度大、魔界ステージでボーナスを引き当てればART濃厚。 内部モードと魔界状態 ・新台のデビルマンの通常時には、2種類の内部モードと魔界状態と言われる特殊状態が存在。 ・基本の内部モードはモードAで、モードBに移行するとボーナス当選までモードAには転落しない。 モードA滞在時のモードB移行率 小役 移行率 チャンスリプレイA チャンスリプレイB 18. 青タイトルの演出別期待度 演出 ボーナス 期待度 ボーナス当選時の ART期待度 恐怖の帰り道 4. そして、プレミアムボーナスである アモンボーナスは、もちろん成立時点でART突入が確定します。 ・通常時のボーナスは消化中にART抽選、ART中のボーナスは消化中にARTストック抽選が行われる。 アーマゲドンチャンス ・デビルボーナスの最終ゲームではアーマゲドンチャンスに発展してARTを告知。 アモンボーナス ・約210枚獲得可能のプレミアムボーナス。 ・成立時点でART突入が確定し、消化中はセット数上乗せの高確率状態に。 ・赤7シングル揃いは1セット以上、赤7ダブル揃いは2セット以上ストック。 ・ベル揃いでも6. ・消化中の平均上乗せは約5個。 セットストック当選時の振り分け 小役 1個 2個 3個 ベル 93. セット数ストック契機はデーモンバトル勝利時で、「悪魔降臨」は通常のARTセット数ストック、「悪魔覚醒」はセット数ストック抽選が優遇されたセットとなっています。 ・セットストック型のARTで、設定6のART突入時の期待獲得枚数は850枚以上。 ・背景でART継続を示唆しており、「砂漠<夕方<夜」の順で継続期待度アップ。 準備中のストック当選率 小役 通常 高確 ハズレ — 0. 1セット目のモード振り分け モード Lv. 1 Lv. 2 Lv. 3 Lv. 4 モード1 43. 1 Lv. 2 Lv. 3 Lv. 4 モード1 46. 1 Lv. 2 Lv. 3 Lv. 4 モード1 93. 1 66. 2 75. 3 83. 4 66. 1 99. 2 98. 3 97. 4 98. 1 99. 2 98. 3 98. 4 98. ・「悪魔降臨」は通常のセット数ストック、「悪魔覚醒」はセット数ストックの高確率状態。 ・タイトルの色で期待度を示唆しており、赤や青なら期待度アップ。 ・開始1セット目や5の倍数セットでは悪魔覚醒突入率が優遇。 妖鳥襲来 ・次回ボーナスまで続く無限ART。 ・消化中はレア小役成立時にセット数上乗せ抽選が行われる。

次の

デビルマンχ(カイ) スロット 天井 フリーズ 設定判別 解析

デビルマン かい

」の答えを追記。 2 98. 0 99. 4 101. 2 104. 1 109. 3 115. そのため、期待値稼働では設定狙いor天井狙いのどちらかで立ち回っていくことになりますが、高確以上濃厚台をピンポイントゾーン狙い感覚で狙っていくことはできそうですね。 左リール上段付近に BARを狙いつつ、右リールは適当打ち。 中段チェリー停止時は、中リールは適当打ち。 角チェリー停止時も、中リールは適当打ち。 スイカテンパイ時は、中リールは 白7を目安にしてスイカ狙い。 下段BAR停止時は、中リールは適当打ち。 カットイン発生時には全リールに赤7狙い。 まずは左リール上段付近にBARを狙いつつ右リールを適当打ちし、スイカがテンパイした場合には中リールは白7を目安にしてスイカを狙いましょう! スイカには強弱の概念はなく、スイカハズレはチャンスリプレイBとなります。 また、チェリーの強弱は右リールの停止形で判別でき、中段にベルが止まれば弱チェリー、それ以外の角チェリーが強チェリーです。 弱チェリー確率は設定「1・2<3・4<5・6」の順で優遇されていき、低設定と高設定では 約1. 3倍とそこそこの差が付けられています。 共通ベル確率とスイカ確率に関してはほぼ設定差が付けられていないため、特にカウントしておく必要はありません。 チャンスリプレイA・Bに関しては通常時とART中で出現率が異なりますが、しいて言うならART中のチャンスリプレイB確率くらいはカウントしておいてもいいでしょう。 デビルボーナス当選時のART抽選 設定 当選率 1 50. ART当選時のストック個数 設定 1個 2個 1 98. なお、技術介入成功時のセリフ振り分けはリセット時1回目とそれ以外で変化し、「デビルマンの力を教えてやる」は設定変更確定パターン、「妖鳥の恐怖・・・思い知るがいい」は設定3以上確定&朝一1回目のボーナスで発生した場合には据え置きが確定します。 基本的な法則としては目玉が左向きなら奇数設定示唆、右向きなら偶数設定示唆となるほか、まぶたが全開になればその時点で 設定4以上が確定となります。 ART終了画面でひっそり開いていることも・・・!? 演出中に光ったら良い展開に期待! 通常時の「デーモンバトル」中は、「デビルマン」 変身時の背景に注目だ! ART準備中の 帯の色が紫に変化している間は、ART発動までチャンス・・・!? ART中に レア役以外でストックすると・・・!? ART中にBGM 「今日もどこかでデビルマン」が流れると・・・!? ART中の 見慣れないナビは要チェックだ! 「デビルボーナス」の 揃った図柄にも注目しよう! 赤7頭がよく揃うと・・・!? 「デビルマン」以外の声が流れると・・・!? ・屋上ステージでボーナスを引き当てればART期待度大、魔界ステージでボーナスを引き当てればART濃厚。 内部モードと魔界状態 ・新台のデビルマンの通常時には、2種類の内部モードと魔界状態と言われる特殊状態が存在。 ・基本の内部モードはモードAで、モードBに移行するとボーナス当選までモードAには転落しない。 モードA滞在時のモードB移行率 小役 移行率 チャンスリプレイA チャンスリプレイB 18. 青タイトルの演出別期待度 演出 ボーナス 期待度 ボーナス当選時の ART期待度 恐怖の帰り道 4. そして、プレミアムボーナスである アモンボーナスは、もちろん成立時点でART突入が確定します。 ・通常時のボーナスは消化中にART抽選、ART中のボーナスは消化中にARTストック抽選が行われる。 アーマゲドンチャンス ・デビルボーナスの最終ゲームではアーマゲドンチャンスに発展してARTを告知。 アモンボーナス ・約210枚獲得可能のプレミアムボーナス。 ・成立時点でART突入が確定し、消化中はセット数上乗せの高確率状態に。 ・赤7シングル揃いは1セット以上、赤7ダブル揃いは2セット以上ストック。 ・ベル揃いでも6. ・消化中の平均上乗せは約5個。 セットストック当選時の振り分け 小役 1個 2個 3個 ベル 93. セット数ストック契機はデーモンバトル勝利時で、「悪魔降臨」は通常のARTセット数ストック、「悪魔覚醒」はセット数ストック抽選が優遇されたセットとなっています。 ・セットストック型のARTで、設定6のART突入時の期待獲得枚数は850枚以上。 ・背景でART継続を示唆しており、「砂漠<夕方<夜」の順で継続期待度アップ。 準備中のストック当選率 小役 通常 高確 ハズレ — 0. 1セット目のモード振り分け モード Lv. 1 Lv. 2 Lv. 3 Lv. 4 モード1 43. 1 Lv. 2 Lv. 3 Lv. 4 モード1 46. 1 Lv. 2 Lv. 3 Lv. 4 モード1 93. 1 66. 2 75. 3 83. 4 66. 1 99. 2 98. 3 97. 4 98. 1 99. 2 98. 3 98. 4 98. ・「悪魔降臨」は通常のセット数ストック、「悪魔覚醒」はセット数ストックの高確率状態。 ・タイトルの色で期待度を示唆しており、赤や青なら期待度アップ。 ・開始1セット目や5の倍数セットでは悪魔覚醒突入率が優遇。 妖鳥襲来 ・次回ボーナスまで続く無限ART。 ・消化中はレア小役成立時にセット数上乗せ抽選が行われる。

次の