ハロウィン 衣装 魔女。 ハロウィン 魔女の衣装を手作り!

ハロウィン 魔女の衣装を手作り!

ハロウィン 衣装 魔女

ハロウィン コスプレ コスプレ衣装を着てハロウィンを楽しむ 近年、急激な盛り上がりを見せているハロウィン。 日本に広まるなかで、本場アメリカとは過ごし方が、かなり変わってきているようです。 とくにコスプレはこの期間、国内ならではの楽しみ方と言えるでしょう。 「お盆のようなもの」と言われるハロウィンの由来 「諸聖人の日の前夜」「神聖な夜」などさまざまな語源があるとされる「Halloween」は、本来キリスト教カトリックのイベントを指します。 死者の魂がこの世に戻ってくる日に墓参りや祈りを捧げることから、日本では「お盆のようなもの」と説明されることが多いようです。 この日に欠かせないものがカボチャです。 悪霊を追い払うために恐い顔に掘り抜いて、中でロウソクを灯します。 もともとはカブが使われていましたが、よりたくさん収穫できるものとして変わったようです。 ジャック・オー・ランタンの物語は子供でも読める簡単なものですから、絵本を買ってみると面白いでしょう。 自宅でも外出でもイベントを楽しめる かならずしもアメリカの過ごし方を習う必要はなく、日本ならではの過ごし方で楽しむと良いでしょう。 もともとは家族で過ごし、子供たちは「Trick or treat」を唱えながら各家庭を回ることが定番でした。 しかし、安全面の問題があって国内では浸透していません。 手軽に楽しむならグルメやレジャーでしょう。 レストランでは期間限定のカボチャ料理やスイーツが楽しめます。 テーマパークではデコレーションやコスチュームがいつもと変わり、ひと味違う雰囲気が味わえるでしょう。 家から出ないなら料理を作ってみることも楽しいはずです。 コスプレ衣装でハロウィン気分をさらに盛り上げる ハロウィンと言えばお化けを模した仮装です。 しかし、現在は皆が楽しめるコスプレの場になりつつあります。 全国で大規模なイベントが開催されて、さまざまな衣装を着た方がパレードを楽しんでいます。 コスプレが好きな方ならぜひとも参加したいところです。 「人混みに入りたくない」という方でも自宅でコスプレにチャレンジしてみましょう。 最近では衣装をネットのコスプレ通販で買えます。 「どこで買えば良いのか分からない」「店頭で買うことが恥ずかしい」という方でも気軽にコスプレを楽しめるでしょう。 もともとは死者の霊を迎えるハロウィン。 国内では期間限定のグルメやイベントが楽しめます。 とくにコスプレは各地でパレードがおこなわれるなどの盛り上がりを見せています。 ぜひとも家族や友人、恋人などと衣装を準備して参加してみましょう。

次の

保育園の手作りハロウィン衣装。魔女やドラキュラに変身しよう│保育士求人なら【保育士バンク!】

ハロウィン 衣装 魔女

言わば魔女はハロウィンの基本とも言えるでしょう。 以下では、魔女に仮装するときの必須アイテム、帽子の手作り方法をご紹介します。 <用意するもの> ・黒いフェルト ・針と糸 ・リボンなど <作り方> 1. 黒いフェルトを三角形に折り、円錐状にして、1辺を縫います。 底を丸く切ります。 ツバを作ります。 1で作った円錐の底辺の直径に合わせて、ドーナツ状にフェルトを切ります。 ツバが広めのものがよければ、思い切って大きく切ってください。 1と2を縫い合わせます。 縫い目を隠すようにリボンを巻きましょう。 ビーズなど、お好きなパーツでデコレーションすれば、世界に一つだけの帽子のできあがりです! ゾンビ風衣装&メイクに挑戦! Akane Hiyoshiさん pyoshiii がシェアした投稿 - 2017 10月 1 4:17午前 PDT タンスの肥やしになっている服があれば、ハロウィンの衣装に活かしてみてはいかがでしょうか。 着るのはもちろん、作る過程もきっと楽しいですよ。 以下で紹介するのは、ゾンビ風の衣装の作り方です。 メイクの方法もあわせてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。 〜ゾンビ衣装を作ろう〜 <用意するもの> ・要らない服(シャツやワンピース、デニムなど) ・カッター、ハサミ ・ライター ・食紅(アクリル絵の具でも可) <作り方> 1. カッターで服の袖や襟、裾をほつれさせます 2. ところどころにハサミで切りこみを入れ、割きます。 切り口をライターで焦がすなどします。 ただし、素材によっては激しく燃えるものもありますので、消火用の水を用意し、十分注意して行ってください。 ダメージ部分に血糊を塗ります。 さらに、公園などで土をつければ雰囲気が出ますよ。 〜ゾンビ風メイクの方法〜 <用意するもの> ・黒か茶色の濃いめのアイシャドウ ・ワセリン(または無色のリップクリーム、クリーム状のアイシャドウ下地) ・スポンジ ・真っ赤な口紅 ・ペンシルアイライナー <メイクのやり方> 1. いつもどおりベースメイクをします。 目の周りにワセリンを塗ります。 ワセリンがなければ無色のリップクリームやクリーム状のアイシャドウ下地でも代用OK。 2の上にアイシャドウを手で塗っていきます。 ポンポンと軽く叩くように。 スポンジでアイシャドウをなじませます。 さらにアイシャドウを塗り重ね、怖さを演出します。 次はリップ。 真っ赤な口紅を塗り、口角をアイライナーで描きます。 口角を指でぼかし、アイシャドウ同様にスポンジでなじませます。 人気のあのキャラクターの衣装もDIY! mrmk0730さん miiik. s がシェアした投稿 - 2016 10月 30 3:03午前 PDT 魔女の宅急便キキ 魔女は魔女でも可愛い魔女はいかがでしょうか。 キキの衣装なら、シンプルなので簡単にDIYできちゃいます! <用意するもの> ・黒か紺の膝丈のワンピース ・シンプルな黒いカチューシャ ・赤色のフェルト(厚手のもの) ・針と糸、またはグルーガンでもOK ・ほうき <作り方> 1. 赤色のフェルトを正方形に切ります。 1の真ん中を止め、リボンの形に整えます。 帯状に切ったフェルトを、リボンの真ん中に巻きつけ、カチューシャのてっぺんからやや横に縫い付けます。 針と糸がなければ、グルーガンで固めてもOKです。 ワンピースを着て、カチューシャをつけて、ほうきを持てば完成です! プリンセス系は、チュチュの作り方をマスターすべし! cookieさん riri27o がシェアした投稿 - 2017 10月 1 6:14午前 PDT 女の子なら憧れるプリンセス系衣装。 ふわふわのスカートは普段着としてなかなか着ないかもしれませんが、ハロウィンなら挑戦できるかもしれませんね。 以下では、ふわふわのチュチュの作り方を紹介します。 <用意するもの> ・オーガンジー ・リボン(またはゴム) ・ハサミ <作り方> 1. オーガンジーを適当な幅に切っていきます。 長さは、作りたいチュチュの丈の2倍になるように。 リボンまたはゴムに、切ったオーガンジーをウエストの長さ分だけ結んでいきます。 リボンやゴムを腰に巻けば完成。 簡単にできるハロウィン衣装のDIYアイデアを紹介しました。 身の回りのもので簡単にできるアイデアもありますので、ぜひ試してみてください。 今年のハロウィンは、誰とも被らない衣装を身にまとい、みんなの注目を集めてはいかがでしょうか。 SNSでシェアして、みんなでハロウィンイベントに行こう!•

次の

ハロウィン仮装のおすすめはやっぱり魔女!厳選コスプレ23選

ハロウィン 衣装 魔女

2-1. お菓子とセットでつくるハロウィンヘアアレンジ ハロウィンの衣装に合わせるヘアアレンジは、日常ではできないようなアレンジを心がけた方がハロウィンらしい格好ができる。 以下のヘアアレンジでは、子供にあげることもできるお菓子アクセサリーとして「チュッパチャップス」を髪留めとして使用している。 子供がこのお菓子を欲しがったら直ぐにあげられるようにヘアピンを常備しておこう。 3-1. ツインテールに結ぶ位置が低くなり過ぎないように意識するのがポイント。 魔女・悪魔で個性的な表現をする、ハロウィン コスプレ ヘアアレンジ 以下の動画では、これまでとは一風変わった髪型にしたいと感じている個性派の人にオススメしたいヘアアレンジを紹介している。 少しテクニックが必要になるので、中・上級者向けのヘアアレンジになる。 4-1. 付いている部分と付いていない部分があるとムラがでてしまい、完成度の低い仕上がりになるので気をつけよう。 ゆるめに結んでしまうと後でたるんでしまい、ねじり編みが緩んでしまう可能性があるので気をつけよう。 4-2. 5-1. 帽子が飛ばないようにヘアピンで留めるやり方 帽子をヘアピンで留める際は、適当な箇所で真っ直ぐに挿すのも良いが、せっかくハロウィンコスプレにポリス衣装を着るのだから、ヘアピンの留め方をお洒落チックにするのも良い。 ゴールドピンなどを使用してゴージャスに仕上げるのも有りだ。 胸・首元セクシー系 ポリスコスプレ向け。 ポリスコスプレを選ぶ人は、仮装するなかでも「女性らしさ」や「セクシーな印象」を求めていると思うので、胸元、首元を開け気味にするとセクシー度が増すはずだ。 あとは、衣装の露出を調整するだけでOK。 7-1. 7-2. ポリス コスチュームの帽子でアップヘアにアレンジ あまりポリスコスチュームでアップヘアにする人はいないかもしれないが、いつもとは違う印象を強調したい際などにおすすめするヘアアレンジ。 ロングヘアでは、後ろでお団子をつくったあとに帽子を被ることで首周り全体をスッキリすることができる。 8-1. ゴムを結ぶ際は、毛先を折りたたんでから結ぶとヘアピンで留める際に収めやすくなる。 黒髪でもポリスコスプレに似合う簡単ハーフアップヘアアレンジ 個人差はあるが、色気がある人は黒髪にポリスコスチュームを合わせると、色気がグッと増すことがある。 言葉で表すなら、「クールビューティー」というニュアンス。 反対に、どちらかというと地味な印象が強い人は、ポリスコスチュームを合わせようとすると「無理している感」や「頑張った感」が勝ってしまうため、あまりオススメはしない。 言葉で表すなら、「真面目な警察官」というニュアンス。 地味な印象に偏っている人は、前半で紹介した魔女系のコスプレをした方が、「髪型・メイク」共に化け度が増すことからオススメだ。 9-1. 意外とハマる、ツインテール&ポリスコスプレの相性 ポリスコスチュームを着用するとそれだけで「セクシーな印象」を与えるが、そこにツインテールという「キュートな印象」を組み合わせるとスイーツでいう「甘じょっぱい」感覚を取り入れることができる。 その人のもつ雰囲気にもよるが、髪の色が明るければポップになることからキュートな印象が増し、黒髪であれば先にお伝えしたようにセクシー過ぎず、キュート過ぎない、程よい印象が形成される。 MEMO 顎くらいの長さになるボブヘアなら内巻きストレートヘアのまま帽子を被るだけで、ポリス衣装との相性も良くなる。 「前髪ぱっつん」と「内巻きストレート」によってシャープな印象が増すので、クールな印象を演出する際にはオススメのスタイルの1種。 デコルテを綺麗に魅せたい際にもオススメのヘアアレンジ。 最後に 定番派 (毎年一定層が着用するコスプレ衣装)におくる、ハロウィンコスプレの完成度を高めるヘアアレンジは以上だ。 この他にもコスプレ衣装は沢山あるが、過去に紹介してきたヘアアレンジを参照してもらえれば十分事足りるので関連記事と合わせて参照してもらえたら嬉しい。

次の