アクノロギア。 【モンスト攻略】アクノロギア(超究極)のギミックと適正キャラランキング【フェアリーテイルコラボ】

黒魔導士ゼレフ

アクノロギア

IN学長室 「やはり、こうなったか…」 「やはり、ガンダールヴ!! これは王室に報告せねば!? 」 「バカモン 怒!! 王室にそんな報告をしたら、戦争の道具をやるだけじゃわい!! 『ガンダールヴ』の件は内密じゃ。 」 二人は『ガンダールヴ』の名前に気をとられ過ぎてサイトの力を過大評価していた。 実際、魔法ばかり鍛えて、体を一切鍛えていないようなメイジにはサイトには勝てないだろうが、本当の戦いを知っているメイジならばそこまで脅威に思うような実力ではなかった 少なくとも今回のサイトは。 Sideキュルケ 「強い…」 「ま、まあうちのナツ程じゃないけどね!」 タバサがサイトの強さを認めるがキュルケはそれでもナツの方が上だと言った。 それは正しい事実であり、タバサも認めるところだった。 「そうよね?」 「まあな。 」 「確かに彼も強いけどナツの方が数段上。 」 しかし、自分がナツ寄りの判断をしている可能性も充分あったので、一応聞いてみる。 すると、タバサからお墨付きが出た。 実際、サイトは身体能力はガンダールヴで上昇しても、元々の戦闘力が低すぎてあまり活かしきれておらず、まだまだ発展途上であった。 「あれは手の甲にあるルーンの力ですね。 武器を持つ事で身体能力や技術を上昇させる力があるようです。 」 「へえ、そうなんだ。 ということはルイズの力だってこと!? 」 「ええ、そうなりますね。 まあ、彼女はその力には気付いていないと思いますけど…あ、丁度彼女が来ましたよ。 」 ルイズは決闘を途中から見ていたが、サイトの予想もしない完勝に驚いていた。 「ア、アンタねえ…強いなら、強いって言いなさいよ!メイジに勝つ平民なんて聞いた事ないわよ!! 」 その言葉にサイトは『もしかしてこれって剣の力じゃなくて俺が凄いのか?』と勘違いしてしまった。 サイトはかなり調子に乗りやすかった 似た者主従と言える。 」 ルイズ達が帰った後皆解散していったが、キュルケ達だけは解散せずに話を続けた。 その結果、近日中にサイトのルーンの力を教えるべきだという結論に至った。 何故なら自分の力を過信したままだとどんな無茶をするのか分かったものではないからだ。 それに少し調子に乗りすぎてメンドクサイ奴になるのも危惧していた。 「そういえば、ナツはこの子の使い魔は知らなかったわよね。 」 このまま解散する前にいつかは知る事になるタバサの使い魔の話になった。 タバサの使い魔は巨大すぎて教室に入れなかったので今まで一度も会う事が無かったのだ。 タバサはナツの『滅竜魔法』の存在を知ってあまり会わせたくはないと思っていたので最初は反対したが、自分の知らない場所で会われるより早いうちに自分達と一緒に会った方が良いというキュルケの考えに賛成した。 確かにあらかじめタバサの使い魔だということを知らなければ危険だが、知っていれば大丈夫だろう。 「分かった…今、寝てるみたいだから、一緒に行く。 」 「あれ、何で今寝てるって分かるんだ?」 「使い魔と召喚主は視界を共有出来る。 まあ、そんな事態もあるのだろう位にタバサは思った。 もし、他のメイジならばキュルケが落ちぶれたと思っただろう。 実際、落ちこぼれとして有名な『ゼロ』のルイズ以外は視界の共有が出来ているからだ。 しかし、タバサはキュルケがどの位の力量を持っているかは大体把握していたし、今更たった一つの異常事態でそんな事は思わなかった 仮に落ちこぼれと思ったとしてもタバサはその人間との付き合いかたを変える性格ではないが。 「ナツもハッピーも驚かないでね」 そんな事を言われてナツ達はタバサの使い魔が何なのか想像した。 ナツはタバサの大食いから何でも食べる巨人を、ハッピーはタバサの青い髪の毛を見て水を連想して、そこから超巨大魚を連想してヨダレを垂らした ハッピーは本当に何考えているんだ、食う気か。 すると、全長6メイル程の竜がいた。 「「ドドド、ドラゴン!? 」」 「あら、流石のナツも驚いちゃった?」 ちょっと以外に思ったが、ナツは急に騒ぎだした。 「お前、イグニールは知ってるか!? あとメタリカーナとグランディーネも!」 「ナツ〜、止めようよ…そもそも世界が違うんだから知る分けないよ。 」 「あ、そっか…」 「というか、そもそもドラゴンは話せないけど…」 その時、ドラゴンが目を覚ました。 「立派な使い魔よね〜」 「オイラはアクノロギアを思い出して怖いよ…」 その瞬間ドラゴンの体が震えだした。 その様子を皆でいぶかしんでいると、急にドラゴンが騒ぎだした。 「ア、ア、ア…アクノロギア〜〜!? 怖いのね〜!? 」 いきなり騒ぎだしたのでキュルケ達が驚いた。 特に話せないと思っていたキュルケの動揺は一際強かった。 「どういう事、タバサ?」 「シルフィードはただの風竜じゃなく韻竜…世間にバレると大変になるから隠してた。 なのに…」 そう言ってタバサはシルフィードを怒るが、シルフィードはそれがどうしたと言わんばかりに怒鳴り返した。 「五月蝿いのね、チビスケ!! アクノロギアの恐さも知らないクセに!! 」 シルフィードはアクノロギアの存在を知っていて酷く怯えていたが、ナツ達が異世界から来たのだという事を知ってからしばらくしてやっと落ち着いてきた。 「でもどうしてアクノロギアを知ってるの?」 「それはシルフィが生まれる50年程前にこの世界にアクノロギアがやって来たのね。 」 シルフィードは直接アクノロギアに会った事は無かったが、その凄まじき力と残虐性は両親から聞いていた。 シルフィードは自分が両親から聞かされた内容について話はじめた。 当時、異世界とハルケギニアを繋ぐ門があった。 そして約250年前にその門を通ってやって来た黒い巨大な竜がアクノロギアであり、アクノロギアがハルケギニアにいた僅か半年の間にどんな事をしたのかを。 アクノロギアは当時対立していたエルフと韻竜に襲いかかり、彼らはアクノロギアの圧倒的過ぎる力の前に協力したが、繰り出した連合軍は尽く壊滅し、エルフと韻竜の5割が死んだ頃にはもうアクノロギアに対抗する気力は失い、次に門が開くまで協力して逃げる事になった。 しかし、アクノロギアからは逃げるのも難しく次に門が開く半年後にはエルフと韻竜の9割以上が死滅していた。 その時の生き残りがシルフィードの両親だという事だが、そのアクノロギアの力の前には何もかもが無力に過ぎず、恐怖の対象として韻竜やエルフの間に伝わっているのだというのだ。 しかし、キュルケやタバサは昔からエルフの強さを聞いている為に、そんな話を信じられなかった。 「そんな化け物この世に存在する訳ないじゃない!! 」 ただ、事実だとすればシルフィードのあの驚きようも納得出来る。 しかし、ここでタバサは何故人間はアクノロギアの存在を知らないのかという事に気付いた。 「そこに気が付くとは大したチビスケなのね。 アクノロギアは半年間ずっと砂漠にいたからなのね。 もし門をくぐって元の世界に帰らなかったら今頃ハルケギニアは死の世界と化しているはずなのね。 」 その言葉を聞いてキュルケ達は恐怖した。 「でもナツ達が言ってた『アクノロギア』がそんな化け物だったなんて…」 それからシルフィードにもナツ達がアクノロギアに襲われた事を話すとシルフィードは英雄を見るような目でナツ達を見つめた。 「凄いのね!! アクノロギアと戦ったなんて!? そんな人達を呼ぶのも凄いのね!! チビスケってもしかして凄いメイジなのね!? 」 シルフィードがタバサを少し認めた瞬間であった。

次の

【モンスト】アクノロギア(超究極)の適正キャラと攻略

アクノロギア

その正体は400年前に起きた人間との共存を巡る竜族間の戦争 竜王祭にて、共存派のに滅竜魔法を与えられ、最終的に竜の王になった 滅竜魔導士のである。 力をつけ過ぎたことで共存派の竜まで殺し、竜のを浴び続けた結果、が竜に変化してしまったらしい。 一方、は「アクノロギアはに近く、ゼレフが滅竜魔導士をアクノロギアにした」と推測している。 人間の姿に戻ることもでき、人間時は黒いマントを纏い長髪で体中に紋様がある褐色肌の男性の姿をしている。 霊峰ゾニアにてを奇襲してアッサリと倒して去り、S級魔導士昇格試験の最中にて天狼島に出現し、達に攻撃を仕掛けた。 その際、を奇襲した時の力を出しておらず、 「遊んで」いただけであった。 ナツ達と「」との戦いでは、ENDを破壊するために現れナツの体から出現したと戦い、死闘の末、を食い破られながらもし再び姿を消した。 X792年には人間の姿でどこかのに潜伏して傷を癒していた時にゼレフと再会し、彼との会話から久々に本気を出せる時が来ることを知ると不敵な笑みを浮かべ、「」とアルバレス帝国との戦いでは竜の姿に変化し人知れず動き出す。 東方のと聖十大魔道との戦いに突如として乱入し、自分を倒そうとするゴッドセレナを人間の姿のまま撃破。 その後は「完全なる滅竜」を目指し、再び霊峰ゾニアに赴きと戦うが、彼女が発動した「ユニバースワン」でどこか遠くに飛ばされた。 そしてアイリーンの死後、「ユニバースワン」が解けたことで、フェアリーヒルズに飛ばされたエルザとウェンディの前に現れ、アイリーンが滅竜魔法の創造者であることに気付いて「我の罪」として彼女の遺体を傷つける。 一度は時の狭間に閉じ込められるものの、時の魔力を喰らうことで復活し、最終的にはナツたち滅竜魔導士と衝突し、ナツの七炎竜の鉄拳の前に敗れ去り消滅した。 今際の際にナツこそが「王にふさわしい」と称えたが、当のナツからは「王になんかなりたくねぇよ」と笑顔で返された。 魔竜 滅竜魔導士は、己の体質を各々の属性の竜に変換して身体能力を強化し、自らの属性の物質を食べることで体力回復・強化が可能で、それぞれに己の属性の物を操ることができる。 これが滅竜魔法の基本であり、滅竜魔導士はそれぞれ属性を持つ。 しかし、アクノロギアには 属性が無い。 アニメ版 原作ではあまり触れられなかったアクノロギアの過去だが、アニメ版ファイナルシーズンにおいて、これがさらに掘り下げられている。 以下ネタバレ注意。 彼のアクノロギアという名前は本名ではなく、あるドラゴンの名を自ら引き継いだもの。 そのドラゴンの名は プロトン・アクノロギア CV. 以下プロトンと呼称 プロトンは秘境モンテス・セクレタに守り神として生息しており、人類との共存を願う穏健な性格だった。 事実、この秘境では人と竜が共存を果たすことに成功している。 そんな彼には自身を治療してくれる青年医師の友人がいた。 この青年医師こそ、 竜と化す前の人間時代のアクノロギアである。 ちなみに当時の名は明かされていない。 プロトンと医師はとても親しかったが、あるときプロトンは西の大陸で滅竜魔法が生み出されたことを知ってしまい、それを医師に打ち明けた。 人と竜が争うという耐え難い現実に医師は自分の力ではどうにもできないと嘆く。 そこでプロトンは西の情勢を確かめるべく秘境を後にして旅立ったが、これがのちの悲劇の引き金となってしまう。 プロトンは滅竜魔導士の力を目の当たりにしたことで人間に対して怒り狂ってしまい、再び医師と再会した時には人間を滅ぼすべく完全に敵対することに。 プロトン率いるドラゴンたちの蹂躙によって全てを失ってしまった医師は次第にドラゴン 特にプロトン に対する憎悪にまみれていき、 とうとう滅竜魔法の会得という暴挙に踏み切ってしまう。 それからは各地を放浪しつつ会得した滅竜魔法で次々にドラゴンや共存を謳う人間たちを血祭りにあげていくが、憎しみのあまりいつしか自分自身の名を忘れてしまっていた。 それでも自分から全てを奪ったプロトン・アクノロギアの名だけは忘れられなかったため、竜への憎しみを忘れないためにアクノロギアの名を自身に刻みこんだ。 やがて前述のようにドラゴンの返り血を浴びすぎて自らの肉体が竜と化し、このときから自らを 竜王と名乗るようになる。 こうして漆黒の竜王アクノロギアが誕生した。 彼はナツに撃破されるまで、消えることのないドラゴンへの憎悪と破壊衝動のままに永き時を生き続けてきた。 その比類なき力ゆえに全世界から畏怖の対象となっていたアクノロギアだが、 結局は彼も"アクノロギア"という呪縛から逃れられなかった1人の哀しき男に過ぎなかったのである。 関連イラスト.

次の

【ネタバレ&感想】フェアリーテイル最終話手前でアクノロギアと決着!

アクノロギア

モンスター名 最新評価 竜の王 アクノロギア(進化) 8. 0 6つのアビリティを持つが友情火力の低さが足を引っ張る。 直殴り等は強力なキャラだが、降臨周回での使いづらさを考慮し8. 2倍 全体攻撃 雑魚:約24万ダメージ ボス:約150万ダメージ アクノロギアの強い点は? アクノロギアの最新評価 アクノロギアの強い点 パワー型の欠点を補えるアビリティ アクノロギアはパワー型のため、スピードが遅い。 加速状態になる超反風とスピードが1. 5倍になるダッシュを持つため、パワー型の欠点であるスピードの遅さを補うことができる。 自強化の倍率は1. 2倍だが、全体攻撃でボスに150万ほどのダメージを出すことができる。 また雑魚にも24万ほどのダメージを出せるため、雑魚処理にも役立つ。 アクノロギアの弱い点 同時に使うことのないアンチアビリティ アクノロギアは地雷、ウィンド、ブロック3つのギミックに対応できる。 しかしこのアビリティセットを使うことが少なく、現環境のクエストでは出番が少ない。 アクノロギアの総合評価と使い道 降臨では初となる6つのアビリティを持つ。 パワー型の欠点を補うアビリティは優秀だが、使えるクエストが現環境で少ない。 今後のクエスト次第ではあるが、いつ出番があるかわからない。 いつでも使えるように育てておこう。 10 タス後限界値 26035 32271 280. 43 キラー発動時 - 37240 - スキル ストライクショット 効果 ターン数 我が全てを喰らってやろう スピードがアップ 12 友情コンボ 説明 最大威力 ウォールスルーバレット【闇属性】 壁をすり抜ける貫通属性弾を触れたキャラの進行方向に発射 18304 入手方法 フェアリーテイルコラボ降臨クエストでドロップ.

次の