クレジットカード現金化 使い方。 【クレジットカードの使い方】サインや暗証番号など初めてでも安心! |クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジットカードの使い方に関するクイズ|クレジットカード現金化(ショッピング枠現金化)

クレジットカード現金化 使い方

クレジットカードの使い方 まずは、実店舗のレジやインターネットショッピングそれぞれで、クレジットカード決済を行う手順について見ていきましょう。 サインや暗証番号の入力も不要な大手コンビニでの使い方 クレジットカードを初めて使ってみたいという方には、クレジットカード決済ができて、サインや暗証番号の入力も不要な大手のコンビニでの使用がおすすめです。 ただし、サイン不要な決済は、少額に限定されますのでご注意ください。 コンビニのレジでクレジットカード決済をする場合、おおよそ次の2とおりの手順となります。 クレジットカードを手渡しする場合• 支払いの際に店員さんに「クレジットカード払いで」と伝え、クレジットカードを渡します• 店員さんが、クレジットカード払いの処理をしてくれます• 店員さんからクレジットカードとレシートを受け取り、支払い完了です クレジットカードを読み取り機に挿す場合• 支払いの際に店員さんに「クレジットカード払いで」と伝えます• 読み取り機にクレジットカードを挿したりします(端末により異なる)• 店員さんからレシートを受け取り、支払い完了です コンビニのように、サインも暗証番号の入力も不要なクレジットカード決済は、この3ステップで完了します。 サインや暗証番号の入力が必要な店舗での使い方 クレジットカード払いは、サインや暗証番号を入力するタイプが主流となっています。 そのため、サインや暗証番号を使ったクレジットカード払いの方法も押さえておきましょう。 最初に、そのお店で所有しているクレジットカードでの支払いができるかどうかを確認します。 また、現在はクレジットカード払いに対応している店舗が多くなっていますが、個人経営のお店などは現金払いにしか対応していないこともあるため注意しましょう。 クレジットカードの暗証番号の入力が必要な場合は、店員さんから端末で番号を入力するよう指示されます。 4桁の暗証番号を入力し、「確定」ボタンを押せば支払いは完了です。 暗証番号は、クレジットカードを申し込む際に登録した4桁の数字を使用します。 もし暗証番号が分からない場合は、クレジットカードを使い始める前に、カード会社に確認しましょう。 サインをする場合• 支払いの際に店員さんに「クレジットカード払いで」と伝えてクレジットカードを渡します• 金額などが書かれたレシート状の用紙かタブレット端末で、指定の場所にサインをします• 店員さんからレシートを受け取り、支払い完了です 暗証番号を入力する場合• 支払いの際に店員さんに「クレジットカード払いで」と伝えてクレジットカードを渡します• 店員さんから端末に暗証番号を入力するよう促されますので、4桁の暗証番号を入力し「確定」ボタンを押します。 店員さんからレシートを受け取り、支払い完了です ECサイトでの使い方 ネットショッピングでクレジットカード決済をすると、振込手数料や代引き手数料がかからないというメリットがあります。 また、注文後すぐに支払いが完了するため、ほかの決済方法と比べて配送までの流れがスピーディーです。 ECサイトによって少しずつ決済の手順は異なりますが、ネットショッピングにおけるクレジットカード決済の流れは、基本的には共通しています。 インターネットで支払う場合• カート画面で配送先などを入力します• 決済方法の選択で、クレジットカードを選びます• カード会社を選択し、クレジットカード情報(会員番号・名義・有効期限・セキュリティコード)を入力します• 注文と決済を確定すると、支払いが完了します 注文完了後、支払い完了の旨が記載されたメールを確認し、商品が届くまで保存しておきましょう。 また、クレジットカードの利用明細にも必ず目を通し、利用金額が一致しているかを確認します。 支払い回数を増やしたい場合 支払い回数を選択できる店舗では、クレジットカード払いの際に支払い回数を指定できます。 一般的な「1回払い(一括払い)」のほかにも、「分割払い」や「リボ払い」などがあります。 クレジットカード初心者の場合、店員さんから支払い回数を聞かれたら、「1回払い(一括払い)で」と伝えるといいでしょう。 1回払いであれば、金利は発生しません。 金利手数料が発生する分割払いやリボ払いは、金利のしくみが分からないと、支払総額が想定外となってしまうこともあるため、注意が必要です。 クレジットカード裏面の署名(サイン)の記載に注意 クレジットカードが手元に届いたら、必ず裏面に自筆で署名(サイン)を記入します。 自署がないクレジットカードは、紛失・盗難時の不正利用リスクが高まるだけでなく、補償が受けられない場合があります。 ECサイトで利用しているだけならサインをしなくても使えるかもしれませんが、本来はサインのないクレジットカードは使えませんので、必ず記入しましょう。 クレジットカードのサインは、原則として日本語でも英語でも構いません。 ですが、ローマ字など他人に模写されやすいものはできるだけ避け、書き慣れた字体で書くようにしましょう。 特に、海外旅行でクレジットカードを利用する場合を考えると、裏面のサインは漢字で記入しておくのが安心です。 インターネットでのクレジットカードの扱いに注意しよう クレジットカードは、インターネットショッピングなどでの決済に便利ですが、誤った使い方をしてしまうと、不正利用されるリスクが伴うことを理解しておくことも大切です。 セキュリティ対策をしっかりとしてから利用しましょう。 「SSL化」されているショッピングサイトかを確認する まず注意すべきは、ショッピングサイトが「SSL化」されているかどうかです。 SSLとは、インターネット上での通信情報を暗号化する技術で、 SSL化されているサイトであれば、クレジットカードの情報を第三者に抜き取られるようなことはありません。 「本人認証サービス」を活用する セキュリティ対策として有効なのは、クレジットカード会社が提供している「本人認証サービス」を利用することです。 「本人認証サービス」とは、ショッピングサイトで何かを購入する際に、クレジットカードの番号とは別に、IDやパスワードを入力しないと買物ができないようにしてくれるサービスのことです。 三井住友カードでは、「ワンタイムパスワード」を入力する「Visa Secure」などにも対応しています。 ブラウザやOSは最新のものにする ブラウザやOSは、できる限り最新のものにしておきましょう。 最新のものでないと、セキュリティが十分ではないケースがあります。 また、 ウイルス対策ソフトなども、可能であれば入れておきましょう。 クレジットカードの利用には、メリットだけでなくさまざまな注意点もあります。 上記の内容をしっかりと理解したうえで、正しい使い方を心掛けましょう。 新規入会限定キャンペーン実施中! 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。 キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。 1 2020年5月1日時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。 (注)エブリプラスを含む 2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。 今回の記事のまとめ クレジットカードの使い方• クレジットカードは、手渡しして処理してもらう場合と、自分で読み取り機に挿す(端末により異なる)場合がある• サインをする場合は、レシート状の用紙かタブレット端末でサインをする• 暗証番号を入力する場合は、端末に暗証番号を入力して「確定」ボタンを押す• インターネットで支払う場合は、決済方法の選択でクレジットカードを選び、クレジットカード情報(会員番号・名義・有効期限・セキュリティコード)を入力する• 店舗によって、支払い回数は「1回払い(一括払い)」「分割払い」「リボ払い」などを選択できる クレジットカード裏面の署名(サイン)の記載に注意• クレジットカードには必ず裏面に自筆で署名(サイン)を記入する• 自署がないクレジットカードは、補償が受けられない場合がある• クレジットカードのサインは、模写されやすいものは避ける クレジットカード暗証番号の設定と管理について• クレジットカードの暗証番号は、誕生日など推測されやすい番号は避ける• クレジットカードに暗証番号を記入したり、暗証番号のメモを残したりしない インターネットでのクレジットカードの扱いに注意しよう• 「SSL化」されているショッピングサイトかを確認する• 「本人認証サービス」を活用する• 三井住友カードでは、「ワンタイムパスワード」を入力する「Visa Secure」などにも対応している.

次の

PayPay(ペイペイ)残高を現金化する最新の使い方

クレジットカード現金化 使い方

クレジットカードの賢い使い方や注意点を知れば、貴方もクレカ上級者に インターネットショッピングが当たり前になった今、クレジットカードを利用する機会が増えています。 実生活でもレストランやホテルの会計で、現金ではなくカード決済が主流に。 今回は、クレジットカードをせっかく作ったけど、あまり利用してない方や、これからクレジットカードの発行に悩んでいる方に伝えたい、 クレカ上級者が教えるクレジットカードの賢い使い方や使う上の注意点を合計20個大公開。 クレカを日常的に利用している方は既存の知識をアップデートしてみて。 賢い使い方1. 毎月の生活費 固定費 の支払いに利用する 公共料金「電気、水道、ガス、電話代、通信費」、食費、娯楽費や衣服代などの 1ヶ月の生活費をクレジットカードで支払いましょう。 公共料金の支払いを払込票で行う場合、支払いを忘れることも多い。 公共料金の支払いを滞納すると、電気や水道が突然止まり生活に悪影響ですね。 また、毎月の生活費をクレジットカードで支払うことで、1ヶ月の支出を管理しやすくなるメリットも。 家計簿をつけていない方でも、月に1度自分の財政状況を把握するいい機会になりますよ。 賢い使い方2. ネット通販の支払いに利用する ネット通販の支払いは最もポピュラーな使い方。 インターネットショッピングの支払いにクレジットカードを利用することで、決済がすぐ終了。 支払い方法が「銀行振込み」や「代引き」だと、手数料や時間がかかり商品の到着が遅くなりがち。 ネット通販を利用する時はクレカでスマートに会計し、すぐに商品をゲットできれば嬉しいですよね。 クレジットカードを上手く使えば時短もできるんです。 賢い使い方3. ネットショップや店舗と提携しているカードを使用する 大手ECサイトの「Amazon」「楽天」「Yahoo! ショッピング」などは独自のクレジットカードを発行しており、利用するとお得な特典やポイントが付与されます。 「丸井」「セゾン」「AEON」などの店舗でも、対象のクレカを利用すると対象日に5〜10%OFFの優待が受けられることも。 良く利用する店舗・ネットサイトがクレジットカードを発行しているか確認するのも賢く使うコツ。 電子マネーにチャージして使う 代表的な電子マネー「nanaco」「楽天edy」「WAON」「Suica」「PASMO」はクレジットカードからチャージ可能。 ただし、クレジットカードによっては電子マネーがチャージできないこともあるため、利用する前に確認する必要あり。 賢い使い方5. お得なポイントがザクザク貯まるクレジットカードを使う クレジットカードを利用すると、各カード会社の独自ポイントがもらえます。 ポイントが貯まる割合を示すポイント還元率やポイントの使い方はカードによって変化。 1,000種類以上あるクレジットカードの中で、 ポイント還元率0. 5%のものから還元率1. 5%まで3倍以上の差があります。 どうせ使うならお得にポイントが貯まるマイカードをセレクトしなきゃ損。 【参考記事】 ポイント還元率1. ポイントアップサイトを活用する 「ポイントアップサイト」とは、カード会社が運営するサイトを利用すると特別ポイントが付与される仕組みのこと。 ネットショップによって、 ポイント2〜20倍と、幅はかなり広い。 対象のインターネットショッピングサイトは100種類以上あるため、ちょっとした買い物に使ってみてはいかが。 賢い使い方7. マイレージが貯まるクレジットカードを使う クレジットカードを利用すると、ポイントの他に航空会社の提供する「マイレージ」もGet。 マイルを貯めれば、 飛行機が無料で乗れたり、飛行機の差席をビジネスクラスやファーストクラスへのグレードアップが無料で利用できたりと、海外旅行好きには嬉しい特典。 お得にマイルを貯めるなら、マイルが貯まりやすいクレジットカードもチョイス候補に入れてみて。 クレジットカード会社の特典を使う クレジットカードによって付与されている特典に差があります。 所有しているクレジットカードに意外な特典が含まれているケースがあるため、お得な情報がないか再度確認してみて。 むしろ特典でクレジットカードを選ぶのは賢い使い方と言えますよ。 賢い使い方9. クレジットカードカード保有は2枚 or 3枚。 利用目的で使い分ける 日頃の買い物や固定費の支払いに使用するクレジットカードは「メインカード」。 海外旅行に行くときや大きな買い物をするときなど、たまに使用するクレジットカードは「サブカード」。 このように 用途ごとに使い分ければ、月々の生活費計算やカード紛失時にも対応が楽。 ただし、クレジットカードを持ちすぎると紛失やローンの審査に通らないなどのリスクもありますので、所持数は2枚 or 3枚がおすすめ。 クレカ上級者はシーンに合わせて使うカードを賢く選択しています。 賢い使い方10. 日頃の支払いは「一括払い」、数十万円の支払いのみ最大「2回払い」を意識するとベスト。 複数回の分割払いを選択すると、手数料が発生してしまうため、賢い使い方とは言えません。 また、「リボ払い」の利用はミスチョイス。 リボ払いは毎月定額の支払いで一見楽に見えますが、手数料が雪だるま式に大きくなってしまい、気づいたら大損なんてことも。 賢い使い方11. 限度額は自分の使う範囲で設定する クレジットカードを利用したいけど使いすぎて怖いという方は、限度額を低く設定すれば安心。 衝動的に使用したくなっても限度額が決まっているため、それ以上はカードを利用できなくなります。 後々、使いすぎて後悔なんてことも華麗に回避。 限度額の設定は各カードの専用会員ページまたは、カード会社に電話で問い合わせ可能。 必要以上の限度額を設定しないのが、上手に使うためのコツですよ。 賢い使い方12. キャンペーンを把握する 毎月、各クレジットカード会社が様々なキャンペーンを開催。 キャッシュバックや旅行・景品が抽選で当たるなど、利用すればするほどお得なキャンペーンに出会えます。 ただし キャンペーンに参加しないと抽選対象外になるため、こまめにチェックして参加するのをお忘れなく。 賢い使い方13. ETCカードを作る 車を所有している・良く乗るという方は「ETCカード」を作ることをおすすめ。 ETCカードを利用すると 高速道路の入り口を、ノンストップで通過できます。 年会費無料のクレジットカードでもETCカードの発行が有料の場合もあるため事前に確認を怠らずに。 カードによっては、ETCカード利用でもポイントが貯まるお得なクレジットカードもあるから一考の価値ありですよ。 賢い使い方14. 海外に行くならなら海外旅行保険付帯のクレジットカードを使う クレジットカードの海外旅行保険とは、カードの持ち主が事故や病気で入院したり、持ち物が盗難や紛失しまった時に、クレジットカード会社が費用 一部 を補償してくれる嬉しいサービス。 クレジットカードを持っているだけで無料で補償を受けられるため、海外旅行に行くたびに別途お金を支払う必要なし。 カードによって適用条件も異なるから、使えなかったことがないようにしてくださいね。 賢い使い方15. 国内では「JCB」を使用できる場所は多く存在しますが、海外に行くと使える場所が限られることも。 VISAとMasterは世界で1,2を争う有名国際ブランドのため、海外旅行でもクレジットカード取り扱い店の大半が導入しています。 安心して使いたいならVISA or Masterを選ぶのがベター。 賢い使い方16. クレジットカードのキャッシングを使用しない クレジットカードの付帯機能の一つに「キャッシング」があり、提携している銀行やコンビニATMから振込でお金を引き出せます。 急遽現金が必要な時に便利ですが、消費者金融と同等の利息のため結局は借金。 キャッシングが不要な人はカード発行時にキャッシング機能をOFFに。 どうしても必要なら、申し込みは会員専用サイトまたは電話で可能。 賢い使い方17. 引き落とし日の前日までにクレジットカード登録口座にお金を入れておく クレジットカードの利用金額の支払い日の午前0時に請求金額が引き落とされる可能性もあるため、前日までに銀行口座の残高を必ず確認して。 口座の残高が足りずに引き落としに失敗した場合、遅延扱いになり個人の信用情報に傷がついてしまいます。 後にクレジットカードを新規に作るのに影響があるため注意が必要。 万が一引き落とし日に間に合わない場合、できるだけ早い振り込みを心がけて。 携帯のカレンダーに「引き落とし日」を記入しておくと、事故を未然に防げますよ。 賢い使い方18. クレジットカードのショッピング枠現金化は絶対ダメ 「ショッピング枠現金化」とは、専門の業者より指定された物を購入すると、手数料を引いた分の現金を受け取れるという仕組み。 キャッシングや消費者金融で「お金を借りられない人」or「借りるのが面倒くさい人」が利用していますが、通常のお金を借りるよりも手数料が割高。 手数料を支払った上で、翌日の支払いもやってくるためメリットは皆無。 最近では、街中でも見られるようになりましたが、 「ショッピング枠現金化」は絶対にやらないように注意してください。 賢い使い方19. クレジットカードの後ろの署名は必ず記入する クレジットカードを利用する上で、忘れがちな後ろの署名欄。 特にネットショッピング専用のカードの場合、サインする機会もないため、記入していない方も多いはず。 クレカ利用時のサイン筆跡から本人が使ったか確認することもあるので、記入がないと不正利用なのか判断が不可能。 新規にクレジットカードを発行したら必ずサインしてください。 賢い使い方20. うっかり使いすぎないように注意する クレジットカードを持つと、手元に現金がないにも関わらず使いすぎてしまいがち。 「翌月払いだから大丈夫でしょ」と軽い気持ちでいると、多額の請求でお金を取られて生活費が減ってしまいます。 便利なクレジットカードだからこそ、 本当に今必要なものかを確認して、利用するように心がけて。 賢い使い方と注意点を把握してクレジットカードライフを楽しんじゃって 今回は初歩的なことから上級者向けまで、クレジットカードの賢い使い方と注意点を20個お届けしました。 意外と見落としがちなことも見つかったのでは?クレジットカードは 正しく使えば便利な半面、知らずにいると損をすることも。 これからもクレジットカードを利用する機会は増えるため、カードの知識をしっかり持って日頃の生活を何倍もエンジョイしてくださいね。

次の

クレジットカード現金化を自分でする方法!換金率が高い商品7選と手順

クレジットカード現金化 使い方

この記事で分かること• JCBカードとは? JCBカードは日本発である唯一の国際カードブランドです。 中国の銀聯カードが登場するまでは、アジア系としても唯一の国際ブランドでした。 国際カードブランドといえばVISAとMasterCardがシェアの大半を占めており、海外旅行となるとJCBカードの使い勝手が悪かったこともあります。 しかしJCBはアジア圏、グアムやハワイでは非常に強いクレジットカードです。 それにアメックスと提携してから使えるところがグンと増え、益々便利になっていますね。 VISAやマスターほどではなくても国内では非常にメジャーなクレジットカードなので、所持している人も多いでしょう。 絶対に現金化できないクレジットカードはない? 現金化では、クレジットカードのショッピング機能を使います。 自分名義でショッピング枠に十分な利用可能枠があれば、現金化は可能です。 その国際ブランドが利用可能な加盟店であればショッピングも問題なく利用できますし、 購入した品物を売れば簡単に現金化できます。 ですからJCBカードでも現金化ができます。 ただしカード現金化業者を利用する場合は、まれに対応していない国際ブランドがあります。 ほとんどの国際ブランドなら利用可能な業者も多いのですが、サービスを利用する前にはJCBに対応しているか確認しましょう。 JCBカードは曲者? カード現金化業者はほとんどの国際ブランドを取り扱っていると述べましたが、中には使えないカードや現金化しづらいカードもあります。 その現金化しづらい国際ブランドが、JCBカードとアメリカンエキスプレス(アメックス)です。 つまり、JCBカードは現金化業者で使えない事があるということです。 いったいなぜJCBカードの利用が難しいのかというと、それは現金化行為に対し非常に厳しく監視の目を光らせているからです。 その為現金化業者も慣れていないと、JCBカードの現金化はしたがらない事があります。 JCBカードとアメックスカードは現金化サービスの利用だけではなく、通常の使い方でも現金化が疑われるようなことをすると利用停止されてしまうことがあります。 特にアメックスは一番現金化に厳しく、発行するのも大変です。 VISAやマスターに比べると持っている人は少ないかもしれませんが、 JCBやアメックスしか持っていない人にとってはクレジットカード現金化を利用できにくい状況にあります。 JCBカード・アメックスは現金化できない? 確かにJCBカードやアメックスは現金化が難しく、業者によっては取り扱っていない場合もあります。 しかしそんな厳しい国際ブランドカードでも、現金化できる業者はあります。 アメックスの現金化に自信がある業者は、サイトにも目立つように「AMEX対応」と書いてあります。 もしJCBカードやアメックスを現金化したいなら、それらの国際ブランドを得意としている業者を選ぶようにしましょう。 仕組みは公開されていませんが、JCBやアメックスの場合は他のカードとは違うやり方をするようです。 より信頼度が大切になるので、どれだけ実績を積んでいるのか運営歴や口コミをチェックするのも参考になります。 JCBカードが利用停止になるのはなぜ? 延滞や限度額オーバーと言った場合にももちろんカード利用停止になるのですが、普通の使い方をしているつもりでもいきなり利用停止になることがあります。 特に防犯措置として設けている カード不正使用検知システムに反応してしまうと、カードが使えなくなってしまいます。 カード不正使用検知システムには、顧客個々の商品購入履歴、場所、時間帯などのデータがまとめられています。 もしいつもと違う使い方をしてしまうとたちまち検知システムが作動し、クレジットカードが利用できなくなってしまうのです。 特にJCBは厳しいのです。 不正使用でなればカード会社に連絡をして、本人確認をしてもらって利用再開することができます。 海外旅行に行く前や時計など高価な買い物をする際には、事前に連絡していたほうがいいかもしれません。 ただし、現金化が疑われるような使い方をする場合は、利用再開できない可能性もあります。 気を付けたいのが新幹線の回数券購入です。 新幹線の回数券購入はクレジットカードで購入できるのですが、チケット買取店での換金率がよく現金化にもよく使われていました。 そのためあまりにも目立ちすぎるため、JCBの ようにうるさいカード会社では利用停止になってしまうリスクが高いです。 他にも同じ品物を購入する行為も、現金化と疑われてしまいます。 まとめ買いも回数券購入も現金化ではなくごく自然な買い方ということが分かれば、利用再開ができる可能性もあります。 しかしJCBカードでは念のため、現金化を疑われるような使い方をしない方が安心です。 現金化のせいで利用停止になったら? カード現金化は利用規約違反なので、利用停止になるだけではなく強制退会・一括支払いを求められる可能性もあります。 そうなるとJCBのカードは2度と作れないでしょう。 しかし、カード現金化は規約違反ではあるものの、金融事故とは言い難いです。 利用停止になって一括払いにも応じ延滞をすることがなければ、 他のクレジットカードまで使えなくなってしまうことはありません。 とはいえ、現金化を利用するぐらいなので、一括請求に応じられない可能性が高いでしょう。 業者を通したら面倒だからといって、ヘタに自分で現金化をしようとは思わないことです。 JCBカードは自分でやらずに業者を通した方が安心 JCBカードの現金化はヘタに自分でするよりも、慣れている業者を通した方がより安心です。 実績がある業者の方が素人よりもノウハウを知っているのは当然のことでしょう。 アメックスよりもJCBカードに対応している業者の方が多いですし、アメックスに自信があるところならJCBカードもほぼ対応しています。 より安心して現金化ができる業者を選びたいものですね。 どうしても自分でJCBカードの現金化をしたい場合 JCBカードの場合、自分でやるよりも現金化に慣れている業者を通した方がいいと述べました。 しかし現金化業者だと情報漏洩が心配だったり、詐欺が怖かったりします。 どうしても自分でJCBカードの現金化をしたいなら、以下のポイントを抑えておきましょう。 ・高額現金化は避ける 10万や20万といった高額の現金化はあまり狙わないようにして下さい。 特に普段、1回の決済で高額利用をしたことがないという人は、不正利用ではないかと疑われてしまう恐れがあります。 ・同じものを一度に購入しない 5万の現金化をしたいからといて、 同じゲーム機を2台も3台も購入するようなことは止めて下さい。 同じゲーム機を複数購入する行為は不自然に映ります。 ・新幹線回数券の購入は避ける 金券ショップでもかなりの高額買取が臨める新幹線回数券ですが、カード購入しようとすると現金化が疑われてしまいます。 普段新幹線を利用しない人は、新幹線回数券を使った現金化に手を出さないようにしましょう。 ・返済遅延は絶対しない 普段からカードの利用方法に気を付けておけば、それだけカード会社からの信頼度も高くなります。 返済遅延は絶対にせず、期日通りにしっかりと支払いましょう。 金券を使ってJCBカード現金化は可能? 金券類はお金と同じ様に支払いに使え、価値も下がりにくいです。 金券ショップでも買取率が高く、換金性の高い商品として重宝されています。 最も換金性の高い商品であることから、クレジットカードで購入することはできません。 全国百貨店共通商品券は非常に買取率が高くお釣りも出る便利な商品券ですが、カード購入ができないのです。 でもそんな金券でもJCBカードで購入できるものがあります。 それはJCBのギフトカードです。 JCBのギフトカードは、JCB加盟店であれば利用ができます。 JCBギフトカードには1,000円券、5,000円券の2種類があり、ゴルフコンペの賞品になることもあります。 JCBのウェブサイトよりクレジットカードで購入ができます。 しかも金券ショップでは買取率が98%以上になることもあり、非常に狙い目の商品なのです。 発送料380円はかかりますが、その金額を差し引いても十分な高買取額です。 ただし、ギフトカードを購入できる額については、 個別のカードで利用可能枠が設定されているようです。 例えショッピング枠に20万円の余裕があったとしても、20万円分ギフトカードが購入できるとは限りません。 自分のカードでどれだけJCBギフトカードが購入できるのかは、事前にカード会社へ問い合わせておくといいでしょう。 また、いくら効率がいいからといって、連続してギフトカードの購入を行うのは止めましょう。 毎月のようにギフトカードばかり購入していては、カード会社から現金化を疑われてしまいます。 クレジットカードの国際ブランドは何を選ぶ? VISAやマスターなどの国際ブランドは、クレジットカードの発行会社ではありません。 国際ブランドは決済機構で、クレジットカードを発行する会社は別です。 ショッピング可能枠を決めるのは、クレジットカード発行会社になります。 ただし、JCBとアメックスは自社でクレジットカードを発行することもできます。 恐らくJCBを持っている人は直接JCBに申込んだか、発行会社に申込んでJCBを選択したかのどちらかになるでしょう。 JCBのカードだと現金化がよく難しいと言われますが、発行するときの審査は発行会社になります。 つまり単にJCBのブランドがついているだけなのか、それともジェイシービーで発行したクレジットカードなのかが重要になってきます。 株式会社ジェイシービーで発行したクレジットカードだと、さらに現金化は厳しくなってくるでしょう。 現金化を利用する前には国際ブランドだけではなく、発行会社も調べておきましょう。 クレジットカードの発行会社は様々で、銀行、信販会社などがあります。 それぞれの発行会社にクレジットカードを申し込んだら、恐らく国際ブランドを選択するようになっています。 例えば三菱UFJニコスの場合だと、ダイナース以外の4種類の国際ブランドを選択できますね。 どの国際ブランドを選べるかは、その発行会社によっても異なります。 中にはマスターカードしか選べない発行会社もあります。 これからクレジットカードを発行する人にとって、発行会社や国際ブランドの選択はとても重要な意味を持っています。 ポイントの貯まり方や保障、保険の内容などによって、発行会社を比較することができます。 国際ブランドは提携先の数で選ぶのもいいでしょう。 全世界で加盟店数が多いのは圧倒的にVISAなので、最初の1枚はVISAが便利です。 その次に多いのはマスターカードで、VISAより作りやすいという意見もあります。 JCBやアメックスはVISA・マスターカードに比べると、加盟店数がとても少ないです。 しかし中にはJCBしか使えないショップも国内にはあります。 最初の1枚はVISAを作ったとしても、2枚目はJCBを作ると便利でしょう。 JCBは日本唯一の国際ブランドで海外の加盟店数は少ないのですが、日本人がよく観光で訪れるような地域だと意外とJCBに対応しています。 JCBだから海外旅行に使えないというわけではないので、旅行先にはVISAとともに携帯しておくといいでしょう。 まとめ 5つある国際ブランドのうち、JCBカードとアメックスは現金化に厳しいことが分かりました。 カード現金化しなくても急場をしのげるのであれば、それに越したことはありません。 短期間でも知人から借りられるのであれば、その方がいいかもしれません。 また、VISAやマスターカードも所持しているなら、JCBではなくそのブランドカードを使うようにしましょう。 どうしてもJCBカードを使わないといけないときには得意な業者にお願いするようにし、自分ではやらないようにしましょう。 JCB、アメックスなど国際ブランドにも対応の現金化ショップなら.

次の