競馬 初心者 レース選び。 回収率を上げるために大切なレース選びとは?

レース選びのコツ

競馬 初心者 レース選び

私自身も、そのような形で馬券構成することが多いです。 狙うレースによって違ってくるわけですが、重賞レースを購入する人が多いと思うので、まず重賞レースのヒモ馬の選び方を考えてみます。 そこで私の場合は、まず13番人気以下を切り捨てます。 中には、買いたくなる馬もいるんですが、そこは機械的に切り捨てていきます。 もちろん、大穴馬を狙ってクリーンヒットしたときは、とても快感です。 しかしながら、私の統計では、大穴馬を狙い続けても、なかなか回収率が上がってこないと感じるわけです。 そこで、重賞レースでは13番人気以下を切って、残った12頭で予想を考えてみる。 これだけで、迷うことが少なくなります。 軸馬を1頭決めると思うので、残りは11頭になる。 軸馬は多くの場合、「人気馬」を選択すると思います。 好走確率や的中率を考えても、軸馬は人気馬にした方がよいでしょう。 なぜなら、軸馬が人気馬で、ヒモ馬も人気馬ということになると、人気馬同士の組み合わせを購入することになり、配当が低くなるからです。 たとえば、1番人気と2番人気の馬連。 これは馬連で最も的中率が高い組み合わせですが、長期回収率で見ると、75%前後に収束してしまいます。 つまり、勝負レースが減るわけです。 重賞レースを購入する人は、できるだけ毎週の重賞レースを購入したいはず。 そう考えると、レースを選ばなければならない本命サイドの馬券は、見送りレースばかりになってしまい、現実的では無いということになるわけです。 先ほどの続き。 軸馬を人気馬にする場合、ヒモ馬は、中穴馬で狙っていくと、比較的、回収率が上げやすくなります。 11番人気へ流し」 このような馬券構成ですね。 人気馬同士の馬連を除外しているので、的中率は当然下がりますが、この買い方なら、回収率を上げて利益を出すことができるようになるわけです。 馬券というのは、期待値が高い馬を買わないと利益は出ない。 期待値というのは、オッズに対して好走確率が上回っている馬であり、言い換えると、オッズが歪んでいる馬と言える。 簡単に言えば、期待値が高い馬を探すなら、人気馬より人気薄の方が探しやすいということです。 しかし、競馬は的中率を上げても意味がないので、この場合は、的中率を捨てて、回収率を拾いに行くという形になります。 レース選びを厳しくすると、参加できるレースが少なくなるので、競馬の楽しみが減ります。 私の感覚では、本命サイドの馬券の場合、10レース予想して、1レース参加できれば良い方かと。 じっくりとレースを選んで、予想しても馬券を買わずに見送ることができる人は、本命サイドでも良いですが、多くの人はそれだけの忍耐力はないと思うので、中穴馬を狙う方が良いのかなと思うわけです。 では次に、具体的なヒモ選びについて考えてみましょう。 重賞レースでヒモを選ぶ場合、最もシンプルな戦略として、「 騎手で選ぶ」というものがあります。 重賞レースは、賞金が高く、レースのプレッシャーも強くなるので、メンタルが強い騎手が活躍する傾向にあります。 この人気範囲で、回収率が高い騎手を考えてみます。 データ範囲は、2015~2019年です。 ここでは、ヒモ馬としての回収率を判断するため、複勝回収率で抽出してみました。 という事は、これらの騎手を馬連や三連複の相手馬とすれば、回収率を引き上げることが可能になるということになります。 オールマイティな騎手なので、重賞レースでは必ずチェックしておくことをおすすめします。 彼の複勝回収率は、63%しかありません。 武豊騎手の場合、強い馬で好騎乗を見せるタイプなので、中穴馬では回収率が高くなりません。 なので、武豊騎手を狙う場合は、人気の軸馬として利用する方が有効であり、ヒモで穴を狙うタイプではないと言えます。 彼も人気馬で活躍するタイプであり、この条件での複勝回収率は、75%と平凡な数字になっています。 川田騎手は、リーディング上位の騎手なので、過剰人気にもなりやすく、中穴で狙うよりは、人気馬で狙う方が回収率は上げやすいと思います。 頻繁に人気薄を3着以内に持ってくるタイプなので、ヒモ荒れを狙う場合に、藤岡佑介騎手を馬券に組み入れていくと、高配当が引っかかるようになると思います。

次の

【馬券初心者注目!】軸馬とは?軸馬の決め方、選び方を紹介

競馬 初心者 レース選び

今日は人気サイドの本命馬券で儲ける方法、儲け続ける方法について一緒に考えていきましょう。 当然一発勝負で当たれば本命馬券でも儲かるのは当然ですが、本命馬券ばかり買い続けて儲かるのか?が今日のテーマです。 時々「本命馬券ばかり買ってちゃ儲からない」という人がいますが、確かに過去の統計データを見てみても、例えば中央競馬で単勝1番人気の単勝を1年間買い続けたとして、過去20年ぐらいさかのぼっても1年たりともプラス収支になった年はありません。 地方競馬でも手元にあるデータを何年も何年もさかのぼってみても、どこの地方競馬場であっても単勝1番人気だけを買い続けてプラス収支で1年を終える年が存在しないのです。 ただ、これは2番人気や3番人気の馬券でも同じ事が言えて、中央競馬・地方競馬を問わず特定の人気順の馬券を1年間買い続けて儲かるようなそんな甘い話はありませんって事です。 だからと言って「馬券は儲からない」とか「本命馬券は儲からない」と結論付けるのは間違いです。 確かに私の経験上馬券でプラス収支を実現するには本命ばかり買うよりも、ちょっと人気の盲点になってるような中穴馬券を積極的に見付け出すような方法がどちらかというと難易度が低めです。 でも、本命馬券でも勝てない事はないんです。 現に私がで公開しているG1での複勝馬券はどちらかというと人気のある馬の馬券が多いですが、ちゃんと年間収支はプラスになっています。 ただ、私にとってはG1って簡単なんですよね。 芝であろうがダートであろうが、短距離でもマイルでも中長距離でも、競走馬は皆G1を最終的な目標に見据えて調整を進めるわけですし、どんなにモンスター級に強い馬でもG1より上のクラスが無いので、強い馬がちゃんと結果を出してくれやすいですから。 地方競馬の下級レースとかの方がよっぽど難しいですよ。 走る度にゲートのスタートタイミングがバラバラな馬ばっかりだったりしますからね、そしてスタートが決まらなかったら騎手が馬の体力温存のために「流しモード」に突入しますし。 ただのくじ引き抽選会ですよ。 なので私にとって、G3とか1600万下クラスとか、そのへんの中間層が出走するレースでホームページに載せてる馬券ぐらいの的中率を実現するのは難しいんですよね。 ただでさえ能力が拮抗してるのにハンデ戦や別定戦が多くて斤量が人為的に調整されていて、さらに別にG3なんか目標にしてない馬とかも混じってるわけですから。 G1は本当に簡単で、大金を突っ込んでもオッズが下がらないし、ホント助かってます。 ミーハーな皆さんG1というだけで大量に馬券を買ってくださって本当にありがとうございます。 私が遠慮なくお金頂いてます。 1倍にすべてをかけて」というスレッドがあり、タイトル通り堅い馬がいるレースで複勝1. 1倍でも大金を突っ込んで儲けてやろう!という人の集まる場所で、今見てみたらPart100をとっくに超えている人気のあるスレッドのようですが、ここを観察しているとちょっと面白い事があります。 本命馬券で長期間勝とうと思ったら、レース選びはかなり重要になります。 最初にも言いましたが1番人気を買い続けても2番人気を買い続けても3番人気を買い続けても、1年ぐらいのスパンで見ればどの人気順を選んでも収支はマイナスです。 つまり手を出せば出すほど、その「買い続けた状態」に近付くわけですから、沢山のレースを買おうとする前にまずは「いかに参加レースを削るのか」を考えた方が得策です。 大穴狙いの人でも同じではありますが、運さえ良ければ一発デカい配当を的中してプラス収支に転じる可能性があるのに対し、本命サイドの馬券の場合はある程度の期間マイナスが続いてしまうと運だけでは挽回が出来ません。 的中頻度を上げる事でしかマイナスの穴埋めが出来ないからです。 そこで多くの人は思考が「当てよう当てよう」という「的中率」にばかり目が向いてしまうので、結局「この馬でこのオッズなら美味しいな」という中穴狙いの人が助かるわけですね。 馬券は当たらない事には配当が受け取れませんが、当てようとしているだけでは勝てません。 堅い馬券で追い上げをしても勝てないよ 昔から競馬必勝法として「追い上げ」という賭け方があるんですが、知らない人のために簡単に説明すると「堅そうな馬券に賭けて、当たったらOKで、外れたら次も堅そうな馬券にさっきよりも沢山の金額を賭ける」という馬券術なんです。 へー、と思った人もいるかも知れませんが、結構多くの人が「メインレースで賭け金のゼロの数を増やす」とか「最終レースで当たれば今日の負け分全部チャラになるように賭けた」とか、無意識で賭け金のコントロールをしている事が多いですね。 この方法は短期間であれば効果がある場合が多いのですが、長期間になると不的中が続いた時にとても多くの賭け金が必要になるので、実際には「追い上げ」では長く稼ぎ続ける事が出来ません。 詳しくはに書いてるので気になる人は読んでみてください。 毎レース金額固定の均等買いで長期間馬券の回収率を高める方法についてはにて公開していますので、興味がある人は消す前に急いで読んでみてください。 私からのプレゼントです! 累計1万900名以上が読んだ無料レポート 『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます! このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…• 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?• 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!• 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話• 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!• 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話• 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは? などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。 興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。 1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします! (届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。 ) 登録フォーム ディレクトリトップ• カテゴリー• 競馬必勝法• 単勝 競馬必勝法• 複勝 競馬必勝法• 枠連 競馬必勝法• 枠単 競馬必勝法• 馬連 競馬必勝法• 馬単 競馬必勝法• ワイド 競馬必勝法• 三連複 競馬必勝法• 三連単 競馬必勝法• 追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則• 馬券勝負• 競馬で勝つ方法• 競馬確率論• 競馬新聞に関するコンテンツ• 競馬予想ファクター• 夏競馬• ダート 競馬必勝法• 雨競馬• 競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート• ご案内 注意事項•

次の

競馬初心者のための「本命」や「穴」レースの選び方や見極め方を紹介

競馬 初心者 レース選び

東京都港区に本社を構える スポーツ報知。 新聞社の中で最多の売り上げを誇る読売新聞グループから全国各地に発売されるスポーツ新聞です。 値段は1部 140円。 中部エリアで発売される新聞に限り、1部130円となっています。 月極の値段は全国均一で3,355円です。 他のスポーツ新聞よりも、プロ野球チーム・読売ジャイアンツの話題が豊富で、監督・コーチ・選手などのコメントも多数掲載されている事から、読売ジャイアンツファン必見のスポーツ新聞として、広く認識されていますよね。 スポーツ報知の紙面はプロ野球以外のジャンルへの評価も高く、競馬を含む公営競技への取材にも力を注いでいます。 スポーツ報知の記事の大半は、東京本社がまとめているのですが、関東の競馬については東京版で、関西の競馬については大阪版で、というように、競馬欄だけはそれぞれのエリアの担当記者たちが独自の紙面を作り上げています。 初心者必見!スポーツ報知の特徴や見方は? スポーツ報知の競馬欄の特徴は、馬柱が 着順別に色分けされているところです。 馬券の予想をする時に、これまでの着順をチェックする方がほとんどだと思いますので、着順ごとに違う色で示してくれるのは本当にありがたいですよね。 また、調教師や調教助手など関係者のコメントや、各出走馬の最終追い切りの時計も見やすく構成されていますし、 スポーツ報知オリジナルの指数で予想するコーナーもあります。 競馬ファン目線で紙面の構成をしているところがスポーツ報知競馬欄の最大の魅力ですので、これから競馬を始めてみよう!という競馬初心者の方はスポーツ報知を競馬のお供にするのがベストだと思います。 週末の競馬開催時はもちろん、JRAの競馬が開催されない平日にもタメになる情報がたくさん掲載されるのもスポーツ報知競馬欄の特徴です。 平日のうちにレースの情報をしっかり集めておく事も馬券を的中させるためには欠かせない事だと思いますので、週末だけではなく、平日のスポーツ報知競馬欄にもどうぞご期待ください。 「競馬実況の神様」杉本清の穴予想が当たる!? スポーツ報知競馬欄で根強い人気を集めているのが、「競馬実況の神様」ことの予想コラムです。 杉本清さんは穴予想で知られていますが、 2016年・宝塚記念の予想は会心でした。 長年競馬界と関わってきた杉本清さんの予想にも注目してください! スポーツ報知おすすめの競馬記者を紹介 スポーツ報知で活躍している競馬記者の中から、特に 予想力が高いおすすめの記者を4名ご紹介します。 和田伊久磨 京都競馬や阪神競馬など、関西圏のレースの本紙予想を担当している和田伊久磨記者。 2008年4月から2011年3月まで毎週日曜日の朝に放送されていたMBSラジオの競馬番組『競馬モーニング!』にも出演していました。 2016年の秋華賞(G1)では大本命と目されていたシンハライトが左前浅屈腱炎のため戦線離脱し、大混戦となったのですが、3番人気のヴィブロスを本命に抜擢! 大本命の馬が急にいなくなった時の予想は本当に難しいものです。 しかし、和田伊久磨記者はヴィブロスが持つ潜在能力をしっかりと見抜き 三連単95,520円の馬券を見事的中させました。 本紙予想を担当していますが、予想スタンスは 中穴狙い。 堅実な予想をしない本紙予想担当者はそこまで多くありませんから、穴党の皆さんにとって和田伊久磨記者はとても貴重な存在となっています。 小宮栄一 ラジオ日本・競馬実況中継の土曜日第1部後半で解説を担当しているベテラントラックマンの小宮栄一記者。 関西本紙予想担当の和田伊久磨記者と同じく、予想スタンスは 中穴狙い。 的中率よりも 回収率を向上させることを第一に考えた予想を展開しています。 小宮栄一記者は 馬のデキの良し悪しを予想の材料としていて、調教で急に動きが良くなった馬や、馬体重が増えて成長してきた馬を予想の軸に据えることが多くなっています。 山本武志 スポーツ報知・関西担当記者の看板トラックマンとして大活躍している山本武志記者。 「ヤマタケ」という愛称で競馬ファンから親しまれています。 山本武志記者は 競馬界きってのPOG通として知られていて、ネット上で展開しているブログ「現場発!POGブログ」の関西版の編集を担当しています。 「現場発!POGブログ」は無料で閲覧可能ですし、POGの有力馬に関する情報を逐一報告してくれますので、POGファンの皆さんは必ずチェックするようにしましょう。 大上賢一郎 BS11・競馬中継のスタジオ解説を担当している大上賢一郎記者。 メディアに露出する機会が多い方ですから、 スポーツ報知の中で最も知名度の高いトラックマンだといえるかもしれません。 2016年10月からは「大上賢一郎の穴があったら・・・狙いたい」という馬券予想ブログを展開中。 まとめ 馬柱が着順別に色分けされるなど、競馬初心者の方でも見やすい紙面構成をしているスポーツ報知。 競馬界の大御所である杉本清さんの予想はもちろん、関西本紙担当の和田伊久磨記者など、確かな予想力を持つトラックマンが勢ぞろいしているスポーツ報知の紙面にどうぞご期待ください。

次の