近く の 昭和 シェル 石油。 出光、「昭和シェル買収」で強者になれるか

主なガソリンスタンドのキャッシュレス対応状況(エネオス,出光,昭和シェル,コスモ石油,JA

近く の 昭和 シェル 石油

石油業界再編は2強誕生により最終局面に 国内石油元売り2位の出光興産と5位の昭和シェル石油が2015年7月末、経営統合で基本合意した。 出光は昭和シェルの親会社である英・オランダ系石油会社ロイヤル・ダッチ・シェルから、昭和シェルの株式33. 3%を約1700億円で取得して筆頭株主になる。 両社の連結売上高は単純合計で約7兆6000億円となり、首位のJXホールディングス(JXHD)の10兆9000億円に迫る。 ガソリンスタンドの統廃合が課題に 両社の主な収益源は石油製品販売だが、国内人口減少やエコカーの普及などでガソリンの需要が減っているほか、火力発電の天然ガスシフトで重油需要が低迷、両社の売上高は近年、伸び悩んでいることから、規模拡大で生き残りを図る。 石油業界再編は2強誕生により最終局面を迎える。 例えば統合後の国内ガソリン販売シェアは3割を超えて最大手のJXHD傘下のJX日鉱日石エネルギー(33%)とほぼ肩を並べるなど、大型統合になる。 それだけに、公正取引委員会の審査には1年程度を要し、実際の株式取得は2016年上半期になる見通し。 「できるだけ、すみやかな経営統合をめざす」(出光の月岡隆社長、7月30日の発表会見)というが、統合形態は未定で、今後の協議で詰めることになる。 昭シェルの亀岡剛社長は「対等な立場での統合をめざす」と説明しており、株式交換などを検討するとみられるが、今後の両社間の火種になる可能性もある。 統合効果はどうか。 まず、両社計で全国に6か所ある製油所は、すでに能力削減にめどをつけている。 地域的な重複感もほぼないことから、「統廃合は必要ない」(月岡社長)といい、原油を調達する際の価格交渉力を高めるなどしながら、一体運営による効率化で調達や輸送のコスト削減を図ることになる。 もう一つがガソリンスタンドだ。 両社計約7000か所あり、それぞれの特約店などが運営している。 月岡社長は「当面、両ブランドは維持する」と述べたが、統廃合などは今後の課題だ。 経営の効率化では海外展開も大きなポイントだ。 石油製品は国内市場が縮小しているだけに、アジアなど海外市場の開拓が不可欠になり、国内の経営効率化で生まれる投資余力を生かして海外展開を加速することになる。 出光が進めているベトナムでの製油所事業などが、当面の柱になる。 電力販売完全自由化が引き金になるか 石油元売りは高度成長期には10社以上あったが、ガソリンなどの価格競争の激化や国際石油資本(メジャー)の集約化の流れなどを背景に、国内で経営統合など再編が進み、今回の出光・昭シェルの統合で4社に集約される。 このため、現在、規模で出光と昭シェルに挟まれる東燃ゼネラル石油(売上高約3兆5000億円)とコスモ石油(同約3兆円)の動向が今後の注目点になる。 特にコスモ石油は、2011年の東日本大震災に伴う千葉製油所の爆発事故で財務が悪化したころから、今年10月に持ち株会社体制に移行し、石油精製、開発、販売の3部門を分社化してぶら下げる。 東燃ゼネはかつて米メジャーのエクソンモービルが株式の約50%を握る筆頭株主だったが、今は10%以下に落ちて、後ろ盾がない。 他社との提携を模索しているが、いまのところ目立った動きはない。 今後の注目点の一つは、電力事業を巡る動きだ。 出光は九州電力や東京ガスと組んで千葉県袖ケ浦市に石炭火力発電所を建設する計画を打ち出している。 昭シェルも東京ガスと横浜市に液化天然ガス(LNG)火力発電所を建設中だ。 2016年4月の電力販売完全自由化さをにらみ、電力事業を新たな収益源にしたい石油元売り大手と販売エリアの拡大(他の電力のエリアでの事業拡大)を目指す電力各社、電力事業の本格展開を急ぐガス大手。 3者の距離は接近し、新たな連携が生まれる可能性もあり、元売りの再編にも影響を与える可能性がある。

次の

Pontaクレジットカード 特設サイト

近く の 昭和 シェル 石油

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した。 出光の創業家側が反対していたが、新会社の取締役を指名できるなどの条件で統合を了承した。 3年近く続いた膠着(こうちゃく)状態は解消し、石油元売り業界は、最大手のJXTGホールディングス(HD)との「2強」体制に再編される。 両社の発表によると、昭和シェルの株主に出光株を割り当てる株式交換で昭和シェルを出光の完全子会社にする。 今年10月をめどに株式交換比率などを決め、両社が12月にそれぞれ開く臨時株主総会で承認を得て、来年4月に経営統合する。 昭和シェルは来年3月29日に上場廃止になる見通し。 両社のガソリンスタンドのブランドは一定期間併用し、統合後の社名の通称は「出光昭和シェル」とする。 出光経営陣は15年7月、昭和シェルと経営統合することでいったん基本合意したが、約28%の出光株を持つ創業家側が強硬に反対。 出光経営陣は創業家の出光昭介名誉会長と直接話し合いができず、膠着状態が続いていたが、今春ごろから協議が再開されたという。 出光の月岡隆会長は記者会見で「(創業家と対立した期間は)必要な時間だった。 今後は前だけを向いて進めていく」と述べた。 統合発表にあたり、出光経営陣は創業家と「合意書」を締結。 経営陣が選任する5人程度の取締役候補のうち創業家側が2人を推薦できることや、「出光」の商号を残すことなどの条件で折り合った。 創業家側は臨時株主総会で株式交換の議案に賛成する方針だ。 国内需要の落ち込みが続く石油元売り業界では、17年4月に最大手のJXHDと東燃ゼネラル石油が経営統合し、JXTGHDが発足。 出光と昭和シェルの経営統合はこれに続く大型再編となる。 (桜井林太郎、西山明宏).

次の

旧昭和シェル石油の歴史 1941~'50

近く の 昭和 シェル 石油

本日のgogo. gsニュースでは、「出光」と「昭和シェル」ブランド統一後のガソリンスタンド勢力図 & 両ブランドの決済ツールやサービスの違いに着目して、詳しく見ていきたいと思います! ブランド別!ガソリンスタンド店舗数割合 「出光」「昭和シェル」が新ブランドで統一した際、ガソリンスタンドのブランド別の割合は、どのように変わるのでしょうか!? さっそく、グラフで見てみましょう。 ざっくり言うと、 「コスモ石油」の倍が、「出光」「昭和シェル」の新ブランド。 「出光」「昭和シェル」の新ブランドの倍が、「ENEOS」 となります。 それでは、その他のブランドも含めた、もう少し詳しいブランド別店舗数を表で確認してみましょう。 2020年3月17日時点でgogo. gsに登録されている情報では、このような店舗数となっております。 先ほど、コスモ石油までは詳しく見ましたが、現在4位のコスモ石油の次に多いブランドは、JAで7. 「出光」と「昭和シェル」比べてみました! ~支払い編~ 「出光」と「昭和シェル」の新ブランド統一後は、支払い方法はどうなる!?「出光」と「昭和シェル」の支払い方法の違いを比べてみました。 「出光」と「昭和シェル」の違いを確認するのと一緒に、先にブランド統一を行ったENEOSの事例も参考に、見ていきましょう! 元売り系クレジットカード ガソリン価格が割引となる元売り系クレジットカードは、「出光」は年会費永久無料の「出光カードまいどプラス」に対し、「昭和シェル」は、年間24万円以上の利用で年会費無料となる「シェルスターレックスカード」。 クレジットカードの年会費や割引額を比較してみると、カードの特徴が大きく異なります。 ENEOSの場合 ブランド統一に先駆け、元売り系クレジットカードの相互利用が可能となりました。 ただし、現在はESSO・Mobil・ゼネラルのガソリンスタンドで利用できたシナジーカードは、新規の申し込み受付を終了しています。 共通ポイントカード 「出光」は、楽天ポイントカード。 「昭和シェル」は、Pontaカード。 どちらもコンビニをはじめ、ガソリンスタンド以外のお店などでも利用できる、共通ポイントカードとなります。 支払いツール 「出光」は、プリペイド方式の出光キャッシュプリカ。 「昭和シェル」は、EasyPayを導入。 クレジットカードと紐づけたICキーホルダー型の決済ツールです。 ENEOSの場合 ESSO・Mobil・ゼネラルで利用できたスピードパスがありましたが、ブランド統一後に新決済ツール EneKeyを導入しました。 「出光」と「昭和シェル」比べてみました! ~サービス編~ 続いて、「出光」と「昭和シェル」のサービスの違いなどを比べてみました。 ハイオクガソリン 「昭和シェル」と言えば、ハイオクガソリンのV-Powerを愛用している方も多いかと思います。 一方「出光」のハイオクは、出光スーパーゼアスとなります。 それぞれにファンがいるため、ブランド統一後のハイオクガソリンは、どうなるのか気になるところですね。 ENEOSの場合 ハイオクは「ENEOS ヴィーゴ」を販売していましたが、ブランド統一前の2018年10月から、新たに「ENEOS ハイオクガソリン」が販売されました。 実は、これはエッソ・モービル・ゼネラルで販売されていたハイオクガソリン「シナジー F-1」と同じ品質となります。 アプリ アプリについては、現在「昭和シェル」のみ「Shell Pass」というアプリがあり、クーポンなどを入手することができます。 その他にも、「出光」で展開するカー用品やクルマのメンテナンスサービスの「アポロハット」や、「昭和シェル」のシェル電気などがありますね。 これらのサービスについても、今後どのように展開していくのか注目です! 現在のところ、2021年以降に新ブランドで統一する、というニュースが出たばかりで、出光興産から詳細の発表はされておりません。 どのような新マークになるのか、とても気になりますが、マーク以外にも、気になることがたくさんありましたね! 詳細情報が発表され次第、gogo. gsニュースでも詳しくお伝えしていきたいと思います。 今後も、gogo. シェル店舗でしか使えなかったEasypayを相互乗り入れするため、IC読み取り機能のないPOS外装機を 入れ替え、当面は出光マークのセルフ店舗でのみ使える「出光式Easypay」とでもいいましょうか。 出光カードをはじめとする提携クレジットカードとの紐付けで給油の迅速化が可能になりますね。 ・出光マーク=「出光カードまいどプラス」「出光キャッシュプリカ」「Rポイントカード」 ・Shellマーク=「Starlex Card」「Pontaクレジット」「Pontaカード」「Shell Pass」 上記給油カード・割引ツールに関しても *1部を除き 来年4月までに相互乗り入れが可能に なる予定です。 給油ツール相互乗り入れが完了してから、既存塗装の塗り替えが始まります。 現在は、出光興産=アポロマーク、昭和Shell石油=Shellマークの商標で運営していますが ソフト・ハード両面の相互乗り入れが完了する来年4月以降に、外装変更が始まる予定です。 現在使用されているShellマークの商標使用料としてロイヤル・ダッチ・シェル本社には 年間およそ100億円が支払われており、出光としても早くマーク変更したいのが実情です。 が、昭和シェル石油は現在、出光興産の100%子会社。 来年のShellマーク完全撤去は避けられません。 一方、出光のアポロマークは現状のままか、 或いはマイナーチェンジした「出光昭和シェル」の新マークが掲げられるものと思われます。 昭和シェル石油に愛着のある店主や顧客の気持ちを配慮して、昭和シェルのカラーリングを 外装の一部に残したアポロマークが誕生する可能性も高いでしょう。 歴史ある昭和シェル石油 へのオマージュ、といったところでしょうか。 まずは双方の決済・ツールがどのタイミングで利用可能になるのか、注視していきます。 新・アポロマークが誕生するのは一年以上先の話なので、それまでに昭和シェル石油の 美しい外装を記録しておくため、山奥の店舗を中心に撮影していくつもりです。

次の