公認会計士 平均年収。 公認会計士の年収の現実は?勉強して資格をとっても元がとれない?!

公認会計士の年収はいくら?働き方別の年収や税理士との年収の違いも解説

公認会計士 平均年収

サラリーマンよりも年収は高め というのは、国家資格を取得した人しか就くことのできない職業です。 会計のプロフェッショナルとして、監査やコンサルティングや税務などさまざまな業務に携わります。 公認会計士は、その仕事の専門性の高さから、一般企業に勤めるサラリーマンよりも収入が高いことで知られています。 日本の大企業の平均年収は600万円ほどです。 これに対して、公認会計士の平均年収は800万円以上になります。 大手の監査法人に就職すると、初任給の時点で年収が500〜600万円に達することもあり、安定した生活が送れる職業のひとつだと言えるでしょう。 また、実力勝負の世界ですから、自分次第で年収1000万円以上を手にすることも可能です。 大手監査法人で昇進したり、独立して個人の会計事務所を開いたり、コンサルティング業界に進出したりして活躍することで、より高い報酬を手にすることができます。 福利厚生が充実していることも 福利厚生の内容は会社によって異なりますが、大手の監査法人では育児や介護による休業制度を設けているのが一般的です。 女性が長く働きやすい環境だと言えます。 また、スポーツクラブや会員制の別荘を格安料金で利用できる、社内のマッサージルームを利用できるなどの特典があることもあります。 転勤があるケースは少ないですが、監査のための出張は年間を通して多くあります。 そのぶん、出張手当や残業代がつくことが見込めます。 公認会計士は、正社員以外にもパートやアルバイトという短期雇用の働き方があります。 パートやアルバイトの給料も、一般的な仕事に比べると高く設定されていることが多く、時給1000円〜2500円ほどになります。 これも専門性の高い資格を取得していることならではのメリットです。 公認会計士・ 平均年収の統計資料 令和元年度の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、「公認会計士・税理士」の平均年収は42. 7歳で684万円となっています。 ・平均年齢:42. 令和元年 公認会計士・税理士の年収(規模別) 10人〜99人の事業所に勤める公認会計士および税理士の平均年収は576万円、100〜999人規模は1196万円、1,000人以上規模は837万円、10人以上規模平均は684万円となっています。 公認会計士と税理士とが一緒になった調査となっておりますが、大手監査法人に勤める公認会計士の年収が、年収を押し上げていると推定されます。 令和元年 公認会計士・税理士の年収(年齢別・男女別) サンプルが少ないためかなりばらつきがありますが、総じて年収は高めです。 男性の平均年収は767万円、女性は509万円と男性のほうが高い年収となっています。

次の

公認会計士の年収、給料などを調査

公認会計士 平均年収

サラリーマンよりも年収は高め というのは、国家資格を取得した人しか就くことのできない職業です。 会計のプロフェッショナルとして、監査やコンサルティングや税務などさまざまな業務に携わります。 公認会計士は、その仕事の専門性の高さから、一般企業に勤めるサラリーマンよりも収入が高いことで知られています。 日本の大企業の平均年収は600万円ほどです。 これに対して、公認会計士の平均年収は800万円以上になります。 大手の監査法人に就職すると、初任給の時点で年収が500〜600万円に達することもあり、安定した生活が送れる職業のひとつだと言えるでしょう。 また、実力勝負の世界ですから、自分次第で年収1000万円以上を手にすることも可能です。 大手監査法人で昇進したり、独立して個人の会計事務所を開いたり、コンサルティング業界に進出したりして活躍することで、より高い報酬を手にすることができます。 福利厚生が充実していることも 福利厚生の内容は会社によって異なりますが、大手の監査法人では育児や介護による休業制度を設けているのが一般的です。 女性が長く働きやすい環境だと言えます。 また、スポーツクラブや会員制の別荘を格安料金で利用できる、社内のマッサージルームを利用できるなどの特典があることもあります。 転勤があるケースは少ないですが、監査のための出張は年間を通して多くあります。 そのぶん、出張手当や残業代がつくことが見込めます。 公認会計士は、正社員以外にもパートやアルバイトという短期雇用の働き方があります。 パートやアルバイトの給料も、一般的な仕事に比べると高く設定されていることが多く、時給1000円〜2500円ほどになります。 これも専門性の高い資格を取得していることならではのメリットです。 公認会計士・ 平均年収の統計資料 令和元年度の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、「公認会計士・税理士」の平均年収は42. 7歳で684万円となっています。 ・平均年齢:42. 令和元年 公認会計士・税理士の年収(規模別) 10人〜99人の事業所に勤める公認会計士および税理士の平均年収は576万円、100〜999人規模は1196万円、1,000人以上規模は837万円、10人以上規模平均は684万円となっています。 公認会計士と税理士とが一緒になった調査となっておりますが、大手監査法人に勤める公認会計士の年収が、年収を押し上げていると推定されます。 令和元年 公認会計士・税理士の年収(年齢別・男女別) サンプルが少ないためかなりばらつきがありますが、総じて年収は高めです。 男性の平均年収は767万円、女性は509万円と男性のほうが高い年収となっています。

次の

公認会計士の年収、給料などを調査

公認会計士 平均年収

USCPA(米国公認会計士)とは USCPAとは、「U. Certified Public Accountant」の略で、日本語では「米国公認会計士」と訳されます。 全米州政府会計委員会(NASBA)により資格試験が実施され、米国の資格ですが、日本をはじめとする世界の多くの国で受験することができます。 世界で最も広く認知されたビジネス資格の1つといえ、資格保有者は、会計事務所や官公庁、一般事業会社などで幅広く活躍しています。 米国の資格制度は、日本とは考え方が異なり、資格の取得後も研鑽を重ねてレベルアップしていくことを前提としています。 USCPAを取得するメリット UCCPAを取得するメリットは3つあります。 監査法人だけでなく、外資系企業やグローバル企業でも、日本の会計基準だけではなく、米国の会計基準にも理解がある方は求められます。 特に、外資系企業の場合、英語力が求められることは多いため、USCPAを取得することには大きなメリットがあるでしょう。 USCPAで年収を上げるには? USCPAを取得して年収を上げるためには、取得後に転職する企業を選択することが重要です。 おすすめなのは、監査法人に転職することです。 理由は3つあります。 第1に、売り手市場が続いており、監査法人はUSCPA取得者を積極的に採用しているため。 第2に、USCPA取得者が監査法人に転職する際には、前職での年収が引き継がれることが多いからです。 実務未経験で転職する場合には、一番低い「ジュニアスタッフ」からスタートすることが一般的です。 しかし、ジュニアスタッフの平均年収が前職の年収より低い場合は、細かな職階を調整したり、入社の際に支払われる「サインオンボーナス」を支給したりすることにより、前職との年収差があまりつかないようにしてくれることも多くあります。 このような措置が講じられるのは、USCPA取得者が監査法人に関して売り手市場にあるからです。 第3に、監査法人では、日系の一般事業会社などと比較して、年収が早く上がっていくからです。 たとえば、「年収1,000万円」といえば、一般事業会社であれば30年程度勤務をつづけ、部長クラスになってはじめて届く金額です。 それに対して監査法人では、年収1,000万円を得るマネージャークラスまでの昇進が、8年~10年で射程に入ることもあります。 監査法人で年収1,000万円を得られるようになった場合には、その先のコースは2つの選択肢があります。 1つは、監査法人のなかでさらに昇進を重ねることです。 パートナーまで昇進できれば、年収2,000万円以上を見込むことができます。 2つめは、その時点で転職することです。 その場合には、「前職での年収1,000万円」を武器として、転職市場で戦うことが可能となります。 監査法人は、待遇が良いかわりにそれなりの激務です。 一般事業会社の経理部門などに転職すれば、年収は保ったままワークライフバランスを回復させることも可能でしょう。 【関連記事】 ・ USCPA(米国公認会計士)の平均年収 監査法人 取得するメリットが多いUSCPA(米国公認会計士)ですが、資格取得後の年収はどれくらいになるのでしょうか? 一般に、監査法人の年収は、Big4監査法人の場合なら、役職ごとに大体次のようになるといわれています。 役 職 年 収 スタッフ 500~650万円 シニアスタッフ 700~850万円 マネージャー 900万円~1,100万円 シニアマネージャー 1,200万円程度 パートナー 1,500万円~ また、中堅クラスの監査法人の場合には、役職による年収は次のようになるといわれます。 役 職 年 収 スタッフ 400~550万円 シニアスタッフ 500~650万円 マネージャー 800~1,000万円 パートナー 1,300万円~ 監査法人での年収は、法人の規模や、公認会計士としての業務経験、法人内での役職などさまざまな要素により決まってきます。 USCPAも、年収を決める要素の1つとはなりますが、それだけで年収が決まるわけではありません。 したがって、USCPA取得後の年収も、大体上の範囲に収まるものと考えられます 外資系企業 USCPAを取得して外資系企業へ転職すると、経理部門に配属されることになるでしょう。 その場合には、初任給は400万円程度で、日系企業の初任給より高額となるのが一般的です。 マネージャークラスにまで昇進できれば、1,000万円以上の年収を得られる可能性もあります。 ただし、外資系企業の場合には、日系の企業とは異なり、勤務年数が長くなれば誰でもマネージャーになれるというわけではなく、厳しい出世競争を勝ち抜かなくてはなりません。 コンサルティング会社 コンサルティング会社におけるUSCPA取得者の平均年収は、500万円~800万円程度が見込まれます。 ただし、企業規模などによって年収は大きく異なってくるため、年収800万円以上を得ているケースもあります。 USCPAだけでなく、学歴や職歴などもあわせて評価され、年収が決まることが一般的な傾向です。 一般事業会社 一般事業会社に勤務する場合には、外資系企業と同様、経理部門に配属されることになるでしょう。 しかし、一般事業会社では、USCPAの資格取得が年収アップに必ずしも結びつかないことが多く、資格手当がつく程度となるのが一般的でしょう。 USCPA(米国公認会計士)は転職に有利! 上で見た通り、USCPA(米国公認会計士)を取得することにより ・米国の会計基準を理解している(間接的に国際会計基準の理解にも繋がる) ・一定レベルの英語能力がある ・ITについての基礎知識も身に付く などをアピールすることができます。 公認会計士として転職する場合には、オプション・スキルとして国際会計基準の理解や英語能力があると、評価されやすくなります。 特に、グローバル展開する国内大手の企業や外資系企業に転職しようと思う際には、これらの能力は必須であるといえるでしょう。 また、公認会計士でない人でも、キャリアの幅が広がり、年収アップも期待できるため、USCPAの取得はおすすめです。

次の