スポーク 組み方。 自転車のスポーク長 計算器

ホイールを初めて手組してみた その6 スポーク組について学ぶ

スポーク 組み方

その5でスポーク長を決めた。 次は実際にどう組むかというところに触れていこうと思う。 スポーク長の計算に使ったEdd Spoke CalculatorにはSpokesとCrossesの項目がある。 まずはこれから。 少ないと安くなって軽くなるけど、耐久度やパワーの伝導率? が落ちるらしい。 パワータップハブを使う事情から、今回は今まで使ってきたEASTON EA70と同じのリア28Hにフロント24Hにした。 フロント20Hも考えたけど24HのEA70でもニップルやらスポークが折れることがあった為に24H以下まで減らす気にはなれなかった。 体重アルシネ。 Crosses これがちょっとややこしい。 1本のスポークが何本のスポークとクロス 交差 するかという数字らしい。 今回の記事の残りは全部このクロスの説明に当てようと思う。 日本だと〇本組とかいう。 いろいろ表現の仕方がある。 国のよっても違う。 0クロス まずこれ。 いわゆるラジアル組というもの。 1本のスポークがハブからリムまで他のどのスポークとも交差しない組み方。 ロードバイクではフロントホイールにのみ使う。 それかリアの非ドライブ側。 1クロス 1本のスポークが他のスポーク1本とだけクロス 交差 する組み方。 クロスしているスポーク同士のハブのスポーク穴が隣同士になっているのも特徴。 2本組というらしい。 2クロス 結果的に自分が今回やった組み方。 詳しくは実際に組むエントリになってから。 1本のスポークが2度他のスポークとクロスしているのが特徴。 まず1クロスのようにスポーク穴の隣同士がクロスする。 その次に2穴あけてからクロス。 28Hならたまに使われるらしいんだけど、手組じゃあんまり使われない組み方らしい。 手組は32Hがスタンダードだからかな?日本では4本組というらしい。 3クロス 手組では一番使われる組み方で、自分が使っていたPowertap G3のEASTON EA70もこの組み方がされていた。 迷ったらとりあえず3クロスがいいみたい。 1クロスのようにスポーク穴の隣同士がクロスし、2クロスのように2穴あけてからクロスし、最後は4穴あけてからクロスする。 4クロス ロードじゃほとんど3クロスで4まではあまりやらないみたい。 3で良いらしい。 クロス数による組み方の違いについて、参考画像。 クロス数の決め方 WheelBuilderによる解説から引用。 Wheel Building Instructions フロントは以下の通り。 -20 hole Front non disc -Radial, 1 cross, 2 cross -24 hole front non disc - Radial, 1 cross, 2 cros -28 hole front- 1 cross, 2 cross, or 3 cross. -32 hole front- 2 cross, 3 cross -36 hole front- 2 cross, 3 cross, リアは以下の通り。 1xは1クロス、2xは2クロス、3xは3クロスね。 Drive Sideはカセットのある駆動側。 Non Drive Sideは非駆動側。 -24 hole Rear- -Drive Side DS -2x -Non Drive Side NDS -radial, 1x, 2x -28 hole rear- -Drive Side DS -2x, 3x -Non Drive Side NDS -radial, 1x, 2x, 3x -32 hole rear- -Drive Side DS -2x, 3x -Non Drive Side NDS -1x, 2x, 3x -36 hole rear- -Drive Side DS -2x, 3x -Non Drive Side NDS -2x, 3x さて、自分はここまで勉強してから実際にホイールを組み始めたが、大失敗したのであった・・・。 次回に続く!!! 自分と同じ会社の内定者が動画を作り、youtube上のLike数 高評価数 を競ってます。 ブログへの埋め込みではLikeできないので、youtubeまで行ってLikeしてくれると泣きながら感謝します。

次の

手組み用スポークのリストと組み方の検討

スポーク 組み方

スポークの緩みを発見 クランクを回していると後輪から異音が・・。 一定のところで「カッチャン」と音がします。 耳を澄ましてみるとどうやらホイールのリム辺りから音がしている様子。 嫌な予感がしながらもスポークを一本一本チェックしていきます。 すると案の定1本のスポークが緩んでいました。 一体いつから緩んでいたのだろう? 考えるとゾッとしますね。 スポークの緩み詳細 単純にニップルのネジが緩んでいただけのようです。 スポークの首側も確かめましたが折れていません。 スポークに張りががなく指でゆするとグラグラします。 手でニップルを締めるとスポークにテンションが戻るのは確認しました。 ネジがバカになったり、折れたりしていないのでそこは一安心。 どうやって修理するか 幸いなことにホイールに振れはでていません。 ニップル回しで締め直せば大丈夫そうな感じです。 しかし、ネットで調べてみると不安なことが書いてあります。 一度緩むと他のスポークも緩みやすくなる• スポーク全体のバランスが崩れてる 素人の判断で直さないほうが良いと判断。 ここは素直に自転車ショップでみてもらうことにしました。 サイクルベースあさひへ持ち込む というわけで、サイクルベースあさひへ持ち込みました。 自転車の修理といえばここしかないですね。 他店で買った自転車も嫌な顔せずに見てくれます。 ホイールの持ち込み方 自転車から後輪を外してタイヤとスプロケットも外してから持ち込みました。 余計なものがついていると取り外しの工賃が掛かってしまうかもしれません。 もちろん自分で外せなかったら自転車本体を持ち込んでも対応してくれます。 作業工程 スポークが緩んでいることを伝えて店員さんにホイールを渡します。 ニップルとスポークに問題がないことを確認すると「作業時間は10分です」と告げられました。 スポークに緩み止めを塗って締め直すそうです。 あと他のスポークの状態も見てくれるようだ。 すぐに終わるから店内で待つことに。 すると5分くらいで完了。 ぶっちゃけ店内をもっと見たかったです 笑 店員さんのアドバイス スプロケット側はスポークが交差しています。 これだとスポークは緩みにくい。 これはスポークが緩みやすいそうだ。 今回緩んだのもこのラジアル組のスポークでした。 調整したスポークはとりあえずこれで様子をみてほしいとのこと。 これでも緩む場合はニップルを交換するかスポーク全てに緩み止めを塗ることが必要らしい。 スポーク緩み取りの工賃 最初の見積もりは1,000円でした。 しかし、振れが出ていなかったので500円でいいとのこと。 自分で対処しないで本当によかった。 だってこれで安心が買えるんだから安いもんです。 自分でスポークを調整していたら「これでほんとうに大丈夫か?」と不安だったろうからね。 あさひでホイールの振れ取りをしてもらった記事も合わせてお読みください。

次の

手組ホイールの組み方【ロードバイク・クロスバイク】

スポーク 組み方

こんにちはです。 「吸収性が高いホイールに改造したい」・「カッコいいホイールを使いたい」今日はそんな疑問に答えていきます。 この記事では、スポークの組み方の手順や、どんなパターンがあるのかを解説します。 スポークはホイールを支えるもので、これがしっかりとしていないとケガにつながるものです。 この記事を参考にすれば、正しい方法でスポークを組むことができます。 これがスポークの組み方の手順です。 詳しく解説します。 それと、チューブのバルブ方式も考慮してリム幅を選んでください。 これについては自転車屋さんに駆け寄ったほうが早いかもしれません。 なお一般的なスポークの本数は4本組です。 ハブの数は24個または16個ですね。 この4つの手順をやってから実際にホイールを組んでいきましょう。 【自転車のスポーク】何本組が一般的? 自転車のスポークは8本組が一般的です。 とはいえ、いきなり8本組と聞いて意味分からない人もいると思うので詳しく解説します。 自転車のスポーク「4本組(2クロス)」 4本組は「2クロス」とも呼ばれており、ハブの数は24個もしくは16個あります。 4本組を利用したホイールは、他の本数よりも一番軽いです。 自転車のスポーク「6本組(3クロス)」 6本組は「4クロス」とも呼ばれており、ハブの数 穴の数 は、32個もしくは28個あります。 ちなみにハブについては、スポークを入れるネジ穴みたいな物だと思ってください。 自転車のスポーク「8本組(4クロス)」 8本組は「4クロス」とも呼ばれており、ハブの数は36個あります。 8本組は、いちばん重いホイールができる感じです。 つまり、本数が増えれば増えるほど、重くなるのです。 強度は8本組が最強。 結局おすすめの本数は? 一番頑丈なホイールを作るなら8本組(4クロス)に組むといいです。 多少は重量が増えてくるのですが、振動を吸収しやすいホイールを作ることができるようになります。 さらに、6本組や4本組だと、スポークのテンション 張り が緩むのですが、8本組だとその心配はいりません。 ゆえに振動吸収性と丈夫さを考慮するなら、8本組がよさそうですね。 自転車スポークの組み方「ラジアル組」と「タンジェント組」 自転車のスポークの組み方は大きく分けて「ラジアル組」と「タンジェント組」の2種類があります。 それぞれ詳しく解説します。 自転車のスポークの組み方:ラジアル組 ラジアル組は一般的なスポークの組み方とは違い、スポークがごちゃごちゃしてなくて、放射状に伸びているモノのことです。 リムブレーキモデルのロードバイクが、このラジアル組を採用しています。 自転車のスポークの組み方:タンジェント組 タンジェント組は、ほとんどの自転車に使用されており、すごく一般的な組み方です。 特徴としては振動吸収性が高いことがあげられます。 組み方の種類は全部で4種類あるので、詳しく解説しますね。 タンジェント組には4種類のパターンがある 組み方のパターンは「イタリアン組」・「逆イタリアン組」・「JIS組」・「逆JIS組」の4つ。 詳しく解説します。 例えば自転車を右から見たとして、右に90度のスポークがあるとします。 そして左側から自転車を見ると、左に90度のスポークがある感じ。 また、後輪を左から見てハブの外側からでているスポークは、車輪の回転方向とは逆に向かっています。 これがイタリアン組なんです。 ハブの一番上を見ると分かりやすい。 では例をだします。 イタリアン組で後輪を左側からみてください。 ハブの上にあるスポークは外側からでていいますが、逆イタリアン組は、内側からスポークがでているんです。 これが逆イタリアン組。 また、逆イタリアン組はディスクブレーキ仕様のロードバイクに、よく採用されていますよ。 ハブの上の方を見ると、イタリアン組の場合は外側からスポークがでていますが、JIS組は、内側からスポークがでています。 そしてJIS組の場合は、ホイールを右から見ても左から見ても、スポークの出方が同じ。 つまりJIS組は左右どっちから見ても、スポークの出方が同じなのです。 JIS組だと内側からスポークがでていますが、逆JIS組は、外側からスポークがでています。 そして逆JIS組は、JIS組と同様に、ホイールを右から見ても左から見ても、スポークの出方は同じです。 とはいえ、逆JIS組はほとんど使われることはありません。 結局おすすめの組み方はなあに? 今まで複雑なことをいろいろと書いてきましたが、結局おすすめの組み方は、「イタリアン組」です。 見た目も変ではないですし、強度も強く、早いスピードをだすことだって可能ですから。 とりあえずはイタリアン組でよさそうです。 【4本組・2クロス】2020 50cm 87,000円 2020 50cm ホイールは4本組で2クロスパターン。 丈夫さは8本組よりも欠けますが、軽さを最重要視したホイールになっています。 日常乗りで、楽に早く、自転車を走らせたい方に必見です。 さらにこのホイールには、NOVATEC(ノバテック)というハブを採用しています。 NOVATECは1971年から、ブランドやメーカーにハブを供給し始め、NOVATECを購入したサイクリスト達からにもその技術力が認められています。 【ラジアル組】36mmカーボンホイール 132,237円 36mmカーボンホイールには、ラジアル組とCX-Rayというスポークを採用しました。 ラジアル組だと丈夫さに少し不安を持つと思いますが、スピードを重視したい人に提供したい一品。 ただ、CX-Ray スポークを採用しているのでとても頑丈です。 他のスポークの場合、縦方向に押すとスポークが多少しなるのですが、このスポークは違います。 縦方向に押してもしなりません。 まとめ 以上が自転車のスポークの組み方でした。 スポークの組み方やパターンは、様々な種類があるので、あなたが自転車を乗る目的に合わせて改良していくといいでしょう。 記事一覧はこちらの です。 Apr 20, 2020• カテゴリー:• コメント: 0.

次の