アフィリエイト ブログ 挫折。 ブログで挫折する原因は「稼ぎたい」という思考が先行しすぎるからです

アフィリエイトブログのおすすめ成功例10選|初心者が見本にすべき稼げるノウハウ

アフィリエイト ブログ 挫折

アフィリエイトブログの挫折の原因はリサーチによる「検索」です。 専業でブログをやるのであれば、時間をつくれるのは当然だと思いますが、会社勤めでブログを書いていくとなると、時間との戦いになります。 はじめは記事のネタを考えるのにも時間がかかりますし、それからリサーチ、そして記事を書くとなると、書く時間が少なくなるのは当然です。 文字数を気にしたり、内容のチェックなども慣れていないと時間がかかってしまいますし、記事以外にもサイトをつくったりすることにも時間をとられます。 そして初心者の、記事を書くはじめの段階での一番の問題は「 検索」です。 調べすぎていることが時間を奪って書けない日が続く原因になっています。 リサーチに時間を使いすぎると、まとめてからまた明日書こう、そしてまた次の日もリサーチで終わってしまい、明日にしようが永遠繰り返されてしまいます。 そして、記事を書く明日は二度と来ないなんてことになってしまいます。 書く時間を確保して、習慣までもっていく。 挫折しないためには習慣にするのが近道ですので、そのためにも、毎日書くべきだと思います。 毎日書くと、途中しんどい時が来てもせっかく続けてきたことを辞めるのがもったいなくなりますので、それが原動力になります。 そして書かないと、そわそわしてきます。 ここまで来ると、明日に伸ばすなんてことはしなくなりますので、あとはどうやって記事の内容をつくっていくかになると思います。 まずは、毎日書くために、書く時間の確保をして下さい。 無駄な回遊をやめると、書く時間もそうですが、動画を見たり楽しめる時間の確保が出来るようになりますので、ますます続けるのが楽になります。 サイト内のリンクは絶対クリックしない。 リサーチの時間を決めると、とにかく 記事を書くためだけのリサーチ時間になりますので、しっかり調べますよね。 そしてあとは得た情報の中で、自分の考えも合わせて書くだけです。 その邪魔をするのが回遊です。 googleの検索は、いい記事を表示してくれるのはありがたいのですが、今度はリサーチ外の気になった記事をそのサイトの中で回遊してしまいます。 (そういう回遊性も考慮して検索上位に表示していると思います。 ) ですから、 記事内でみるものは検索かけてクリックした1記事だけと決めた方がいいと思います。

次の

特化ブログアフィリエイトで月10万稼いだ仕組み【雑記は90%挫折】

アフィリエイト ブログ 挫折

Contents• ブログで「稼ぎたい」という思考が挫折を招く理由 これはブログに限ったことではないのですが、「お金を稼ぐ」というのは何かしらの価値を提供し、その対価としてお金を頂くということです。 でも、ほとんどの方はブログ自体がお金を生み出してくれる機械のようなものだと錯覚してるように感じます。 ブログで稼ぐというのは、 ブログを使って価値ある情報を発信し、それに見合ったお金が稼げるようになるというのが正しい考え方です。 まず、このことを理解しておかないと短期的にお金を稼ぎたいという思考だけが先走りして挫折していきます。 ブログでマネタイズの仕組みを作るには最低3年はかかる ひと昔前なら、半年から1年くらい継続してブログを書き続ければそれなりの結果が出たものです。 しかし、SEOが崩壊しつつある今となっては、ブログでマネタイズする仕組みを作るために 最低3年はかかると思います。 この3年というのは、ブログの信頼構築に費やす期間ですね。 このくらいの期間をかけてじっくりとブログの信頼を構築していかないと、今の時代にブログを使ってマネタイズするのは厳しいと思います。 「稼ぎたい」という思考が先行しすぎて「焦り」と「自信喪失」に陥る 短期的にお金を稼ぎたいという思考があると、どうしても「焦り」が生じます。 上でも説明しましたが、ブログでマネタイズするには最低3年くらいは必要です。 短期間で「稼ぎたい」という思考が先行しすぎると、「これだけ頑張ってるのに結果が出ない!」という焦りと、「自分には才能がないんだ」といった自信喪失に陥っていきます。 こうなると挫折へ一直線です。 ブログで何を発信するのかが重要です。 ブログがお金を生み出す流れは、以下のような感じです。 記事を書くことを習慣化させる• 短期間で結果を求め過ぎない 私は以前にこんなツイートをしました。 ブログを継続させたいなら、まず書くことを習慣化させることから始めたほうがいい。 はじめから「稼ぎたい」「いい記事が書きたい」「読まれる記事が書きたい」といった意識は持たないほうがいいかもしれない。 運営開始のブログはほぼ読まれないから、この時期に結果を求め過ぎると継続が辛くなるよ。 そして、ブログでマネタイズの仕組みを作るには「 1日1記事書く」というのが最低ラインではないかと思います。 特に、最初は日記でも構わないのでとにかく「1日1記事書く」というノルマを自分に課して、習慣化させていったほうがいいです。 まず書かないことには経験値が貯まりませんし、上達もしないです。 はじめは自分ベースの日記からでいいので、以下のような感じで少しずつフェイズを上げていけばいいと思います。 最初から3年はかかるという覚悟で少しずつ積み上げていくようなやり方で取り組んでいけばいいと思います。 はじめから「稼ぎたい」「いい記事が書きたい」「読まれる記事が書きたい」といった意識よりも、淡々と作業をこなしていくのがいいです。 こんな書き方をすると、「思考停止だ!」と思うかもしれませんが、思考を挟まずに「気が付いたらできるようになっていた」を目指したほうがいいです。 これが習慣化というものです。 「ああしたほうがいい」「こうしたほうがいい」というのは、思考を挟まずに淡々と作業をこなしていく中でも自然と沸き上がるものです。 その時々で対応していけば問題ないと思います。 まとめ 今回は、ブログで挫折する原因は「稼ぎたい」という思考が先行しすぎるから、というテーマで書いてみました。 「稼ぎたい」という思考が先走ると、短期間で成果を出したいという「焦り」や「自信喪失」に陥りやすいです。 なので、最低3年くらいはかけるつもりで「徹底的な価値提供」からお金を生み出す仕組みを作っていくようにしたほうがいいと思います。

次の

アフィリエイトで挫折しそうな時に心がけてほしい【3つのマインド】

アフィリエイト ブログ 挫折

一年前の心理との比較 ちょうど一年前に、似たようなテーマの記事「」を書いているのですが、基本的な私の心理は変わっていません。 稼いでる報酬額で言うと、その時は月80万程度の確定報酬で、今はその3倍くらいになってますが、それでも変わっていません。 そして、これからも「アフィリエイトという仕事を楽しむ」ことは、おそらく私にはできないと思っています。 単純作業の繰り返し(=飽きて当然) この世の中には 「常にクリエイティブでいつも新鮮さに満ち溢れている仕事」なんてほとんどありません。 どんな仕事であれ、時間とともにマンネリ化していき、飽きてきます。 それはアフィリエイトも例外ではありません。 作業を続ければ続けるほど飽きてきて当然なんです。 挫折しないためには、まずはこの当たり前の事実を理解することが大事だと思っています。 「飽きる」というのは、下手をするとそのまま「挫折する」につながってしまいがちですが、「飽きる=挫折」ではありません。 アフィリという 単純作業の繰り返しに飽きてきたからといって、そこはもう仕事と割り切っていくしかないんです。 会社の仕事を「飽きた」という理由で辞められるでしょうか? お金を稼がなければ生活ができないので続けますよね?作業に飽きるというのは、とても自然なことなので、これをまずは認識することをが大事かと思います。 アフィリエイトは面白くないという現実を受け入れる 上記と少し似た内容となりますが、仕事を促す媒体(広告やセールスレターなど)には、だいたい下記のようなことが書かれています。 楽しく働いて稼ごう• あなたの「好き」を仕事に!• やりがいを感じられる よくありがちなフレーズですね。 ただ、ここに罠があります。 現実とは違う幻想の植え付けがすでに開始されているんです。 上記のようなフレーズを真に受けて洗脳されていると、 「仕事はやりがいを感じられるものではなくてはならない」とか思いこんでしまいます。 そうじゃない自分は不幸だとか思うかもしれません。 しかし現実は、やりがいを感じるとか面白いことよりも、つまらないことや苦痛なことの方が多いんです。 挫折せず地味な作業を繰り返し行えば稼げることは間違いないので、ここに嘘はありません。 ただし、 「楽しみながら…」というのは幻想の可能性が高いと思います。 一部の幸運な人間にとってだけ可能なことで、それは現実にはならないことも多いかと。 本来はないもの(例えば、やりがい、楽しさなど)に対して過剰な期待をしていると、それが得られなかった時に失望します。 そしてそこから挫折が発生します。 中には「アフィリエイトは面白い。 楽しい」と言う人もいます。 しかしそれはもしかしたら、自分にそう言い聞かせているだけかもしれませんし、何かの教材を販売したいだけかもしれません。 物を売るためには、ある程度お客様に夢を見せる必要があるので、「これは面白いですよ!」的なことも言うでしょう。 ただ、私は正直に言います。 一年前の記事でも書いてますが、アフィリエイトは別に面白くないですし、作業は苦痛です。 アフィリは苦行 — まんとひひ frisk00 ネガティブな見解と捉えられてしまうかもしれませんが、私の中では現実を受け入れた上でのポジティブな考え方です。 別に面白くないからといって、それが悪いことではないと思います。 やめる理由にもなりません。 大人の世界で「面白くないからやめる」なんてわがままが許されるでしょうか? ただ、本当にアフィリエイトが好きで仕方ないという人もいますので、それはもう私としては羨ましい限りです。 アフィリエイトは、ただの仕事です。 どんなことでも最初は熱がある アフィリもそうですし、その他のこともそうでしょう。 新しく入った会社• 新しくできた恋人 最初のうちは「新鮮さ」や「熱」があります。 だから、その初期の状態ってのは勢いで何とかなるので問題はないんです。 ですが、時間が経つにつれ、新鮮さや熱は確実に冷めていきます。 大切なのは、その「熱が冷めてきてから」です。 ここからが本番です。 ここからが、幻想ではなく現実を直視しなければならない状況に突入してきます。 必死こいて自分を洗脳しようとしたり、純粋に仕事と割り切ったり、無我の境地に突入したり、人それぞれ継続するための何かは行われると思います。 まだアフィリエイトを開始したばかりの初心者さんが挫折しないためには、熱がある程度冷めてからも当然のように続けるための覚悟を持つことが必要です。 例えば、あなたはこれから楽しみにしていた映画を観に行きます。 その時に「映画を観に行くのを頑張る」とは言わないでしょう。 これも挫折の1つの原因になると思います。 (私の場合は、これが唯一と言っていいくらいの楽しい部分ですが。 ) つまり、 自分が主役となる一般的なブログと違って、アフィリエイトサイト(ブログ)では、主役はあくまでもユーザであって、あなたではないからです。 なので、アフィリエイトサイトを作っていても、なかなか承認欲求は満たされませんし、仕事感覚がどんどん強くなっていきます。 もちろん、知人にサイトを見せて「すげー」とか「大変だったね」と言われることによって、承認欲求やソーシャルリンクが満たされることもあるとは思いますが、それもまた最近は異常なほどハードルが上がっているため、まぁアレです。 また、マズローの欲求5段階説で言うならば「安全欲求」を満たすことを3段階も飛び越えて、いきなり「自己実現欲求」を満たそうとしても、順序的にそこに届くのは難しい気もします。 相対的に嫌じゃない方を選んだ自覚 打算的というか、これもまたアフィリエイトを挫折しないで継続するためのコツですが、AとBという両方とも嫌な事柄があって、どちらかを必ず選ばなきゃならない場合ってのも人生にはありますよね。 そこで「AよりはまだBの方がマシ」という決断をするのも自然なことです。 それでもアフィリ(自分で文章を書く)という修行をやっているのは、過去にもっとクソみたいな仕事ばかりしてきて、比較的マシだということがわかってるから。 「AよりBの方がまだマシ」という決断をして、Bの方を続けることができなかったなら、もっと嫌なAをやらなければならないということです。 まとめ 最初にも書きましたが、これはあくまでも私独自の考え方であり、また「アフィリエイトが楽しくない」と思ってる人や「アフィリエイトって楽しむものでしょ」と思ってる方に伝えてみたいことでもあります。 ある程度稼いでる人が、皆楽しさ全開でアフィリをやってると思ったら大間違いで「こういう考え方の人もいるんだよ」という内容でもあります。 少なくとも私が少しでも関わった人には、できれば挫折して欲しくはないので、何かしらご自身の中にはない発想が得られたなら幸いでございます。 ただ、継続して続ければ稼げるようになることは間違いありません。 もちろん尋常じゃない作業量は必要になりますが。 そして、稼げるようになった後も、もちろん継続が必要になります。 ポジティブ面の追記 ちょっとマイナス面ばかりが強調されてしまった気がして、あまりにも夢も希望もない記事になってしまった気がしました。 なので、 記事アップ後にツイートでいただけたアフィリエイトのポジティブ面を 「生の意見」として反映させ、追記させていただきます。 挫折に負けずアフィリエイトを続けるベネフィットってやつですね。 時間の縛りがない• 営業の必要がない• 作業量に応じてリターンが得られる• 人生デザインが出来る• 楽しいのは金儲け• 一番ストレスがない• 布団の中にいながら金がもらえる• 売上が増えるとニコニコしちゃう• エンジニア時代よりよっぽど楽しい• 地味でも面倒でも稼げる• アフィリエイトは手段• 初めて、自分からやりたいと思った仕事• 収益性が高い アフィリエイトの良いところは、サボれば金もらえなくなるし、頑張ればリターンくるし、全て自分次第なところが大好きだな。 世の中頑張ってもどうしようもないことが多い中でアフィリエイトは頑張ればどうにかなるから楽しいよね。 時間的縛りがない(フレックス)こと。 営業が必要ないこと、クライアントはいくらでもいて待ってくれている。 もう、とにかく自由。 — おるか【公式】 orcaff 苦行だけど他の仕事より今の私の生活環境にあってる。 アフィリエイトを仕事にできれば、今より生活と人生をデザイン出来るかもしれないというのが参入動機。 だから苦しくてもやり続けるお。 これで家族を食わすんじゃい。 — お母ちゃん BBA mamma2015 楽しいというのとは確かにちょっと違うんだよね・・(そう思ったこともあったけど)。 楽しいのは「金儲け」、で、その手段として自分にとってはアフィリが一番ストレスがなく最高ってことかな・・。 (いくら儲かっても一般的な営業活動とかそういうの本当にやりたくないから・・・) — HAGI haginohagi アフィリ楽しくはないけど、「もうヤダ!」ってほど辛いこともない。 どこまでやるかは自分で決めることだからね~。 やるのも自由。 やらないのも自由。 でもお布団にいてお金貰えるのは嬉しいし楽しい。 時間の融通が利くのも幸せ。 いつかなんかすごい好きな事できたときにこの環境は最強だと思う。 — ATM26 お布団の中 ya19880707b アフィリは別に楽しくもなんともないけど、売り上げ増えると意味もなくニコニコしちゃうことはあるよね — さけ茶 37日目 -5. 7 sitotukuruyo でもエンジニア時代よりよっぽど楽しいけどね。 あのときはマジで辛かった。 人間関係も仕事も・・・。 それが原因で社会不適合者になりました。 今は好きな事やってそれなりに結果出てる。 谷のみなさまからみたら大した事ないレベルやけど、それだけでも幸せな事。 — アクセル axcel2012 アフィリエイトは手段っ! — タカマル? takamaru9x 初めて、自分からやりたいと思った仕事。 アフィリエイト。 記事を読ませて頂きました。 今、自分はアフィリエイトに挫折しそうになっている男です。 でも、この記事を読ませて頂き、少しだけ気持ちが楽になりました。 ありがとうございます。 「頑張らなくちゃ!頑張らなくちゃ!」 とは 「苦痛なんだ、苦痛で仕方ないんだ!」 という事を本当に思い知らされ、 まさに寝耳に水のようです。 自分は、自分で選んだアフィリエイトという仕事を、 「楽しんでやらなくてはいけない」 と、心のどこかで思っていたのかもしれません。 管理人様の、 「アフィリエイトは仕事。 苦痛なのは当たり前」 という考えに感動したというか、救われたというか。 苦痛に思っていいんだ、苦痛なんだ、 だから頑張らなくちゃいけないんだ! そう思えるようになりました。 私は今現在、 自分の理想とするような金額を アフィリエイトで稼げてはいません。 妻と1歳半の子供がいて、 社会から逃げ出しアフィリエイトの道を選びました。 正直に申しますと、 毎日が苦痛です。 アフィリエイトをやりたい! と自分で決めたのに、 やめてしまいたい! と毎日のように思います。 でも、 頑張ります。 自分にはこの仕事しかできないので。 そう思わせてくれた今日のこの記事に、 心から感謝致します。 ありがとうございました。

次の