アンドロメダ 至高の一塁手。 凡人が大津祐樹になるのはあまりにも険しい

冥球島ルート考察その2:プロペラルート

アンドロメダ 至高の一塁手

本デッキの強い点 至高の一塁手で査定をかなり盛れる 初期ポジ一塁手の場合は起用ボーナス対象金特であるを入手可能。 単独査定は210と破格の数値となっており、選手査定をかなり盛れる。 京子で体力最大値を大幅UP 京子のデートやイベントで早期に体力最大値をMAXまで上げることが可能。 VR空間生成中の練習回数を増やせるため経験点を伸ばしやすくなる。 高査定の付くミート106が可能 岸田・京子・天音の組み合わせで査定70の付くミート106が可能。 至高の一塁手も取れるので、査定最大値はかなり高いと言える。 初期ゲージが70多くなる ジャベリン・京子と特効キャラが2人いるため、 オーバーフローゲージの初期値が特効キャラ1人のときと比べて70多くなる 計140。 これにより、セクション1でゲージを溜めるための動きが少なく済む。 本デッキの懸念点 敏捷ptが不足しやすい 得意練習走塁のキャラが3人となり、強力な走塁タッグを複数回踏めないと最終的に敏捷ptが不足する。 黒セイラの も大量に敏捷ptを消費するためかなり意識して稼ぐ必要がある。 岸田のタッグが発生しにくい 岸田は初期評価がかなり低いため、タッグ発生が遅くなりがち。 後イベの総数がやや重い 本デッキの後イベの総数は15 空きイベ数43 と重め。 アンドロメダはライター体感で後イベが走りにくいのもあり、安定した完走を目指すなら招き猫を持ち込みたい。 ジャングルのVR空間を複数回生成して意識的に敏捷ptを稼ごう。 荒野は生成しない 岸田が超大量の精神ボーナスを持っておりメンタルブーストセル排出キャラも2人いる。 そのため精神ptは特に余りやすく荒野は生成する必要がない。 体力最大値UPによって練習回数が増えるため、野球がうまくなりたいで経験点をもらうより強力。 体力満タンであっても必ず健康に過ごしたいを選択しよう 津乃田・ガジェット落合入りデッキ デッキ編成 本デッキの強い点 至高の一塁手で査定をかなり盛れる 初期ポジ一塁手の場合は起用ボーナス対象金特であるを入手可能。 単独査定は210と破格の数値となっており、選手査定をかなり盛れる。 高査定の付くミート106が可能 岸田・津乃田・天音の組み合わせで査定70の付くミート106が可能。 至高の一塁手も取れるので、査定最大値はかなり高いと言える。 初期ゲージが70多くなる ジャベリン・ガジェットと特効キャラが2人いるため、 オーバーフローゲージの初期値が特効キャラ1人のときと比べて70多くなる 計140。 これにより、セクション1でゲージを溜めるための動きが少なく済む。 本デッキの懸念点 敏捷ptが不足しやすい 得意練習走塁のキャラが3人となり、強力な走塁タッグを複数回踏めないと最終的に敏捷ptが不足する。 津乃田の告白が間に合いにくい 津乃田はイベントでの評価UPが全レアイベ2回目でしかないため、序盤に複数回追えないとクリスマスまでの告白発生が厳しくなる。 岸田のタッグが発生しにくい 岸田は初期評価がかなり低いため、タッグ発生が遅くなりがち。 最悪クリスマスまでに間に合わなくてもいいので、その他の動きを優先した方が良い。 9月1週までに1回目のVR発動 特効キャラが2人いて初期ゲージに余裕があるため、サクセス開始後は9月1週までに1回目のVRを発動して経験点を稼ぐ。 1回目のVR発動が遅れるとゲージがMAXまで溜まりきる可能性がある上、2回目の発動が遅れて金特を取れなくなるので要注意。 敏捷ptをとにかく稼ぐ 岸田が超大量の精神ボーナスを持っており、精神ptは特に余りやすいので稼ぎすぎに注意。 荒野は生成しなくて良い。 筋力・技術は余るというわけではないため、ガツガツ稼いでしまってOK。 津乃田イベ関連のポイント• 初詣大吉時はなぐさめて評価ダウン回避• 1人初詣になったらモテモテで評価UP• 全レアイベは1回目で切って回復• エピローグで満点を取るため、津乃田評価を上げやすくする。 全レアイベに関してはイベ完走率UPと回復が可能な上、 不足しがちな敏捷ptも入手できるため、1回目で切った方が良い。 ライターが実際に育成した選手 京子・黒セイラデッキ 使用デッキ.

次の

寺道登

アンドロメダ 至高の一塁手

野手も投手も強いのが特徴。 特にに関しては他ルートの追随を許さない。 一塁が余るので2回戦に大漁を選ぶのはオススメできない 小倉を捕手起用する勇気があるなら別。 両翼がネロ大友になるのもアレだし。 よって鬼ヶ島で安定。 1回戦は一番星で三塁と外野を埋めるのが無難か。 …まぁ、どっかのバカは落合を三塁に回して無理矢理どうにかしたりするけど。 オススメはしない。 白鳥は一番星と同じポジションの劣化版。 アバタボールがだるい・一番星が出ない時の妥協にでも。 大東亜もも難度は同じくらい むしろ先発がノーコンなのが楽かも。 どっちも守備の動きはそこそこ程度、あかつきと違ってミットも見えるのでミート打ちで繋ぐ野球はやはり有効。 聖皇は…真ん中に変化球が来るのを祈るのみ。 ゴメスと違って失投は望み薄、スタミナもクソ高いので頑張って自力で打つしかない。 幸い打線はほど無情じゃないので守る分にはあっちよりマシ。 もともと3回戦で鋼、5回戦で野球マスクとPH持ちの好投手が入るので投手の心配はいらない。 捕手の場合は金剛の加入の遅さと打撃面の微妙さ、遊撃手の場合は五十嵐の守備の微妙さをカバーする方向 あぶれた五十嵐は三塁へ。 …ただし主人公にAHなりPHなりを付けられれば、の話だけど。 大西がうまく失投してくれれば楽になるんだが…。 liuto8989.

次の

アンドロメダ学園

アンドロメダ 至高の一塁手

基本的にはVRはジャングルを狙える時に狙いつつ、必要に応じて荒野で精神を補うなどしましょう。 金特不確定が3人なので安定感は激低 金特イベ不確定キャラが3人もいるので安定感に欠けているデッキ編成です。 金特が失敗した時点でやり直すぐらいの気持ちでプレイするのがおすすめです。 黒聖良がフレンドにあまり出ない可能性もあるので、黒聖良が出ない場合は後枠にはちまき浪風を 編成して前に肩力上限アップキャラを入れたり、後4で招き持ち込みなどもおすすめです。 走力バースト 黒戸• ホームランボール ガジェット落合• 恐怖の満塁男or明恭止水 冴木• エースキラー 天音• トリックスター 高校金特 前3後3編成でイベント発生率が高い イベントの前後バランスを前3後3でバランスを取っているので、安定してイベント完走させる事ができます。 それに加えて得意練習も肩力と守備練習以外は2人編成になっているので、データセルを集めやすいといったメリットもあります。 一部適正キャラに入っているキャラなども存在しますがご了承ください。 イベントの前後バランスはそこまで崩さない方がおすすめなので前イベで代用できるキャラがいるのが理想です。 走塁不足が懸念材料 高校の金特とあわせて金特を全て獲得しようと思うと走力が少し不足気味になるので、練習では走力を意識して練習をしなければいけません。 育成状況に応じて走塁練習のイベキャラを増やすなどして対策が必要になります。 アンドロメダ野手デッキの立ち回り アンドロメダ学園の野手デッキ編成での立ち回りやポイントなどを掲載しているのでアンドロメダ高校プレイ時に参考にしてください。 彼女編成の際の注意点 セク1のゴールドセルに注意 彼女キャラを編成している場合に序盤に彼女を追いかけ過ぎて監督からゴールドセルを獲得するのを忘れないようにしましょう!金特を1個無駄にしてしまう事になるので注意が必要です。 そのためセク1で楽をする為にアンドロメダ固有キャラ 落合など を入れる事で セク1の2ターン目にオーバーフローゲージを70以上獲得出来るようになります。 VRコマンド時は彼女コマンドを使用出来ない VRコマンドを使用している時は彼女コマンドが使用出来ないので休むやメンタル練習で回復するなどが基本的な対策になります。 効率良くデート消化を行えないので、セクション4の7月1週以降にまとめてデート消化が一番効率良く消化を行えます。

次の