マネー フォワード 料金。 マネーフォワード 新料金プランまとめ【個人事業主向け】

マネーフォワードクラウド(旧名MFクラウド)が料金プラン変更(実質値上げ)へ

マネー フォワード 料金

いつも「マネーフォワード クラウド」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、個人事業主さま向けのプランを新設・改定することになりましたのでお知らせいたします。 新設・改定予定日 2020年6月2日 火 新設・改定の内容について 下記の通りプランの新設と改定を実施いたします。 (詳細は) 1. パーソナルミニプランの新設• 基本料金: 月額980円(税抜)・ 年額9,600円(税抜) 2020年6月2日に、「パーソナルミニ」プランを新設いたします。 「パーソナルミニ」プランは、「マネーフォワード クラウド確定申告」および「マネーフォワード クラウド請求書」の主要機能を備えつつ、よりリーズナブルな価格で利用できるお得なプランです。 利用できる機能の詳細は、をご確認ください。 <申し込み方法> パーソナルミニプランの新規お申し込み、またはプラン変更をご希望の場合は、 2020年6月2日以降、マネーフォワード クラウド画面から操作をお願いいたします。 操作方法につきましては、下記ガイドをご参照ください。 パーソナルライトプランの廃止 2020年6月2日をもって、「パーソナルライト」プランを廃止いたします。 既に「パーソナルライト」プランを契約中の方は、同日に値下げ予定の「パーソナル」プランに自動で移行いたします。 よって、これまでと同じ基本料金のまま、「マネーフォワード クラウド請求書」のすべての機能が利用できるようになります。 パーソナルプランの値下げ 2020年6月2日に、「パーソナル」プランを値下げいたします。 そのため、前者の場合は2020年7月1日に更新されたご契約分(7月末日付請求分)から値下げ価格が適用されます。 後者の場合は、2020年6月2日に更新されたご契約分(6月末日付請求分)から値下げ価格が適用されます。 契約更新予定日はこちらでご確認いただけます。 無料で利用できる機能の変更 有料プラン未契約の場合に利用できる機能の内容を、下記のように変更いたします。 より詳細な内容は、下記FAQをご参照いただけますと幸いです。 ご不明点につきましては、「マネーフォワード クラウド」の、または各サービスのお問い合わせ窓口からお問い合わせください。 今後とも、「マネーフォワード クラウド」をご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

次の

クラウド会計のマネーフォワードとfreeeを並べて同時に比較

マネー フォワード 料金

もくじ• また、個人事業主の方には法人用は関係なく、その逆もしかりなので個人事業主用と法人用を分けて比較します。 マネーフォワードクラウド確定申告(個人事業主用)の料金とプラン内容 まずは個人事業主用のマネーフォワードクラウド確定申告について新旧プランを比較してみます。 新旧をどう比較したらわかりやすいか悩んだのですが、とりあえず表にまとめてみました。 旧 価 格 ベーシックプラン あんしん電話サポート付き ベーシックプラン バリューパック 会計ソフト(月額) 800円 — 2,980円〜 会計ソフト(年額) 8,800円 17,200円 — 請求書ソフト(月額) 取引先3件まで無料 取引先数無制限 経費精算ソフト(月額) 1名300円、2名1000円、5名3500円 4名? まで無料 給与計算ソフト(月額) 5名まで2500円 5名まで無料 マイナンバー収集ソフト(月額) 2名まで無料、10名980円 5名まで無料 新 価 格 パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス 会計ソフト(月額) 1,280円 2,480円 — 会計ソフト(年額) 11,760円 23,760円 35,760円 請求書ソフト(月額) 取引先数無制限 経費精算ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり500円 給与計算ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり300円 マイナンバー収集ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり100円 旧プランの会計ソフトは ベーシックプランと電話サポート付きのプランの2つです。 一方、新プランでは パーソナルライト、パーソナル、パーソナルプラスの3つのプランになります。 ベーシックプランがパーソナルライトとパーソナルの2つに別れた形です。 パーソナルプラスはパーソナルに電話サポートが付いているだけですので、旧プランのあんしん電話サポート付きベーシックプランと同等プランかと思われます。 新旧を比較するには 現在どの程度会計ソフト以外の機能を使っているかが重要になります。 現状、従業員も雇ってなくて請求書の発行も3社以内でベーシックプランを使っているなら月800円で済んでいるはずですので、新プランの最安プランでも1280円ですので、実質値上げになってしまいます。 逆に請求書の発行も多く給与計算をする従業員も5名程度で、請求書ソフトも給与計算ソフトもフル活用しているなら、大幅な値下げになります。 結論として、現在、請求書なり給与計算ソフトのどちらかを有料プランで使っている方でしたら実質値下げになり、給与計算ソフトを使っておらず、請求書も3社以内で会計ソフトしか使っていない方にとっては値上げになってしまいます。 マネーフォワードクラウド会計(法人用)の料金とプラン内容 次に法人用プランの説明です。 まずは新旧比較の一覧表をご覧ください。 旧 価 格 ライトプラン ベーシックプラン バリューパック 会計ソフト(月額) 1,980円 2,980円 3,980円〜 会計ソフト(年額) 21,780円 32,780円 — 請求書ソフト(月額) 取引先3件まで無料 取引先数無制限 経費精算ソフト(月額) 1名300円、2名1000円、5名3500円 4名まで無料か? 給与計算ソフト(月額) 5名まで2500円 5名まで無料 マイナンバー収集ソフト(月額) 2名まで無料、10名980円 5名まで無料 新 価 格 スモールビジネス ビジネス 会計ソフト(月額) 3,980円 5,980円 会計ソフト(年額) 35,760円 59,760円 請求書ソフト(月額) 取引先数無制限 経費精算ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり500円 給与計算ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり300円 マイナンバー収集ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり100円 現在、私はマネーフォワードクラウド会計のライトプランを使っています。 従業員も雇っておらず、請求書の送り先は1社のみで他の取引先は請求書は不要なビジネスをしているので、会計ソフト以外は無料版で事足りています。 私の場合、大幅な値上げになってしまいます。 ざっくり言うと2倍の値上がりですので、正直このまま使い続けるか悩むところです。 結論としては、個人版と同様に請求書をたくさん発行する仕事だったり、給与計算の対象者が5名くらいいて既にマネーフォワードのソフトを使っている会社にとってはお得なプランになり、私のように現在会計ソフトのみ使っている会社にとっては実質2倍の値上げになります。 マネーフォワードクラウドプランと料金改定まとめ 繰り返しになりますが、現在、マネーフォワードの請求書作成管理ソフト、もしくは給与計算ソフトの有料版を使っていて、利用料金が合計で新プランの料金(個人なら1,280円、法人なら3,980円)以上に払っている方にとってはお得なプラン料金改定になります。 逆に会計ソフトのみ有料で利用し、他のソフトは無料版で事足りた方にとっては値上げになります。 法人は2倍の値上げになりますが、個人の方は数百円の値上がりで他のソフトが使えるようになると考えるとお得かもしれません。 これまでにもマネーフォワードクラウドは何度か料金改定がありましたが、今回の改定は5年使い続けている1ユーザーの私にとっても大きな料金改定になります。

次の

マネーフォワードクラウド(旧名MFクラウド)が料金プラン変更(実質値上げ)へ

マネー フォワード 料金

もくじ• また、個人事業主の方には法人用は関係なく、その逆もしかりなので個人事業主用と法人用を分けて比較します。 マネーフォワードクラウド確定申告(個人事業主用)の料金とプラン内容 まずは個人事業主用のマネーフォワードクラウド確定申告について新旧プランを比較してみます。 新旧をどう比較したらわかりやすいか悩んだのですが、とりあえず表にまとめてみました。 旧 価 格 ベーシックプラン あんしん電話サポート付き ベーシックプラン バリューパック 会計ソフト(月額) 800円 — 2,980円〜 会計ソフト(年額) 8,800円 17,200円 — 請求書ソフト(月額) 取引先3件まで無料 取引先数無制限 経費精算ソフト(月額) 1名300円、2名1000円、5名3500円 4名? まで無料 給与計算ソフト(月額) 5名まで2500円 5名まで無料 マイナンバー収集ソフト(月額) 2名まで無料、10名980円 5名まで無料 新 価 格 パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス 会計ソフト(月額) 1,280円 2,480円 — 会計ソフト(年額) 11,760円 23,760円 35,760円 請求書ソフト(月額) 取引先数無制限 経費精算ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり500円 給与計算ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり300円 マイナンバー収集ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり100円 旧プランの会計ソフトは ベーシックプランと電話サポート付きのプランの2つです。 一方、新プランでは パーソナルライト、パーソナル、パーソナルプラスの3つのプランになります。 ベーシックプランがパーソナルライトとパーソナルの2つに別れた形です。 パーソナルプラスはパーソナルに電話サポートが付いているだけですので、旧プランのあんしん電話サポート付きベーシックプランと同等プランかと思われます。 新旧を比較するには 現在どの程度会計ソフト以外の機能を使っているかが重要になります。 現状、従業員も雇ってなくて請求書の発行も3社以内でベーシックプランを使っているなら月800円で済んでいるはずですので、新プランの最安プランでも1280円ですので、実質値上げになってしまいます。 逆に請求書の発行も多く給与計算をする従業員も5名程度で、請求書ソフトも給与計算ソフトもフル活用しているなら、大幅な値下げになります。 結論として、現在、請求書なり給与計算ソフトのどちらかを有料プランで使っている方でしたら実質値下げになり、給与計算ソフトを使っておらず、請求書も3社以内で会計ソフトしか使っていない方にとっては値上げになってしまいます。 マネーフォワードクラウド会計(法人用)の料金とプラン内容 次に法人用プランの説明です。 まずは新旧比較の一覧表をご覧ください。 旧 価 格 ライトプラン ベーシックプラン バリューパック 会計ソフト(月額) 1,980円 2,980円 3,980円〜 会計ソフト(年額) 21,780円 32,780円 — 請求書ソフト(月額) 取引先3件まで無料 取引先数無制限 経費精算ソフト(月額) 1名300円、2名1000円、5名3500円 4名まで無料か? 給与計算ソフト(月額) 5名まで2500円 5名まで無料 マイナンバー収集ソフト(月額) 2名まで無料、10名980円 5名まで無料 新 価 格 スモールビジネス ビジネス 会計ソフト(月額) 3,980円 5,980円 会計ソフト(年額) 35,760円 59,760円 請求書ソフト(月額) 取引先数無制限 経費精算ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり500円 給与計算ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり300円 マイナンバー収集ソフト(月額) 5名まで無料、6名以上1名あたり100円 現在、私はマネーフォワードクラウド会計のライトプランを使っています。 従業員も雇っておらず、請求書の送り先は1社のみで他の取引先は請求書は不要なビジネスをしているので、会計ソフト以外は無料版で事足りています。 私の場合、大幅な値上げになってしまいます。 ざっくり言うと2倍の値上がりですので、正直このまま使い続けるか悩むところです。 結論としては、個人版と同様に請求書をたくさん発行する仕事だったり、給与計算の対象者が5名くらいいて既にマネーフォワードのソフトを使っている会社にとってはお得なプランになり、私のように現在会計ソフトのみ使っている会社にとっては実質2倍の値上げになります。 マネーフォワードクラウドプランと料金改定まとめ 繰り返しになりますが、現在、マネーフォワードの請求書作成管理ソフト、もしくは給与計算ソフトの有料版を使っていて、利用料金が合計で新プランの料金(個人なら1,280円、法人なら3,980円)以上に払っている方にとってはお得なプラン料金改定になります。 逆に会計ソフトのみ有料で利用し、他のソフトは無料版で事足りた方にとっては値上げになります。 法人は2倍の値上げになりますが、個人の方は数百円の値上がりで他のソフトが使えるようになると考えるとお得かもしれません。 これまでにもマネーフォワードクラウドは何度か料金改定がありましたが、今回の改定は5年使い続けている1ユーザーの私にとっても大きな料金改定になります。

次の