頭皮 かゆい 原因。 【頭がかゆい】原因はこの4つ!ふけ・かさぶた・湿疹ができるの理由は?

【頭がかゆい】毎日シャンプーしているのに、なぜ? 毛髪診断士が教えます!

頭皮 かゆい 原因

子供の頭皮がかゆいと何でだろう・・・と思いますよね。 一つは気候など乾燥しているからなどもありますが、もう一つの大きな原因に『シャンプー』があります。 そのため子供の頭皮のかゆみにはシャンプーを変えてみるという方法が対策としてあります。 では一体子供が頭皮にかゆみが出てしまった場合、どんなシャンプーにすればよいのか? ここでは子供の頭皮がかゆくなる原因や対策方法など、シャンプーの原因やどんなシャンプーが良いのかをご紹介します。 子供だと頭皮がかゆくなってしまい無意識に頭皮をかいてしまったりして、血が出たり、ブツブツができてしまったりするかもしれません。 ではそもそもシャンプーなどで頭皮の汚れを落としてきれいにしているのにも関わらず、髪の毛がかゆくなってしまうのか? それは乾燥や汗・皮脂、使っているシャンプーなどが原因とされています。 まずは順に頭皮の乾燥を対策する方法をご紹介します。 子供の頭皮のかゆみは乾燥の原因?対策方法 なぜ子供の頭皮はかゆくなりやすいかというと、子供の頃は頭皮の皮膚は柔らかく弱いためです。 皮膚が柔らかいため頭皮を守るバリア機能も弱いため、肌が敏感になりやすくなり頭皮が乾燥してしまいます。 季節などの冬場などは乾きやすい時期に頭皮の乾燥してしまうという原因もありますが、夏場などは紫外線頭皮に当たるとバリア機能が壊れて傷つき、水分が蒸発するので乾燥しやすくなってしまいます。 頭皮が乾燥するとなぜかゆみが生じてくるのかというと、頭皮を保護しているバリア機能が低下してしまい、紫外線や花粉、ほこりなどの外敵にもダメージを受けやすくなってしまうからです。 顔にできてしまうニキビや吹き出物のような感覚と一緒のことが頭皮でも起きていて、乾燥すると皮膚が薄いためにかゆくなってしまうということになります。 そのため、できるかぎり頭皮を乾燥や紫外線から守る必要があります。 頭皮の乾燥や紫外線予防に気を付ける方法としては、 ・外に出るときは帽子などをかぶり頭皮を守る ・ドライヤーをかける時は、頭皮に近づけすぎない ・加湿器などで湿度を高くする などの方法があります。 子供の頭皮の感想には『シャンプー』も原因になるのですが、それは後半でシャンプーが原因のところで合わせてご紹介します。 つぎのかゆみの原因の汗や皮脂の対策方法についてご紹介します。 子供のかゆみは汗や皮脂からの原因?対策方法 子供は大人よりも汗や皮脂をとてもかきやすいですよね。 これはホルモンが関連していて、大人よりも子供の方が汗や皮脂が多く出てしまいます。 この汗や皮脂も子供の頭皮の原因となります。 頭皮の場合も汗や皮脂がでやすく、汗や皮脂は多く出ると細菌のエサとなります。 顔の汗なら拭きとれるけれど、頭皮の汗や皮脂などは大量にでてもそのままのことが多いですよね。 そのため細菌が発生しやすくなるため、頭皮にかゆみができたり、ブツブツや発疹などができてしまう原因でもあります。 汗や皮脂などで気を付ける方法や対策方法としては、 ・汗を乾いたらシャワーなどできれいにする ・室内の温度を涼しくする ・暑いときは薄着にしてみる ・男の子などは髪の毛を短くする ・髪の毛をかき分けてあげる ・帽子は室内に入ったら取る など頭皮の蒸れ対策をするとよいですよ。 万が一発疹がすごいときはむやみに薬を塗るのでなく、様子を見つつ、何日経っても治らない場合は病院に行ってみてください。 子供の頭皮のかゆみの原因はシャンプー?対策方法 子供が頭皮がかゆいからシャンプーをすると、一時的にはかゆみがおさまっても、またすぐにかゆくなってしまいますよね。 それは、 シャンプーに含まれている成分が原因の可能性があります。 このシャンプーの成分が原因で、頭皮が乾燥したり、汗や皮脂が多くでてしまうからです。 もし大人と子供のシャンプーを同じものを使っている場合は、成分の刺激が強いためにかゆみを生じてしまっている場合があります。 市販のシャンプーには原料がシリコン系であったり、香料や着色料などの添加物がたくさん入っています。 例えば、メ〇ットなどです。 特に値段の安いシャンプーにほどシリコン成分多く含まれており、そのシャンプーに含まれる添加物のどれかの成分が刺激が肌に合わずにかゆみが生じていることが多いです。 特に厄介でかゆみの原因になるのが「 合成界面活性剤」と呼ばれる添加物の成分です。 大概の安いお値段のシャンプーや合成界面剤が入っていないと書いていなければ、シャンプーの主な主成分としても使われています。 この合成界面活性剤という成分は一体なんなのかというと皮脂や汗をきれいに洗い流せる成分です。 大人でもかゆみを出ししまう程きれいに洗いすぎてしまう成分でもあり、子供の肌に合成界面活性剤は刺激が強くなってしまいます。 子供だけでなく大人でもこの成分は肌に刺激が強く、肌が乾燥しやすくなり「かゆみ」や「フケ」の原因となります。 かゆみの原因となる皮脂や汗が取れるのになぜ乾燥するのか? 合成界面活性剤の成分は洗浄力の高さで優れていて、優れすぎているがゆえに、肌に必要な分の肌を潤わせるためにつかう皮脂までも洗い流してしまいます。 皮脂は過剰な場合だと細菌がわいてかゆみの原因になりますが、肌には必要な分があって、それがお肌を守る天然のベールの役割をはたしています。 しかしそれが合成界面活性剤のような強い洗浄力を持っている成分のシャンプーで洗ってしまうと、お肌を守る天然のベールまでもはがれてしまい、水分が脱水しやすくなって乾燥してしまうわけです。 肌が乾燥している人もいれば、皮脂が足りないと大量にだしてしまう場合もあり、結局のところ悪循環になりかゆみがでてしまいます。 大人でもそうなので、子供ならなおさら起きてしまいがちになってしまいます。 大人でも刺激が強い成分でもあるので、子供の場合であれば頭皮にかなりの刺激となってしまいシャンプーが原因で様々なトラブルが起きてしまうことで頭皮がかゆいということもあります。 そのため今大人と一緒に使っているものと同じシャンプーを使う限り、頭皮のかゆみがなくならない可能性は高いです。 子供・大人肌に優しいシャンプーを選ぶ必要がありますし、肌の乾燥などや かゆみを予防するのであれば 『頭皮に優しい』タイプのシャンプーやコンディショナーを使ってあげることが大切です。 かゆみが続いてしまうと、どうしてもかいてしまうので、かゆみだけでなくブツブツした吹き出物もできてしまったり、ひっかいて出血して傷ついたりしてしまいます。 頭皮の状態が悪化すると、抜毛などの原因や髪の毛の毛根のトラブルにもつながってしまうので、今すぐにでも子供さんの悪化させないためにはケアが必要になります。 そのため手っ取り早いケアができて頭皮ケアができるのが、 シャンプーを変えることです。 何をしてもかゆみが取れない場合は、まずはシャンプーを変えてみる。 万が一親御さんがかゆい場合も、同様に変えていく必要性はあります。 では早速、子供の頭皮に優しいタイプのシャンプーとは一体どんなものが良いのかを見ていきましょう! これは子供だけでなく大人でも共通するので、ご参考にしてみてください。 子供の頭皮にに優しいのはどんなシャンプーが良い? 子供にも大人にも頭皮や肌に優しいシャンプーは、 ・添加物が極力少ない 特に合成界面活性剤が入っていないもの ・天然由来成分を使用 オーガニック でノンシリコン ・天然系の保湿成分が入っている ・子供の場合はアミノ酸系シャンプー または弱酸性 といった条件のシャンプーを使うことで、汗や皮脂を優しく洗顔するのでいらない分だけを落とし、乾燥予防になって頭皮が潤うため頭皮のかゆみからの解放されます。 アミノ酸系シャンプーとは、頭皮ははもともとアミノ酸でできているので、アミノ酸に似た泡で洗顔できるので低刺激で洗顔をすることができます。 できる限り添加物が少ない『無添加』や『香料・着色料・合成界面活性剤・パラベンフリー』などが書いてあるシャンプーを選んでみましょう! またシャンプーに使われる原料にも注目をします。 できればシリコン系のシャンプーは控えること。 合成界面活性剤など肌を刺激するものが多く入っているからです。 合成界面活性剤のような成分で無理やるい落とすのでなく、 自然由来の成分の泡の力で汚れや皮脂を落とすシャンプーで洗うことで必要な皮脂は落とさずきれいに洗うことができます。 こうすることで頭皮のかゆみによる乾燥を予防することができます。 できれば植物由来などの保湿成分があれば子供の頭皮にも優しいですし、頭皮が乾燥するとかゆみの原因になりますので、 保湿成分が入っていれば頭皮が潤いケアと同時に乾燥予防にもなります。 頭皮が潤っていれば頭皮のバリア機能も高まるので、かゆみから解放されるだけでなく気候や紫外線からも頭皮を守ることもできます。 できれば頭皮のかゆみケアや予防をしたい場合は、植物由来で無添加の保湿成分の入っているシャンプーを選んでみましょう。 頭皮に優しいシャンプータイプのデメリット ただし、子供の頭皮など優しいシャンプーにもデメリットがあります。 それは市販ではなかなか手に入りにくいこと、そしてシャンプーの値段が普通の市販のものと比べるとお値段が若干高いことです。 添加物が極力フリーや植物由来成分で作られるシャンプーはオーガニックに近いものは肌に優しいので、やはりこの辺のお値段は高くなってしまうということになってしまいます。 ですが普通の市販のシャンプーよりも仕上がり感や、かゆみ予防としては全然違ってくるのは値段に見合っているものだと実感できると思います。 肌に優しい成分は値段が高いので多少値段が高くなりますが、 肌に極力負担が少ないものが入っているので、子供のかゆみの原因の根本をケアすることができます。 子供用シャンプーはどうなのか? 子供用シャンプーがありますが、あれはどうなのかと思うかもしれません。 キャラクターが書かれている子供用のシャンプーは頭皮に優しい弱酸性ものが多いですが、値段が安いものは子供用と謳いながらも、合成界面剤、タール、香料、着色料などが多いのが現状です。 国産で合成着色料は不要と書いてあっても、香りがついている香料などが入っていたりしていてもあくまでも1つか2つ入っていないだけで、合成界面活性剤などは入っているものがほぼに子供用シャンプーは近いです。 アミノ酸系合成界面活性剤なんて言葉も書いてありますが、アミノ酸系は別でも合成界面活性剤の成分は使わない方がいいほど。 合成界面剤のような化学の力で汚れを落とすのでなく、植物の力で落せるシャンプーを選ぶのが乾燥やかゆみ予防にも理想です。 キャラクターが書いていて可愛いと子供は喜んでも、かゆみの原因になったり、長い目で見ると弱い頭皮になる可能性もあるので十分に考える必要性はでてきます。 どちらが子供の頭皮にとって大切なのかは、シャンプーを見直すだけでも考えられるものなのかもしれませんね。 頭皮に優しいシャンプーは大人と一緒に使える 肌に優しいタイプのシャンプーは子供だけでなく、頭皮の大人の頭皮の臭いやエイジングケアともなります。 肌が乾燥しすぎると、紫外線を予防する力も弱まるのでかゆみや肌荒れだけでなく、頭皮や毛自体がが弱くなり『 抜毛』、『 若白髪』などの髪の毛トラブルの原因にもつながります。 そうならないためにも、シャンプーで頭皮や髪の毛をケアする必要もあるのです。 では子供にも優しいシャンプーがどんなものがあるのかを、参考までにご紹介します。 子供の頭皮におススメのシャンプー 子供頭皮におすすめのシャンプーは、さくらの森という会社から通販のみで売られているノンシリコンの「 」です。 ちなみにコンディショナーもあります。 ハーブガーデンシャンプー ハーブガーデンシャンプーは、植物由来の天然の阿蘇山の無農薬ハーブ成分から作られている、100%天然成分の人や地球にやさしい成分が使われてるオーガニックシャンプーです。 このシャンプーの特徴として、 ・アミノ酸系のオーガニックシャンプー ・100%天然由来成分配合 ・ 石油系界面活性剤・シリコン・香料・着色料・防腐剤、タール系など 一切不使用のノンシリコン ・国産の無農薬ハーブウォーターを使用 ・髪の潤いに欠かせないヒアルロン酸・ユズセラミドを配合 とくに『かゆみ』や『かゆみによりフケ』、『臭い」系のケアする成分が入っているシャンプーで、親御さんとお子さんとも一緒に使われている人も多く、他のオーガニック性のシャンプーよりも使用感や効果性の違いは実感できることができます。 洗顔力の強い界面活性剤、シリコン、防腐剤などの添加物が入っておらず、植物由来の力で頭皮の保湿ケアもできます。 アミノ酸系でシャンプーの香りも自然的で泡立ちも良いので、必要以上ない汗や皮脂などを優しく落としすっきりな仕上がりになれます。 子供の頭皮はとてもデリケート。 自然に還せるほど優しいアミノ酸系成分で頭皮の汚れをしっかりと落とし、保湿もできるシャンプーで自然にも長瀬られるのであれば使っても大丈夫な感じがしますよね。 身体にも良いハーブから作られるハーブガーデンのシャンプーは、 かゆみのある子供の頭皮を優しく包み込みケアして、かゆみなどの頭皮のダメージの根本をケアできます。 実際に頭皮のかゆみを感じていて、色々シャンプーを変えてもかゆみが取れなかったいとこの5歳と小学生の子にも使ってみましたが、汚れや汗・皮脂も優しく落とせて、 ハーブガーデンシャンプー後は今までのかゆみなどもなくなって快適に過ごせています。 帽子などをかぶって汗で蒸れてしまったり、夏場に汗をたっぷりかいたり、冬の乾燥している季節でもハーブガーデンシャンプーを使っていればとくにかゆみもないので、頭皮をかくこともなかったです。 かゆみで頭皮のブツブツができてしまうと、病院に行ったり薬をもらったりしてそれだけお金がかかったり、手間もかかります。 「頭をかかないで」といっても、どうしても頭皮がかゆいので子供は言っていることをきけずに、かゆいからどうしてもかいてしまいます。 それでブツブツが悪化したり、頭皮が傷ついてしまって、なおかつ紫外線などで乾燥してはかゆみ以上に子供のトラブル頭皮の原因になってしまいます。 いとこも昔は頭皮のかゆみで皮膚科に行って塗り薬をもらってましたが、結構子供が痛いと辛そうだったので精神的に辛かったそうです。 そうなる前にまずは子供の頭皮のかゆみのケアでできるのは、シャンプーを変えてみることをおすすめします。 最初はいつものシャンプーの香りでなくオーガニックの香りなので馴染み感がなかったようですが、すぐに香りなどにもなれて『かゆくない』と言っています。 ハーブガーデンシャンプーはハーブなどの成分にこだわりがあるため、市販では売らないのだそうです。 市販で売らない分通販にすることで、値段を極力抑えているそうです。 ですがハーブガーデンの公式サイトだと 半額で買えるキャンペーンも行っています。 半額キャンペーンは1本 2,000円と半額のお値段でお得に試すことができて、コンディショナーセットは半額で送料が無料にもなります。 ハーブガーデンシャンプーの場合はシャンプーには珍しい 15日の返金保証もついるので、実際に子供が使ってみて合う合わないかを試しに使用できるので損することなく使えます。 子供の頭皮のかゆみなどには化学的な成分でシャンプーするよりも、できるだけ天然の成分でケアしてあげることが大切です。 その中でもハーブガーデンシャンプーは国産のハーブが使われているので品質もよく、保湿成分も入っているので乾燥予防になり、弱酸性のアミノ酸系のシャンプーなので地肌にも優しく汗や皮脂などを落として洗顔をしてあげることができます。 また洗い流したシャンプーなどの泡は、自然に還せるほど優しい成分で作られていますので、子供さんの頭皮ケアや頭皮のかゆみのケアや予防にもなると思います。 これを機会に自然に優しいシャンプーを使ってみるのもありかもしれません。 今すぐ子供さんの地肌やかゆみを何とかしてあげたいのであれば、試しに一度使ってみてはいかがでしょうか。 ついついかいてしまって、頭皮にブツブツなどができてしまってはケアがとても大変になります。 少しでも頭皮のかゆみから解放させてあげたい場合は、 ・乾燥に気を付ける ・汗や皮脂に気を付ける ・ノンシリコン系のオーガニック系シャンプーを変えてみる などの方法をすれば、頭皮のかゆみから解放されると思います。 乾燥や汗皮脂などに気を付けるといってもなかなか子供自身がケアするのは難しく、手っ取り早いのがシャンプーでかゆみの根本をケアできることになります。 市販のシャンプーでも良いのですが、合成界面活性剤が入っているので洗浄力が強いので頭皮が乾燥しがちでかゆみの原因になりがちです。 シャンプーでも頭皮に優しいオーガニックの自然由来のアミノ酸洗浄できれいに汚れを落とすと、汗や汚れ、余分な皮脂を落とせて、頭皮も乾燥せずにかゆみも気にならなくなります。 子供用のシャンプーでも本来入ってはいけないものなど、値段=添加物の量の多さなども比例してくるので、頭皮のことや髪の毛のことを考えてかゆみを何とかしたいならばシャンプー選びはとても大切になります。 子供の頭皮におすすめのハーブガーデンシャンプーは、自然に流しても大丈夫なほど肌に優しいハーブという天然の成分やお水、アミノ酸洗浄で頭皮を優しく洗顔できるので乾燥予防にもなるため、かゆみなどもなくなってくると思います。 実際に私のいとこの子供の肌に使っても優しく髪を洗うこともできましたし、ハーブガーデンシャンプーを使い始めてからは何日も頭皮のかゆみも気にならず快適に過ごしています。 頭皮にかゆみができてしまうと、ついつい手でかいてしまってブツブツができたり、頭皮が傷ついて化膿してしまい病院に行かなければならないなど治すのが大変になってしまいます。 この状態が続けば、頭皮のトラブルや抜毛、若白髪などの問題にも繋がりかねません。 皮膚科代や薬代なども結構家計に大きいですよね。 なので毎日のことなのでシャンプーでケアするのは長い目でみれば家計的にも優しいものになります。 子供さんがかゆみで辛くなったり悪化してしまう前に、まずは天然成分が使われているノンシリコンのシャンプーを変えてケアしてみて乾燥を予防しながらかゆみケアをしてみてはいかがでしょうか。

次の

ふけ・頭のかゆみの症状・原因|くすりと健康の情報局

頭皮 かゆい 原因

頭がかゆくなる原因は?? 頭皮の乾燥 シャンプーのしすぎだったり、紫外線、睡眠不足や日々のストレスによる体調の変化で、肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥を招きます。 皮脂を好む雑菌が繁殖する 汗によるムレや、シャンプー時に頭皮の余分な皮脂を落としきれてないと、皮脂を餌にする雑菌が増殖してしまい、ターンオーバーが崩れてしまいます。 ほっておくと、頭皮が炎症を起こし、かゆみが出ます。 シャンプーや、コンディショナー、トリートメントの洗い残し シャンプー剤や、コンディショナーやトリートメントの流し残しも、かゆみの原因になることがあります。 耳の後ろや生え際などは、すすぎ残しやすいところです。 たっぷりのお湯で丁寧にすすぎましょう。 花粉などのアレルギー反応によるもの 春になると頭がかゆくなるという人もいます。 花粉症による頭のかゆみは肌がかゆくなるのと同じ、アレルギー反応です。 日中はマスクをして体内に花粉を入れないようにする、帽子をかぶってなるべく頭皮に花粉が付着しないようにする、などの工夫が必要です。 正しいシャンプーの仕方 頭がかゆいからといって、爪をたててゴシゴシシャンプーすれば、かゆみが抑えられるというものでもありません。 洗い過ぎてしまうと、頭皮の皮脂が過剰にとれすぎて、乾燥を招き、さらにかゆくなることもあります。 わかっているようで、わかってない!? 正しいシャンプーの仕方をご紹介します。 シャンプー前の予洗いをしっかり シャンプーをつけずにお湯で洗い流すだけでも、7〜8割ほどの頭皮の汚れが落ちると言われています。 ただ髪を濡らすだけではなく、指の腹で地肌をもみ洗いしながら濡らしてあげましょう。 そうする事でシャンプーの泡立ちもよくなります。 熱すぎるお湯は、皮脂をとりすぎて、乾燥を招いてしまう可能性があります。 指の腹で頭皮をマッサージするように洗う 髪を洗うとき、爪を立ててゴシゴシ洗うと、頭皮を傷つけてしまいます。 しっかり泡立てて、指の腹で頭皮を優しくマッサージしながら洗うのがおすすめです。 トリートメントは毛先のみにつける トリートメント、コンディショナーは、使うものにもよりますが、 毛先のダメージが気になる部分にだけつけましょう。 地肌にトリートメントをつけると、ベタつきや、髪がぺたんとなりすぎる原因になります。 しっかり流しましょう シャンプー剤や、コンディショナーやトリートメントの流し残しも、かゆみの原因になることがありますので、すすぎはしっかり、行うようにしてください。 髪の毛を乾かす時は、自然乾燥ではなく、ドライヤーを使って乾かす! 濡れたままの髪の毛をそのまま放置しておくのは、髪にとっても負担になりがちなだけではなく、濡れたままの頭皮には雑菌も繁殖しやすくなり、炎症をおこしやすくなります。 炎症は、フケやかゆみやニオイの原因になってしまいます。 髪を乾かすときはまず根元から乾かしていきます。 そのあと、毛先に水分を送っていくようなイメージで乾かしていくと、早く、綺麗に、乾いていきます。 是非、試してみてください。 シャンプーは1日1回!夜にシャンプーしましょう 洗浄力の強すぎるシャンプーを使用していたり、1日に何度も髪を洗ったりすると、皮脂を取りすぎてしまいます。 シャンプーは、1日1回夜にするのがおすすめです!! 頭皮は汗や皮脂が混ざり合って出来た皮脂膜によって保護されています。 皮脂膜は頭皮を外部の刺激から守る働きがあります。 夜に髪を洗うと、バリア機能を持つ皮脂膜はシャンプーすると落ちてしまいますが、寝ている間に程よく皮脂が分泌されて、皮脂膜が再生するので、夜にシャンプーをしても朝には元通りになるので心配はありません。 しかし、朝にシャンプーすると、皮脂膜がなくダメージを受けやすい状態のまま過ごすことになります。 その結果、頭皮や毛根がダメージを受けてしまい、乾燥、抜け毛などの原因になります。 そして、髪が成長するのは寝てる間です。 この時間に髪や頭皮に汚れが残っていると、健康な髪が育ちにくくなります。 おすすめのシャンプーをご紹介します! Eral ピュアシャンプースカルプ 高級アルコールフリーの薬用シャンプーです。 さっぱりと軽やかに洗い上げ、頭皮、髪を健やかに保ちます。 医薬部外品。 プラチナドロップby air シャンプー 赤ちゃんの肌も洗えるアミノ酸系の洗浄成分のシャンプーです。 シャンプーしながら、髪に栄養補給ができるので、髪のダメージも気になる方におすすめです。 頭皮用の化粧水をつけて保湿 お風呂上がりに、頭皮用の化粧水をつけて、頭皮を保湿して、乾燥から守りましょう。 潤いを与えてくれるほかに、髪にハリコシがでたり、ボリュームアップしやすくなったりすることも期待できるアイテムもあります。 Eral アクアバランス 頭皮の水分量を増加させ、柔軟で潤いのある状態にしてくれる、頭皮用のエッセンスです。 Eral ピュアエッセンススカルプ 頭皮に潤いを与え、加齢に伴い細くボリュームのなくなってきた髪にハリ・コシを与えてくれる、頭皮用のエッセンスです。 色々かえてみたけど、かゆみがおさまらない… それでもかゆみがおさまらない、逆にさらにかゆみがでる… そのような場合は皮膚炎などの可能性もありますので、皮膚科に相談してみてください。 最後に。 頭皮を健康に保つことで、髪もきれいに、扱いやすくなっていきます。 シャンプーの仕方や、シャンプー選び、ぜひ見直してみてください。

次の

【頭がかゆい】毎日シャンプーしているのに、なぜ? 毛髪診断士が教えます!

頭皮 かゆい 原因

オフィスワークは知らないうちに頭を固くしているんです。。。 なぜ頭皮が硬くなるのか 頭皮が硬くなる直接の原因は、頭皮の血行が悪くなることです。 そして頭皮の血行が悪くなる原因は、そのほとんどが日常的な生活習慣の中にあります。 デスクワーク まず、考えられる原因の一つが、デスクワークです。 同じ姿勢を長時間続けていることで、肩や首筋の血行が悪くなり、頭皮の血行も悪くなってしまいます。 また、眼精疲労も頭皮の血行を悪くしますので、パソコン利用の頻度が高い職場の方は、頭皮が硬くなりやすい状況にあると言えます。 適度な運動と、良い姿勢を保つことで、頭皮の血行を改善することができます。 身体の冷え 次に考えられるのは、身体の冷えです。 身体が冷えると、身体全体の血液やリンパ液の循環が悪くなり、頭皮の血行も悪くなります。 身体の冷えは、オフィスや電車内の冷房や、身体を冷やす食物や飲み物を摂取し過ぎることによって引き起こされます。 オフィスや電車内では、• ストールなどを使って身体を冷やさないよう工夫すること• 冷たい飲み物の摂取を抑えること• 生野菜のサラダではなく温野菜を食べることなどに注意すること などで、頭皮の血行を改善することができます。 紫外線の影響 紫外線を浴びた為に、皮脂が酸化して毛穴を詰まらせ、頭皮の血行を悪くしていることが原因になっていることもあります。 紫外線が強くなる季節には、日傘や帽子を利用して、頭皮を紫外線から守ることで、頭皮が硬くなるのを防ぐことができます。 シャンプーやトリートメント また、シャンプー剤やトリートメント剤に配合されている化学物質から作られた成分が、頭皮の健康を損ない、毛穴を詰まらせている場合があります。 また、洗浄力の強すぎるシャンプー剤を使うことで、皮脂がとれ過ぎてしまい、頭皮がそのダメージから頭皮を守る為に、より多くの皮脂を分泌して毛穴を詰まらせてしまうことが原因になることもあります。 このような場合には、石鹸由来のシャンプーなど、頭皮と髪に刺激を与えないタイプのシャンプー剤を使用することで、頭皮の硬さを改善することができます。 生活習慣 偏った食生活、不規則な生活習慣によって、腸内環境が悪くなり、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、体内に老廃物が蓄積されることも、頭皮を固くする原因の一つです。 身体がこのような状態になると、身体中の血行が悪くなってしまうからです。 脂質や糖分、添加物の多い食品の過剰摂取を控え、規則正しい時間に食事を摂取し、身体が十分修復できるような時間帯に睡眠をとることで、頭皮が硬くなるのを予防、改善することができます。 柔らかい頭皮と硬い頭皮の違い 柔らかい頭皮は、血液の循環がよく、栄養が行き届いている健康な頭皮です。 毛穴に汚れが貯まりにくく、手で動かすと動きます。 柔らかい頭皮の人は、顔の肌もハリと弾力があります。 硬い頭皮は、血液の循環が悪く栄養不足になっている為、つっぱった感覚があり、皮膚の表面に痛みを感じることもあります。 毛穴が詰まりやすく、手で動かしてもあまり動きません。 硬い頭皮の人は、顔の肌がたるみやすく頭痛や肩こりになることもあります。 硬い頭皮は日常生活やヘアケアで、改善することができます。 硬い頭皮を予防・改善して、健康な頭皮を保つよう心がけましょう。 頭皮が硬くなった場合の改善方法 理想的な頭皮の柔らかさとは、触ってみて少し弾力があり、指で1㎝前後動かせるくらいです。 肩こりや頭痛、髪のトラブルを感じるのなら、頭皮が硬くなっていないかチェックしてみましょう。 頭皮マッサージによる方法 頭皮を触った時、痛みや動きの悪さを感じたなら、かなり硬くなっている証拠です。 血液がドロドロになり、老廃物を上手く排出できない状態なので、頭皮マッサージで血行を促進してあげましょう。 ・まずは全体を 頭皮をこめかみから頭頂部へ、うなじから頭頂部へ、額から頭頂部へと、下から上へゆっくり丁寧に持ち上げ、全体的にほぐします。 ・額の上、前頭部 親指と人差し指を前頭部の左右に伸ばし、頭蓋骨をつまむイメージでしっかりとセンターに頭皮を引き寄せます。 ・側頭部 両手のひらを広げ、左右それぞれの側頭部に当て、しっかりと頭皮を持ち上げるように頭頂部までスライドさせます。 ・頭頂部 両手を組み、頭頂部に当てます。 親指の付け根に力を入れ、頭蓋骨を挟むように中央に寄せ上げます。 前後左右に繰り返し、しっかりと揉みほぐします。 頭皮マッサージは、湯船に浸かりながら行うと、血行が促進されより効果的です。 1日3~5分を目安に、毎日続けるとよいでしょう。 生活習慣改善による方法 頭皮が硬くなるのは、血行不良が主な原因です。 頭皮のみではなく、全身の血流を改善すべきなので、悪習慣がないかチェックしましょう。 目の疲れ• 運動不足• 睡眠不足 は、血流悪化の典型的な原因です。 正しい姿勢を心掛け、目の酷使を避けましょう。 適度に運動をすれば、ぐっすり眠れるようにもなります。 生活習慣が整えば、頭皮の緊張がとけ、美髪や抜け毛対策にも効果的です。 シャンプー・トリートメントの変更による方法 頭皮が硬くなる原因は、乾燥にもあります。 乾燥した頭皮はカサカサ、ゴワゴワになり、柔らかさがなくなります。 乾燥の原因は、シャンプーやトリートメントの成分にあることも考えられます。 汚れをしっかり落としたいからと、きつ過ぎる成分のものを選べば、頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまいます。 それを防ぐためには、優しい成分にこだわったアミノ酸系シャンプーやトリートメントを選ぶ必要があります。 適度な潤いを頭皮に残す、不要な成分のないストレスフリーなものがおすすめです。

次の