パンデミック 予言。 パンデミックも予言していた松原照子の世見!オリンピックだけじゃなかった

東京オリンピックは中止!予言者の松原照子さんが断言したその内容とは!?

パンデミック 予言

世界的な新型コロナウイルスの大流行で、我々はいまだかつてない経験をしている。 マスクやトイレットペーパーが売り場から消え、イベント自粛や小中高休校の要請が首相から出され、閉鎖した商業施設もあれば、従業員の出社を禁止する企業も出ている。 そこで毎日メディアに引っ張りだこなのが、感染免疫学・ウイルス学の教授・岡田晴恵氏。 その姿を見ない日はない。 致死率の高いウイルスなので、今回流行しているの新型コロナウイルスとは状況が違うが、国の動きや国民の混乱の様子は、まるで今の日本の姿を見ているようで、10年前に書かれたものとは思えない。 このコーナーでは、 緊急重版かつ緊急電子書籍化したこの2作の小説の試し読みをしていくが、まずは、この小説がいかに「予言してるか」、紹介したい。 * * * 『H5N1』では、潜伏期の患者を見つけられない可能性があること、町から日用品が消えること、人混みで感染するので出社停止や休校や施設閉鎖になるシーンなどが、描かれている! 機内で有症者が出ても、 濃厚接触をしていない単に同乗しただけの客は、所定の注意を受けたあと、空港から帰路につくことになる。 質問票や健康調査票などを提出し、外出を控えるようにといった注意は受けるが、そのまま会社や家族などが待つ一般社会に戻っていく。 その中には、機内や空港の待合室でウイルスに感染した人間がいないとも限らない。 いや、当然いるであろう。 だとすれば、 彼らが発症するまでの潜伏期間中、利用した公共交通機関に乗り合わせた客や接触した同僚、家族に、自覚なく体内に隠し持ったウイルスを伝播させることもありうるはずだ。 外出や人との接触を自粛したところで、それが徹底されるとも思えない。 少なくとも家族との接触が避けられるはずはない。 疲労と緊張でふらつく。 回覧を手にした同僚が寄って来て溝腰に声をかけた。 「俺たちが検査した中に、この柳さんっていう一号患者もいたわけだな」 「そうだ、俺の前を通り過ぎた人間が発症したんだ。 潜伏期の患者を俺たちは見つけられない。 これをフライトアテンダントたちがぎこちない日本語で反復すると、あちこちからため息ともつかない声がいっせいにあがった。 そのうち、白い救急車が1台、遠くから近づいてくるのが見えた。 しかし、かといって行動経路の発表がなければ、感染の可能性を知らない人間によるさらなる感染の拡大が起こることは間違いない。 発表したからといってどれほどの患者の発症をくい止めることが出来るのかわからないながらも、警告を発さないわけにはいかない。 木田の行動経路は、国民に報道された。 想定したとおり、それによって大きなパニックを起こすこととなった。 だが、同時に誰もが、既に新型ウイルスがすぐ身近にあることを実感する最初の報道となったのだ。 「自分も接触したのではないか。 どうしたら、感染しているかしていないかがわかるのか」 いきなり我が身に降りかかる新型ウイルスの恐怖から、 問い合わせの電話が保健所、区役所、厚労省に殺到した。 「新型インフルエンザの流行が起こっています。 特別な事情がない限り外出はしないようにしましょう。 また人混みを避け、自宅で家庭学習をしながら過ごしましょう」などと大きな文字で書かれたお知らせの紙をもらって帰ってきた。 「ラストスパートの大事な時期に……肝心の塾はどうしよう。 彼は一流の電機メーカーに勤めており、新型インフルエンザの対策について、会社で説明された趣旨を私に伝えたのだ。 「新型インフルエンザが来たら、自分は在宅勤務になりコンピューターで会社と連絡をとりながら仕事をする」とも、その時言っていた。 在庫はないのかと問いただす客もいるが、店長とおぼしき人が飛んで来て、前倒しでどんどん品物を出しているが。 仕入れが間に合っていない状況を懸命に説明していた。 客の誰もがギスギスし、イライラし、こわばった表情で物色している。 牧子がレジに並んで、ふと振り返ると、 順番を待つ人々の半分以上がしっかりとマスクをしている。 接触、飛沫、空気感染という強い伝播力によって、特に人混みで爆発的に拡大する。 短期間に集中して大勢の人が感染して発症する結果、まず医療サービスの維持が不可能となり、二次的に食糧やエネルギーなどのライフラインの確保も困難となるなど、社会機能・社会活動の定価・破綻をもたらす。 過去の流行の経験では、 最初の流行の一波は8週間続くとされているのだ。 流行収束の兆しは見られない。 物流が滞り、品物が入ってこないのだ。 「 WHOの会議では、日本は幸いにもSARSが入らなかったから、新型インフルエンザについてもどこか大丈夫なんじゃないかと、楽観視しているのではないかと指摘されましてね。 SARSの流行がなかったことが日本には不幸だなんて、参りますよ」 と大田が語ると、奥沢は、 「 日本は事前対応が鈍い、感染症となると特に鈍いですね。 やはり、欧米は陸続きの大陸で何度もペストを経験したことで、感染症の怖さに対する意識レベルが違うのでしょう。 しかし、その実感できないことが、事前対策を鈍らせて、命取りになるんですがね」と答えた。 危機管理っていうのはね、最悪の状況を想定しながら、やっておくことが大大前提です。 H5っていう最悪の状況を想定しながら、対策をやっておけば、もし、ラッキーにもそれ以下の病原性の低いウイルスがやってきても、カバーできる。 一度、下火になった新型インフルエンザは、第二波、第三波と、国民全部が疫病にかかるか、ワクチンを打つかして免疫を持つまで流行は止まらない。 第二波は、第一波で感染を逃れた人々に襲いかかってくる。 それまでにパンデミック・ワクチンは間に合うのか。 その怖さを肌で認識させる国民教育ができるだろうか? でなければ、国民は予防対策に協力などしてはくれない。 その国民に協力を取り付けるには、厚労省がごれだけこの疾患対策に必死な姿を見せられるかなのだ。 自分は治っても、うつされた方が重症になる、命を落とすこともあるわけです。 また、医療従事者が感染を受けて寝込んでしまったら、医療サービスの機能も定価します。 インフルエンザ以外の通常の診療も大きな影響が出ます。 これは後になってわかったことだが肘川市の医師会では、他の開業の医師も同様の危惧を感じて、 検査を依頼したが、保健所も行政機関の答えはすべて、NOだったという。 と、マスコミを責めても、厚労省がそれをあまりやってこなかったのだから、マスコミがそれをしないのも当たり前かもしれない。 ところが、 いよいよとなるとマスコミは、新型インフルエンザの流行の急速な拡大状況や、医療現場の混乱ぶりを取材し始め、自治体や学校の対応の不備を指摘し、ワクチンや薬の状況についても、事件さながらに繰り広げるようになった。 また事件報道の繰り返しで、マスコミは政府の揚げ足取りもし始めた。 だが、 準備不足への批判を今この事態でやっても、国民の不安をあおるだけで、何の解決にも結びつかない。 しかし、そうでなかったところがほとんどだった。 すぐに商品が底をついた。 いつもは、注文すれば翌日に届くものが、なかなか入ってこない。 問屋に連絡しても工面のめどは立たないという。 うがいも手洗いもお願いします」 と繰り返した。 日本国内も海外も、地球上に新型インフルエンザの危険性のないところなどなくなってしまった。 今は、どの地域でも感染のリスクはある。 安全地帯はないのだ。 小説の中では、この危機と戦う勇気ある人たちの活躍が描かれています。 以後、の冒頭を、この連載にて公開していきます。 関連キーワード 世界的な新型コロナウイルスの大流行で、我々はいまだかつてない経験をしている。 マスクやトイレットペーパーが売り場から消え、イベント自粛や小中高休校の要請が首相から出され、閉鎖した商業施設もあれば、従業員の出社を禁止する企業も出ている。 そこで毎日、メディアに引っ張りだこなのがウイルス学の岡田晴恵教授。 なんと岡田氏は、10年前に自身が書いた小説の中で、まさにこうなることを、予言していた! そこで、この2つの小説、『H5N1 強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ』『隠されたパンデミック』を、緊急重版かつ緊急電子書籍化した。 バックナンバー 選択してください•

次の

インド少年がコロナ騒動予言的中! もっとヤバい“スーパーバグ”とは!?

パンデミック 予言

コロナを予言していた人やモノ 映画「コンテイジョン」 この恐ろしいコロナを予言していたモノには、映画「コンテイジョン」があります。 コンテイジョンという映画は、2011年アメリカで公開されたSFパニック映画です。 未知の感染症による感染者の急増、都市の封鎖、買い占めや売名行為、詐欺事件など架空の物語とは思えないほど、現在の状況に酷似しています。 暴動が起こり、都市はゴミの山で荒廃していく様子は、明日の我が身だとも思えるものです。 このコンテイジョンは、コロンビア大学の感染症専門医のチームが医療監修をしたということで、感染症が起きた時の時系列で起こる出来事や、人々の心理、医療体制などがリアルというのも納得がいくもの。 2011年の映画で、2020年のコロナパニックを予言していたと言われるほど現状が酷似しているのは、ウィルスの爆発的感染の経路も人々の対応も、この9年でさほど変わっていないとも言えます。 世界の大富豪「ビル・ゲイツ」 この恐ろしいコロナを予言していた人は、世界的にも有名な大富豪「ビル・ゲイツ」です。 多くの人が「第三次世界大戦が起きる」「次の戦争で世界中の人が死にパニックとなる」と言われている中で、ビル・ゲイツはひと味違いました。 「人生最大の驚異は戦争よりもウィルスだ」 アメリカのマイクロソフト社の創始者で、慈善活動にも力を入れているビル・ゲイツは5年前にこう言い残しています。 具体的にビル・ゲイツは講演会で「今後数十年で一千万人以上が亡くなる事態があるとすれば、戦争より感染性のウィルスが原因だろう。 ミサイルより病原菌に備えるべきだ」と述べていることで、脚光を集めているのです。 多くの人がなくなるのは、戦争だという思い込みを捨て去らなければいけないという警鐘だとも言えます。 現在は慈善活動家として、都市封鎖やワクチン開発に多額の寄付をするなど積極的にコロナ対策に参加しているところです。 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言している人やモノ バイオテック投資家がヘルスケア業界を予言 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言している人は、バイオテック投資家です。 現在、コロナウィルスがパンデミックを起こしたとして、最前線で命をかけて頑張ってくれているのが医師や病院、バイオテック企業、製薬会社などのヘルスケア業界となります。 そのヘルスケア業界がこのコロナパニックをきっかけに、大きく変革するとバイオテック投資家が予想しているのです。 今までのように診療に足を運び、長い時間待って治療を受ける体制から、遠隔診療によるオンライン診察へと移行する可能性が多いにあると伝えています。 いつでもボタン一つで世界とつながり、意思表示をし、欲しいものを得ることができるこれからの患者にとって、従来の方法では満足できなくなるはずです。 新しいアイデアやイノベーションが生まれ、今後の世界はより診療が受けやすい世の中になると予言しています。 カミュの「ペスト」 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言しているモノは、カミュという著者の「ペスト」という本です。 フランスの作家であるアルベール・カミュは1957年にノーベル文学賞を受賞しています。 ペストとは有名な伝染病のことで、中世ヨーロッパで実に人口の三割もの人々を死亡させたペストのことを、感染症の不条理とともに書き記した小説です。 小説の中ではペストとなっていますが、今回のコロナ騒動と非常に酷似しているため、感染症が引き起こす人間模様や無慈悲な運命など、これからどうなっていくのか見ることができます。 ヨゲンノトリ 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言している人は、博物館がツイートした「ヨゲンノトリ」です。 江戸時代末期にコレラという感染症が大流行したのですが、そのコレラの流行を予言したとされる「ヨゲンノトリ」がとても話題になっています。 ヨゲンノトリは、カラスのような黒い鳥で頭は二つ、ひとつの頭は白色という出で立ちです。 コレラ大流行を予言し、「私の姿を朝夕に拝めば難を逃れることができるぞ」と語ったというもの。 いつの時代も、本当に困難な時には神頼みとも言える宗教的な考えに行き着くところです。 誰もが「必ずよくなる」「明るい未来が訪れる」と信じて、願うことをやめなければコロナ大流行も収束を迎えます。 【期間限定・7月5日(日曜)迄】願い事を叶えたい思っていませんか? こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。 あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか? もしも、まだ 「やっぱり不安がある…。 」 「今思っている願いを必ず叶えたい…。 」 こんな感じならば、の占いを初回無料でプレゼントします! 雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った願いが叶う為の法則や、願いが叶う為の考え方がわかると、あなたの思う事が叶えられる為のヒントを知ることができます。

次の

コロナを予言していた人やモノ、そして今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言している人やモノ

パンデミック 予言

世界的な新型コロナウイルスの大流行で、我々はいまだかつてない経験をしている。 マスクやトイレットペーパーが売り場から消え、イベント自粛や小中高休校の要請が首相から出され、閉鎖した商業施設もあれば、従業員の出社を禁止する企業も出ている。 そこで毎日メディアに引っ張りだこなのが、感染免疫学・ウイルス学の教授・岡田晴恵氏。 その姿を見ない日はない。 致死率の高いウイルスなので、今回流行しているの新型コロナウイルスとは状況が違うが、国の動きや国民の混乱の様子は、まるで今の日本の姿を見ているようで、10年前に書かれたものとは思えない。 このコーナーでは、 緊急重版かつ緊急電子書籍化したこの2作の小説の試し読みをしていくが、まずは、この小説がいかに「予言してるか」、紹介したい。 * * * 『H5N1』では、潜伏期の患者を見つけられない可能性があること、町から日用品が消えること、人混みで感染するので出社停止や休校や施設閉鎖になるシーンなどが、描かれている! 機内で有症者が出ても、 濃厚接触をしていない単に同乗しただけの客は、所定の注意を受けたあと、空港から帰路につくことになる。 質問票や健康調査票などを提出し、外出を控えるようにといった注意は受けるが、そのまま会社や家族などが待つ一般社会に戻っていく。 その中には、機内や空港の待合室でウイルスに感染した人間がいないとも限らない。 いや、当然いるであろう。 だとすれば、 彼らが発症するまでの潜伏期間中、利用した公共交通機関に乗り合わせた客や接触した同僚、家族に、自覚なく体内に隠し持ったウイルスを伝播させることもありうるはずだ。 外出や人との接触を自粛したところで、それが徹底されるとも思えない。 少なくとも家族との接触が避けられるはずはない。 疲労と緊張でふらつく。 回覧を手にした同僚が寄って来て溝腰に声をかけた。 「俺たちが検査した中に、この柳さんっていう一号患者もいたわけだな」 「そうだ、俺の前を通り過ぎた人間が発症したんだ。 潜伏期の患者を俺たちは見つけられない。 これをフライトアテンダントたちがぎこちない日本語で反復すると、あちこちからため息ともつかない声がいっせいにあがった。 そのうち、白い救急車が1台、遠くから近づいてくるのが見えた。 しかし、かといって行動経路の発表がなければ、感染の可能性を知らない人間によるさらなる感染の拡大が起こることは間違いない。 発表したからといってどれほどの患者の発症をくい止めることが出来るのかわからないながらも、警告を発さないわけにはいかない。 木田の行動経路は、国民に報道された。 想定したとおり、それによって大きなパニックを起こすこととなった。 だが、同時に誰もが、既に新型ウイルスがすぐ身近にあることを実感する最初の報道となったのだ。 「自分も接触したのではないか。 どうしたら、感染しているかしていないかがわかるのか」 いきなり我が身に降りかかる新型ウイルスの恐怖から、 問い合わせの電話が保健所、区役所、厚労省に殺到した。 「新型インフルエンザの流行が起こっています。 特別な事情がない限り外出はしないようにしましょう。 また人混みを避け、自宅で家庭学習をしながら過ごしましょう」などと大きな文字で書かれたお知らせの紙をもらって帰ってきた。 「ラストスパートの大事な時期に……肝心の塾はどうしよう。 彼は一流の電機メーカーに勤めており、新型インフルエンザの対策について、会社で説明された趣旨を私に伝えたのだ。 「新型インフルエンザが来たら、自分は在宅勤務になりコンピューターで会社と連絡をとりながら仕事をする」とも、その時言っていた。 在庫はないのかと問いただす客もいるが、店長とおぼしき人が飛んで来て、前倒しでどんどん品物を出しているが。 仕入れが間に合っていない状況を懸命に説明していた。 客の誰もがギスギスし、イライラし、こわばった表情で物色している。 牧子がレジに並んで、ふと振り返ると、 順番を待つ人々の半分以上がしっかりとマスクをしている。 接触、飛沫、空気感染という強い伝播力によって、特に人混みで爆発的に拡大する。 短期間に集中して大勢の人が感染して発症する結果、まず医療サービスの維持が不可能となり、二次的に食糧やエネルギーなどのライフラインの確保も困難となるなど、社会機能・社会活動の定価・破綻をもたらす。 過去の流行の経験では、 最初の流行の一波は8週間続くとされているのだ。 流行収束の兆しは見られない。 物流が滞り、品物が入ってこないのだ。 「 WHOの会議では、日本は幸いにもSARSが入らなかったから、新型インフルエンザについてもどこか大丈夫なんじゃないかと、楽観視しているのではないかと指摘されましてね。 SARSの流行がなかったことが日本には不幸だなんて、参りますよ」 と大田が語ると、奥沢は、 「 日本は事前対応が鈍い、感染症となると特に鈍いですね。 やはり、欧米は陸続きの大陸で何度もペストを経験したことで、感染症の怖さに対する意識レベルが違うのでしょう。 しかし、その実感できないことが、事前対策を鈍らせて、命取りになるんですがね」と答えた。 危機管理っていうのはね、最悪の状況を想定しながら、やっておくことが大大前提です。 H5っていう最悪の状況を想定しながら、対策をやっておけば、もし、ラッキーにもそれ以下の病原性の低いウイルスがやってきても、カバーできる。 一度、下火になった新型インフルエンザは、第二波、第三波と、国民全部が疫病にかかるか、ワクチンを打つかして免疫を持つまで流行は止まらない。 第二波は、第一波で感染を逃れた人々に襲いかかってくる。 それまでにパンデミック・ワクチンは間に合うのか。 その怖さを肌で認識させる国民教育ができるだろうか? でなければ、国民は予防対策に協力などしてはくれない。 その国民に協力を取り付けるには、厚労省がごれだけこの疾患対策に必死な姿を見せられるかなのだ。 自分は治っても、うつされた方が重症になる、命を落とすこともあるわけです。 また、医療従事者が感染を受けて寝込んでしまったら、医療サービスの機能も定価します。 インフルエンザ以外の通常の診療も大きな影響が出ます。 これは後になってわかったことだが肘川市の医師会では、他の開業の医師も同様の危惧を感じて、 検査を依頼したが、保健所も行政機関の答えはすべて、NOだったという。 と、マスコミを責めても、厚労省がそれをあまりやってこなかったのだから、マスコミがそれをしないのも当たり前かもしれない。 ところが、 いよいよとなるとマスコミは、新型インフルエンザの流行の急速な拡大状況や、医療現場の混乱ぶりを取材し始め、自治体や学校の対応の不備を指摘し、ワクチンや薬の状況についても、事件さながらに繰り広げるようになった。 また事件報道の繰り返しで、マスコミは政府の揚げ足取りもし始めた。 だが、 準備不足への批判を今この事態でやっても、国民の不安をあおるだけで、何の解決にも結びつかない。 しかし、そうでなかったところがほとんどだった。 すぐに商品が底をついた。 いつもは、注文すれば翌日に届くものが、なかなか入ってこない。 問屋に連絡しても工面のめどは立たないという。 うがいも手洗いもお願いします」 と繰り返した。 日本国内も海外も、地球上に新型インフルエンザの危険性のないところなどなくなってしまった。 今は、どの地域でも感染のリスクはある。 安全地帯はないのだ。 小説の中では、この危機と戦う勇気ある人たちの活躍が描かれています。 以後、の冒頭を、この連載にて公開していきます。 関連キーワード 世界的な新型コロナウイルスの大流行で、我々はいまだかつてない経験をしている。 マスクやトイレットペーパーが売り場から消え、イベント自粛や小中高休校の要請が首相から出され、閉鎖した商業施設もあれば、従業員の出社を禁止する企業も出ている。 そこで毎日、メディアに引っ張りだこなのがウイルス学の岡田晴恵教授。 なんと岡田氏は、10年前に自身が書いた小説の中で、まさにこうなることを、予言していた! そこで、この2つの小説、『H5N1 強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ』『隠されたパンデミック』を、緊急重版かつ緊急電子書籍化した。 バックナンバー 選択してください•

次の