イチジク 育て方 鉢植え。 コメリ・ドットコム|イチジクの育て方

イチジクの育て方|栽培のコツ、植え付け・剪定の方法

イチジク 育て方 鉢植え

イチジクの育て方について、栽培カレンダーを見ながら解説していきましょう。 イチジクの植え付け イチジクの植え付けは他の果樹と特別変わるところはありません。 12月頃、苗が出回り始めたときに植え付けますが、冬に凍害の恐れがある地域では翌春の植え付けがよいでしょう。 50センチ穴を掘り、堆肥20キロと石灰500グラム、肥料1キロ程度(窒素-リン酸-カリが8-8-8の場合)をよく混和して埋め戻します。 深植えにならないように気を付けて、根をできるだけ四方に伸ばした方がよいです。 鉢植えの場合は、市販されている花木用の土(なければ野菜用の培養土でもかまいません)7割に鹿沼土を3割混和して植え付けましょう。 添え木にゆるく結び、接ぎ木部分から3~5芽くらいまで切り詰めます。 イチジクの挿し木 イチジクを増やす際、新しい苗を購入する以外にも、挿し木という手段が用いられます。 もし近くにイチジクを育てている人がいる場合、剪定(せんてい)した枝を一本もらってきて、それを地面に挿しておけば、春から根が出てきて成長します。 地中に埋められる長さは長いほど発根しますが、地上には2芽ほども顔を出していれば大丈夫です。 イチジクの剪定 イチジクの剪定は、家庭果樹の場合はできるだけ簡単に考えましょう。 葉が落ちた12月頃から2月くらいの寒い時期、木が休眠している間に剪定を終わらせます。 若木のうちは以下のように枝を横に伸ばすのが将来的に木を低く育てるために重要です。 ひもで引っ張ったり、添え木に結んだりして矯正します。 真横に仕立てるやり方が一番簡単で近年人気の仕立て方です。 ただし、重要なのは先端だけが少し高くなるようにしておくこと。 先端まで下がっていると木全体が弱ってしまいます。 さて、2~3年もすれば本格的に収穫できてしまうのがイチジク栽培の魅力ですが、どう切ればよいのか、その生理について考えましょう。 イチジクは冬の時点で存在している枝には果実がなりません。 春になって伸びてきた新しい枝(以下新梢<しんしょう>と呼びます)に果実がなるのです。 なので、全ての枝をつんつるてんに切り詰めてあげればよい訳です。 これで終わり。 簡単でしょう? イチジクの肥料 イチジクにも肥料が必要です。 ただしやり過ぎは禁物です。 枝の勢いが強すぎると感じる場合は、実がならずにどんどん大きくなってしまう可能性がありますから、施肥は見送った方がよいでしょう。 しっかり収穫できている木、鉢植えの場合は必ず肥料を与えてあげます。 12月頃に1キロ程度(成分比8-8-8の場合)の有機配合肥料を根元から50センチほど離して散布してください。 鉢植えの場合は、鉢の大きさに応じて減量してください。 イチジクの芽かき イチジク栽培で一番重要なお仕事、芽かき作業は、新梢が発生して、葉が3枚以上ついてからおこなうのが一般的です。 しかし、家庭果樹の皆さんは、もう少し待って果実の赤ちゃんがついているのを確認してから芽かき作業を始めることをおすすめします。 あまり早くおこなうと、養分が集中してしまい、新梢は強く伸びますが根元の方は果実が実らず、勢いが収まってきた先端部分にしか実がならないという相談が多いのです。 新梢と新梢の間を、20~30センチ程度のスペースが確保できるように、素手でぽきぽきと芽を外していきます。 これが終わると、あとは収穫を楽しむだけです。 イチジクの収穫 イチジクの収穫適期は、果実に色つやが出てきて、根元の方を手で触ったら少し弾力がある頃。 数日のうちに腐ってしまうのであまり自宅から離れた場所ではなく、毎日観察できる場所での栽培をおすすめします。 ずっと収穫できますので、長期間楽しむことができます。 イチジクの水やり 「イチジクは水をたくさん必要とするから水はけの悪いところが良い」というのをよく聞きます。 しかし、栽培するにあたっては、水はけが良いに越したことはありません。 それでも水分ストレスに弱いことは事実で、特に盛夏期に水分が足りなくなると、目に見えて果実が小さくなり、木が弱ってきます。 地植えの場合は1週間雨がなければホースで5分ほど、たっぷりと水やりした方がよいでしょう。 鉢植えの場合は、毎日水やりを忘れないでください。 イチジクの病害虫防除 イチジク栽培で重要な病害虫には、果実がどろっと溶けてしまう疫病や、ショウジョウバエなどの小さな虫がイチジクのお尻の穴から侵入してしまう、というものがあります。 これらの原因は、実は土壌に住んでいる菌によって起こります。 しっかりと防除したい人は、「ランマンフロアブル」や「アミスター10」などの専門の殺菌剤を使用する他ありませんが、散布する時は、下の土も含めて全体に満遍なくかけてあげましょう。 どうしても困っている人は、裏技ですが、全部のイチジクのお尻の穴にマスキングテープを貼ってしまいましょう。 物理的に防除できます。 イチジクの栽培方法解説、いかがだったでしょうか。 簡単に育てられる果樹なのでお庭に植えてみて楽しんでください。

次の

コメリ・ドットコム|イチジクの育て方

イチジク 育て方 鉢植え

イチジクの小果の品種での鉢植えに取り組んでいます。 イチジクといえば、「桝井ドーフィン」に 代表される大果が浮かんできます。 育てやすくて、完熟した果実の美味は格別です。 それにしては家庭果樹としてあまり人気が ないように思われます 我が家でも植えていますが、株が横に広がるのと、 雑木林に接しているので害虫 特にカミキリムシの 幼虫(樹皮や木質部を食害)の被害が多く、 つい庭の隅に置かれていました。 ところが偶然「ビオレッタ」という小果の品種を手に入れました。 この品種は節間が短いので、鉢植えに適しています。 早速12cmくらいの鉢に植えておいた所、結実しているので あわてて一回り大きい現在の鉢に移植しました。 時期的に秋果ですが、露地植えしたものはこの夏に賞味でき、 さらに新梢には秋果が育っています。 果実は小さいのですが、皮ごと食べられますし 味も平均点以上でした イチジクは夏果中心の品種と、夏と秋に収穫できる品種が ありますが、ありがたいことに「ビオレッタ」は 特に処理をしなくても夏果と秋果が楽しめそうです。 探してみますと、挿木した苗木がいくつか見つかりました。 しかし放任してあったので、写真のように徒長しており このままの姿で鉢栽培はできません。 一番てっとり早いのは花芽をつけている枝を取木して、 コンパクトな苗木を作ることです。 適期としては来春でしょうが、思い立ったが吉日で 早速取木をすることにしました。 イチジクは挿木・取木で容易に発根してくれますので、 特別な処理はしません。 発根させたい部分に接した所を幅1cmくらいに環状剥皮します まず上下に切り込みを入れ・・・ ナイフなどで間に切り込みを入れます。 あとはペリペリと皮をむいていきます。 完成! 茎が細いので、環状剥皮部から折れるのを防ぐために 支柱を添えておきます。 切り口の保護と発根してきた根が乾燥しないように、 湿った水苔で包んでやります。 発根の状態を確認するためには透明なビニールで包みたい ところですが、根は光を嫌いますので、有色のビニールにします。 中心の枝の勢いが強く、他の枝の充実を妨げそうなので、 芯を摘み取っておきます。 これは先ほどの実をつけている方のビオレッタ。 2箇所芯を摘み取りました。 よく観察してみますと、果実をつけていました。 盃状仕立てにした枝でそれぞれ育成に変化がみられます。 向かって右側、一番傾斜を大きく倒した枝は徒長せず 十分実に栄養がいっているようです。 左側の枝もそうですね。 真ん中の直立した枝は徒長し、果実はあまり育っていません。 仕立て方によってかなり生長に変化がみられおもしろいですね。 ユスラウメの枝が発根しているのを見つけました。 この木は今春にすでに2箇所、取木をしているのですが、 せっかく根が出てきたのでこちらも取木することにしました。 作業は同じです。 すでに発根しているので、水苔をまわりに巻いてやり、 有色のビニールで保護してやります。 先に取木していたものをそろそろ鉢上げしてやりたいところですが、 まだ根が白く細い可能性があります。 この状態は根が傷つきやすいので、もうしばらく待つことにします。 本日の作業はこれで終了です。 刃先の切れ味が抜群です、万能にお使いいただけます。 今回の作業では環状剥皮、取木のビニール袋のカットなど さまざまに活躍してくれました! グリップカラーは全部で6種類。 お好きな色をお選びください。 クラフトチョキ 刃の表面にはハードクロームをコーティングすることで、ヤニがつきにくく、さびを防ぎます。 また、磨耗に強く、耐久力があり、切れ味が持続します。 今回テーマだったイチジクですが、昨年プランターに植え替えたものが 実をつけているのを見つけたとき、とても嬉しい気持ちになりました! 実際にお世話をしているのは西先生なのですが・・・。 前々から取木しているユスラウメ、今日取木したビオレッタなど 鉢上げして自分で収穫するのがいまの目標です レモンも育てたいな~ カテゴリー• 月別アーカイブ•

次の

イチジクの木の育て方は?地植え・鉢植え、剪定方法や肥料が分かる!

イチジク 育て方 鉢植え

また、ヨーロッパに伝わるアダムとイブが 禁断の果実を食べた後に、裸を隠すのに使ったのが イチジクの葉とも言われている歴史ある果樹でもあります。 耐寒、耐暑性ともに強く庭植え、鉢植えも可能で・・ 半日陰でもよく育つため、とても人気です。。 *一般的にイチジクは暖地向けの果樹で、栽培適地は関東地方以西です。 品種によっては耐寒性があり、北海道南部で栽培できるものもあります。 品種を選べば北海道南部まで露地栽培できます。 さらに~ブルーベリーのように、品種をそろえて数本揃えなくても 自家結実性なので1本でも実がなってくれます。 果実を半分に切ると赤いつぶつぶがたくさんつまっていますよね。 あれが花なんです。 また呼び名としては・・・ 南蛮柿(なんばんがき)、唐柿(とうがき)ということもあります。 *暖地向き・疫病に弱い・耐寒性弱・耐水性弱 *収穫量:豊産性 *果樹の大きさ:大果 <ホワイトゼノア>中生:夏秋兼用種 皮ごと食べられる。 夏秋兼果の豊産性。 耐寒性はイチジクの中で最も強いです。 夏果熟期は6月~7月。 秋果熟期は8月~10月。 <蓬莱柿(日本種)>晩生:秋果専用種 甘さ選手権日本代表!日本に古くからある白イチジク! 収穫期は9月上旬、甘味多くおいしい。 いわゆる白イチジクです。 冷やして食べるとおいしい日本に古くからある在来種。 「蓬莱柿」(ほうらいし)とも言われます。 耐寒性は強く、寒地でも大丈夫。 乾燥にも強いので水切れしにくいです。 <カドタ>中生:夏秋兼用種 黄色い実で糖度が高く、鉢植えでも初年度に結実する。 <セレスト>早生:秋果専用種 セレストは果皮は紫褐色で、果肉は桃色の品種で、 コンパクトに栽培したい方にオススメです。 人気上昇中の品種で、ドライイチジクも高評価です。 小果ですが皮が薄く甘味が強いく、 ねっとりとした食感でシャーベットやケーキ類にも利用できます。 <ネグロラルゴ>中生:秋果専用種 珍しい果実皮は真黒。 過湿を嫌うので水はけの良い所で管理します。 砂質土壌は乾燥気味になるので適しません。 生育が旺盛で水分蒸散量が多いので、夏期の乾燥時は水切れに注意します。 鉢植えの場合、寒冷地では冬期は室内で管理します。 <植え付け> *開花期が早いので秋植えをおすすめします。 水はけと保水性がよい土壌が適します。 植え穴は植付ける1ヶ月前までに準備し、 有機物や堆肥、石灰等を入れて準備しておきます。 鉢植えは3月中~下旬に植えつけます。 庭植えは12月~3月に植えつけます。 *乾燥しないように敷きわらをします。 浅植えにします。 *風で倒れないように支柱をたてます。 <追肥・肥料> 12月~3月ごろ有機質肥料(油かすなど)を与えます。 4月~10月頃までまでは、化成肥料を月1回。 <水やりの管理> 意外と水好きなイチジクです。 4月~10月までは1日1回。 夏場、特に乾燥する場合は、1日2回。 <摘果> *十分に生長した木については、摘果は必要ありません。 但し、新梢(新しい枝)の発生が少なく、 よく伸びた枝に実がたくさんつく場合は早めに摘果して、 庭植えの場合1枝に6~8個、 鉢植えの場合1枝に1~2個になるように摘み取るとよいでしょう。 <剪定> 剪定の適期は1~2月。 混み入った枝を切るようにします。 1年目の枝に実をつけるので、2年目の枝は2~5芽残してせん定しましょう。 切り口から乾燥するので、芽を守るために芽と芽の間で切るようにします。 混んでいるところの枝は付け根から切りましょう。 <収穫> 夏果は6月下旬から、秋果は8月下旬から収穫できます。 果実の先端が割れてきたら、成熟した目印です。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の