軽減税率対象日用品。 2019年10月消費増税に備える軽減税率対象商品の日用品とは?

軽減税率【超重要】対象品目と対象外のもの・商品・対象となるサービスとは?

軽減税率対象日用品

Contents• 軽減税率で日用品は対象外? 対象品目は新聞と飲食料品だけ 軽減税率が適用される品目は、新聞と飲食料品(外食とお酒以外)だけです。 低所得者へ経済的な配慮をするためといいながら、生活必需品のすべてが対象というわけではありません。 欧州諸国などに比べて日本の消費税率は低すぎるという声もありますが、多くの国で食料品は非課税となっているなど、日本の実情とはかなり違います。 正直なところ、新聞ではなくトイレットペーパーこそ生活必需品だと思うのですが、増税反対の報道をしなかった見返りかも?なお、電子版の新聞やコンビニ・自販機で販売される新聞の税率は10%です。 加えて軽減税率がいつまで続くのか、どのような状況になれば終了するのかなどについては今のところ明らかにされていません。 軽減税率の適用外となる飲食料品とは? アルコール類は軽減税率の対象外 軽減税率は飲食料品に適用されますが、お酒類は除外されています。 医薬品や医薬部外品も軽減税率の対象外 医薬品や医薬部外品も、軽減税率の対象外です。 また、サプリメントは「栄養機能食品」となるため軽減税率の適用対象となりますが、ビタミン剤の多くは医薬品であるため対象外のものがほとんどです。 水道料金に軽減税率が適用されない 水道水は生活必需品の最たるものだと思うのですが、軽減税率の対象外となっています。 水道水の用途が、飲み水に限定されていないためです。 低所得者への経済的な配慮であるはずの軽減税率ですが、こうなってくると嘘っぽく思えてなりません。 おまけ付きのお菓子は価格と比率が分かれ目 おまけ付きのお菓子や食品とセットになったギフト商品などは、商品の価格と、飲食料品と物品の価格比によって軽減対象となるかどうかが決まります。 送料は込みと別途で違いが 通信販売で購入した飲食料品の送料は、商品価格に送料が含まれている場合と別途送料を支払う場合で税率が違ってきます。 重曹やクエン酸は用途で違いが エコな洗浄剤として使われている重曹やクエン酸は、食品添加物としても用いられています。 なお両者の区別は品質ではなく、「食品添加物」として販売されているかどうかで決められるのです。 軽減税率の適用外となる外食とは 外食とは飲食の設備とサービスがあるもの 外食とは原則として、飲食設備と飲食サービスがともに提供されているものを指していました。 これらに加えて、「顧客が指定した場所で調理や配膳を行う飲食サービス」も外食扱いとなります。 具体的には、ケータリングやホテルのルームサービス、カラオケ店の飲食サービスなどが対象です。 デリバリーとケータリングとの違いは、料理を届けるだけなのか、調理や配膳などの「サービス」を伴うのかです。 食べる場所によって変わる税率 同じ商品であっても、食べる場所によって税率は変化します。 軽減対象品の見分け方は「食品」と「利用場所」 軽減税率はまぎらわしくてややこしい 軽減税率の対象となるかどうかの線引きは、まぎらわしくてややこしいものです。 そこでおおまかな見分けとしては、第一段階としてサービスが加わらないお酒以外の「食品」であるかどうかで分類し、第二段階としてどこで食べるかという「利用場所」で判断してみてはどうでしょう。 と言いつつも、こんなまぎらわしくてややこしい線引きではなく、いっそのこと単品で5,000円以下のものと水道光熱費を軽減税率の対象にしてしまえばわかりやすいと思うのですが…。

次の

軽減税率で日用品は対象外?アルコールや水道料金はどうなる?

軽減税率対象日用品

軽減税率制度って何のこと? 軽減税率制度とはどんな制度のことなのでしょうか? この制度は、特定の消費税率を一般的な消費税率よりも低く設定する制度のことです。 複数税率とも呼ばれていますが、それは一時的に消費税が2種類存在するようになるからなんですね。 なぜこのような制度ができたかというと、低所得者などへ経済的な配慮をすることが目的とされています。 軽減税率が導入されると、もちろん私たち消費者や小売店に影響が出てきます。 消費税率が一定でないために、買い物をしながら計算していくのも大変になりますよね。 お店側としても、予算が立てづらいですし、スタッフの教育も必要になってきます。 レジなどの設定も細かく必要になりますし、多少ならずとも混乱が生じてきそうですね。 具体的に何が軽減税率対象商品となるのか、詳しく見ていきましょう。 軽減税率対象商品は?オムツや医薬品などの日用品は? 国税庁はすでに 軽減税率対象商品を発表しています。 具体的にはどんなものが軽減税率対象商品となるのでしょうか?普段、買い物をすることが多いオムツや医薬品などの日用品は対象なのか気になるところです。 結論から言うと、オムツや医薬品などの日用品は軽減税率の対象とはなりません。 消費税増税が導入された後は、 【標準の税率10%で販売】されるということですね。 オムツや医薬品だけでなく、洗剤や化粧品、歯ブラシや歯磨き粉などのオーラルケア商品、ボディソープや石鹸などの日用品も軽減税率対象外となります。 intage. スポンサーリンク 軽減税率対象商品は?お菓子などの食品は? 原則として、 軽減税率対象商品は「食品」と「新聞」の2種類となっています。 もちろんお菓子も対象となるようですよ。 新聞については、定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞が対象となっています。 新聞が軽減税率の対象になるのは、減税することで国民がニュースや知識を得る機会を減らさないようにするという目的があります。 基本的には全国民が購入する「食品」が対象なのですが、生きるために必要な情報を入手する手段ということで新聞も対象となるようですね。 新聞の定義は分かりやすいのですが、難しいのは食品ですよね。 医薬品や医薬部外品に該当する栄養ドリンク、また酒類は軽減税率対象外となっています。 思わず迷ってしまいそうな食品のケースをチェックしてみましょう。 おまけ付きお菓子:金額とおもちゃ割合によって対象外 10% 例えばおまけの付いたお菓子はどうなのでしょうか?子供なら誰でも一度は憧れるおまけ付きお菓子。 お菓子を買えばミニカーやキャラクターグッズが付いてくるものは対象となるのでしょうか? もしおもちゃをおもちゃ屋さんで買う場合には、軽減税率対象外となりますが、 おまけ付きお菓子はあくまでもお菓子におまけのおもちゃが付いてきただけですので、軽減税率対象商品となります。 目的はお菓子ではなくおもちゃ!という子供がほとんどかもしれませんが、それでも軽減税率の対象にはなるようですよ。 ただしこの 「おまけ付きお菓子」が食品扱いになるには条件があります。 【おまけ付きお菓子が食品扱い(8%)になる条件】• 税抜1万円未満• そのため、 お菓子ではなくおもちゃが価格の大半を占めている場合など、一部のお菓子は10%に増税される商品も出てきます。 駄菓子屋さんや子供たちも混乱しそうですね。 【これはひどい】軽減税率の線引き。 ステッキ型チョコはお菓子とみなされ8%になるのに、パイプ型チョコは容器が笛になって、「お菓子とそれ以外」とみなされるため10%。 製菓会社は頭を抱えています。 なぜこのようなことになったのでしょうか。 今回の軽減税率ですが、外食は対象外となっています。 最近ではテイクアウトができるお店も増えてきていますよね。 ラーメン屋さんや牛丼屋さんでも、お店で食べる人と持ち帰って食べる人がいます。 またフードコートでハンバーガーを買って店内で食べる予定が、満席だったため仕方なくテイクアウトして家で食べる、というケースもあるでしょう。 そういった場合には「外食」扱いになるのか、「食品」扱いになるのかという問題が出てきます。 スーパーマーケットなどで売られているお弁当は食品扱いなので、それと同じように考える人もいますよね。 結論としては、店内で食べる場合やケータリングについては「外食」、 テイクアウトして食べる場合や蕎麦屋の出前に関しては「食品」ということで軽減税率の対象(8%)となります。 スポンサーリンク 学校給食 8% 学校や老人ホームで提供される 「給食」はどうなるのでしょうか? この「給食」に関しては、軽減税率対象商品となり、消費税は8%据え置きとなることが決定しています。 ただし学生食堂など、生徒が利用するかどうかを選択できる場合には、軽減税率対象外となります。 こちらも老人ホームの価格設定によって、対象か対象外かが異なってくる可能性はありそうですね。 酒類 基本的に10%,ノンアルは8% 酒類は基本的には 軽減税率対象外となるのですが、ノンアルコールビールやみりんはどうなるのでしょうか? この「酒」にあたるかどうかは酒税法に基づき、アルコール分一度以上であるかどうかでの判断となるようです。 酒類 みりん,料理酒,料理用ワイン含む):基本的に10%• ノンアルコールビールだけでなく、甘酒などもアルコール度数が1度未満であれば、軽減税率が適用されます。 ただし「みりん風調味料」はアルコール度数が1度未満のものが多いので、軽減税率対象となる可能性は高いようです。 みりんを購入する際は、アルコール度数をチェックしてから買うといいかもしれません。 jiji. ネットで調べてみても、10%となっているところと8%となっているところがあり…やはり混乱している方は多いのかもしれません。 「消費税軽減税率電話相談センター」によると、 ミルクや離乳食は 軽減税率対象商品(8%)となるそうです。 つまり8%のまま、据え置きになるということですね。 子育て世代にとっては一安心ですね!母乳で頑張っているお母さんたちや、離乳食はすべて手作り!というお母さんたちは恩恵を受けられませんが、母乳をあげたくてもあげられない事情やどうしても離乳食を買わなければならないシーンなどに遭遇することはありますから、やはり8%のままというのは助かります。 ちなみにこの「消費税軽減税率電話相談センター」というのはフリーダイヤルで誰でも電話することができます。 ネットでも情報が錯綜していますし、もし分からないことがあれば気軽に電話で相談してみてもいいかもしれませんよ。 軽減税率対象商品以外で増税による負担増への対策はあるの? 軽減税率対象商品を設ける以外にも、増税に向けて消費の落ち込みを和らげるためにいくつかの対策が発表されています。 その対策を簡単にご紹介します。 プレミアム付き商品券 最大25,000円分の商品券を20,000円で買うことができる権利がもらえます。 つまり5,000円分もお得になるということですね。 住民税が非課税の世帯や2歳以下の子供がいる世帯が対象となります。 ただしこの商品券は税率引き上げ後の 6ヶ月間に使う必要がありますよ。 新築の場合は35万円分、リフォームの場合は30万円分のポイントをもらうことができ、家電やグルメなどの商品と引き換えることができます。 すまい給付金 現在、年収510万円以下の人が住宅を購入すると、上限30万円分までの現金が給付されていました。 この年収が775万円以下の人にまで給付されることになり、対象が拡大されます。 マイナンバーカード活用ポイント制度 マイナンバーカードを持っている人に、買い物に使える全国共通ポイントが加算されます。 この機会にマイナンバーカードも普及しそうですね!マイナンバーカードを取得するには郵便やパソコン・スマホなどで申請する必要がありますよ。 スポンサーリンク 軽減税率対象商品はいつまでの制度なの? 軽減税率対象商品は いつからいつまでの制度なのでしょうか?軽減税率制度の期間について、詳しく見ていきましょう。 まず 軽減税率制度の開始ですが、2019年10月1日の消費税増税とともにスタートすることが決まっています。 intage. ただし、今のところ消費税増税はほぼ最終決定している事案ですので、このままいくと軽減税率制度も予定通り導入されることになります。 しかしながら、 この制度がいつまでなのかについては現在のところまだ発表されていません。 今後の景気や経済状況、国民の反応などを見ながら、いつまでの制度にするかを決定していくのではないかと思われます。 今後の発表にも注意を払っていきたいですね。 そのため、オムツや医薬品などの日用品は対象外となりますよ。 難しいのはお菓子などの食品でも、一部は対象外となる商品もあるということです。 購入するシーンや商品によって、軽減税率対象商品となったり、対象外となったりする場合があるので、最初のうちは消費者やお店側も混乱する可能性はありそうですね。 いつまでの制度なのかという点についても、現在のところは発表されていません。 レジの設定や買い物の計算など、考えられる大変さはたくさんありますが、今のうちから細かく調べて対応していきたいですね。 スポンサーリンク.

次の

軽減税率【超重要】対象品目と対象外のもの・商品・対象となるサービスとは?

軽減税率対象日用品

軽減税率とはわかりやすく対象日用品や店舗は? 軽減税率とは 「特定の商品の消費税率を一般的な消費税率よりも低くする」ことを言います。 たとえば、10000円の買い物をしたとしましょう。 消費税が8%の場合、プラス800円の消費税を納めています。 消費税が10%の場合、プラス1000円です。 所得税や住民税のように税率に変動はなく、高所得者低所得者すべてに平等です。 しかし、低所得者にとっては負担が大きくなります。 そこで、 「 税率」を少しでも和らげ 「 軽減」させるために導入されたのが 「軽減税率」の制度なのです。 因みに日本に初めて消費税が導入されたのは1989年でした。 軽減税率の対象品目や標準増税の品目は? 冒頭でも話した通り、軽減するなら増税しなきゃいいのにと思いますが、それは置いておいて 軽減税率の対象品目には線引きがあります。 けっこう細かく分けられていますが、私たちの生活に影響していく項目が以下• 飲食料品• 週2回以上発行の新聞 ここは8%のままです。 残念なことにお酒は飲料物でも対象外のようです。 そして、ちょっと 税率が8%なのか10%なのか、分かりにくく混乱してしまう項目がありますね! 飲食料品の譲渡の項目です。 たとえば牛丼のチェーン店など外食する場合、 「イートイン」か「テイクアウト」かで税率が変わります。 イートインは、お店の中で食べるので提供にあたりますので、消費税率は 10%• テイクアウトは、飲食料品を買ったことになるので 8%で済みます テイクアウトなどセット商品にお酒が含まれる この場合は、 料理については8%ですが、 お酒については10%となります。 お酒はスーパーでも外食でも10%になります。 ノンアルコールの場合は、 軽減税率の対象なので、テイクアウトでは8%。 ですが、 レストランなど外食の場合は ノンアルコールでも10%になります。 お酒をよく飲む人は注意しておきたいところですね。 そしてお店側も対応が大変そうです。 いちご狩り|果樹園で食べる「いちご」と持ち帰る「いちご」 いちご狩りやミカン狩りなど、入園料には10%が課されます。 狩ったいちごが無料であっても入園料には10%。 園内で狩ったいちごが有料だと、 園内で食べる場合は外食とみなされるのでいちごに掛かる 消費税は10%になります。 ただし、 園内で狩ったいちごの持ち帰り料金が 入園料とは別の場合、食品を買ったことになるので 消費税は8%となります。 まず ポイント還元にあてはまる要点ですが以下の通り。 キャッシュレス決済に適用• ポイント還元率は中小店舗で5%、大規模店舗で2%• 実施される期間は、2019年10月1日~2020年6月30日の間 3番の期間はポイントが決済会社から消費者に還元され、決済したポイントは国が負担するということになりますね。 中小規模の店舗が5%と大きい還元率になっているのは、経済的な打撃を少しでも保護するための制度です。 安くなるなら小店舗で買う動きが大きくなることを見込んでのことでしょう。 おわりに さて皆様いかがでしたでしょうか? 今回は 「軽減税率とはわかりやすく対象日用品や店舗は?ポイント還元制度も!」と題してお送りさせていただきました。 やはり増税の目的自体が、完全にキャッシュレスに移行することですよね。 海外ではキャッシュレスはすでに普及しているため、2020オリンピックを見込んで外国人たちを不便にさせないことも考慮したものと思われます。 この期間で慣れていこうという話ですね。 それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

次の