プレミア アンチ エイジング 株式 会社。 個人情報の取扱いについて

松浦清 (実業家)

プレミア アンチ エイジング 株式 会社

まつうら きよし 松浦 清 生誕 出身校 職業 ' 松浦 清'(まつうら きよし)(ビジネス名:松浦 靖士)は、の。 化粧品販売を主とする、創業者・代表取締役社長。 スキンケアブランド「(デュオ)」を立ち上げ、主力商品「ザ クレンジングバーム」が10年連続受賞。 またコスメ・美容の総合情報サイト「@cosme()」にてスキンケア・基礎化粧品部門第1位を獲得し、以後10年連続で1位を獲得している。 2020年にはクレンジングバームの売上が1,500万個を突破し、新興化粧品会社では最も注目される会社のひとつとされている。 来歴・人物 [ ] 出身。 祖父の会社が倒産ののち清の父親は、親戚が創業した 現在は合併され に助けられながら広島の老舗宝石商となる。 清自身も、後にの宝石鑑定機関にて宝石の学位を取り、の事業を興している。 地元の名家の跡取として生まれ、裕福な家庭で育ったが、清が12歳の時父親が他界。 両親から医者になることを薦められていたが、血が苦手なため断念。 では理系に進んだが、大学受験で理工学部と経済学部に合格し、慶応ボーイをエンジョイすることを夢見ていたため、迷わず文系の経済学部に入学した。 大学時代親戚の 俳優養成所創設者 のところに行き、俳優に興味があるから無名塾を受けたいとお願いした後 ニューヨーク大学で演劇の勉強をかじったが、全く才能がないと悟り帰国、に就職した。 数年サラリーマンを経験した後、米に入学、2001年修了。 (2001年9月11日のがあった時、同じに住んでいた) 帰国後、戦略系コンサルティングファームに1年勤めた後、2002年起業、伊ラグジュリーブランドの日本法人を設立、 その後、いくつかの投資ファンドの代表を務めたが、2008年のの前に会社を全て売却。 にヘッドハントされ業界に可能性を感じ、2009年12月にプレミアアンチエイジング株式会社を設立。 代表に就任し化粧品開発販売事業を開始。 インターネット媒体を中心とした販売を展開し、現在は全国のバラエティショップなど10,000店舗で取り扱われるまでに成長させた。 2018年9月にはテレビCMにを起用、CM好感度ランキング一位を獲得。 2019年はベストコスメ12冠、2020年にはWWDbeauty新年号で業界のリーダーの1人に選ばれている。 脚注 [ ].

次の

プレミアアンチエイジング株式会社の中途採用・求人情報|【採用担当】急成長ベンチャー×裁量◎/人気商品DUO/TVCM公開/虎ノ門ヒルズ|転職エージェントならリクルートエージェント

プレミア アンチ エイジング 株式 会社

採用要件の設定から、 年間の採用スケジュールまで上流工程に関われるポジションです。 虎ノ門ヒルズへ2020年3月に移転し、 より採用を加速させていきたいと感じております。 前例のない取り組みに 挑戦しながら、上流工程を経験したい方にお勧めできる環境です。 【急成長中のDUO】TVCM公開、EC以外にも小売店への販路拡大、新商品の 開発等、事業拡大が急速に進んでいる環境です。 攻めの姿勢を持った 管理部門として前例のない施策にも挑戦しやすい状況です。 事業拡大を急速に進めるベンチャー企業で採用~人材育成~組織開発に 幅広く挑戦できる環境です。 学歴・資格 【学歴】大学院 大学 高専 短大 専修 高校 【語学力】 【資格】 休日 その他制度 【休日】126日 (内訳) 土曜 日曜 祝日 夏季3日 年末年始6日 【制度】服装自由、慶弔休暇、結婚・出産祝い、自社製品の社員割引制度、コミュニケーション費用 サイト内でご覧頂ける求人は、ほんの一部です。 「転職支援サービス」ご登録後、担当のキャリアアドバイザーが業界最多約10万件の非公開求人から、ご経験・ご希望に沿った求人をご紹介させていただきます。 企業情報 事業内容 1. 化粧品や健康食品の企画・開発・輸出入・通信販売・卸及び小売り業務 2. 詳しい求人情報は、転職支援サービスにご登録後、キャリアアドバイザーにお問い合わせください。

次の

カンパニー

プレミア アンチ エイジング 株式 会社

松浦 靖士: 大学を卒業後、AFLACに入社し、マーケティングや営業を担当していましたが、実家が代々事業を営んでいたということもあり、私自身、いつか独立をしたいと考えていました。 そのため、コロンビア大学のビジネススクールに入り、MBAを取得しました。 帰国後、コンサルタント会社を経て、イタリアのラグジュアリーブランドの輸入元として起業し、事業をスタートさせました。 その後、ダイヤモンドを扱うアメリカのオンラインジュエリーブランドの日本法人を立ち上げるなど、ブランドの輸入元という形で会社をしばらく運営していました。 また、当時は投資ファンドの経営者も兼任するなど、30代は多くの会社経営者として、様々な事業にチャレンジしていましたね。 しかし、会社の売買などを通して利益を上げることを続けていく中で、もう少し地に足を着けた事業をやりたいと思うようになりました。 それでいくつか事業を考えていた中で、テレビ通販最大手の企業にヘッドハントされた際、通販のマーケットの大きさや成長を目の当たりにし、通販業界に入ることを決めたのです。 通販はいかにリピートを増やすかということが重要ですので、それを軸に商材を考えていった結果、化粧品にたどり着き、プレミアアンチエイジングを創業しました。 松浦 靖士: 商売というのは、どんなものでも商材があれば成り立つものですので、新しい商材を扱うことに大きな抵抗はありませんでした。 ただ、時代の変化と共に人々の価値観が変わってくるという点で、むしろジュエリーといった商材に限界を感じていたという面もありました。 と言いますのも、今、日本は、着飾ったり、有名ブランドを持ったりすることで自分の価値を高めようというよりも、より内面的・本質的なものへ価値を求める風潮に変わってきています。 弊社のブランド『D. 』も、今でこそ知名度が上がりましたが、開発当初から有名だったわけではありません。 それでも、販売1年で化粧品の口コミサイト『 cosme』で1位を獲得できたのです。 そして人気ブロガーさんなど、トレンドに敏感なインフルエンサーの方々に注目され、一気に人気に火が付きました。 松浦 靖士: 現在の従業員数は18名ほどです。 少人数で運営できるということも、私がこの業界を選んだ理由の1つですね。 社員1人あたりの売上が高い方が、管理がしやすいという側面があります。 少人数ということで皆がチームワークを大切にしながら仕事に取り組んでいます。 ただ、1人1人の役割が大きくなりますので、自らの役割を理解して遂行するスキルが必要になります。 弊社の社員は、自分を俯瞰し、全体の中で自らがどう動くべきかをきちんと理解しています。 各々が持つ役割は、会社が成長していく中で常に変化していきます。 ですので、どのタイミングで自分が何をするべきかということを、自発的に考えられるということが非常に重要になると思います。 同社の看板商品『D. 』シリーズ。 御社の強みについてお聞かせください。 松浦 靖士: 私はいつもミーティングで「ルーティンを疑え」と言っています。 毎日行うルーティンワークですが、本当に正しいことをしているのだろうかと振り返ることが重要です。 そこが変わるならば、自分のしていることも変えないといけません。 私も昨日言っていたことが間違いだと思えば、たとえそれが翌日でも意見を訂正します。 そこを恥ずかしいと思ってはいけません。 その代わり、過ちに気づいたらすぐに訂正することは大切です。 例えば、筋肉はトレーニングをして一度壊すことで、再度、より強い筋肉が作られますよね。 それと同じで、ルーティンを疑い、それを壊して新しいものを作っていくことで組織が強くなっていくのです。 私自身、「こうしたらいいと思う」といった改善案やアドバイスなどをすぐに出せるのも、常にルーティンを疑っているからだと思っています。 そうしたマインドこそが弊社の強みだと言えますね。 松浦 靖士: 現在、台湾・香港・中国でテストマーケティングを行っているところです。 ただ、中国に関しては、弊社の関与しているルートとは無関係のところで、日本国内で弊社の商品を買われた方を通して商品が流通し、認知が進んできてしまっているという状況がありますので、販路を整えて展開していく必要があると考えています。 アジアではメイドインジャパンのスキンケア商品への信頼が厚いので、今後まずはアジアを中心に展開していきたいと思います。 しかし、中国の巨大なマーケットで広告を打とうとすれば、それなりに現地の広告事情やノウハウ、予算などが必要になります。 顧客の購買行動も日本とは異なりますし、そういったリサーチにはまだ少し時間がかかるかと思います。 まずは日本国内で様々な広告を打ってノウハウを蓄積させつつ、体力をつけてから本格的に進出をしていくべきだと考えています。 松浦 靖士: 弊社の場合、トレンドを知るという意味でも、まず情報収集力が必要な要素として挙げられます。 今の時代、同業種間だけではなく、異業種間でもビジネスが繋がることが多くなりました。 プライベートの時にもアンテナを張ることで、様々な場面でそういった繋がりを見つけることができます。 情報収集に必要なコミュニケーション能力を持っているということも大切ですね。 もうひとつは、専門知識や専門力を持っている人材です。 各々の役割を果たすためにも、専門力をいかに磨くかということは重要なポイントになります。 自分の専門分野などは、形や数字に落とし込める部分でもあります。 「何ができるのか」ということを目に見える形で表現できるので、履歴書でもそこを注視していますね。

次の