恨み 骨髄。 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と「恨み骨髄」は同じ意味ですか?

恨み骨髄、末代までもたたってやる~

恨み 骨髄

最近、僕の特技であるカルマ変換が相当変わってきた。 日々の治療やセッションの中で、カルマの傾向が以前よりもとても複雑に、膨大になってきていることを実感している。 その理由は、全人類の魂の決算期のピークを迎える日が、ものすごいスピードで近づいているからだ。 社会を見回したら、何で? どうして?と首をかしげるような人間の不可解な行動が多くあり、人としての良識のボーダーラインを超えた残酷な出来事や無差別殺人、そして自殺者の増加などの現実を目の当たりにして、何が人をそうさせているんだろうか?と思うことが多い。 これをカルマの達人として考えてみると、人々のカルマ解消を急がしているように思えてならないんだ。 その理由の一つに、つい最近発見した「 恨み骨髄、末代までもたたってやる~」というような凄まじい恨みのカルマの集合体が出てきたのが大きく関係しているんだ。 「 恨み骨髄、末代までもたたってやる~」というようなカルマの集合体は、どのように作られているかというと、傍若無人で人を人と思わず残虐非道で残忍きわまりない事を人に行ったとき、人は得てして「恨み骨髄」に思い、絶対許さないと思うものなんだ。 その時の凄まじい苦しみは強烈なカルマを作っていくんだ。 あまりの大きな苦しみを受けると、魂の中でコールタールのように真っ黒なネバネバした強烈な毒物を生産するようになっていて、それは自動的に加害者のカルマ倉庫の上部にある「恨み骨髄タンク」に集まるようになっている。 このタンクの個数が増えれば増えるほど、本人の運命に暗い影を落とすことになるんだ。 一例を挙げよう、イラン・イラク戦争の時、独裁者で有名だったサダム・フセインのエピソードだ。 戦況が悪くなったとき、長年フセインの側近だった一人が彼に進言をした。 「大統領、個々は一度撤退した方が良いのではないでしょうか?」 そういわれたフセインは猛烈に怒り、その男を牢獄にたたき込んだ。 側近の妻はいつまでたっても帰らない夫を心配し、フセインに懇願した。 「今まで一生懸命大統領に尽くしてきたんですから、是非許してやって下さい。 夫を帰して下さい」 するとフセインは「わかった。 明朝必ず返してやる」と言った。 しかし、翌朝返されたのは、無残にも細切れにされた夫の死体を入れた袋だった。 妻は気が気狂いのように泣き叫び、こんな目に遭わせたフセインを心底狂気のごとく恨み苦しんだ。 こんな時、魂で作られる液体が「恨み骨髄タンク」に集められる。 ちなみにフセインの「恨み骨髄タンク」の数は約8000億個あったそうだ。 僕が見たところ地球上ではベスト3000位の中に入るようだ。 このタンクは出来る限り早くなくした方がよいのだが、処理方法はとても難しい。 その人の持っている恨み系のカルマが全て変換されない限り、ここには手をつけられないと言うことだ。 大なり小なり、人は過去世でこんな物を作って、しっかり持っていると言って良い。 じゃぁ、どうすればいいんだ? 自分にはいくつあるのか? どんな影響が運命に出ているか知りたい人もいるだろう。 「恨み骨髄タンク」によるマイナス影響は大まかなところを言うと16個ある。 あくまでもざっと見た数字だから、人によってはそれより多い人も少ない人もいる。 自分の計画通りにいかないで、いつも邪魔が入る• いいところまで行ってもいても、何故か騙されて損をする• 大した理由もないのに仕事を首になる• 今度こそは!と思って頑張っていても長続きしない• 何故か人から嫌われ、不利な立場に立つことが多い• 暗い考えや被害妄想にとらわれやすい• 頑張った割に実入りが少ない、成果が出ない• 人間関係が長続きしない• 何かと不運に見舞われ、自信喪失することが多い• のっぴきならない病気や事情が発生して、予定が狂いやすくなる• よく人に裏切られる• 好人物のつもりなのに、人にはそう見られない事が納得いかない• 憂鬱な気分によくなり、鬱病にもなりやすい、自殺したくなる• 突然苦しくなって安眠できなくなることがある。 もしくは不眠症• 人を恨み、悪いことは全て人のせいにしたがる• 人から孤立しているような感覚があり、いじめられることも多い。 等々、気が滅入るばかりだ。 しかしながら、ここにも一発逆転して雄大で素晴らしい人生にする方法も用意されているんだ。 それにはエネルギーを造る感謝をよく行い、カルマ変換をする反省法を用いて、恨み系のカルマを徹底してなくすことなんだ。 そうなったら何が起こるのか? あの忌まわしい「恨み骨髄タンク」の中身が一変し、人間性をよくする徳液になったり、健康を増進する徳液や、経済を豊かにする徳液になったりして、人生を豊かにするためのとてつもないパワーになってくれる物だと言うことを確信したんだ。 実験の一つとして、ある人の膝の悪い部分に、この変換された「恨み骨髄タンク」を設置してみたんだ。 すると膝の痛みも消え、嘘のように軽く動かすことが出来たんだ。 また同様に弱った臓器にしかけると好調になっていくことも確認している。 こんな感じであれこれ実験してみるにつけ、人間とは決して偶然に作られている訳ではなく、何と奥が深いんだろうと思った次第だ。 このように探求していったら、「恨み骨髄、末代までもたたってやる~」というカルマの集合体の変換後が何になるか?というと「繁栄と信頼」というプラスの意識の集合体となっていくことが解明されたんだ。 これはカルマ変換を使命とする僕には素晴らしい発見だった。 なぜなら、このカルマの集合体を発見してからというもの、カルマ解消率が素晴らしくスピードアップされ、僕に課せられたカルマ解消のノルマが何とか達成できる勢いになってきたからだ。 これで、カルマの決算期には帳尻を合わせられそうだ。 毎日のニュースや新聞などの記事を見て、極端に不快に感じたり、嫌悪感がするときは自身の過去世の姿をあぶり出していてくれる事が多いんだ。 不可解な出来事を一過性のニュースのように捉えず、見た物、聞いた物、読んだ物から、自分のカルマの存在を認めることが大切なんだ。 もぅ、ここら辺で、人間も現在の苦しみの根源であるカルマへの認識を高め、向き合い、自身の過去世の歴史を紐解きながら、カルマを変換していくことを積極的に考えてみたのなら、より具体的な人生の道程が見えてくるはずだ。 時代は素晴らしい転換期を迎えている。 今こそ、過去の呪縛を解き放ち、新しき時代の幕を開ける時がやってきた。 過去の遺物を輝かしい未来の糧に出来るのは、変化を受け入れる自己の意志と邁進する行動力である。 カルマの達人 入澤清司 人気記事ランキング• 「ごめんなさい反省法」のページでは、 カルマの変換には大量のエネルギーが必要で、エネルギーがない状態ではカルマを変換できない。 自分が過去世で痛... カルマ解消マスター 入澤清司 出身:岡山県 血液型:AB型 趣味:スキューバダイビング 入澤清司は、今から30数年前に「人間の意識」「悩みや苦しみ」... 人間は、「生まれては死に、死んでは生まれる」という生まれ変わりを何度も繰り返しています。 これは輪廻転生と呼ばれる「魂を成長させるのに必要な経験」... ここまで… 「カルマとは」のページでは、カルマに人生を振り回されないためには、反省でカルマを解消する必要があること。 「ごめんなさい反省法」のページ... 「カルマとは」のページで、カルマを解消するには 1. 痛みでカルマを解消する 2. 反省でカルマを解消する の2つの選択肢しかない。 30代の女性から、ご自身のアトピー性皮膚炎のことで相談を受けました。 顔が赤くなり、かきむしり肌がボコボコになる。 瞼の上や目の中が痒くてたまら... 40代の男性から相談を受けました。 この方は、 脱肛がひどくなり、走っていると腸が出てきてしまう。 脱肛があまりにも痛く、トイレで排便... 運営者情報 事業者名:有限会社エナジーシステム パワーコンタクト事業部 代表者名:入澤由紀子 所在地:〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-37-9... 「前世と過去世の違いはなんでしょう?」 前世とは、生まれてくる直前の人生のことです。 過去世とは、それ以前の全ての人生のことです。 私は前世、... この講座は、「はじめてのカルマ変換」をお手伝いする無料通信講座です。 カルマ変換法は、カルマ解消マスター入沢清司が30年以上の探求を重ねて発見した知識の集...

次の

恨み骨髄? 地方アナがキー局女子アナの「ゴーマン行状」を大暴露!

恨み 骨髄

「怒り心頭に達する」という慣用句はありません。 正しくは「怒り心頭に発する」です。 「心頭」は「心、心の中」という意味です。 「頭」という意味はありません。 「怒り心頭に達する」という誤用があるのは、おそらく「心頭」に「頭」という文字が使われていることから、同じく腹を立てた状態を表現する言葉「頭にくる」と混同してしまったからではないでしょうか(私見です)。 くる=達する、それで、「怒り心頭に達する」というわけですね。 たしかに、激しく怒っているという状態をあらわす言葉としては、悪くないような気がしますが、今のところ「怒り心頭に達する」は「怒り心頭に発する」の誤用とされています。 使わないほうが無難でしょう。 また「怒り心頭に徹する」という慣用句もありません。 「徹する」を使った慣用句には、 「恨み骨髄に徹する」(深い恨みをいだく) 「眼光紙背に徹する」(文章の字句の背後にある深い意味を読みとる) などがあります。 というわけで正解はイでした。

次の

「不倶戴天」の意味は?恨みを表す言葉の使い方と類語・対義語も

恨み 骨髄

骨髄に徹するの読み方と意味とは? 「骨髄に徹する」は 「こつずいにてっする」と読みます。 意味は、 「心の奥まで行き渡ること、骨身にまでこたえること」です。 ただし、 恨みだとか怒りに対してしか使えません。 「骨髄に徹する」というのは、本来は 「恨み骨髄に徹する」が正しい言葉! 「うらみこつずいにてっする」と読み、 「骨の髄まで染み込む。 心のなかに染み渡る。 心の底に届く。 多くは、耐え難い怨恨の情を表現する。 人を激しく恨む。 」というのが本来の意味です。 かなり恐ろしい言葉「骨髄に徹する」ですが、調べるとかなり古くからの言葉であることが分かりました。 一体どんな出来事がここまでの言葉を使ったのでしょうか? スポンサーリンク 骨髄に徹するの語源とは? 骨髄に徹するの語源は、中国の古典に関係しています。 「史記」という五帝から漢代までの歴史を記した、130編から成る歴史書。 前91年に作成されたのですが、そのなかの 「秦本紀」というものに「骨髄に徹する」の語源があるのです。 「秦本紀」に、次のような言葉があります。 「穆公は三人を恨むこと骨髄に徹しています。 現代語訳すると、 「穆公の三人への恨みは骨髄に入るほどのものでしょう。 ですから、この三人を秦へと帰し、穆公がこの恨みを晴らせるようにしてあげるがよろしいのではないですか。 」 となります。 まだ、難しいですね…。 実は、穆公とは秦の王で、その娘である襄公の母は、捕らえられた秦の3人の将軍を助けようと考えたとき言葉だったんです。 「この3人は秦の王に心から恨まれている。 この3人を解放して秦の王に恨みを晴らさせてあげたらいい」 おかげで、3人の将軍は助かりました。 これが「骨髄に徹する」の語源となりました。 怖い言葉と思っていましたが、語源には優しさと知恵が詰まってますね。 語源が分かったところで、使い方が気になります。 実は、「骨髄に徹する」だけで用いようとすると、 間違った使い方になりやすいです。 次の章では、いくつか例を挙げながら、間違った使い方と正しい使い方を、それぞれみていきましょう。 骨髄に徹するの使い方・例文! 最初に、間違いから紹介します。 まずは、この文を見てみてください。 「骨髄に徹するように頑張って練習する。 」 骨身にこたえるほど、必死に練習するという意味で使っているのですが、恨みの感情と関係がありません。 「骨身を惜しまず、頑張って練習する。 」 心の奥まで届くくらいの緊張を表したかったのですね。 しかしこれも、恨みという感情はありませんので、このような使い方はしません。 「気骨が折れるくらいの緊張を今でも覚えている。 」なら正解ですが…。 では、正しい例文を挙げましょう。 「無理を強いられて、彼の骨髄に徹するのもよく分かる。 」 「彼」が誰かから無理を言われて、それを恨んでいるという状況ですね。• 「間違いを犯して逃げるとは、我々の骨髄に徹する。 」 何者かが逃げたことに対して、恨みまたは怒りを感じている訳です。 襄公の母さんのように、優しい使い方はなかなか難しいですね。 スポンサーリンク さいごに 「骨髄に徹する」本来は「恨み骨髄に徹する」であって、恨みや怒りが骨身にこたえること、心に深く届くことを表します。 体を張って頑張る、というニュアンスで 「骨身を惜しまず」「骨身を削る」• 心身に何かを強く感じることを 「骨身にこたえる」• 気を遣って精神が疲れたことを 「気骨が折れる」 など、他にも数種類存在します。 骨は、体にとって大事なものですから、ものごとのイメージと関連づけしやすかったのでしょう。 英語でも、「骨髄に徹する」というような文があるようです。 骨、という単語は出てきませんが、意味はよく似ています。 To have a deep grudge• To bear deep resentment towards someone 明らかに、誰かを恨んでいる、怒りを感じていることを表しています。 「骨髄に徹する」って何だか分かりましたか? どちらかといえば、負のイメージですね。 今後目にする機会、耳にする機会があれば、参考にしてみてください。 関連記事 一部広告含む•

次の