フライゴン gx。 《フライゴンGX》を徹底解説!効果的な使い方と採用デッキ【オルタージェネシス】

《オルタージェネシス》フライゴンGX/ジガルデデッキレシピ

フライゴン gx

エネルギー 12 基本闘エネルギー 12枚 フライゴンGXデッキとは どんなデッキ? オルタージェネシスで登場したをメインにしたデッキ。 フライゴンGXはワザを使うためにエネがかなり必要なため、で補っている。 フライゴンGXの強みとして、耐久が実質HPが270と非常に高い。 また、ワザのおかけで相手の無人発電所を破壊できるため高い耐久を維持することができる。 タイプも闘と多くのポケモンに抜群をつけるタイプ。 通常、進化途中に2進化を採用するデッキは相手のグズマにより進化途中でベンチから引きずり出され2進化を阻止されるのが辛い。 しかしは特性によりグズマが効かないため安全にフライゴンGXに進化することができる。 フライゴンGXについて詳しくは下記記事を参照にされたい。 フライゴンGXデッキの使い方 序盤はジラーチをバトル場に出しせせらぎの丘などを願い星で展開しよう。 ジラーチはレッド&グリーンもサーチできる。 フライゴンGXの戦略を支える重要カードなので必ず手札にとっておこう。 その後ビブラーバに進化し、次のターンにレッド&グリーンを使用しフライゴンGXに進化し、加速したエネと手張りエネで一気に反撃することができる。 せせらぎの丘を採用することで後続のナックラーを立てることも容易い。 展開しきって不要になった場合はフライゴンの打点上げに使うことができる。 あとはフライゴンGXのタッグチーム並の耐久を活かしつつ、デザートハリケーンで応戦しよう。 なお、のデザートハリケーンは公式で紹介されていた通り、格闘道場のスタジアムはダメージ計算時に計算される。 ここぞというときにぜひ使いたい。 オドリドリGXの採用 このデッキはが採用されている。 このポケモンはデデンネGXと違い、自分の手札を維持しつつさらにドローができるため、手札にカードをためこむジラーチとの相性がよい。 フライゴンGXデッキの欠点 戦略の遅さが欠点。 レッド&グリーンを採用しているデッキは進化途中のビブラーバを採用する関係でフライゴンGXに進化するのが遅れる。 フライゴンGXでスタジアムを破壊する前に相手がトキワの森で準備するには十分な時間を与えてしまう。 ふしぎなアメを採用すると、今度はフライゴンGXのエネの重さがネックとなる。 使用するのであればなるべくはやくフライゴンGXを場に立たせたい。 フライゴンGXの解説.

次の

雷デッキ対策に使えるフライゴンGXが収録されています。能力、特性、ワザの解説、デッキレシピについて。ポケモンカード『オルタージェネシス』のリストに収録、予約情報

フライゴン gx

()の拡張パック『オルター』のリストに 闘タイプの2進化『GX』が、収録されることが判明しました。 闘タイプのカードなので、弱点をつける雷タイプの&GXや、無色タイプGX入りデッキへの対策に使えると、考えています。 その後、そのスタジアムをトラッシュする。 GXワザ 闘闘闘 エッジGX 220 このワザのダメージは、相手のバトルにかかっている効果を計算しない。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 変わった使い方としては、レインボーエネルギー、ユニットエネルギー(闘悪フェアリー)、GXと、まんたんのくすりを同じデッキに入れて、エネルギーを動かして、回復しながら戦うことが考えられます。 相手のスタジアムに依存せずに条件を満たしやすいように、デッキにはスタジアムを多く入れるのがおすすめです。 公式動画で紹介されていた『格闘道場』以外では、をベンチに出せる『せせらぎの丘』や、相手の技に必要なエネルギーを増やして防御力を上げられる『ワンダーラビリンス・プリー』を、おすすめします。 同じデッキに対策できるカードがない場合や、すぐに場に出せない場合は、使う機会があると考えています。 question19log.

次の

ポケカ初心者のカード研究No.25 フライゴンGXの可能性

フライゴン gx

このデッキは 「デザートハリケーン」で大ダメージを出すことを狙っています。 ただし、ワザを撃つのに闘エネが3枚も必要で時間がかかってしまいます。 さらに手札を2枚トラッシュすることで、追加効果で闘エネを2枚加速できるので、 「フライゴンGX」がすぐに攻撃できるようになります。 ジガルデ 4 特性 「セルカンパニー」があるので、 「ジガルデ」をベンチに置けば置くほどダメージが出せます。 トラッシュに闘エネを置いた状態で 「ブーストファング」を撃ち、ベンチの 「ビブラーバ」「フライゴンGX」にエネ加速をさせる動きを序盤からしていきたいです。 この時重要なのが、 「フライゴンGX」に進化させずに 「ビブラーバ」のままベンチに置いておくこと! 「ビブラーバ」は特性 「うるさいはおと」で相手の「グズマ」を受けないので、その状態でエネ加速をして、攻撃のタイミングで 「フライゴンGX」に進化させるようにしましょう。 中盤 「ジラーチ」の特性などで常にスタジアムが場に出ているようにして、 「フライゴンGX」で大ダメージを与えていきます。 終盤 ここからは 「フライゴンGX」で攻めていきたいので、後続をきちんと立てて攻めていきましょう。 エネルギーが足りなくてワザが撃てないという事態は確実に避けたいですね。 「ビブラーバ」がベンチに居座れる特性を持っているので、どのタイミングで 「フライゴンGX」に進化させて攻撃を始めるかが大切になってきます。

次の