サンライズ サーキット。 サンライズとは

アバカスサーキット

サンライズ サーキット

サーキット場に入るのに、高速道路のサービスエリアのように気軽に入っていくことは、多くの人にとっては難しいことでしょう。 これを変えたいです。 例えば、 日曜の昼下がりに、お父さんが子供を連れてドライブがてらちょっと寄っていく、観光に来た夫婦が温泉・グルメ・買い物を楽しんだ翌日に軽く観戦していく、こんな景色を作りたいと考えています。 そのために、きちんとした水洗トイレをご用意したい(サービスエリアの安心感・清潔感ってトイレの存在が大きいですよね?)。 それと停めやすいギャラリー駐車場。 入り口の看板ももっと親切なものに!(なんなら、観光案内だってできちゃいます!)。 近頃のサービスエリアはどんどん新しくきれいになって、文字通りサービスも充実して、カーライフを楽しむ人たちが集まってきています。 そんなサービスエリアのように入りやすいサーキットづくりに、みなさんの力が必要です。 見ててわかりやすい気軽なレースを開催• モータースポーツは、自動車の構造への理解・複雑なルールといった、見るのに前提知識が必要になることがしばしばあります。 ですが私達は単純に、スピードと音の迫力にワクワクしてほしい。 そのためには短時間で勝敗が決する、見やすい・わかりやすいレースがもっと身近に開催されている必要があると考えています。 今回サンライズサーキットで新たに開催する予定の「ラリークロス」は、モータースポーツが文化として根付いている欧州で人気の競技です。 特徴は、(1)見たままの勝敗が決しますし、(2)1レースあたりの時間も短い、ということが挙げられます。 それでもレース観戦するとなると、サーキット場はいっさい遮るもののない屋外の広場であり、じっとしていられないときもあります(広くて気持ちいい公園でも、ベンチや木陰がなかったらどうでしょう?)。 夏の日差しや、冬の寒い風を和らげる屋根付きの観客席が必要だと感じています。 できれば、上の写真のようなオープンカフェみたいな席が作れればと思っています。 さらには、遠方で来られない方にも、レースをネットでライブ配信できる設備を整えたいと考えています。 ここにしかないイベント・競技づくりを• 父の代からお越しいただいているドライバーの方はご存知の通り、サンライズサーキットはもともと「全日本ダートトライアル選手権」を13年開催してきた関東地方最大のダートコースである丸和オートランド那須です。 写真を見る限り、そのダートコースは奥に追いやられてしまったのか? そうではありません。 舗装路の間にあるグラベル(土の部分)は、コースとして使えるようにしてあります (大会翌日の掃除は大変ですが、みなさんが楽しんでもらえるようがんばります!)。 中でも、丸和ファンにはおなじみの「一本モミの木」のあったところはジャンプ台になっており、エキサイティングな展開が予想されます。 そしてさらにはこのジャンプ台への進入は舗装路からダート、そして脱出はダートから舗装路に変わります。 ここのトラクションコントロールの優越が様々なドラマを生むことは間違いありません。 レンタルヴィッツはじめます!• 新サーキットでは、見る側のファンを増やしたい思いはもちろん大きいですが、初めて競技に参加する人たちもたくさん来てほしいと考えています。 そのためのドライビングレッスンなども検討しています。 目玉はなんと行っても「レンタルヴィッツ」です。 「サーキット走行が初めての方」が乗るレンタル車両について熟考し、安全性を最大限配慮した結果が、非力だがボディのしっかりしたヴィッツ、これにさらに万が一に備えて安全装置を追加した車両を制作しました。 これには地元のカーディーラーさんの協力により、様々な会社で営業車として活躍後、引退したヴィッツを格安でご提供いただいています。 この「レンタルヴィッツ」による自動車競技の初体験はどんな方もエキサイトすること間違いなしです。 隣接するドライビングパレット那須では、免許のない小中学生が実車でモータースポーツを体験するイベント「140AT」も実施していますから、そのノウハウを活かしていく予定です。 こういう気軽さを支えるものの一つとして、更衣室があります。 観光のついでに遊びに来たサーキットのためにファッションが制限されるのは面白くありません。 特に女性はそうでしょう。 更衣室の設置は必須と考えています。 レーサーの声• 西野洋平様(全日本ジムカーナ 選手権2019 PN-3クラス・シリーズチャンピオン)• 世界に通用する自動車メーカーがたくさんある日本。 私はそこで生まれ育ち、ただ単純に車が好きな人間です。 特に私の住む那須はタイヤメーカーのブリヂストンの工場があります。 私は学校を出たあとそこで仕事をし、社会について勉強させてもらいました。 その後、父の経営するこのサーキットに入りました。 いまは30歳を過ぎたばかりで経営者としてはまだまだ未熟です。 ですが、車好きがもっと増えて、車やドライビングを楽しむことをこの国の文化にしていきたいという大きな夢を持っています。 そんな思いで、丸和オートランド那須の運営の手伝いからはじめ、ドライビングパレット那須、そして今回のサンライズサーキットの開設まで来ました。 決して、決して平坦な道のりではありませんでした。 「若者の車離れ」なんて言葉では言い尽くせない不安とずっと戦いながら、地域住民のみなさんの理解や、地元金融機関やカーディーラーさん(トヨタカローラ栃木様)などの支援を受けて、ギリギリなんとかここまで来ました。 今回みなさまからお預かりする資金は、文中にも書きましたが、以下の通り使わせていただく予定です。 1 女性の方も安心な水洗トイレ 2 更衣室の設置(ドライビングパレット那須にあるキッズルームの活用) 3 屋根付きの観客席(集まった金額次第ですが、可能な範囲で増やしたいです) 4 ギャラリー駐車場の整備 5 インターネット配信設備(ウェブカメラやモニタ) 6 コース内信号機 たくさんの購入をお待ちしています、そしてサーキットに遊びに来てください、精一杯、みなさまのカーライフ、ライバルたちとの熱戦、一人ひとりの思い出づくりを盛り上げていきます。 どうぞよろしくお願いします。 新着情報 特定商取引法に基づく表示 販売業者 SUNRISE CIRCUIT合同会社 所在地 〒273-0121 栃木県那須塩原市高林259番地1 連絡先 電話:0287-68-0345 メール:sunrisecircuit 4-i. jp 販売責任者 坂本 光 販売価格 各プロジェクトページの「販売商品」代金をご覧ください。 価格は税込です。 お支払い方法 クレジットカードによりお支払いいただけます。 お支払い時期 商品購入時に決済します。 商品(チケット記載内容)のお引渡し時期 商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。 キャンセルの可否と条件 キャンセルはできません。 決済完了後の返金は一切できません。 byクラウドファンディング モノコトメーカーズ• byクラウドファンディング モノコトメーカーズ.

次の

「栃木にNEWサーキットOPEN@サンライズサーキット(那須塩原市)」yohei nishinoのブログ | Yohei 全日本ジムカーナブログ

サンライズ サーキット

問題程度• F2クラス(下級・中級用)• 180点満点で150点以上取得者はF1クラスに進みます。 150点以上取得者がF2クラスに参戦することはできません。 F1クラス(上級・段位用)• 300点満点で290点以上取得者はF0クラスに進みます。 F0クラス(高段者用)• F0クラス参加者は、必ずF1クラスにも参加してください。 制限時間は、乗算・除算・見取算とも5分です。 暗算で計算した場合は1題2点、そろばん使用の場合は1題1点です。 あらかじめ何番まで暗算で行うかを決め、問題番号にマルをつけてください。 その際、マルをつける番号は、10の倍数に限ります。 問題は本誌(サンライズ)掲載のものをコピーしてご利用ください。 上級者はF1クラスからスタートして構いません。 答案審査は検定試験に準じて行ってください。 F1・F0クラス300点満点者は計算時間を報告してください。 サーキットは主催者と実施される皆様との信頼関係によって成り立っています。 ルールを遵守して行ってください。 氏名・得点・都道府県名等は本誌およびホームページ上に発表されますことを、あらかじめご了承ください。 F2クラス (各種目30題60点満点。 前期は4月末実施~9月末実施、後期は10月末実施~翌年3月末実施とします。 定期参加の場合、前期または後期それぞれ6カ月が区切りとなります。 参加申し込み• 定期参加は半年分一括納入ですので、毎月入金の手間も省け1回当たりの参加料も安価になります。 ただし期間途中から定期参加の場合の基本参加料も1名1,980円です。 不定期参加の場合、ご希望の月だけ参加することができます。 成績をお送りいただく際に、氏名・学年・参加クラス・得点をご連絡ください。 10名以上ご参加の教室には、2回目から成績記入用紙をお送りします。 得点により賞品がありますが、定期参加で10名以上の参加団体に限ります。 不定期参加、または10名未満の参加団体の場合、賞品は有料頒布となります。 参加料の他に各教室において事務経費等が必要な場合もあります。 参加料の一部は2020年度から改訂されました。 参加料 定期参加 不定期参加 10名以上 10名未満 10名以上 10名未満 1期 半年分 1名1,980円 1回ごとに1名550円 申込期間 毎月28日まで 参加月の28日まで 成績記入用紙送付 有り 無し 有り 無し 賞品 有り 有料頒布 有料頒布 有料頒布• 賞品について• 記録更新証は10枚220円です。 (10枚単位でご注文ください)• 文鎮は1本550円です。 ただし、金文鎮は1本1,100円です。 ご注文の多寡にかかわらず送料1,100円です。 文鎮はアバカスサーキット参加者の賞品です。 不参加者のご注文はご遠慮ください。 申し込み方法• 参加者の成績はEメールで編集部までお送りください。 成績送付の 締切は毎月28日です。 欠席・退塾等で不参加の場合でも納入金は返却できません。 参加料は実施前に郵便局からお振り込みください。 振込番号 00140-5-730348• 加入者名 月刊サンライズ• ご不明の点は、編集部までご連絡ください。

次の

「栃木にNEWサーキットOPEN@サンライズサーキット(那須塩原市)」yohei nishinoのブログ | Yohei 全日本ジムカーナブログ

サンライズ サーキット

サーキット場に入るのに、高速道路のサービスエリアのように気軽に入っていくことは、多くの人にとっては難しいことでしょう。 これを変えたいです。 例えば、 日曜の昼下がりに、お父さんが子供を連れてドライブがてらちょっと寄っていく、観光に来た夫婦が温泉・グルメ・買い物を楽しんだ翌日に軽く観戦していく、こんな景色を作りたいと考えています。 そのために、きちんとした水洗トイレをご用意したい(サービスエリアの安心感・清潔感ってトイレの存在が大きいですよね?)。 それと停めやすいギャラリー駐車場。 入り口の看板ももっと親切なものに!(なんなら、観光案内だってできちゃいます!)。 近頃のサービスエリアはどんどん新しくきれいになって、文字通りサービスも充実して、カーライフを楽しむ人たちが集まってきています。 そんなサービスエリアのように入りやすいサーキットづくりに、みなさんの力が必要です。 見ててわかりやすい気軽なレースを開催• モータースポーツは、自動車の構造への理解・複雑なルールといった、見るのに前提知識が必要になることがしばしばあります。 ですが私達は単純に、スピードと音の迫力にワクワクしてほしい。 そのためには短時間で勝敗が決する、見やすい・わかりやすいレースがもっと身近に開催されている必要があると考えています。 今回サンライズサーキットで新たに開催する予定の「ラリークロス」は、モータースポーツが文化として根付いている欧州で人気の競技です。 特徴は、(1)見たままの勝敗が決しますし、(2)1レースあたりの時間も短い、ということが挙げられます。 それでもレース観戦するとなると、サーキット場はいっさい遮るもののない屋外の広場であり、じっとしていられないときもあります(広くて気持ちいい公園でも、ベンチや木陰がなかったらどうでしょう?)。 夏の日差しや、冬の寒い風を和らげる屋根付きの観客席が必要だと感じています。 できれば、上の写真のようなオープンカフェみたいな席が作れればと思っています。 さらには、遠方で来られない方にも、レースをネットでライブ配信できる設備を整えたいと考えています。 ここにしかないイベント・競技づくりを• 父の代からお越しいただいているドライバーの方はご存知の通り、サンライズサーキットはもともと「全日本ダートトライアル選手権」を13年開催してきた関東地方最大のダートコースである丸和オートランド那須です。 写真を見る限り、そのダートコースは奥に追いやられてしまったのか? そうではありません。 舗装路の間にあるグラベル(土の部分)は、コースとして使えるようにしてあります (大会翌日の掃除は大変ですが、みなさんが楽しんでもらえるようがんばります!)。 中でも、丸和ファンにはおなじみの「一本モミの木」のあったところはジャンプ台になっており、エキサイティングな展開が予想されます。 そしてさらにはこのジャンプ台への進入は舗装路からダート、そして脱出はダートから舗装路に変わります。 ここのトラクションコントロールの優越が様々なドラマを生むことは間違いありません。 レンタルヴィッツはじめます!• 新サーキットでは、見る側のファンを増やしたい思いはもちろん大きいですが、初めて競技に参加する人たちもたくさん来てほしいと考えています。 そのためのドライビングレッスンなども検討しています。 目玉はなんと行っても「レンタルヴィッツ」です。 「サーキット走行が初めての方」が乗るレンタル車両について熟考し、安全性を最大限配慮した結果が、非力だがボディのしっかりしたヴィッツ、これにさらに万が一に備えて安全装置を追加した車両を制作しました。 これには地元のカーディーラーさんの協力により、様々な会社で営業車として活躍後、引退したヴィッツを格安でご提供いただいています。 この「レンタルヴィッツ」による自動車競技の初体験はどんな方もエキサイトすること間違いなしです。 隣接するドライビングパレット那須では、免許のない小中学生が実車でモータースポーツを体験するイベント「140AT」も実施していますから、そのノウハウを活かしていく予定です。 こういう気軽さを支えるものの一つとして、更衣室があります。 観光のついでに遊びに来たサーキットのためにファッションが制限されるのは面白くありません。 特に女性はそうでしょう。 更衣室の設置は必須と考えています。 レーサーの声• 西野洋平様(全日本ジムカーナ 選手権2019 PN-3クラス・シリーズチャンピオン)• 世界に通用する自動車メーカーがたくさんある日本。 私はそこで生まれ育ち、ただ単純に車が好きな人間です。 特に私の住む那須はタイヤメーカーのブリヂストンの工場があります。 私は学校を出たあとそこで仕事をし、社会について勉強させてもらいました。 その後、父の経営するこのサーキットに入りました。 いまは30歳を過ぎたばかりで経営者としてはまだまだ未熟です。 ですが、車好きがもっと増えて、車やドライビングを楽しむことをこの国の文化にしていきたいという大きな夢を持っています。 そんな思いで、丸和オートランド那須の運営の手伝いからはじめ、ドライビングパレット那須、そして今回のサンライズサーキットの開設まで来ました。 決して、決して平坦な道のりではありませんでした。 「若者の車離れ」なんて言葉では言い尽くせない不安とずっと戦いながら、地域住民のみなさんの理解や、地元金融機関やカーディーラーさん(トヨタカローラ栃木様)などの支援を受けて、ギリギリなんとかここまで来ました。 今回みなさまからお預かりする資金は、文中にも書きましたが、以下の通り使わせていただく予定です。 1 女性の方も安心な水洗トイレ 2 更衣室の設置(ドライビングパレット那須にあるキッズルームの活用) 3 屋根付きの観客席(集まった金額次第ですが、可能な範囲で増やしたいです) 4 ギャラリー駐車場の整備 5 インターネット配信設備(ウェブカメラやモニタ) 6 コース内信号機 たくさんの購入をお待ちしています、そしてサーキットに遊びに来てください、精一杯、みなさまのカーライフ、ライバルたちとの熱戦、一人ひとりの思い出づくりを盛り上げていきます。 どうぞよろしくお願いします。 新着情報 特定商取引法に基づく表示 販売業者 SUNRISE CIRCUIT合同会社 所在地 〒273-0121 栃木県那須塩原市高林259番地1 連絡先 電話:0287-68-0345 メール:sunrisecircuit 4-i. jp 販売責任者 坂本 光 販売価格 各プロジェクトページの「販売商品」代金をご覧ください。 価格は税込です。 お支払い方法 クレジットカードによりお支払いいただけます。 お支払い時期 商品購入時に決済します。 商品(チケット記載内容)のお引渡し時期 商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。 キャンセルの可否と条件 キャンセルはできません。 決済完了後の返金は一切できません。 byクラウドファンディング モノコトメーカーズ• byクラウドファンディング モノコトメーカーズ.

次の