ソーマファミリア。 ソーマとは

明らかになっていくソーマ・ファミリアの実態。『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』第6話の先行カットが到着

ソーマファミリア

よってここから先は での閲覧をお勧めします。 「 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの登場人物一覧」では、による「」及び「」の登場の紹介を行う。 なお、登場は所属組織ごとに分けるものとする。 【ヘスティア・ファミリア】 [:] 「、帰ってきましたー!」 本作品の。 が特徴で、しばしばに例えられる。 駆け出しの冒険者で、【 ・】の一の団員。 での出会いをめてオラにやってきた。 性格は 素直でひたむきだが、に対してはやや手。 ある時でのに陥っていたところ、同業者であるに助けられ、一惚れをする。 [:] 「ふふっ、君みたいな子に会えては者だよ」 地上に舞い降りてきた。 は「」。 との界線を揺れ動いているような幼い容姿をしているが、胸は大きいので他のからは「」「」と呼ばれている。 構成員がベル一人という細である為、【・】を支えるためにを行っている。 ベルに強い好意を抱いており、彼にのが近づくとをらせ、中でもベルの憧れであるには強にしている。 この項は、の重大な成分を含んでいます。 ここから下はで突っ走ってください。 「は、あの人達を助けたい!!」 6巻にて、のザニスの陰謀により屋に監禁されるが、自分を助けに来た達のを知り自で。 その後に自らの覚悟を示し、彼の許しを得て【・】を脱退。 そして宗の儀を執り行い、【・】への入団を果たした。 【・】の二人の団員。 【・】の三人の団員。 そして上記ベルのという事態を知り、であるの後押しと自身の強い意思により【・】を脱退し、一年の限定期間付き(予定)で【・】へと宗した。 【・】の四人の団員。 のと瞳が特徴の。 ずけずけと物を言う皮屋な性格で、を「ど」とからかって度々喧をしている。 が好みで、の構成員であるを心底可がっている。 以前は々に殺し合いをけしかけるような危険なであったが、下界に降りてからは()達が大好きになり、性格も丸くなったと言われている。 [:] 「あの……、ですか?」 まで長いと色の瞳を持つの。 年齢は。 【・】に所属するLv. 5の第一級冒険者で、【】のを持つと名高い女士。 ベルの命の恩人であり、憧れの相手。 本作のである「」ではとして活躍している。 ・ディムナ [:] 「冒険者とはいんな時くらいは助け合おう」 【(ブ)】のを持つ、【・】の。 6の第一級冒険者。 小人族なので見たこそ幼いが、冒険者の間ではその名を知らぬ者はいない実者。 頭が非常にきれる。 の揮の為に時に冷な判断を下すこともあるが、のの安全を第一に考えて行動している。 普段は温厚な性格で、ネやのたちにもがある。 6の第一級冒険者にして、の副。 の王族である「」という種族で、オラにおいて名実ともにの。 は【九魔(・)】。 また、にも匹敵する絶世の美貌の持ちでもある。 たち若い冒険者を保護者のようなで見守っている。 ガ・ [:] 「がはは、すっかり親代わりになっているな、リヴェ」 【・】に所属するLv. 6の第一級冒険者で、筋々のの。 、リヴェとともにの首にして戦の一人。 【・】発足時から所属している古。 リヴェ同様保護者のような役回りが多い。 ナ・ヒリュテ [:] 「いっっくよぉーーーー!」 【・】に所属するLv. 5の第一級冒険者で、の。 「大双(ガ)」と呼ばれる巨大な両(両端がでん中が柄になっている)を操るで、は【大切断()】。 元気で明るく、のムード的存在。 同じであるネはので、ベートとはの仲。 ネ・ヒリュテ [:] 「さぁ、。 私ののです、たーんと食べて下さい」 【・】に所属するLv. 5の第一級冒険者で、の。 二の湾短()を駆使して戦う。 のであるナとべると的で落ち着いているように見えるが、その実は非常に好戦的な性格。 のであるに心を抱いており、積極的にしている。 ベート・ローガ [:] 「は弱ぇが大っ嫌いなだけだ」 【・】に所属するLv. 5の第一級冒険者で、人()の。 実至上義者の為、自分より格下の冒険者を見下す傾向にある。 その為ナやリヴェとしばしば意見が対立している。 粗暴で口は悪いが、というわけではなく、で誤解されやすい性格でもある。 最近のことが気になっている様子。 製のを装着した高速の蹴り技が得意。 は【(ヴァンド)】。 レフィーヤ・ウィリディス [:] 「守られているだけじゃいけないのに、いつも私は……」 【・】に所属するの。 3のであり、ではを務めることが多い。 たち第一級冒険者とべると経験に差があるものの、の実は非常に高く、条件を満たせばのを全て扱えることから【千の(サウザンド・)】のを持っている。 しかしいざに出ると及びになってしまい、本来のを発揮できないでいる。 何度も窮地を救ってくれたに憧れている。 ・ルド [:] 【・】に所属するので、Lv. 4の第二級冒険者。 遠征時は第一級冒険者たちのにとして同行している。 のより中層におけるの揮を一時的に任されるなど、彼からの信頼とりの実はある模様。 獲得した『魔石』の換交渉も任されているが、以前ちょろまかしてバレてしまったことがあるらしい。 ラクタ 【・】に所属する。 3になったばかりであり、同様【お勉強】という名でとして深層域のに同行している。 【ヘファイストス・ファミリア】 ヘストス [:] 「この期に及んで、また頼み事ですって?」 探索と師を生業とする巨大、【ヘストス・】の。 炎のようないといが特徴の。 とは界時代からの親友だが、地上に降り立った後も【ヘストス・】で自堕落に過ごすの姿に堪袋の緒が切れ、【】から追い出した後、最後の情けとして後に【・】のとなるの隠しを与えた。 [:] 「………いや、短(ミノたん)」 【ヘストス・】に所属している師での。 年齢は。 の商店区画で武具を探していたベルと出会い、彼の専属師と仮のを取り交わした。 師としての腕は確かだが、が独特なのが玉に瑕。 またを打てるクロッゾの血筋を受け継いでいるが、とある理由から作ろうとはしない。 快活で気の良い肌な性格。 【ソーマ・ファミリア】 【・】ので、至高のを造ることに全てを費やしている。 『()』という、飲んだ者を心の底から酔わせるのごとき美を製造することができる。 しかし造り以外には関心の為、のは団員達に任せきりで実質放置状態にある。 [:] 「、。 ですが、なんか探したりしていませんか?」 【・】所属ので小人族の。 年齢はで、称は。 のからを受けており、者扱いされた挙句から解除させられてしまった。 その後駆け出し冒険者であるベルに自分を売り込み、となる。 上級冒険者たちのに参加していた経験から、やの知識は豊富。 ザニス・ルス 【・】の。 2の冒険者で、をかけた細面のの。 は【守(ガンヴァ)】。 が碌に閥の統率をしないのを良いことに、団員達を私利私欲の為に操っている。 ・イ 【・】に所属するLv. 2の冒険者で、の。 『最高に美味い』をめて【・】に入団したが、簡単にに有りつけない現状に不満を抱いている。 をしているザニスを良く思っていない様子。 カヌゥ・ベル [:] 【・】の構成員で、の中年。 でをている者の一人であり、に銭をたかっている。 【ミアハ・ファミリア】 ハ [:] 「ふははっ、お互い【】が細であると苦労するな」 な顔立ちをしたの男。 に回復を取り扱うのを営んでいる。 大らかな性格だが、商品でるをタダ同然で配ったりと、かなりのお人よしでもある。 【・】とは同じ極貧同士ということもあり、お互い懇意の関係にある。 ナァーザ・ 「ベル、どう、そろそろこの・なんか使ってみない……?」 【ハ・】に所属する人(プ)ので、が営むの。 年齢は。 どこか眠たげな雰囲気を持つが、商魂逞しく、隙あらばベルに高額な商品を売りつけようとするしたたかな一面も持つ。 元はLv. 2の冒険者であったが、とある事件がきっかけで冒険者を業した。 であるハに好意を抱いているが、彼のさや度を過ぎたお人よしに苦悩している。 【タケミカヅチ・ファミリア】 [:] 「いつも言っているが、初心を忘れるな」 然として男前な容姿の男。 にがある為、他の男からまれたりイジられ役になったりと、何かと不遇な扱いが多い。 探索系のを営んでおり、Lv. 2の冒険者を二人ほど輩出しているが、まだ下位閥の為、自らを行っている。 とは仲が良く、親友の間柄。 ・命(みこと) [:] 「それでは行って参ります、様!」 【・】に所属するLv. 2の冒険者。 年齢は。 長いとの瞳を持つ、で整った顔立ちのの。 礼儀正しく義理堅い性格。 普段はによる近接を行うが、一定領域にの檻を発生させる強なを扱うこともできる(ただし他の冒険者を巻き込む恐れがある為、間での使用は禁じられている)。 カシマ・(おうか) [:] 「はとも知らない等の命より、等の方がよっぽど大事だ」 【・】に所属するLv. 2の冒険者で、の。 でにが致命傷を負い、もに囲まれのにあったところ、偶然通りかかったベルたちのにを押し付ける行為、『怪物進呈(パス・パレード)』を行った。 ヒタチ・千(ちぐさ) [:] 【・】に所属するLv. 1の冒険者で、の。 元を前で隠しており、どこかおどおどした印を持つ。 【フレイヤ・ファミリア】 [:] 「には悪いことをするけど……もらうわね、」 【・】と共にオラの二大閥だと言われている【・】の。 見る者すべてを虜にさせるような絶世の美貌を持つ、美の。 ものが好きで、が見たことのいような澄んだ魂の色を持つベルに一惚れをし、自分のに取り込もうと画策している。 正と負の二面性を持ち、的の為ならば手段を選ばない残酷な面も持つ。 オッ [:良寛] 「様のお心のままに」 【・】のにして、の右腕的存在。 2mをえる巨の人(ボアズ)。 年齢は歳。 オラで一のLv. 7というタスを持つ、の冒険者。 は【猛者(おうじゃ)】。 6になったを軽くあしらう程の実を持つ。 【ヘルメス・ファミリア】 [:] 「ははっ、つれないなぁ」 鍔広を被った、細身で優男の男。 非常に奔放な性格で、の拠点こそオラに置いているものの、自身は中をして回っておりはほったらかし状態なことが多い。 閥間では『台頭を好まず中立を気取る』という方針から、には団員たちのを偽って報告している。 く、「清濁併せむ抜けのない」。 最近オラでになっているベルにをつけ、手助けしたりちょっかいを出したりしている。 フィ・・ [:] 「このなら、後衛も私一人で十分ですかね」 【・】に所属するLv. 4の冒険者で、の。 ので、をかけたの。 普段は理知然とした雰囲気を持つが、のぶりに頭を悩ませることが多い。 【万者(セウス)】のを持つ実者で、稀代の魔具作製者()でもある。 ネ・ 【・】に所属するLv. 3の冒険者で、人の。 年齢は。 の人物から運び屋のを請け負ったところ、リヴィラので事件に巻き込まれてしまい、偶然わせた達と知り合うこととなる。 3巻ではとを組むことになり、作成()の技術やのを活かした立ち回りを披露する。 ガー 【・】に所属する冒険者で、虎人(ワー)の。 3巻にて隊を分ける際、と共にの揮を任された。 【・】に所属する冒険者で、の。 メ 【・】に所属する冒険者で、小人族の。 小柄ながらも上位としての実を持っている。 ネリー 【・】に所属する冒険者で、の。 のを務めている。 のを被っている。 のは自分の姿を模した像建造物で、名は『アム・』。 の勢も上位であり、優秀な師(テイマー)が多く所属している。 口癖は「がだ!」。 リー・ャー 【・】に所属する冒険者。 は【火炎爆炎火炎(ー・・)】。 自称「喋る火炎」。 6巻の【・】と【・】のにおいてを務めた。 ハシャーナ・ 【・】に所属するLv. 4の冒険者で、は【剛闘士】。 冒険者の間でも有名な実者だったが、を被ったの女との密会中に……。 【ディアンケヒト・ファミリア】 ディ がかったとをたくわえる初老の男。 治療と製のを営んでおり、【ハ・】は商売敵にあたる。 【ハ・】に多額の銭を貸しており、借の返済が出来ないハに直接取り立てに出向き、見下したりしている。 余談だが、上ではハはディのにあたる。 そして自分よりも才に秀でたハにし、何度も襲撃を繰り返し、最終的に頭を断ち割り絶命させたとされている。 ・テナーレ 【ディ・】に所属するの。 聡明で心優しい性格で、たちとは信頼関係にある。 一級治療師としての技も持っており、【・】の相手に高額の商談を行っている為、での地位はりに高いことがえる。 【ゴブニュ・ファミリア】 ゴブニュ を連想させるような、小柄で逞しい体初老の男。 のである『三槌の場』でを営んでいる。 【・】も常連ので、のはゴブニュが鍛えている。 寡黙な性格で、の団員からは親方と呼ばれている。 【ディオニュソス・ファミリア】 ニュソス 富ののような外見をした品の良い男。 相手に隙をわせず、逆に相手の胸の内を見透かしてしまうかのような雰囲気を漂わせている。 ヴィス・シャ 【ニュソス・】に所属するLv. 3の冒険者で、の。 長いのと緋の瞳を持つ、を彷彿とさせるようなの。 『27階層の』という事件の数少ない生き残り。 その為他者との関わりを避けるようになり、内でもでありながら孤立している。 のニュソスにだけは心を開いていたが、共にを組んだレフィーヤに対しても次第に打ち解けるようになった。 でも対応できる士で、レフィーヤも舌を巻く程の実の持ち。 【デメテル・ファミリア】 [:] 色のと豊満な胸を持つ。 柔和で大らかな性格。 やを栽培して売り出す商業系のを営んでいる。 に好きな男が出来たと聞いて々の様子。 【アポロン・ファミリア】 日ののようなのを持つ端正な顔立ちの男。 好色なで、気に入った者には性別を問わず熱に()をかけている。 どちらかというと男好き。 狙った者は地の果てまでも追っていくような、非常に執念深い性格。 ヒュントス・ 【・】のにしてLv. 3の第二級冒険者。 にも負けないな顔立ちをしたの。 であるに心酔している。 は【の寵童(ポエ・)】。 ダフネ・ラウロス 【・】に所属するLv. 2の冒険者で、気の強そうな短の。 に見初められ、半ば強引に入団させられたという経緯を持つ。 ・イ 【・】に所属するLv. 2の冒険者で、おどおどした長の。 元は良い所のだったが、ダフネ同様強引に入団させられたがある。 本人く『予知夢』を見ることができる。 ・ 【・】に所属する小人族の。 の画策により、場にいたベル達に因縁を付けた。 しかし元々は小心者の為、命とはいえ損な役回りが多いことに不満を抱いている。 リッソス 【・】に所属するの。 のを任されている。 【イシュタル・ファミリア】 イシュ 煌びやかな装飾品と扇情的なを身にった、美とをる。 同じ美のであるに対してしい心を抱いている。 第一級冒険者のと第二級冒険者の団員を数人抱えており、の勢図はオラでも上位。 名は『女の(ベーレト・リ)』。 オラの歓楽第三区画は丸ごとイシュの息がかかっており、団員のどは婦として働いている。 フリュネ・ジャミール 【イシュ・】のにしてLv. 5の第一級冒険者。 2mをえるで、でありながらに覆われた巨大な体つきをしている。 [の・ギョロギョロと蠢く玉・横に避けた口唇]という醜悪な容姿をしており、初対面のベルにを連想させたほどであるが、当人は自分をかなりのだと思い込んでいる。 またに性欲が強く、歓楽を訪れ(てしまっ)た数多のを再起にしている。 リヴィラの街 ・ 18階層で上級冒険者たちがしている、『リヴィラの』の。 3の冒険者で、所属は不明。 左にをした面の。 見かけだけではなく実も兼ねえており、他の冒険者に対して強気な態度を取っているが、格上の冒険者(ベート等)には頭が上がらない様子。 ギルド ウラノス オラの管理「」の。 の地下に設けられた祭壇に鎮座する、2mをす巨体の老。 が発足する前の「」と呼ばれる時代、の侵攻にされる人類に「の恩恵」をもたらし、 や要塞の着工に尽したことから『オラの創設』として崇められている。 彼がに祈祷をげることで、の地上流出を防いでいると言われている。 年齢は19歳。 ほっそりとったと淡いの瞳を持つ、(との)の。 ベルののアドザーであり、駆け出し冒険者である彼の安否を常に気にかけている。 ベルのことは分のような存在だと思っているようだが、好きなを考えている時にベルを想像して動揺するなど、彼を異性として意識している節もある。 ミィシャ・フ [:] の受付嬢での。 背が低く、あどけない容姿をしている。 同僚のナとは仲が良い。 豊穣の女主人 ・ [:] 「、アタシにここまで言わせたんだ、くたばったら許さないからねえ」 場「豊の女人」の女将。 従業員や一部の常連客からは「」と呼ばれている。 の中でも一際巨体で、に対しても物怖じしない肝の据わった。 元はかなりの実を持った冒険者でもあった。 怒らせると相当に怖いらしく、場で争い事があるとのが降ると言われている。 冒険者として駆け出しのベルを、時に厳しくもなりにしている。 シル・ヴァ [:] 「っ、お、いてらっしゃるんですか?」 場「豊の女人」で働いているの。 年齢は。 薄鈍色のをおヘアーとにまとめている。 ある日、ベルが落とした魔石を拾ったことで彼と親交を持つようになる。 ベルに好意を抱いており、に通う彼の為に毎回を作って手渡している。 様々な人と触れ合い、新しい発見をするのが。 リュー・ [:] 「私が最初に手を振り払わなかったのは、方で三人です」 「豊の女人」で働く性。 年齢は歳。 礼儀正しく、生面な性格。 同僚であるシルの路をしている。 元はLv. 4にして「」のを持つ名うての冒険者だったが、ある事件をきっかけに冒険者を業した。 潔癖なにしては較的柔軟な対応ができる人物だが、認めた相手ではないと他者からの肌の接触を許さないという性質を持っている。 しかし5巻にてベルに自身の生い立ちを話し、自分から握手をしたり、普段のな表情からは考えられないようなを見せるなど、彼に特別な信頼を寄せるようになっている。 ・ [:] 「豊の女人」で働くピープルの。 ・ロロ [:] 「豊の女人」で働くピープルの。 ベルのに一惚れをしている。 ル [:芳野由奈] 「豊の女人」で働くの。 一見温厚そうだが、リューをので呼んだに対し、他の共々を放ったことがある。 関連項目• 外部リンク• nicovideo.

次の

【ダンまち】リリはソーマ・ファミリアを脱退できた?過去や魔法についても

ソーマファミリア

ダンまちの恋愛関係!ベルは誰と結ばれる?ヒロインとベルの関係・かわいいシーンまとめ! それでは、ダンまちの恋愛事情、各ヒロインの可愛いシーンについてまとめていきます。 最初に、各ヒロインのベルへの好感度を解説します。 ベルにベタ惚れ:ヘスティア、リリルカ、シル、カサンドラ、春姫、ウィーネ、アイシャ、カサンドラ 2. 恋愛感情よりも親愛、あるいは独占欲など:アイズ、ティオナ、フレイヤ こんな感じ。 これをふまえたうえで、可愛いシーンやベルとの関係をご紹介します。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ1:ヘスティア まずはメインヒロインであるヘスティア様! ベルの所属するヘスティア・ファミリアの主神です。 ヘファイストスのところに居候していましたが、ぐーたらと過ごしていたら追い出されてしまいます。 そこで路頭に迷っていたベルと出会い、 彼を初めての眷属にします。 初めて「家族」となったベルに強い好意をもっていて、神と人という垣根を越えてでも、相思相愛になりたいとアプローチします。 ただその分、ベルくんに想いを寄せる女の子を警戒したり、牽制したりと苦労が耐えません。 ベルへの愛情は本物で、「強くなりたい」というベルの望みを叶えるため、ヘファイストスに武器の制作を依頼します。 作ってもらったヘスティア・ナイフの総額は2億ヴァリス。 商業系のファミリアでも相当の負担となる価格を、ローンを組んで買うことを決意します。 また、では、ベルへの想いを語ります。 とある出来事で、ベルはいつか神様と別れるときがくることを恐れるようになります。 ですが、ヘスティアはベルに言います。 「ずっと一緒にいる。 生まれ変わっても必ず会いに行く。 だから、自分たちとの愛を怖がらないでくれ」と。 ベルはそれに「神様とずっと一緒にいたい」と応えるのでした。 ミノタウロスに襲われていたベルを助け、彼に一目惚れされます。 同時にその時、アイズは自分が駆け出しの頃の 「白い思い」を思い出します。 それは、アイズが冒険者として成長していく度に、忘れていった心。 それを持ち続けているベルに興味を惹かれます。 (C)大森藤ノ・矢樹貴・はいむらきよたか・ヤスダスズヒト アイズはかなりの強さで「剣姫」と呼ばれていますが、成長に壁を感じていました。 そんなとき、ダンジョンで気絶したベルを膝枕したときに、無茶をするアイズの「黒い炎」が消えていくのを感じます。 そして、ベルの成長速度の速さに目を付け、何かヒントを得られるかもしれないと彼のコーチ役を引き受けます。 (C)大森藤ノ・矢樹貴・はいむらきよたか・ヤスダスズヒト 毎朝訓練をする際も、気絶したベルを膝枕します。 これをするとベルの白さ・純粋さが伝わって、自分の心が浄化されて落ち着くから。 現時点では恋愛感情こそないものの、好意的な感情をもっているのは間違いありません。 ベルがミノタウロスと対峙し、再び戦おうとしたその時、アイズは彼の姿から「黒い炎」を感じ取ります。 立ち上がった彼の瞳はどこまでも白い、純粋な決意が表れていました。 そしてミノタウロスとベルの戦いから目を離せなくなるアイズ。 実力差がありながらも、ミノタウロスを撃破したベルの姿は、アイズの記憶に強く刻まれるのでした。 (C)大森藤ノ・矢樹貴・はいむらきよたか・ヤスダスズヒト また、アポロン主催のパーティで、ヘルメスの計らいにより一緒にダンスを踊ります。 (C)大森藤ノ・ヤスダスズヒト・九二枝 子供の頃から憧れていたから嬉しい、とベルに笑顔を見せるのでした。 2期では、アポロン・ファミリアとヘスティア・ファミリアの戦争遊戯が決まると、ベルのコーチを再び引き受けます。 寝食をともにしながら、一週間みっちりと一緒に訓練をすることになります。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ3:リリルカ・アーデ ソーマ・ファミリア所属のサポーター、リリルカは冒険者に虐げられ、彼らを憎んでいました。 更に、ソーマ・ファミリアのメンバーからひどい扱いを受けていたことから、一切人を信用していませんでした。 ファミリアから脱退する金を稼ぐために、冒険者からの窃盗などにも手を染めます。 そこで駆け出し冒険者で、なおかつ甘そうなベルに目を付けます。 ヘスティア・ナイフを奪うためにパーティを組んで一緒に冒険をします。 ですが、報酬をしっかり等分してくれたり、ナイフを盗んでも「なくした」と一切疑う様子がなかったりと、ベルの純粋さや優しさに触れて罪悪感に悩まされるようになります。 それでも、ダンジョン内でヘスティア・ナイフを再び盗みます。 ベルを置き去りにして逃げ出しますが、途中でリリの財産を狙うソーマ・ファミリアの団員の罠に嵌ります。 騙されたにもかかわらずリリを助け出すベルに困惑します。 「リリだから」。 そんな理由で助けてくれたことを知り、自分のことを必要としてくれたベルに心から惚れ込むことになります。 ここから正式にパーティメンバーとなりますが、ソーマ・ファミリアからの改宗は未だできず。 ですが、アポロン・ファミリアから戦争遊戯を仕掛けられた際に、ソーマに再び退団を願い出ます。 ソーマの出した条件は、人を魅了する「神酒」を飲んでも、同じことが言えるのなら改宗を認めるということ。 リリの両親が、神酒のために振り回されて死んだ。 神酒を求めるファミリアの団員に、散々虐げられてきた。 それを飲んで、リリルカは酒に溺れかけます。 しかし、 ベルへの強い想いでそれを断ち切り、改宗を望みます! ソーマに認められ、正式にヘスティア・ファミリアの団員になるのでした。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ4:サンジョウノ・春姫 イシュタル・ファミリアに娼婦として囚えられていた狐人。 ですが、男の裸を見るだけで泡を吹いて倒れてしまうので処女です。 イシュタルがフレイヤ・ファミリアを打倒するために利用されていました。 ですが、歓楽街で出会ったベルたちによって助けられます。 イシュタル・ファミリアのアイシャたちが春姫を救い出そうとするベルを妨害します。 一度ベルは諦めかけてしまい、春姫は連れ去られてしまいます。 しかしそのとき、ベルはどうしようもない悔しさを味わいます。 彼に強い好意を持つようになるのでした。 春姫についてはこちらで詳しく説明しています。 ベルが落とした魔石を拾ったことで出会います。 彼に弁当を渡したりするなど、好意を見せています。 明確に好意を持ったのはいつかは分かりませんが、ある神と同様に「魂の色」を見分けていると言われています。 彼のナイフを盗んだリリに対して威嚇しています。 (C)大森藤ノ・ヤスダスズヒト・九二枝 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ6:リュー・リオン リューさんは基本的に、ベルとシルの仲を応援しています。 ですが、ベルと交流を深めていくうちに徐々に好意を抱くようになっていきます。 ベルがダンジョン内で行方不明になったときには、ヘスティアたちがダンジョンに潜入することに力を貸します。 また、戦争遊戯の際にも助っ人としてベルに協力することになるなど、かなりベルに対して好意的。 それでもしばらくの間恋愛感情はありませんでした。 呼び方も「クラネルさん」。 で事件は起きました。 冒険中トラブルによって深層・37層まで落ちてしまったベルとリュー。 仲間たちとははぐれ、アイテムもなく直前の戦闘で瀕死の2人。 まさにサバイバルが始まります。 いつもは冷静沈着なリューですが、このときばかりは彼女も恐怖に怯えるほど過酷な状況。 そして、瀕死になっていく2人。 リューですら心が折れ、普通の女の子のような振る舞いを見せます。 そんな中、リューを庇って戦っていたベル。 彼だけは助けなくては。 様々な感情がリューの中を駆け巡ります。 血を流しすぎて消耗している2人。 服を脱いで、リューを後ろから抱きしめて温めるベル。 恥ずかしいけど、ベルの顔を見たい。 そんなとき、リューは自らの過去を打ち明けます。 アストレア・ファミリアの仲間を失ったという、壮絶な過去。 「自分に正義はない」とこぼすリューを、ベルは癒やします。 そして、襲ってくるモンスター。 ベルはリューを寝かせ立ち向かいます。 リューはアストレア・ファミリアの夢を見て、まだ向こうにはいけないと決意。 覚醒しベルを助けます。 というわけで、ストーリーが進むとリューさんは堕ちます。 リューさん好きは読んでください。 より詳しくリューさんについて知りたければ、こちらをどうぞ。 彼のことは弟のように面倒を見ていました。 浮いた話はないものの、よく冒険者に言い寄られています。 彼女の好みは、ベルのような 「少し頼りないくらいの男性」。 とはいえ、しばらくはやはり弟のような存在として見ていました。 でストーカー被害を受けた時、ベルが護衛として付いたときにはご機嫌でした。 冒険者に結婚を申し込まれた際には、「ベルと付き合っている」という嘘で乗り切ったり、満更でもないところが見受けられました。 そして、で本格的に恋愛感情を自覚します。 ベルがアステリオスというモンスターと戦い、敗北。 悔し涙を流す姿を見て、自らがベルに恋していることを自覚するのでした。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ8:ティオナ・ヒリュテ ティオナはかなりベルに好意的な目を向けています。 きっかけは、ベルとミノタウロスの戦いを目撃したこと。 ベルが戦う姿を、幼少期に好きだった英雄譚、「アルゴノゥト」の主人公と重ねています。 そのことから、ベルのことを「アルゴノゥト君」と呼ぶように。 アポロン・ファミリアとの戦争遊戯の際、ベルとアイズの特訓にくっついてきます。 とはいえ、今のところ恋愛感情のようなものは見受けられません。 まだ興味がある、というレベルでしょう。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ9:カサンドラ・イリオン アポロン・ファミリア所属の女性。 予知夢を見ることができますが、周囲からは妄言扱いされていました。 しかし、戦争遊戯に敗北し、アポロン・ファミリアが解散した後、ヘスティア・ファミリアのホームへやってきます。 そこで ベルが自分の予知夢を信じてくれたことに感動。 このときから彼のことを意識し始めます。 そして、では、ベル達とパーティを組んでダンジョンへ。 自分とベル以外が全滅してしまうという予知夢を回避するために尽力します。 そしてベルと別れて戦う際、 「一緒に地上に戻ったら……もっと、いろんなことを……たくさん、話したいです」と告白のような発言を。 間違いなくこの巻のメインヒロインです。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ10:フレイヤ ベルは、美の神・フレイヤにも目を付けられています。 彼女は魂の色を見ることができますが、そんな彼女でも見たことがない、ベルの「透明」な魂を気に入ります。 自分にふさわしい英雄に仕立て上げるため、様々な試練を裏で用意しています。 ベルのことを奪おうとしたイシュタルに対しては、ファミリア総出で攻撃。 イシュタル・ファミリアを壊滅まで追い込みます。 恋愛というよりかは、独占欲のようなものが強いですね。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ11:アイシャ・ベルカ 歓楽街で春姫を探していたベルを見かけ、彼のことを気に入ります。 春姫の騒動のあとも、ベルのことを諦めずに狙っています。 「お気に入りの雄」として強さや容姿、人格も含め気に入っていて、性的な意味で狙っている模様。 モンスターである自分のことを治療し、連れ出してくれたベルに心を開きます。 そして、冒険者に狙われ続けることになったウィーネをかばうベルに好意を伝えます。 「・・・夢を、みるの」 「だれも、わたしをたすけてくれない・・・こわい夢」 「でも、ね?」 「こんどは・・・たすけにきてくれたひとが、いたんだよ」 「うれしい・・・」 「ベル・・・大好き」と。 ダンまちを楽しむなら ちなみに、いくつかダンまちをお得に楽しむ方法があるのでご紹介しますね。 【公式アプリ】マンガUP! でダンまちとソード・オラトリアの原作&漫画を無料で読む まず、マンガUP! 無料なのでとりあえずダウンロードがおすすめです。 U-NEXTへアクセス まずはこちらから、U-NEXTへアクセスします。 まずは31日間無料お試し をタップ 目立つ所にある、 「まずは31日間無料体験」 というボタンをタップします。 個人情報・アカウント情報を入力 「姓名(カナ)」「生年月日」「性別」「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」「都道府県」 などを入力します。 プラン確認・決済方法を入力 お支払い方法などを設定する必要がありますが、 これは無料期間を過ぎたときのためです。 クレカ払いか、ケータイ払いかを選びます。 登録完了! これで登録完了となります。 ダンまちの原作を揃える ダンまちの原作を揃えて、いろんなキャラとのやり取りを楽しみたいなら、ebookjapanというサイトがオススメ。 会員登録で半額クーポンがもらえるので、好きな巻を1冊50%オフで買うことが出来ます。 いつまでキャンペーンやってるかわからないので、お早めに。

次の

リリルカ・アーデ (りりるかあーで)とは【ピクシブ百科事典】

ソーマファミリア

概要 CV: 【ソーマ・ファミリア】所属の小人族(パルゥム)の少女。 15歳。 愛称は「 リリ」。 ダンジョン探索の裏方役存在のサポーターで、駆け出し冒険者のに自分を売り込んでパーティを組む。 戦闘は得意ではないが、サポーターで培った豊富な経験と知識を駆使して立ち回っている。 また、洞察力にも長けており、的確な助言を与えて判断を促すなど参謀の役目を担っている。 原作6巻にて【】に改宗し、主にファミリアの会計係を務めている。 人物像 名前を呼ぶ時は「様」をつけるなど誰に対しても敬語で話すが、物言いには遠慮がなく少し毒舌。 【ソーマ・ファミリア】に所属する両親の間に生まれたため、生まれてすぐ【ソーマ・ファミリア】に所属した。 その後、両親は神酒(ソーマ)のために無謀な冒険をして死亡し、リリ自身も冒険者としての腕は恵まれずサポーターに転身する。 一部の冒険者から侮蔑されているサポーターという立場と【ソーマ・ファミリア】の劣悪な環境により人を一切信用しない性格になり、さらに自分は必要とされないと生まれてきたことを呪うなど自虐的な心理状態になっている。 【ソーマ・ファミリア】から脱退するためと冒険者に仕返しするために、魔法を用いて冒険者から装備を奪って売り払い金を集めていた。 一時期は善良な老夫婦の経営する花屋で住み込みで働いていたらしいがこれも【ソーマ・ファミリア】の冒険者のせいで台無しになってしまったらしく巻き込まれた老夫婦から罵倒され追い出されてしまう その後老夫婦はリリに半端な優しさから居場所を与え心無い言葉を浴びせ追い出してしまったことを後悔したらしいがこれを聞いたリリは再び顔を合わせるのは彼等にとって酷なことだと考えてる。 当初はベルもカモとして目を付けて「ヘスティア・ナイフ」を奪うためにサポーターを売り込むが、冒険を重ねるうちにベルの今までの冒険者とは違う優しさと純粋さに触れて次第に罪悪感が生まれ思い悩んでいく。 最終的に「ヘスティア・ナイフ」を奪って裏切ったにも関わらず、【ソーマ・ファミリア】の冒険者達の罠で窮地に陥ったところを助けられる。 助けてくれた理由が 「リリだから」と聞き、自分を必要としてくれたベルに心からのお礼と謝罪を述べた。 それ以降は正式にパーティを組み、ベルに対して心からの好意と敬意を抱くようになり、度々アプローチをするようになる。 そのため、から彼を巡るライバルとして敵視されている。 一方で、ベルが他の女性といると不機嫌になることが多い。 後にパーティに加わるからは「リリスケ」と呼ばれ、憎まれ口を叩き合うこともあるが、仲はそれほど悪くない。 【】の団長であるから、自分の怪我を顧みずミノタウロスに襲われているベルを助けて欲しいと身を挺して導いた彼女の『勇気』に感銘を受け、縁談を持ち掛けられた事がある。 この時丁度 憧憬一途 リアリス・フレーゼ の存在とベルのアイズへの想いを知ってしまったことで、一時やさぐれてしまうが、例えベルに想い人がいたとしても自分の気持ちは変わらず、これからも彼を支えていきたいという事を伝え縁談を断り、他にいい小人族を見つけたら紹介するとフィンに約束した。 フィン自身も断られる事は薄々察していた様子 ちなみにこの件が原因で一時期に追い回されていた。 強制遠征のクエストを受けた際に自身の実力不足に悩んでいたが、からが当初は指揮官として成り上がったという話を聞かされ、指揮官としてパーティーに貢献することを決め、指揮経験のあるダフネに弟子入りする。 遠征では彼女の指令により危機を脱した状況も少なくなく、外伝でも大規模な戦場の指揮を 咄嗟に口に出してしまったとはいえ 二面同時に受け持つといった活躍を見せ、そんな彼女の指揮する姿を見て、ダフネやは本物のフィンを彷彿させた。 遠征から無事に帰還後、 ついにレベル2に昇格する 小人族は種族的に中々レベルが上がり辛い為かレベル2になった際は普段のキャラが崩壊するほど喜んでいた。 15巻のあとがきによると、作者は当初リリを才能のない代表としてランクアップさせるつもりはなかったらしいが、そこに編集長が「ここはランクアップしなきゃダメだろ?」的な事を言われたらしく、今迄の彼女の活躍を読み返していき、ランクアップさせるという方針に至ったとのこと。 リリ「編集長様グッジョブです!」 なお、種族の特性上かなりの小柄ではあるものの、なかなかに出るとこは出ている。 実はベルよりも年上なのでお見合いの一件の時は年上であることを生かしてベルをからかったことも。 元【アポロン・ファミリア】団員のルアンとは戦争遊戯後も何かと顔を合わせる腐れ縁で知り合い以上友人未満といった関係、当初は一方的に嫌われていたが色々あって現在はそれなりに話せる仲となった。 戦闘スタイルは。 基本的に非力のためサポートに徹していたが現在は指揮を取って味方に指示を下すスタイルに変更している。 縁下力持(アーテル・アシスト) 一定以上の装備過重時における補正。 簡単に言うと、たくさんのアイテムや荷物を持てるようになる。 能力補正は重量に比例する。 指揮想呼 コマンド・コール 遠征帰還後に習得したスキル。 彼女が目標として掲げたフィンも 指揮戦声 コマンド・ハウル という同種のスキルを所持しており、指揮官としてベルや仲間たちの力になろうという想いから発現したと思われる。 一定以上の叫喚時における伝播機能拡張がなされる。 乱戦時には戦闘規模によって拡張補正に比例がかかるなど、指揮官としては重宝するスキルである。 こちらはレベルによって最大範囲が比例する。 発展アビリティ• 耐異常 状態異常の攻撃に耐性を持つことの出来る。 Lv.2になる際、他に 調合というアビリティも会得可能だったが、サポーターとしての今後の自分を優先して、こちらのアビリティを選んだ。 シンダー・エラ 体格が大体同じなら、どんな姿にでも変身できる変身魔法。 詠唱式は【貴方の刻印 きず は私のもの。 私の刻印 きず は私のも】 解除詠唱は【響く十二時のお告げ】。 ランクアップ後は魔法の発動速度が上昇した。 ベルにもサポーターとして売り込んだ時は、犬人(シアンスロープ)の姿で会っていた(先日に自分に恨みを持つ冒険者に追われてた時に、ベルに本当の姿を見られたため)。 正式のパーティを組んだ後も、生きていることが【ソーマ・ファミリア】にバレない様に、ファミリアの因縁に決着をつけるまでは犬人の姿でいることが多かった。 魔力のアビリティが上がれば衣服などもある程度融通がきくという。 モチーフは勿論「」であり、名前もシンデレラの英語表記「Cinderella」からきている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の