カロナール インフルエンザ。 インフルエンザに解熱剤は効果ある?カロナールやロキソニンは?

インフルエンザでNGな解熱剤|カロナール、ロキソニンは?飲んでしまったら?

カロナール インフルエンザ

高熱だけでなく頭痛を伴うことがあるインフルエンザ。 冬になると、子どもから大人まで多くの人が感染する病気です。 インフルエンザにかかったときに病院から処方される薬は、 「タミフル」、「イナビル」、「リレンザ」などが有名ですね。 しかし、カロナールという薬を合わせて処方されることが あることをご存じでしょうか。 カロナールは、頭痛を伴うインフルエンザの症状に対して 用いられることが多い薬の1つです。 「カロナールという名称は、聞いたことがある」 「子どもがインフルエンザになったときに処方された覚えがある」 という方も少なくないでしょう。 では、そのカロナール、病院から処方されるままに 何の疑問もなく服用していませんか? カロナールに限らず、薬には効果だけでなく、 必ずと言っていいほど注意点や副作用というリスクを伴います。 そのため、患者になる私たちは、処方される薬について 正しく理解することが大変重要なのです。 では、カロナールとは、具体的にどのような効果や 注意点、副作用がある薬なのかをご説明していきます。 インフルエンザによる頭痛にカロナールが処方される理由 まず、なぜ、インフルエンザによる頭痛にカロナールが処方されるのでしょうか。 頭痛がひどいインフルエンザの場合、 病院からは、カロナールもしくはロキソニンを 処方されることが多いです。 しかし、ロキソニンは、カロナールよりも 患者になる私たちに対する条件が厳しい薬でもあります。 例えば、妊娠中や授乳中の女性や腎機能が低下している患者には 処方が控えられる、などです。 そのため、ロキソニンに代表される解熱鎮痛剤の中でも 安全性の高いカロナールが処方されることが多いのです。 特に、未成年の子どもがインフルエンザにかかり、 頭痛がひどい場合には、カロナールの処方が安全とされています。 日本小児科学会からも、アセトアミノフェンの成分を含んだ カロナールが推奨されています。 「一般的に頻用されているアセトアミノフェンによる本症の致命率の上昇はなく、 インフルエンザに伴う発熱に対して使用するのであればアセトアミノフェンがよいと考える。 平成12年11月12日 日本小児科学会理事会」 カロナールってどんな薬?その効果・用法・用量とは。 カロナールは、アセトアミノファンを主成分とした解熱鎮痛剤です。 中枢神経に働きかけて解熱鎮痛効果を発揮する作用、 また、体温調節中枢に直接作用して、熱放散を増大させて熱を下げる効果があります。 具体的な効能・効果は、以下の通りです。 1.疾患・症状の鎮痛 頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、 がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症 2.疾患の解熱・鎮痛 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む) 3.小児科領域における解熱・鎮痛 カロナールは、インフルエンザによる頭痛の他にも、 様々な病気の症状を和らげるために処方される薬であるということを 分かっていただけたかと思います。 続いて、用法・用量についてです。 効能・効果1の場合( 疾患・症状の鎮痛) 通常、成人には1回300~1000mgを投与し、その間隔は4~6時間以上とする。 スポンサードリンク なお、年齢・症状により増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 効能・効果2の場合 (疾患の解熱・鎮痛) 通常、成人には1回300~500mgを投与する。 なお、年齢・症状により増減する。 ただし、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 効能・効果2の場合( 小児科領域における解熱・鎮痛) 通常、幼児及び小児には、体重1kgあたり1回10~15mgを投与し、 投与間隔は4~6時間以上とする。 なお、年齢・症状により増減するが、1日総量として60mg/kgを限度とする。 ただし、成人の用量を超えない。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 少し専門的で難しい内容に感じられたかもしれませんね。 しかし、患者になる私たち自身が、口にする薬のことを 一番理解しておく必要があるのです。 また、子育てママさんやパパさんは、 子どもたちに処方される薬についても同様に知っておきましょう。 まずは、病院から薬を処方されたら、処方せんに必ず目を通しましょう。 そして、不明点・疑問点はそのままにせず、医療機関に問い合わせることが大切です。 カロナール服用の注意点と副作用は? ここまでご説明したような効果があるカロナールですが、 服用にあたっての注意点と、副作用があることも知っておきましょう。 服用間隔 胃腸障害を防ぐために、食後の服用が原則です。 また、必ず4時間以上の間隔をあけて服用し、 飲み忘れたときは、複数回分をあわせて飲んだりしないでください。 持病・使用中の薬の有無を伝える 持病や現在使用中の薬の有無を医師に報告しましょう。 特に血液の病気、腎臓・肝臓・心臓の病気がある人、 過去にそれらの病気になったことがある人、 絶食・低栄養状態・摂食障害などによるグルタチオン欠乏、脱水症状のある人、 過去に解熱鎮痛剤で過敏症状を起こしたことがある人などは、 あらかじめ、医師に報告しておくと安心です。 また、カロナール服用中に、市販薬を使う必要が生じた時には、 医師に相談してから使用しましょう。 妊娠中・授乳中の場合 妊娠している、あるいは妊娠している可能性のある人、 母乳で授乳中の人は、カロナールを処方できない場合があります。 あらかじめ医師に報告してください。 服用の効果が見られない場合 3日以上服用しても症状の改善か見られないことがあれば、 医師に相談するようにしましょう。 アレルギーを起こすことも少なく、重い副作用はほとんどありませんが、 主な副作用として、過敏症(発疹)、嘔吐、食欲不振、 血小板機能低下(出血時間の延長)などが報告されています。 まれに下記のような症状があらわれることがありますので、注意は必要です。 息苦しい、全身の発赤、蕁麻疹• 高熱が出る、皮膚や粘膜に発疹・水疱ができる、眼が充血する• 苦しさ、喘鳴(ヒューヒュー音)• けん怠感、食欲がない、皮膚や白目が黄色くなる• のどの痛み、発熱• 息苦しい、咳が出る、発熱 また、以上の副作用はすべてを記載したものではありません。 上記以外でも気になる症状が出た場合は、医療機関に相談しましょう。 いかがでしたか? カロナールに限らず、薬には効果だけでなく、 必ずと言っていいほど注意点や副作用というリスクを伴います。 何よりも重要なことは、患者になる私たちが、 処方される薬について正しく理解することです。 まずは、病院から薬を処方されたら、処方せんに必ず目を通すこと。 そして、不明点・疑問点はそのままにせず、医療機関に問い合わせること。 これらを守って、安心して薬を服用しましょう。

次の

新型コロナ、「カロナールで熱下がる」「インフルより症状軽い」との真偽不明情報広がる

カロナール インフルエンザ

当クリニック近くの幼稚園・小学校でもインフルエンザなどの発熱疾患で学級閉鎖となり、おうちでお子さんを看ておられるお母さん・お父さんのご苦労を聞く機会が増えています。 季節的に他のお子さんの受験(中学受験も始まりましたね)やお仕事への影響もさることながら、 「どういうことに気をつけて、インフルエンザにかかった子どもを家で看ていけばよいのか」という質問が多くなっています。 そこで今回は… 【おうちで子どものインフルエンザを看病する際に注意することについて】 書きたいと思います。 〈一般的な注意〉 十分な水分をとり、消化のよいものを食べ、暖かくして休むのが一番の治療です。 一般的には、発熱は3日間程度で治まり、咳や鼻水などはその後数日程度続き、軽快していきます。 〈肺炎などの重症感染症や脳症への注意〉 子どもは肺炎や脳症などの重症化のリスクがあり、自宅療養中は注意を怠らず見守ることが必要です。 特に発症して3日程度、発熱している期間はよく状態をみてあげてください。 また、ぼーっとして呼びかけに答えなくなったりする場合には要注意です。 ;インフルエンザ脳症患者家族の会「小さないのち」アンケート調査より)は脳症の早期症状である可能性があり、早期に医療機関にご相談ください。 〈解熱剤の使用について〉 インフルエンザにかかった子どもの解熱剤には注意が必要です。 原則 カロナールや アンヒバなどの「 アセトアミノフェン」を、 体温が38~38. また、生後6ヶ月未満の乳児は解熱剤を使用すると、体温を下げすぎてしまうことがあるため、解熱剤の使用は医師に相談してからにしましょう。 1度解熱剤を使ったら6時間以上間隔をあけ様子を見てください。 直ぐに熱が下がらないからといって追加して使わないように気をつけましょう。 もちろん氷枕や脇・足の付け根などへ凍らせた保冷剤などをタオルで包んだものでの直接的な冷却は、効果的で望ましいのでオススメです。 その際も、体温を下げすぎないように注意しましょう。 【注意】 大人で使用するアスピリンや一部の解熱剤(ジクロフェナクナトリウム;ボルタレンなど。 メフェナム酸;ポンタールなどやイブプロフェン;ブルフェンなども注意が必要)には小児インフルエンザ感染症と急性脳症の発症との関連がいわれていますので、子どもに使用してはいけません。 この脳症はライ症候群と呼ばれています。 【ライ症候群とは(厚生労働省ホームページより)】: 急性脳症(嘔吐、意識障害、痙攣、高熱等の症状)で、肝臓ほか諸臓器の脂肪変性、CT上脳浮腫が見られる等により特徴づけられるものをいう。 水痘、インフルエンザ等のウイルス性疾患の先行後、主に小児において発症する。 〈学校の出席停止期間について〉 文部科学省が所轄する学校保健安全法では、インフルエンザ感染症の出席停止の期間の基準を… >インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H五N一)及び新型インフルエンザ等感染症を除く。 )にあつては、解熱した後二日を経過するまで。 と定めています。 詳しくは通っていらっしゃる学校へお問い合わせください。 ーーーーー みなさんの早い回復をお祈りしております! カテゴリー• 289• 27 最近の投稿• 最近のコメント• に 長幸美 より• に 小田原 薫 より• に 猪瀬美樹 NHK より• に 金井一薫 より アーカイブ•

次の

インフルエンザ脳症は解熱剤ロキソニン・カロナールが原因?

カロナール インフルエンザ

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 「カロナール」という薬をご存知ですか?カロナールは、解熱・鎮痛作用がある「アセトアミノフェン」という成分を含んでおり、インフルエンザで高熱や頭痛がつらい場合に処方されることがあります。 今回は、インフルエンザにカロナールは効くのか、効かないこともあるのか、注意点はあるのかについてご紹介します。 インフルエンザってどんな病気? インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染により起こる病気で、毎年世界各地で流行しています。 インフルエンザの特徴的な症状は、高熱や頭痛、全身の倦怠感、筋肉痛、関節痛です。 また子供がインフルエンザにかかった際は、中耳炎や熱性けいれん、気管支喘息、肺炎、インフルエンザ脳症などを発症することもあり、注意が必要です。 関連記事 インフルエンザにカロナールが効く? 前述したとおり、インフルエンザにかかると高熱が出て、頭痛などの症状も見られます。 それらの症状を和らげるために、医師から「カロナール」という薬を処方されることがあります。 カロナールは、「アセトアミノフェン」という成分を含んでいます。 カロナールの効果は? カロナールは解熱鎮痛剤で、熱を下げる作用や、痛みを和らげる作用があります。 関連記事 インフルエンザにカロナールが効かないこともある? インフルエンザで高熱や頭痛があらわれた場合、カロナールを使っても目立った効果が見られないこともありえます。 その場合に考えられるのは、以下の3つの理由です。 インフルエンザの熱が上がっている最中 インフルエンザに限らず、感染症や風邪で発熱する際は、「熱が上がっている期間」、「発熱が一定している期間」、「熱が下がっている期間」があります。 このうち、熱が上がっている期間にカロナールを使用しても、カロナールによる解熱作用が相殺され、効果がないように見えることもあります。 カロナールの使用量が少ない カロナールは体重に応じて使用量が決められており、場合によっては座薬を1回に2~3個使用することもあります。 処方されたとおりの量を使用しなければ、十分な効果が見られないこともあります。 カロナールの効果に対する誤解 一般的に、解熱剤は発熱によるつらさを取り去るものであり、熱自体を下げることが目的ではありません。 そのため、カロナールを使用したからといって、必ず平熱に下がるということではありません。 上記のような理由がないにも関わらず、カロナールを使っても高熱がなかなか引かない、呼吸が苦しい、全身のだるさが治まらないなどといった場合は、小児科や内科を再度受診して、医師の判断を仰いだ方がいいでしょう。 病院に行く前に、服用している薬などを確認しておくとスムーズです。 インフルエンザの熱や頭痛にはカロナールが効果的 熱や頭痛がつらいインフルエンザ。 解熱・鎮痛作用があり、赤ちゃんも使用できるカロナールは、そのつらさを和らげるために有効な薬です。 ただし、子供の体重などによって服用量が異なるので、自己判断での服用は避けたほうが良いでしょう。 医師の注意に従って、適切に使用してくださいね。

次の