ゼルダ の 伝説 ガーディアン。 ゼルダの伝説BotWのガーディアンって強すぎない?│SWITCH速報

【ブレスオブザワイルド】ガーディアンが強い!倒し方まとめ

ゼルダ の 伝説 ガーディアン

攻略法 近接攻撃は、腕を回転させ始めたら回避してラッシュ ナイフ・ランスなら、横跳び アクスなら、バク宙 (ガードを構えている場合は左手の武器がくるので注意) また、極意の場合壁にする柱がないので、床の鉄箱をマグネキャッチで持ち上げると壁にできます。 力UP効果Lv3と併用することで、壊れる前に決着をつけることが可能。 コメントフォーム• 所持武器が固定なのかどうかは不明。 即座の再チャレンジでは復活しないようなので、 ブラッディムーンで復活するのかも? 2017-03-16 木 13:14:33• ハイラル城の地下?(本棚を磁石でよけるところ)にも極意ありますよ 2017-04-10 月 23:40:06• 船着き場のサス・コサですね 2017-04-30 日 17:37:04• 同じような状態 インパクエ未クリア・地図全解放 で挑んだけど雷電の槍で叩いて即座に王家の両手剣 森林の塔産 に持ち替えて切るを繰り返してたら勝てたぞ 回転し始めたら氷の矢で動き止めて近接攻撃 2017-09-12 火 12:25:25• 自慢気持ち悪い 2018-05-24 木 05:08:41• きっしょw 陰キャさん、友達がいないからってそういうのはママかチラシの浦出やろうな 2019-04-22 月 02:29:23• ガードの攻撃は上昇気流の発生する回転ビーム以外は回転突撃まで全部ジャストガードで弾けますので ボコ盾一個あればノーダメ完封も可能でした 2017-04-29 土 13:01:53• ラストのビームはガードジャストで弾けば一撃で倒せる。 タイミングも外のガーディアンと同じ。 2018-04-17 火 06:47:34• 小型ガーディアンは手持ちの武器で攻撃する際に必ず武器を構え直す予備動作があるので、そのタイミングでステップするとジャスト回避できる。 極位の場合は最初から柱が建ってない場合があるが、その際もアイスメーカーかマグネキャッチで必ず盾に出来る柱を作る事が出来るようになってる。 2018-05-24 木 20:02:53.

次の

【ブレスオブザワイルド】ガーディアンが強い!倒し方まとめ

ゼルダ の 伝説 ガーディアン

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の、モンスター「 ガーディアン」の倒し方についてのメモです。 探索範囲を広げると、ハイラルの様々な場所で「ガーディアン」を見かけるようになりますが、通常の武器を使用しても僅かなダメージしか与えることができません。 まともに戦うためには、特殊な武器を手に入れ、敵の弱点を突く必要があります。 対ガーディアン用の武器 ミニチャレンジ「もう一人の研究者」をクリアすると、素材とルピーを消費することで「古代兵装」の製造が可能になります。 ただし、武器や防具には「古代のコア」や「古代の巨大なコア」が必要なため、簡単に作ることができません。 「古代兵装・矢」であれば、コアを用意せずに済む上、使い方次第で、かなりの威力を発揮します。 ・ また、探索中に発見できる宝箱や「試練の祠」で、武器を調達する方法もあります。 「力の試練」の祠では、試練の相手として、小型ガーディアンが出現。 撃破することで、「ガーディアンナイフ」のような、ガーディアン系の武器を入手できます。 「中位」や「極位」の試練であれば、「ガーディアンアクス+」や「ガーディアンナイフ++」など、難易度に合わせて武器の性能もアップ。 ・ これらの武器を装備して戦えば、ガーディアンにダメージを与えることが可能です。 「ガーディアン」対策 恐らく、最初に目にすることになる稼働中のガーディアンは、6本の脚で歩き回る「ガーディアン 歩行型 」ではないでしょうか。 こちらを発見すると、一定の間合いを保ちながら追跡を始め、一定時間のチャージ後に、強力なレーザーを発射します。 ガーディアンの弱点は、光線を照射する「目」の部分です。 属性のない通常の矢を当てれば、レーザーをキャンセルさせた上、短時間ながら動きを止めることが可能。 古代兵装や、ガーディアン系の武器であれば簡単に脚を切断できるので、動きを封じてから、胴体に攻撃を加えます。 その際、完全に倒すまでは頭部が動き続けるので、敵の倒れた角度によっては注意が必要です。 さらに手っ取り早いのは、敵の目を狙う際に「古代兵装・矢」を使用する方法で、弱点にヒットすれば一発で撃破可能。 これは、飛行型も同様で、よく引きつけて狙うのがポイントです。 「古代のコア」や「古代の巨大なコア」はドロップ率が低めなので、素材目当てで戦う場合は、直前でセーブしておき、欲しい素材が出るまでロードして戦闘を繰り返せば、矢のコストも節約できます。

次の

ゼルダの伝説BotW「古代素材の入手と使い道」。「シーカーストーン強化と装備」

ゼルダ の 伝説 ガーディアン

とは、「」に登場する敵である。 概要 が1万年前に族の技術を結集して作り上げた、対用の自立。 形状から、歩行・飛行・台・小の4種類に大きく分けられるほか、の大厄災時に破壊され朽ち果てたものもある。 元々は討伐のために作られたものだが、年前の大厄災の際に逆にに乗っ取られ、では見なくを襲う危険な存在となり果ててしまっている。 いずれの機体にも共通する特徴として、敵を認識すると機体の模様がなに発する こののはの念に由来するもので、本来は起動中は色に発する。 胴体に一つのような意が施されており、ここから敵と認識した相手をがけて強な攻撃を発射するのも特徴。 生半可な量や防具だと即死する威もさることながら、このは狙いが非常に正確であり、なおかつ抜群の射程を誇る。 加えて歩行は移動もより速く、かつ体も0と序盤のではかなり厳しい数値。 そのこともあって、を始めたばかりのからは「 」と認識されることも多い。 する際のがかなりで焦らせるものであることもそれに拍をかけている。 しの、意外にも で相手に跳ね返すことが可である。 はシビアだがであれば何でもよいため、極端な話、やの蓋でも問題ない。 の高威は相手にとっても非常に強なため、跳ね返すだけでかなりの体を奪い取ることが可。 朽ちた個体であれば一撃で倒すこともできる。 が苦手という人でも、対特効をもつもあるため、それらを用いて戦うというのも悪くはない。 達からは重なが手に入るため、に慣れてきたからは一転して「 」として扱われることもしばしば。 エション・パスを導入した場合に遊べるの第一弾に収録された「」では、なんとはを打つ際に 時々でをてくるようになった。 の場合はが遅れて発射されるため、今まで通りにするだけでは逆に隙をしてしまい、そのままの餌食になってしまう。 もしされた場合は、ある程度のが離れていれば後に即座に左右どちらかに全で走ればを避けることができるので、を遊ぶ時は覚えてう。 なお、での敵共通ので体が自動回復するも得ているため、反射で倒す時は多くの場合必要な反射回数が1回ほど多くなってしまうことも忘れずに。 ちなみに開発の話によると、の原案はから登場している伝統の敵「オクタ」とのこと。 オクタは較的速いで動き回りつつに対し口から岩を吐き出して攻撃するの。 言われてみれば多数の脚で地面を疾走しながらこちらにを撃ち込む歩行と似ている気がする。 なお、には当のオクタ自身も様々なをえて参戦している。 こちらも正確な岩飛ばしでを苦しめるな敵となっている。 以下に、各形状ごとのの詳細を記す。 朽ちたガーディアン にを進めた場合、一番い段階で遭遇することになる。 始まりの大地にある東の跡を筆頭に、各地に点在する。 全て、後述する「歩行」が朽ちた個体しか存在しない。 年前の大厄災時に破壊された後長い間放置されしている。 調べるとが入手できるほか、等で持ち上げると、複数のが入手できる。 が、中には近づくと再び動き出す個体もいる。 に伴い脚部が壊れてしまっているためか移動することはできないが、正確かつ強な長射程は健在。 対抗手段がない間なしく見つからないように移動した方がいいだろう。 ただし動かないことを逆手にとって、での反射の台に使うのも有りである。 慣れないうちはやの護りでをかけてう。 歩行型 を中心に各地をうろつく、恐らく最もな外見の。 のになっているのもこのである。 「既存のどのにもない」と謳われるほどの破格の走破性を誇る6本の長い脚を使い、しぶとくを追い詰めてをバンバン撃ち込んでくる。 体も非常に高く、序盤のではまともに倒そうとすると何本もを折ることになるだろう。 また、朽ち果てたに見えても近づいたら急に動き出すというのような個体もいるため要注意。 、幾つかの弱点を持つため、慣れてくると倒してしまうのもりに的になってくる。 脚部は部位破壊できる。 破壊時にがスタンするため、スタンが解ける前に別の足を破壊するのを繰り返せば抵抗のを好き放題殴り続けられる。 くる身が特徴のや兵装、そしてはに特効がある。 特に脚部破壊は威に関係なく一撃で可であり、が非常に楽になる。 が弱点であり、で射るとスタンする。 この隙にるなり、接近して脚破壊に持ち込むなりお好きにどうぞ。 また、はやや悪いものの兵装・矢であればを射ると一撃で倒せる。 を手く処理したいときに活躍する。 一度見つかっても遮蔽物に隠れると簡単にこちらを見失う。 回り込んで脚破壊に• によるでを跳ね返す。 3回跳ね返せば倒せる。 は高いがを一切消耗せずに倒せるため、はで高い。 飛行型 の周囲やのオル地などの中を巡回する。 歩行に更なる良を施した次世代機らしく、中からの偵察や攻撃を可とする。 3つのペラを使ってを飛び、を用いて侵入者を探し出す。 もしに見つかってしまうと猛なでこちらを追跡し、例によってからを撃ち込んでくる。 自体は相変わらず強だが、歩行にべに照らされなければ見つからないであり、やり過ごすのは較的簡単。 また、バク矢が必要だがペラを全て破壊すればさせることができ、そのまま地上戦に持ち込める。 一方、を飛んでいる都合上、を反射できても相手に当たりにくいため、飛行に限っては反射で倒すのはあまり得策とは言えない。 加えてや足場の悪い場所を飛んでいることも多く、この場合倒しても回収はかなり面倒であるため倒すが薄く、通常はが難である。 どうしても倒したいときは矢を使うのが最も手っ取りい。 歩行と同様にを射るか、3連射で3発全てさせると一撃で倒せる(を狙う必要はない)。 なお、この飛行をさらに小化した「プルペラ」というのようなのものも存在する。 こちらはとある限定の機体であり、自身からはでの攻撃も行なわないが、もしに見つかってしまうと敵が非常に危険な攻撃を行う。 ちなみに、ウツシエを撮る機会はここだけなので、図鑑を狙っている人は要注意。 砲台型 の内各地に設置された固定式の。 などの拠点防衛用として作られたものであるためか移動は一切できないが、その反面体に優れており破壊は大変。 歩行の脚をオミットしたことにより、本来の攻撃を維持しつつ大幅なに成功したらしい。 飛行が歩行の次世代機であれば、こちらは歩行の廉価版と言ったところか。 ただ、見ただけなら歩行と言うよりもむしろ「ペラが取れた飛行」と言った具合。 そのため、実際の所は飛行の廉価版なのかもしれない。 設定されている場所が少なく、動けないことから的には単に「体の多い朽ちた」でしかないためか、他のと較してややは薄い。 しかし、設置場所がいずれもかなりなため見つからずに通り抜けるのは非常に難しい。 下手に相手にしていると他の敵にも見つかりやすいため、場合によっては一気に駆け抜けることも必要になってくる。 小型ガーディアン 試練の祠の内部やの内部に設置されている文明の一種。 元々は対用に作られただったが、多足移動機構と照射機を流用し、の訓練用として作り変えられたものらしい。 単純なの流用だけに留まらず、個体によってはや、と言ったやを用いて戦うこともできるようになっているなど、様々な部分で良も施されているようだ。 なお、通常の敵と同様これらの装備は倒すとする。 また、一部の個体は「の試練」と呼ばれる、のを鍛える試練向きの設計が行なわれており、専用の高いを誇る強な個体に仕上がっている。 「序位」のものは所持しているが1つだけだが、「中位」になるとが可になっており、更に「極位」となると三流までこなせるようになっている。 するはは低めなものの威はどれも高めで、特に「極意」の個体が持つ装備はかなり強。 ラルや王と違って祠固定で序盤から入手でき、かつッディムーンで復活するため、小撃破が安定すれば、序盤から終盤まで安定した供給として利用できる。 試練の祠の個体はに操られているわけではないため、時はではなく色に発する。 一方で内部のものはの制御下に置かれているため、に発するという違いがある。 関連動画 関連商品 関連項目• 縄文土器.

次の