アーノルドクラシック。 混戦必至!アーノルドクラシック 2020 in コロンバス出場者

山岸秀匡がアーノルドクラシックで優勝なんでニュースではスルーなん? ...

アーノルドクラシック

こんにちわ、筋肉紳士ALLOUT代表のAKIHITO()です。 今回「 筋肉紳士応援プロジェクト」ということで、ALLOUTとして、皆様に「 ご報告」と「 お願い」がございます。 そう、あのシュワちゃんの冠大会 「アーノルド」にHIDEが参戦します!!!! HIDE ヒデ そして、皆様にお願いがあります! 実はこの大会、 日本代表ではあるものの、旅費は指定された旅行会社にて 自腹で参加という過酷なもの(涙) 夏のハイシーズンのバルセロナはホテルも高く、 費用が20万円ほどかかってしまうそうなんです… そこで、 ALLOUTとしても一部旅費をサポートするのですが、それでもやはり全額というのは難しいため、その大会へ出場費用の一部をクラウドファンディングのような形で、ぜひ ファンの皆様にもご支援頂きたいという所存です。 HIDEにとって初の海外大会。 何とか成果を出したいと思いますので、ぜひご協力頂けると幸いです。 もちろん、応援頂ける方には心ばかりですがHIDEからのリターンもご用意させて頂きます! 今回のHIDEのアーノルドへの挑戦を 「筋肉紳士応援プロジェクト」という形で、ぜひ、ご支援&拡散、お願い致します。 全国に400名以上のマッチョをネットワークし、全国各地のイベントなどに出演する、 『筋肉紳士』をコンセプトに鍛え上げられた「カッコイイ体」でオーディエンスを圧倒的に盛り上げる マッスルパフォーマンス集団です。 いつでも、どこでも、いま持っているすべての力を出し切って、みなさまの社会活動に貢献したい。 それがALL OUTという名前に込められた、私達の想いです。 全国各地、様々な分野で活躍することで体づくりの魅力・必要性を伝え、 フィットネス・トレーニングの浸透を図ることを理念としています。 また、メンバーの多くは 「スーパーマン」のような二面性を持っており、昼はスーツをきてバリバリ仕事する 「ビジネスマン」、服を脱げばバッキバキの筋肉が現れる 「筋肉紳士」として「ジャパニーズビジネスマン」の目指すべき姿を、自らの体で体現しております。 Change the world. 正式名称は「ARNOLD SSPORTS FESTIVAL」 アーノルド スポーツ フェスティバル。 メインはボディビル競技の大会ですが、名前にスポーツがあるのように、ボディビル以外の格闘技(柔道、剣道、ボクシングなど)やダンス、パワーリフティングなど オリンピック種目を含む様々な競技が実施されます。 合わせてフィットネス展示会も開催され、シュワちゃんの名の下に開催される フィットネスとスポーツの祭典なのです。 1988年より始まり、アメリカはもちろん、南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカ各地で毎年開催されています。 今回HIDEが参加するのは、その内のアーノルドクラシック ヨーロッパ。 ボディビル競技の「メンズフィジーク」というカテゴリーに出場します。 今回HIDEは日本国内の大会でTOPクラスの成績を収め、日本代表として参戦しますが、他のアーノルド出場者も各国代表クラスの猛者揃いです。 フィジークとは 今回HIDEが出場するのは「メンズフィジーク」というカテゴリー。 フィジークとは、ボディビル競技の中の一つのカテゴリー 種目 です。 「ボディビル」というカテゴリーももちろんありますが、フィジークは審査基準が異なり、ボディビルは筋肉の大き、絞りなどが重視されるのに比べ、大きく広がった肩幅からシェイプされたウエスト、つまりきれいな逆三角形の体が求められます。 トータルパッケージを見られることから、顔立ちやステージ上での立ち振る舞いなども評価対象に入ってきます。 また、ビキニパンツではなくサーフパンツを履いて行うため脚は審査対象には入りません。 ボディビルは体重別で階級分けされることが多いのですが、フィジークはほぼ身長別での階級分けです。 今回HIDEは173cm以下もしくは176cm以下のクラスに出場 当日計量にて決定。 クラス別の優勝者が決まった後は、各クラスのチャンピオン同士で真のチャンピオンを決める「オーバーオール」という審査が最後に行われます。 ぜひHIDEにはオーバーオールまで勝ち進んでほしい!! プロジェクト詳細 今回はHIDEのアーノルド出場を応援するプロジェクトとなります。 1口3000円〜、下記ALLOUTのWebショップ(BASE)にて口数分を購入頂ければ支援金の登録完了となります。 参加できない場合は後日郵送にてお送り致します。 さいごに皆様へお願い 今回はHIDEの「アーノルド出場への支援」をお願いさせて頂きますが、純粋にALLOUTメンバーの活躍を応援したい!! 以前より日本の 筋肉紳士を海外へ進出させ「ジャパニーズマッスルジェントルメン」をグローバルスタンダードにという密かな野望はありましたが… 日々鍛錬している肉体を活かして、国内だけでなくグローバルに活躍できる舞台を作る。 今回をきっかけに、そんな道が作れるのではないかと思っています。 もちろん自分たちだけでできるようなものではありませんので、ぜひご協力頂ければと思います。 株式会社スマイルアカデミーCOO 1985年 愛媛県生まれ 早稲田大学商学部卒業後、株式会社リクルートHRマーケティング リクルートジョブズ へ入社。 2013年より独立し、地域活性化、web関連、子供教育関連などの事業を行い世の中を少しずつ良くできるように活動中。 小学生から大学の頃まで続けて陸上競技の練習で行っていたウエイトトレーニングを趣味で続けていたところ、知人の誘いから「ベストボディジャパン」という肉体のプロポーションを競うコンテストに参戦。 筋トレ、ダイエットなどの体づくりやベストボディジャパンについての情報を発信していきます。 体づくりなど、ご質問がありましたら気軽にお問い合わせください。 instagram.

次の

アーノルドクラシック2020|全出場選手と結果予想

アーノルドクラシック

ARNOLD CLASSIC 212 アメリカ、オハイオ州コロンバスにて開催されている「」にて、山岸秀匡 IFBB Pro. が見事悲願の「アーノルド・クラシック212」にて初優勝いたしました。 今年は新採点システムがテストとして取り入れられており、それがうまく機能した場合、今後アーノルドクラシックすべてのクラス・競技に採用する、とのこと。 そんな中開催されたアーノルドクラシック。 昨年の王者、ホセ・レイモンド(Jose Raymond)との一騎打ちとなり、先にホセの名がコールされ互いにたたえあう2人。 これまでの血の滲むような努力が実を結んだ瞬間でした。 山岸プロの優勝がコールされた際には思わず涙が、、 昨年の、NPCJ ALL JAPANLEGENDS CLASSIC にてヘッドジャッジとゲストポーズを務めていただいた際に「来年のアーノルド・クラシックは優勝する」と宣言しており、まさに有言実行したわけです。 日本語でも「ありがとう!約束通りアーノルド取りました!次はオリンピア頑張ります!」とコメント。 アーノルドクラシック 212 TOP6 結果は以下の通り The remainder of the Arnold Classic 212 top six• Hidetada Yamagishi• Jose Raymond• David Henry• Guy Cisternino• Kyung Won Kang• Charles Dixon 本当に、おめでとうございました。 そして、お疲れ様でした。 2016 NPCJ GRAND PRIX SERIES 我らがNPCJも山岸プロのパワーをいただいて2016年も全国各地で熱い戦いを繰り広げていきます! 既に、5月22日開催の「 Blaze Open」と7月3日開催の「 Zoa Linsey Championships」の選手登録と、前売りチケット購入が開始しております。 たくさんのご参加お待ちしております。 Blaze open This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience. Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website.

次の

予測大外れ! アーノルドクラシック2020優勝はウィリアム・ボナック │ ズナラボ

アーノルドクラシック

オクスリ使いまくりでしょ。 大会側は表に出さないけど。 そんなグレーな大会で活躍してもね。 それにボディビルが日本で日の目を見ることはいつになるだろうか。 大会に出ている人を見て凄い!と感じる人はいても、美しいと感じる人はほとんどいない。 きもい、やりすぎ、ナルシスト。 これが大多数の意見だよ。 どうやら、スポーツの補強の筋トレやスポーツを一生懸命頑張って付いた結果の筋肉はかっこいいが、ボディビルやボディメイクのために筋トレでやった結果ついた筋肉はきもいらしい。 目的がスポーツの競技性向上か、見た目の向上かということで差が付く見たいね。 しかし、痩せる為とかは好印象らしい。 それ以降のマッチョ化が否定される。 色黒マッチョ=AV男優イメージが強いし、マッチョはゲイみたいな間違ったイメージもある。 山岸もオクスリ漬け前にジャンクスポーツに出ていたけど、完全に笑い物にされていたよね。 山岸の話題になって服を脱ぐ。 すげえからだ!ポーズ取って! 準備が必要なのでウォーミングアップしてきます!(スタジオ爆笑) トーク後戻ってきてポージング開始! 山岸真剣にポージング。 最初はすげー!どうなってんの?だったけど 司会者、後ろにいるゲストにじゃあみんなこっそり帰りましょう。 と告げ 全員はけて、一人になったスタジオで尚も必死でポージングを続けカメラズームアウトするというオチ。

次の