辻 仁成 滞 仏 日記。 南果歩が離婚した辻仁成の不倫相手がすごい!子供の現在は?

南果歩が離婚した辻仁成の不倫相手がすごい!子供の現在は?

辻 仁成 滞 仏 日記

表題前に「亡き祖父に捧げる」とある 辻仁成のお爺さんのお話、実話だそうだ 九州、筑後川の大野島、墓地が多くなったので、無縁仏、ご先祖様ばかりじゃなく直近で死んだ人も骨を集めて粉砕し、仏像を作る こう書くと、ホラーっぽいけど、当然違います・・・ 辻のお爺さんは鉄砲屋さんで大をなした人らしいく、一代記ではあるが、そこんところはそれ程でもない とにかく、説教臭い話しである 普通に霊も出てくる 骨で仏像作りだからか、仕方ないのだろうが日常会話が説教だらけでたまらんわい 主人公・稔の友人の船頭さん 『自分がいなくなった後の世界っちゃどげんもんやろうかのい』 『みのるしゃん、ぼくが消えたらこの世界はその瞬間に消えしまうと思うとばい。 世界は自分の頭ん中にある幻って思うとよ。 みのるしゃんも結局ぼくがつくり出した幻たい。 隼人も、清美も、君江もみんな幻たい。 ぼくはね、今まで大勢の人間ば桟橋から桟橋へ連れていったたい、あれはすべて幻やったとよ。 わかるね、みんな幻ばい』 どっかで聞いたことのあるような糞みたいな古めかしい観念論ではあるが・・・ 次は稔の娘倫子 この倫子ちゃんは別の村の巫女の生まれ変わりであるのである そういうお話であるのだから致し方ない 倫子が高校生の時のギモン 『お父さん、どうして人間には相手が何を考えているのか分からんとじゃろうかね』 『他人が不思議でならんとです。 毎日大勢の人と会いますばってん、その人たちの心を読み取ることができません。 日々すれ違う人たちの気持ちが分かればもっと生きやすか気がするとですが』 お父さん答えて曰く 『相手の気持ちが分からんからよかとではなかやろかね。 みんなの気持ちが分かってしもうたら、一々気になってしもうてからおまん方が辛かろう。 知らんからこそ人は救わるることもあるったい』 稔の初恋の相手緒永久(おとわ)、若くして死にちょくちょく夢の中に出てくる 『稔はすっかり老けたが緒永久の均整のとれた体型や若々しさは昔のままであった』 って、普通そうでしょ 「『みのるしゃん、やっぱりわたしんこと、忘れてしまいよったね』 稔は夢の中で少年に戻り、かぶりを振って否定した。 『そうやなかったい。 おとわしゃんば忘れたこつは一度でんなか』 緒永久は光の中でくすくすと小馬鹿にするように微笑んだ。 『よかとよ、忘れたっちゃ。 生きるっちゅうことは、忘却やけんね』」 そうやね、わたしも忘却し過ぎで、十二分に生きてるっちゅうことやね 『生きとっと、忘却していかんな、どんどん新しかこつや楽しかこつがおこりよろうが』 ハイ、そうやね、忘却は必要不可欠でんな、必要悪かもね どうにもこうにも、話しに入れないまま終わってしまいましたが、要はつまらんということですかね この本、1999年にフランスのフェミナ賞外国人文学賞をおとりになった 既視感とか、骨で仏像を作るとかフランス人が好みそうな題材だったからかしらね・・・.

次の

南果歩が離婚した辻仁成の不倫相手がすごい!子供の現在は?

辻 仁成 滞 仏 日記

「息子」に語りかけるように、自分に向けて書く ——Twitterで書かれている息子さんへの言葉が大きな反響を呼んでいますね。 「息子よ」って書いていますが、同時に自分に向けてるツイートでもあるんです。 息子はフランスで日本人として生きている。 特に大きな差別とかはないけど、日本人一人ですからつらいこともあるでしょう。 そういうときに、「こういうふうに考えたら楽になるぞ」みたいなことをツイートし始めたんです。 「息子よ」って書いてるんですけど、息子はまだ難しい漢字は読めませんから。 読めたとしても父親のTwitterなんか見ない。 すっごいクールな男なんで「やってるね。 フォロー増えてんじゃん」ぐらいな話で。 ——息子さん、今おいくつですか? 今、14歳です。 息子が読めないことをいいことに、ある意味、自分に向けて書いてるんですよ。 毎日ひとつぐらい、「きょうの自分がこういうふうな心構えで生きるといいよね」って。 まるで息子に語りかけるように。 もちろん、日々、息子に語っている言葉がヒントになっています。 ここに登場する「息子」には、生きにくい時代を生きてる若い人たちも含まれています。 世界中にいる、年下の弟や妹、そして息子や娘たちです。 自分もう来年60歳なんで。 ちょっと年上の人間として、20代の子とか30代の子に、こういう心構えがあれば楽になる、と経験者としてのアドバイスも含まれています。 ——「息子よ」と語りかけられると、素直に心に入ってきますね。 みんな自分に言われてるように思うみたいで。 ここ数カ月、たまにちゃんと見てみると「いいね」の数が、めちゃくちゃ多くてびっくりするんですけど。 僕の息子のこと、誰も知らないから、「俺に言われてるんじゃない。 でも確かに。 息子さん、大変だな」って思ってくださるみたいで、自分と重ねてるフォロワーさんが多いのかな。 でも実は、自分に向けて言ってたりもするわけです。 自分が一番折れてるんでね。 キッチンで「孤独だな」って思うのはいいこと ——辻さんは、シングルファザーとして仕事と家事、子育てをされています。 私は今1歳の子供を育てていて、家事に仕事にいっぱいいっぱいです...。 いっぱいいっぱいですね。 大丈夫ですよ。 僕でもできるんだから。 料理をしてる人たち、お母さんたちがたくましいのは、毎日、家族のために家事をし、料理を作っているから。 とくに家族のためにご飯を作るという行為は人間力を鍛えてくれます。 僕は、キッチンで「孤独だな」って思うんですよ。 子供が帰ってくるまでキッチンで料理をする日課ですが、お米を研いでるときにこそ考える時間がある。 お米をとぎながら、空を飛ぶ鳥を見たり借景の木々を眺めながら、「さあ、これから子供をどうやって育てるか」とか、いろいろ考えるわけです。 米を研ぐ間の3分とか5分って、人生にとってはすごく貴重な哲学の時間なんですよ。 ちょっと立ち止まる時間って、人間には必要なんです。 ——料理について「時短はしません」とも書かれてましたが、正直なところ、まだそう思えるほど余裕がないです。 辻さんは日々の料理、家事についてどう考えていますか。 料理っていうのは、愛する人のために作るもの。 料理をすることは、人生の中で自分の意味を探す、すごく大事な修行の場でもあります。 子供のためじゃなくても、恋人でも、パートナーでも、親にでも、誰かのためにご飯を拵えるということは愛情を外へと向けるための愛情表現なんです。 美味しいごはんを作ってあげたいというのは愛情なんですよ。 それが目に見える、味わえる、そこに存在させることができるものが、料理、なんです。 ある意味、修行のようなものでもあります。 ——料理は、自分探しの修行だと。 時短で電子レンジでポンポンとやるのも時には必要です。 でも、米を研ぐとか下準備を丁寧にするとかって地味な作業なんですけど、丁寧に料理をすることは、それだけ人生の修行をして高めているということだと思うんです。 身体にいいものを与えたい。 疲れをとってあげたい。 英気を養ってあげたい。 明日もまた頑張れる力を与えたい。 健やかに育ってほしい、こう思うことが愛情なんです。 時短も時には必要ですけど、修行ですから、あえて、時間をかけて、きちんと作ってあげる。 大変な下準備も、修行だと思えば苦になりません。 そして、おいしい、と言ってもらえたら、嬉しいじゃないですか。 ——家族や子供がいなければ、そこまで料理と向き合ってなかったかもしれないですか。 もともと料理が大好きだったんです。 苦しい人生の中で、食べることは楽しいじゃない? 最近は麺だって作りますよ。 ラーメンは作れないけど、そばとうどんは作れます。 うどんは小麦粉なんで、息子と2人で足で踏みながら、「こうやってつくるんだよ」といって作ります。 ——すごい。 生活の中から出てくる料理だから、うそがないんですよね。 うちの手作り味噌なんか最高ですよ、毎年。 手前味噌。 白と赤の中間ぐらいなんですけど仕込んでいます。 春に仕込んでひと夏越すことで美味しくなる、秋には食べごろです。 塩こうじもうまいしね。 そういうのを工夫するのが、生きてることの醍醐味。 男の人が料理やったらいいと思いますよ。 男が料理に燃えるって、めちゃくちゃかっこいいこと。 ——一方で、息子さんがカップヌードルを食べて、「家事ばかりしてちゃ駄目だよ」といったこともTwitterでつぶやいていましたね(笑)。 カップヌードルもうちでは立派なご馳走です。 バランスですよ。 子供に戻ったみたいになって、二人でカップラーメンをすするのも大事なことです。 血のつながりだけが家族じゃない ——ハフポスト日本版では「家族のかたち」を特集しているのですが、あらためて、辻さんにとって、家族とはどんなものでしょうか。 世界一小さな家族ですが、最高の家族なんじゃないかな、と思いますね。 ちょっと大変な時期もありましたが、だけど、そこを乗り越えて、乗り越えたことで、強い絆を持つこともでき、すごく深いところで信頼し合ってる。 絶対、父親を褒めない子で。 フランス生まれですから、恥ずかしいと思うんですよ。 でも時々、ポロっと「ありがとう」っていうんですよ。 「あんま無理すんなよ」とかいってくれるんですよ。 実は、優しいやつなんです。 普段は一緒にYouTube見たり、卓球をやったり。 バレーボール部ですからバレーやったり、ご飯を食べたり。 息子は僕のことを「うざい」と思っているとは思うんです。 めっちゃうるさいですからね。 でも、同時に感謝もしてくれている。 父子ですが、時には兄弟のような親子です。 ——不器用なりに、お父さんを気遣っていますね。 フランスから日本に来る時も保護者なしで、1人で飛行機にも乗れるようになったし、僕が日本で不在中は息子の親友家族2組が息子の世話を受け持ってくれています。 今はアレクサンドルっていう友達の家にいるんですけど、そこには歯ブラシから寝間着まで彼のものが全部あるんです。 昨日は、お父さんから「明日、漫画フェスティバルに友達たちと行くといってる。 勝手に行かせるけど大丈夫か?」って聞かれて。 この辺はフランスはしっかりしています。 フランスは、誘拐が多いから、子どもの行動には結構厳しいんです。 身長も僕よりデカいから誘拐されることはないと思うんですけど、やっぱりまだ未成年なので。 すごくしっかりしてる人たちに助けられてます。 家族って、多分、周りも含めて助け合うことだと思いますよ。 ——血のつながりだけが家族じゃない。 血のつながりは大事ですが、ご近所の方々も、社会の人たちも家族になることができます。 うちはヨーロッパに親戚がいないんで、シングルの子育ては人一倍大変なんですよ。 でも、そうすると疑似家族ができるんです。 フランスの友達たちの家族が息子を自然と支えてくれる。 二人に足りないものを周囲の他人が補っていく。 これは素晴らしいと思いますよ。 フランスには息子を助けてくれる他人が大勢います。 いざという時に家族のように接してくれる仲間たちや大人たちがいます。 血がつながっていなくても、家族以上に思いやってくれる先生や仲間たち、その親御さんに彼は育てられているんです。 ——2人でいることが自然? とっても自然。 ずっと旅を続けてきた。 アイスランドからアフリカから、世界中をずっと2人で回った。 日本も津々浦々回ったんです。 言葉にすると悲しくなることがあるから、とにかく黙って旅を続けています。 きちんと暮らすんですよ。 何か批判されても言い訳しちゃいけない。 人間って、黙っていれば勝つんですよね。 現実には、言葉よりも大事なことが実はある。 それは、横にいてあげることだったり、近くにいて暮らすってことだったり。 一緒に旅をして、寝起きを共にしてれば、「そっか」と思ってくれるんですよ。 分かってくれるし、こっちも分かる。 それ以上の説明は要らないじゃないですか。 「愛しているよ」なんて言葉はいいません。 自明ですから。 父ちゃんはこんなに苦労している、とも言わない。 涙を誘ってもしようがないし、何も言わないです。 本当は寂しく思うことがあると思いますけど、見せないんだと思う。 お互い言わない。 それが成長ですよね。 ——ずっとTwitterで息子さんへのメッセージを続けています。 継続は力で。 ご飯も、毎日、朝昼晩作ることは大変だけど、やめたら死んでしまうから。 皆さん、自分の心臓を思い描けばいいんですよ。 心臓って偉いよ。 ぼこぼこって音がするけど、生まれてからずっと動いてるんですよ。 自分が負けそうなときも、心臓は動いてる。 だから、自分がつらいときは心臓を触ったらいいんです。 そうすると、心臓はこんなに頑張ってるよって、ここで弱音を吐いたら心臓に失礼じゃないか、って。 ああ、今日のツイートは、それにしようかな。 ——今、58歳で、もうすぐ還暦ですね。 辻さんは、今後の人生をどうお考えですか。 取りあえず息子を大学出すまで、頑張って働いて(笑)。 フランスの大学を出たいって。 向こうは学費がタダなんで大学も年間4万円ぐらいしかかかんないんですよ。 だからフランスの大学出てくれって頼んでます。 それが終わるまであと10年くらいあるんで、老後はその先かな。 少しは幸せを目指したいかな。 これからは幸せを目指して、「あの人は、幸せな人だ」って思われるような人生を生きましょう。 関連記事》 辻仁成(つじ・ひとなり) 東京都生まれ。 フランス在住。 1989年『ピアニシモ』ですばる文学賞を受賞し、作家デビュー。 1997年『海峡の光』で芥川賞、1999年『白仏』で仏フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。 多数の著書があり、世界各国で翻訳されている。 現在は、ミュージシャン、映画監督、演出家として多岐にわたり活躍中。 Twitterでは、自身の息子に向けて紡いだ言葉が大きな反響を呼んでいる。 ----- 辻さんの新著『』は光文社から発売中。 原作・脚本・演出を手がけた舞台「99才まで生きたあかんぼう」は、2月22日から3月4日まで東京・よみうり大手町ホールで公演し、名古屋・福岡・大阪と公演中。 「」という言葉を聞いて、あなたの頭に浮かぶのはどんな景色ですか? お父さんとお母さん? きょうだい? シングルぺアレント? 同性のパートナー? それとも、ペット? 人生の数だけ家族のかたちがあります。 ハフポスト日本版ライフスタイルの「家族のかたち」は、そんな現代のさまざまな家族について語る場所です。 あなたの「家族のかたち」を、ストーリーや写真で伝えてください。 も用意しました。 もお待ちしています。 こちらからを募集しています。

次の

退屈日記「霊感なんて信じないけど、でも、神の見えざる手の中で」

辻 仁成 滞 仏 日記

このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。 公式の表記では 「 辻」の 「 辶 」()の点が二つです。 この項目に含まれる文字 「 辻」は、やなどの環境により表示が異なります。 辻 仁成 (つじ ひとなり) 誕生 1959-10-04 (60歳) ・日野町(現) 職業 言語 国籍 最終学歴 活動期間 - ジャンル ・ 代表作 『』(1997年) 『白仏』(1997年) 主な受賞歴 (1989年) (1997年) 外国小説賞(1999年) デビュー作 『ピアニシモ』(1989年) 配偶者 一般人(1979年) (1995年-2000年) (2002年-2014年) 公式サイト このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。 公式の表記では 「 辻」の 「 辶 」()の点が一つです。 辻 仁成(つじ じんせい) 出生名 辻 仁成(つじ ひとなり) 生誕 1959-10-04 (60歳) 出身地 学歴 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - 共同作業者 公式サイト 辻 仁成(つじ ひとなり/つじ じんせい、 - )は、の、、、。 所属は。 「仁成」は、本名は「ひとなり」、作家活動では「ひとなり」(辻のしんにょうの点は二つ )、歌手・映画監督の場合は「じんせい」(辻のしんにょうの点は一つ )と読む。 バンド『』での活動時は「Zinc White」もしくは単に「Zinc」と称する。 童話作家のの英子夫人と辻の母親が従姉妹同士。 女優のと再婚、一児を授かるが、後に離婚。 2002年に女優のと3度目の結婚をしたが2014年7月8日に離婚が成立した。 ・を拠点に創作活動を続けている。 観光大使でもある。 略歴 [ ] 日野町(現)に生まれる。 少年期は父親の仕事の都合で、、と各地を転々とした。 卒業し、経済学部に進学するも中退。 にの「(エコーズ)」のボーカリストとしてデビューする。 、『ピアニシモ』で第13回を受賞し作家デビュー。 1991年、5月東京・日比谷野外音楽堂でのライブを最後に、10年に及ぶバンド活動にピリオドを打ちECHOES解散。 その後、ソロ活動へ。 、本格的に作家としての活動を始める。 、『母なる凪と父なる時化』で候補、『ミラクル』がになる。 に、女優の南果歩と結婚、1男をもうけたが、3月に離婚 、『アンチノイズ』が候補に。 、『』で第116回芥川賞を受賞(『家族シネマ』と同時受賞)。 同年に受賞。 、『白仏』の仏語翻訳版 Le Bouddha blanc(仏語翻訳者:Corinne Atlan)でフランスの五大文学賞の一つであるの外国小説賞を日本人として初めて受賞。 『白仏』は祖父、今村豊をモデルとした作品。 6月、女優の中山美穂と結婚。 2004年1月に長男が誕生するも7月8日、協議離婚が成立。 、渡仏。 拠点をフランスに置き、創作活動を続けている。 から9年間芸術表現・アートプロデュース学科クリエイティブ・ライティングコース教授を務めた。 より塾長を務める人間塾開講。 2013年9月1日 のマルチメディア開発部 エグゼクティブプロデューサーに就任。 にはに新バンド、ZAMZA N'BANSHEE(現・)で出演し、約20年ぶりにテレビで『』を披露した。 、中山美穂との離婚の騒動を問題視され、当時所属していたレーベルから「ライブツアーの中止」を求められるも、それを不服として「自腹でのツアー」を決行。 そのツアーに運営窓口として協力したに同年9月より正式に移籍した。 2016年10月21日、辻仁成が編集長を務めるウェブマガジン「」を立ち上げた。 2017年4月11日、の客員教授に就任した。 2017年5月14日、ラジオ番組『』にコメント出演し、自身の「映画ベスト3」として監督の『』、監督の『』、監督の『』を自身の映画ベスト3に選んだ。 2018年2月27日、歌と自身の手料理を振る舞う初のディナーショーを行った。 2018年4月11日、同年10月開校のタイタンの学校の特別講師になることが発表された。 2018年5月8日、息子と2Gの名義でとなる。 2018年9月22日、ギルド・ジャパンのプロテクトゥール ド ラ ギルドを叙任した。 や、、建築家のと交友が深い。 受賞歴 [ ]• - 第13回(『ピアニシモ』)• - 第116回 (『海峡の光』)• - 外国小説賞(『白仏』) 著書 [ ] 現在までにフランス、ドイツ、スペイン、イタリア、トルコ、中国、台湾、韓国、タイなど世界各国で翻訳され紹介されている。 小説 [ ]• 第13回受賞• ミュージカル『ミラクル』原作• 本作はの高校3年の、の中学2年国語の教科書に掲載されている• 第110回芥川賞候補作• 映画『オープンハウス』原作• 映画『Tokyo デシベル』原作• 仏語翻訳版でフランスの文学賞「フェミナ賞・1999年外国小説賞」を日本人として初めて受賞• 『冷静と情熱のあいだ Rosso』は著• 映画『』原作• TVドラマ『嫉妬の香り』原作• TVドラマ『』原作• 映画『サヨナライツカ』原作• 映画『目下の恋人』原作• ミュージカル『青空の休暇』原作• 舞台『99才まで生きたあかんぼう』原作• 対する韓国側作品「愛のあとにくるもの」は孔枝泳著• 対する女性側「左岸」を江國香織が描く。 『ダリア』(新潮社、2009年)のち文庫• 『アカシアの花のさきだすころ Acacia』(新潮社、2009年)• 映画『』原作• 『クロエとエンゾー』(小学館、2010年)のち文庫• 『ぼくから遠く離れて』(幻冬舎、2011年)のち文庫• 『ラペのくにでは』(絵 海竜社、2011年)• 『永遠者』(文藝春秋、2012年)のち文庫• 『まちがい』(集英社、2012年)• 『その後のふたり』(アップリンク、2013年)• 『醒めながら見る夢』(角川書店、2014年)• 映画『醒めながら見る夢』原作• 『日付変更線 The Date Line』(上・下)(集英社、2015年)のち文庫• 『父 Mon Pere』(集英社、2017年)• 『エッグマン』(、2017年)• 『真夜中の子供』(、2018年)• 映画『真夜中の子供』原作• 『愛情漂流』(、2019年) 今村恭子名義 [ ]• 『月族』(海竜社、2006年)「月族1 プラリネの物語」小学館文庫• 『月族 - 月光の導き ルーンの物語』(海竜社、2006年)「月族2 ルーンの物語」小学館文庫• 『月族 - 真実の愛 運命の時』(海竜社、2008年)「月族3 トマの物語」小学館文庫 詩集 [ ]• 本作に収録されている「はしくれ」はの中学2年国語の教科書に掲載されている• 本作に収録されている「新聞少年の歌」はの中学1年国語の教科書に、「そこに僕はいた」はの中学1年国語の教科書に掲載されている• 本作に収録されている「プライド」は第一学習社の高校1年国語の教科書に掲載されている• 『そこに君がいた』(新潮文庫、2002年)• 『オルセー印象派ノート』(世界文化社 2010年)• 『ECHOES-木霊-』(幻冬舎 2011年)• 『不屈』( 2014年)• 『息子に贈ることば』(文藝春秋 2016年)• 『パリのムスコめし~世界一小さな家族のための~』(光文社 2016年)• 『50代のロッカーが毎朝せっせとお弁当作ってるってかっこ悪いことかもしれないけれど』( 2016年)• 『立ち直る力』(光文社 2018年)• 『人生の十か条』( 2018年)• 『84歳の母さんがぼくに教えてくれた大事なこと』( 2019年) 共著 [ ]• 『ことりちゃんとんだ! 生まれ変わるとしたら(1996年)(ポエトリー・リーディング)• virtual trip PARIS セーヌの休日 Les vacances a la Seine(2015年)(監修・ナレーション)• 誰かの思惑• かつて• ディス・イズ・ザ・ワールド(パートI)• ラブ スクエア• どの方角から誰が来るのか分からないから全部開いてる• バラバラ• この頃(NYC Mix)• 偽りの微笑• オープンハウス• いっそ裸足で生きる• ルーズ・マイ・メモリー• ディス・イズ・ザ・ワールド(パートII) Passaggio Discsよりリリース 初回盤は三方背ボックス入り・全40ページフォトブックレット+書下ろしエッセイ のメンバーだった井ノ部裕子が数曲コーラスで参加している オープンハウスは、映画「」主題歌 ライブ 2006年2月22日 JINSEI CONCERT IN PARIS - EP• Alone Live 2015• ZOO Live 2015• 故郷 Live 2015• コトノハナ Live 2015• Strange People Live 2015• ガラスの天井 Live 2015• アンカーマン Live 2015• Someone Like You Live 2015• Shining Starman Live 2015 THE JINSEIZ• Sunshine Days Live 2015 THE JINSEIZ• ZOO Live 2015 THE JINSEIZ• Sunshine Days Studio Recording - Bonus Track THE JINSEIZ タイタンレコードよりされ後に化された 6th 2017年7月30日 命の詩• SORRY,I LOVE YOU• 孤独をラッタッタ• 詩人の声• MOONLIGHT• 君に似た誰か SOMEONE LIKE YOU version 2017• 命の詩 君に似た誰か SOMEONE LIKE YOU version 2017 はCDと配信では歌い方が異なり、 配信版が自身が脚本のドラマ「忘れてしまう前に思い出してほしい」主題歌である 【LIVE DVD】• SNIPER NEVER RESTS ~疾走する狙撃手~(VHS・1993年、)• 嵐の夜に生まれて~CONCERTTOUR '94 LIVE at 日比谷野外大音楽堂~(VHS・1994年、DVD・2008年、)• 辻/JINSEI TSUJI(2008年、HANNA MUSIC)• パリの空の下で 人生を語り歌う Jinsei Tsuji live in Paris(2019年、) 【ユニット】 ECHOES OF YOUTH(ECHOESのギタリスト、伊藤浩樹とのユニット)• 「恋するために生まれた」MAXIシングル (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント)• 「REAL」MAXIシングル (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント)• 映画「フィラメント」主題歌収録• 「SLOW」MAXIシングル (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント)• テレビドラマ「嫉妬の香り」主題歌 クレモンティーヌ with Jinsei Tsuji• 「二人でゆっくり〜Tous deux tout doux」MAXIシングル (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント) 辻仁成 with 息子• 「トワエモア(toi et moi)」(歌詞:辻仁成、作曲:共作、2019年、配信) 【サウンドトラック】• 「夜来香~映画「ほとけ」の世界~」 (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント) - 人生仮面名義で「」「」「」 【イメージアルバム】• 「冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース」 (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント) 【バンド】 (2008年、バンド「ZAMZA N'BANSHEE」現・ZAMZA結成)。 ボーカルとギター担当。 メンバーはベースでリーダーの(元)、ドラムに(元)。 ギターは伊藤浩樹 エコーズ。 11月29日、渋谷 Duo Music Exchangeにてファーストライブを行う。 2010年、6月12日「WOMB」にてLive 2010〜月族〜を行う。 MANGA(1st )2009年5月13日発売。 月族(2nd )2010年5月19日発売。 MANGA ROCK(USバージョン)2009年11月19日発売。 Paris Tokyo Paysage O. (映画『その後のふたり-Paris Tokyo Paysage-』の主題歌「L'arc-en-ciel d'hiver」収録)2011年12月22日発売。 楽曲を提供・プロデュースしたアーティスト [ ]• - 「」(作曲)• - 「」(作詞・作曲・プロデュース)・「」(プロデュース)• - 「」(作詞)• - 「ワイルドフラワー」(作詞・作曲)• - 「1999」(作曲)• - 「」・「」・「からっぽのフィルム」・「RUSSIAN BLUE」・「WINTER MUTE」(作詞・作曲・プロデュース)「真っ白な月-Moon On The Destiny-」・「365日の戦争」・「KIDS」・「PARADISE CITY BLUES」・「YOU VE GOT A FRIEND」(作曲・プロデュース)• - 「」(作曲)• - 「」(作詞・歌唱)• - 「」(作詞)・「」(作曲)• - 「耐えられない愛の軽さ」(作詞・作曲)• - 「I AM WITH YOU とおくはなれてても 」(作曲)• - 「Crossroad Again」(作詞・作曲)• - 「サンシャインデイズ」(作詞・作曲、タイタン社歌)• - 「St. Jone's crusedes」(共作曲)• - 「」・「ときめきを どうもありがとう」(作詞、ダダ・ジョナサン名義)• - 「想い出を盗まないで」・「なぜならぼくは恋している」・「めりーごーらんど・わんだーらんど」・「愛と死」(作詞・作曲、音楽劇「」劇中歌)「」(作詞・作曲、映画「醒めながら見る夢」主題歌)• () - 「」(作詞・作曲・プロデュース、自身脚本のドラマ「」挿入歌)• - 「風になれ」(作詞・作曲)• - 「愛が走る」(作詞)• - 「に捧ぐ」(プロデュース、アルバム「」収録)• - 「」(作詞・作曲)• - 「犬たちの詩」・「太陽が死んだ朝に」(作詞・作曲、映画『ラストソング』挿入歌)• - アルバム「光の子供」・シングル「Aria」・「見つけてね」(作詞・作曲・プロデュース)• - 「キャラヴァーン/日本語ヴァージョン」(作詞)• - 「キレイ」(作詞、映画『目下の恋人』エンディング)・「目下の恋人~MY CURRENT BOY FRIEND~」(作詞・作曲) 楽曲をカヴァーしたアーティスト [ ]• - 「サボテンの心」• - 「」• - 「」• - 「」• 天使のわけまえ(1995年)- 自主制作• (1999年)- 第56回、批評家週間へ正式出品• (2001年)- にて最優秀イマージュ賞受賞・第27回シアトル国際映画祭へ出典• (2002年)- 第37回チェコ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭にてコンペティション部門「THE INTERNATIONAL ECUMENICAL JURY OF THE CHRISTIAN CHURCHES」を受賞• (2002年)• (2008年/2010年6月12日公開)- のコンペティション部門にノミネート• 2011年/2013年2月9日公開 - 原作、監督、脚本、編集、出演• 2014年5月17日公開 - 原作、監督、脚本、編集 - のコンペティション部門にノミネート• 2017年5月20日公開 - 原作、監督、脚本、編集 - 第19回アジア国際映画祭のコンペティション部門「学生審査員賞」を受賞 原作の提供・脚本 [ ] テレビドラマ [ ]• (原作・脚本/系)• (原作の提供/系)• (原作『目下の恋人』・脚本・監督/2002年3月系)• (脚本/2017年12月) 映画 [ ]• (原作の提供:辻仁成&江國香織/監督:/2001年11月・東宝系にて公開)• (原作の提供・監督:行定勳/2003年12月・池袋シネリーブルにて公開)• (原作の提供・監督:イ・ジェハン/2010年1月・全国公開) 漫画 [ ]• (原作)• (原作/・漫画/) 舞台 [ ]• 演劇「フラジャイル」(作:演出)• 音楽劇「」(作:演出:音楽/2011年9月16日 - 25日:・10月10日:・14日:・15日:・21日 - 23日:)• リーディングドラマ「」(作:演出/2013年4月6日 - 14日:・5月3日 - 5日:)• 再演(2014年7月19日 - 21日:)• 演劇「」(作:演出/2014年4月11日 - 29日:)• 演劇「」(作:演出/2018年2月22日 - 3月4日:よみうり大手町ホール・6日 - 7日:・20日:・24日:) 出演 [ ] 本人による手料理&弾き語り [ ]• 「食って歌って愛せよ。 ~マンジャーレ・カンターレ・アモーレ~vol 1」(2018年2月27日、GRAPES KITASANDO)• 「食って歌って愛せよ。 ~マンジャーレ・カンターレ・アモーレ~vol 2」(2018年7月26日 - 27日、GRAPES KITASANDO) テレビ [ ] テレビドラマ [ ]• 「冷やす女」(監督:豊川悦司/テレビドラマ出演) トーク番組 [ ]• (司会、 - ) バラエティ番組 [ ]• (1997年4月4日)• (NHK)• (系)• (系)• (制作・)• (2013年6月18日、)• (2014年7月17日、TBS系)• (2014年7月24日、2015年7月30日、日本テレビ系)• (2014年9月2日、10月28日、2015年3月3日、5月5日、12日、7月28日、8月4日、11月24日、2016年3月8日、TBS系)• (2014年12月18日、2015年1月22日、3月5日、12日、5月7日、8月6日、11月12日、日本テレビ系)• 2014年世界が選ぶ今年の顔アワード!! (2014年12月31日、フジテレビ系)• (2015年1月3日、)• (2015年1月10日、日本テレビ系)• (2015年1月11日、日本テレビ系)• (2015年1月12日、5月4日、11日、11月9日、16日、テレビ朝日系)• (2015年1月26日、テレビ朝日系)• (2015年2月23日、フジテレビ系)• (2015年3月6日、日本テレビ系)• (2015年3月25日、10月20日、日本テレビ系)• (2015年5月21日、フジテレビ系)• チョイ住みinロンドン(2015年6月27日、NHK BSプレミアム) ラジオ [ ]• ・金曜日(12月 - 1988年3月 )• ・月曜日・2部(10月 - 10月 )• ・水曜日(10月 -? ・水曜日・1部(1月 - 4月 )• 火曜(7月15日、3月1日 TBSラジオ)• (2014年3月30日・12月28日、2月22日・8月23日、2016年7月24日、2月12日、2月25日、TBSラジオ) ニコニコチャンネル [ ]• (2012年11月-2014年6月30日)-ニコニコ公式ブロマガ・生放送・映像配信 関連項目 [ ]• - 函館市ゆかりの文学者として執筆に使用した道具などが常設展示されている。 脚注 [ ]• - ORICON NEWS・2008年12月9日• - M-ON! MUSIC編集部・2017年3月2日• 日刊ゲンダイDIGITAL. 2014年4月21日. 2018年1月10日閲覧。 - 東京スポーツ・2014年7月10日• - ORICON STYLE・2014年10月16日• - 日本経済大学・2017年4月11日• テックインサイト. 2018年2月27日. 2018年3月2日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年4月11日. 2018年4月12日閲覧。 ヨミドクタープラス. 2018年5月15日. 2018年5月15日閲覧。 Guilde Club JaponFacebook. 2018年10月30日. 2018年10月31日閲覧。 ステージナタリー. 2019年10月9日. 2019年10月10日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 TsujiHitonari -• tsujihitonari -• - 辻仁成編集• - チャンネル• - チャンネル• 第43回 「夜と霧の隅で」• 第44回 「」• 第45回 該当作品なし• 第46回 「」• 第47回 「美談の出発」• 第48回 該当作品なし• 第50回 「感傷旅行 センチメンタル・ジャーニィ」• 第52回 該当作品なし• 第53回 「玩具」• 第54回 「北の河」• 第55回 該当作品なし• 第56回 「夏の流れ」• 第57回 「カクテル・パーティー」• 第58回 「徳山道助の帰郷」• 第60回 該当作品なし• 第62回 「」 1970年代• 第64回 「杳子」• 第65回 該当作品なし• 第69回 「鶸」• 第71回 該当作品なし• 第73回 「祭りの場」• 第75回 「」• 第76回 該当作品なし• 第80回 該当作品なし• 第82回 「モッキングバードのいる町」• 第83回 該当作品なし• 第84回 「父が消えた」• 第85回 「小さな貴婦人」• 第86回 該当作品なし• 第87回 該当作品なし• 第89回 該当作品なし• 第90回 「杢二の世界」、「光抱く友よ」• 第91回 該当作品なし• 第92回 「青桐」• 第93回 該当作品なし• 第94回 「過越しの祭」• 第95回 該当作品なし• 第96回 該当作品なし• 第97回 「鍋の中」• 第99回 「尋ね人の時間」• 第101回 該当作品なし• 第103回 「村の名前」• 第104回 「」• 第106回 「至高聖所アバトーン」• 第107回 「運転士」• 第108回 「犬婿入り」• 第109回 「寂寥郊野」• 第110回 「石の来歴」• 第112回 該当作品なし• 第113回 「この人の閾」• 第114回 「豚の報い」• 第115回 「蛇を踏む」• 第117回 「水滴」• 第118回 該当作品なし• 第120回 「」• 第121回 該当作品なし• 第125回 「中陰の花」• 第126回 「猛スピードで母は」• 第127回 「パーク・ライフ」• 第128回 「しょっぱいドライブ」• 第129回 「ハリガネムシ」• 第131回 「介護入門」• 第132回 「グランド・フィナーレ」• 第133回 「土の中の子供」• 第134回 「」• 第135回 「八月の路上に捨てる」• 第136回 「ひとり日和」• 第137回 「アサッテの人」• 第138回 「」• 第139回 「」• 第140回 「」• 第141回 「終の住処」• 第142回 該当作品なし 2010年代• 第143回 「」• 第145回 該当作品なし• 第147回 「冥土めぐり」• 第148回 「」• 第149回 「爪と目」• 第150回 「穴」• 第151回 「」• 第152回 「九年前の祈り」• 第155回 「」• 第156回 「」• 第157回 「」• 第159回 「送り火」• 第161回 「むらさきのスカートの女」• 第162回 「背高泡立草」.

次の