ドラクエウォーク 4章10話。 【ドラクエウォーク】アームライオン(4章10話のボス)攻略と出現モンスター|ゲームエイト

【ドラクエウォーク】7章10話「しにがみきぞく戦」攻略!弱点や対策まとめ

ドラクエウォーク 4章10話

全体回復役が1人ではHPの回復が追いつきません。 「」「」「」を使える全体回復役を2人編成しましょう。 ヒャド耐性とドルマ耐性を高める 属性耐性を持つこころと防具 7章10話は「しにがみきぞく」のドルマ属性スキルとヒャド属性スキルが強力なので、ヒャド耐性とドルマ耐性を優先的に高めましょう。 耐性なしだと「ドルモーア」で単体約250、「マヒャド」で全体約150のダメージを受けてしまいます。 しにがみきぞくの攻略 基本情報 エレメント系 HP 行動回数 約12,000 1回 弱点 耐性 イオ - しにがみきぞく ゾンビ系 HP 行動回数 約20,000 2回 弱点 耐性 メラ 、ギラ、イオ ドルマ まもりのたてで呪いと幻惑を防ぐ しにがみきぞく戦では呪い状態が厄介です。 呪い状態になると、最大HPが半減し、味方が倒されやすくなってしまうので、「まもりのたて」を使って防ぎましょう。 「まもりのたて」で「さまようたましい」が使用する「マヌーサ」の幻惑も同時に対策できます。 まもりのたてを使用できるおすすめ装備 さまようたましいの「じばく」に注意 「さまようたましい」はHPが少なくなると全体に約300のダメージの「じばく」を使用します。 味方のHPが減少していると全滅してしまうので、「さまようたましい」を攻撃するときは味方の残りHPに注意が必要です。 「さまようたましい」のHPを黄色まで削ったら「」と「」を使ってから一気に倒すと「じばく」の使用を防げます。 しにがみきぞくから倒すのがおすすめ 「しにがみきぞく」の攻撃と「さまようたましい」の「じばく」を同時に受けないために「しにがみきぞく」から倒すのがおすすめです。 ただし「しにがみきぞく」はHPが半分以下の時に「マヒャド」や「ドルモーア」といった強力な呪文を使うため、回復が追いつかない場合は「さまようたましい」から倒すと良いでしょう。 7章10話で入手できるおすすめこころ アームライオンとシルバーデビルがおすすめ おすすめこころ一覧 7章10話の出現モンスターは7章9話と同じです。 「アームライオン」と「シルバーデビル」のSランクを目指して周回しましょう。 どちらのこころもステータスが全体的にトップクラスかつ特殊効果が優秀です。

次の

【ドラクエウォーク】7章10話「しにがみきぞく戦」攻略!弱点や対策まとめ

ドラクエウォーク 4章10話

ドラクエウォークの第4章8話「現れたまもの」ではボス戦含めて3回戦う ドラクエウォークの第4章8話「現れたまもの」ではボス戦含めて3回戦う必要があります。 1戦目はマジカルハット2体とマドハンド2体。 マジカルハットは全体にダメージを与えてくるイオラを唱えてきます。 全員のHPを回復できる「」は覚えておくと便利です。 一体ずつ倒していけば後半楽になります。 2戦目はしびれだんびら2体とひとつめピエロ1体。 こちらは特に特記すべきことはないです。 回復させつつ一体ずつ倒していきましょう。 ボスはリザードマンとヒートギズモ ボスはリザードマン1体とヒートギズモ2体です。 ヒートギズモはかえんのいきで全体にダメージを与えてきます。 2体連続でかえんのいきをされるとたまったもんじゃありません。 まずはヒートギズモを順番に倒していきましょう。 リザードマンはバイキルトを唱えて攻撃力を2倍にしてきます。 スカラで攻撃されたくない味方の防御力をアップしておくのがおすすめです。 しんくう斬りはダイダメージなので、ベホイミや回復道具で回復させましょう。 おすすめの対策方法は麻痺させるか眠らせるか おすすめの対策方法は麻痺させるか眠らせるかです。 武器のムチ「」の技しばり打ちはたまに相手を麻痺させられるので、しばり打ちを使って攻撃しています。 もしくはラリホーで眠らせるのも効果的です。 ラリホーは、• ゴシックパラソル(星5)• ペロリンステッキ(星4)• (星4)• Sランクのアルミラージ(こころ)• Sランクのまどうし(こころ) の武器やこころで覚えます。 基本的にはガチャでゲットできますが、スターリーステッキはマイレージで交換できます。 ただ5000P必要なので大変ですが…。 なるべく相手に攻撃させないことが大事 リザードマンもヒートギズモはどちらも攻撃力が強いので、なるべく攻撃をさせないことが大切です。 回復を意識しながら、一体ずつ慎重に倒していきましょう!.

次の

【ドラクエウォーク】「エスターク神殿へ」上級3章4話攻略!弱点武器で高火力ダメを出そう!

ドラクエウォーク 4章10話

「エスターク神殿へ」上級3章4話の攻略のコツ レベルは40以上が希望 上級3章4話の 推奨は48ですが、よりもこころや立ち回りが重要です。 推奨まで、キャラのを上げる必要こそありませんが、 40以上は欲しいところです。 イオラやかえんのいきといったこうげきは、被ダメ100ほどなので、が引くすぎるとかなり厳しい戦いになるといえるでしょう。 正当法で戦える 上級3章4話で出てくるは、スカラ・マホカンタといった戦い方はしてきません。 毎ターン必ずダメージを与えてきます。 正面からの殴り合いになるので、 HP管理や火力といった要素が攻略ポイントとなります。 二回行動をしてくる は 二回行動をしてきます。 火力も高いので、毎ターン回復をしておかないと、蘇生行為を頻繁にする必要が出てきます。 全体回復スキルは必ず持っていくようにしましょう。 どれも強敵と言うほどではありませんが、全体攻撃をしてくる敵もいます。 が低い時は、一体ずつ確実に処理していくのがおすすめです。 上級3章4話攻略に必須の装備 全体回復は必須 武器 スキル ・キアリク ・バギマ ・ ・ザオラル ・マヌーハ ・バギマ ・バギクロス ・エルフの慈愛 ・黄泉送り ・なぎはらい ・ ・ ・断空なぎはらい まどろみの ・黄泉送り ・バギマ ・ マジックチャクラム ・かまいたち ・バギマ ・ ユグドラシル ・キアリク ・バギマ ・ は単発火力も高く、全体攻撃も頻繁にしてきます。 2回行動であることからも、全体回復がないと生存率がかなり下がります。 上記のを持っていくことを忘れないようにしましょう。 メラ・ドルマ属性がおすすめ 武器 スキル 天空のつるぎ ・かえん斬り ・渾身斬り ・ミラクルソード ・超ぶんまわし ・ ビッグバンソード ・ヴァイパーファング ・カオスエッジ ・ジバリカ ・バンパイアエッジ ・ デスファング ・ドルマ ・べギラマ ・マホトーン ・べギラゴン ・ ドルモーア の弱点は メラ属性とドルマ属性です。 上記の3つのは弱点をつける属性を持ち、高火力の倍率を出せます。 「エスターク神殿へ」上級3章4話のボス戦の攻略ポイント 究極エビルプリーストの基礎情報 HP 約9500 行動回数 2回 弱点 メラ ドルマ 耐性 ギラ イオ デイン ヒャド 行動パターン 通常攻撃 約100のダメージ 対象:単体 メラミ 約120のメラ属性じゅもんダメージ 対象:単体 イオラ 約100のイオ属性じゅもんダメージ 対象:全体 かえんのいき 約100のメラ属性ブレスダメージ 対象:全体 究極エビルプリーストの攻略方法 バイシオンで火力アップ は、HPも高く、長期戦になることが予想されます。 少しでも早く戦闘を終わらすためには、アタッカーにで2段階攻撃力を上昇させておくのがおすすめです。 と違い、3章4話ではいてつくはどうは使用してきません。 回復はこまめに行う はHPの低いキャラを優先的に攻撃してきます。 1ターンで300ほどのダメージをうけることもあるので、回復はこまめにしておいてください。 回復要因が1人では足りない場合は、2人編成がおすすめです。 不安ならスカラで防御補正 ダメージを完全に防ぎきれない可能性があるなら、 スカラで防御補正を行いましょう。 防御力を補正しておくことで、通常攻撃のダメージを大幅に削減でき、キャラの生存率を上げることができます。 まとめ:回復をしっかり行い、戦っていく! 3章4話で登場する、は完全体ではありませんが、それでも十分に強いです。 また、強敵やとしてもこの形態では登場しないため、クエストに30回挑戦する必要もあります。 効率的に倒し、図鑑を埋めるようにしましょう。

次の