モンスターズ インク キャラクター。 【楽天市場】キャラクターグッズ > ディズニー > ピクサー映画 > モンスターズインク:キャラクターズショップ ラフラフ

【公式】ショップディズニー

モンスターズ インク キャラクター

モンスターズ・インク Monsters, Inc. )は、に公開されたと製作の長編フル。 ピクサーの長編アニメーション作品としては第4作目となる。 日本ではに公開された。 ピクサー作品では初めてが製作総指揮に回り、が初監督を務めた。 では、、、にノミネートされ、そのうち主題歌賞を受賞した。 あらすじ 多種多様な姿形のたちが暮らすモンスターワールド。 彼らの生活を豊かにするの源は「人間の子供の悲鳴」である。 大企業 モンスターズインク(通称MI)では会社が無数に保有する 人間の子供の部屋へ通じるドアを通じて怖がらせ屋のモンスターを送り込み、怯える子供たちのを集め、エネルギーへ変換し、モンスターワールドへ供給されていた。 しかし昨今の子供たちはやなどの影響で簡単には怖がらず、MIの業績は悪化を辿り、モンスターワールドのエネルギー不足が深刻化していた。 そしてモンスターの間で、子供は恐るべきを持っていると言い伝えられる恐怖の対象であった。 子供たちからモンスターワールドを守るため、街は常に 子供検疫局(通称CDA)によって監視されていた。 特にMIは子供と最も密接に関わる場所であるため、頻繁に子供の事故が発生し、その度CDAの介入が起こり、作業の停滞によってまた業績が悪化するのだった。 屈強な体で毛むくじゃらの青いモンスター サリーと、緑色のひとつ目モンスター マイクは、MIへ勤める名物コンビ。 サリーが怖がらせ屋で、マイクは彼のアシスタントを担っていた。 特にサリーはMIの大社長 ウォーターヌースに仕込まれた業績ナンバーワンの怖がらせ屋で、社内で誰からも尊敬されていた。 そんなふたりを敵視するのは、サリーに次ぐ2番手の怖がらせ屋 ランドール。 彼はトップを奪取するのに固執し手段を選ばない、卑劣で意地悪いモンスターだった。 ある日、サリーはマイクから恋人の セリアとの約束を理由に書類の提出を頼まれ、誰もいない怖がらせフロアへ戻り、そこで業務外時間にも関わらず出入り可能状態となっている白地に花柄のドアを見つける。 不思議に思ったサリーは、誰かが残業しているのではとドアの中を確認する。 すると、偶然にもその部屋の主である人間の女の子 ブーが、モンスターワールドへ入り込んでしまう。 狼狽したサリーはブーをカバンへ押し込め、マイクへこのことを打ち明けるが、人間の侵入によって街は大混乱へ陥ってしまう。 ひとまずブーを自宅へ匿ったサリーは、当初彼女を恐ろしがってばかりだったが、やがて彼女に危険がないのだと知る。 ブーを人間の世界へ返すべく、サリーとマイクはモンスターに変装させた彼女を会社へ連れて行く。 ブーへ愛着を覚えたサリーと、彼女を人間の世界へ戻すのに手段を選ばないふたりの相違。 ブーの迷子。 昨晩のパニックによるCDAの煩雑によって会社は混乱に陥る。 さらに、ランドールがブーを攫うべく社内をうろついていた。 昨晩仕事場で例のドアを出していたのはランドールで、彼が目を離したすきにブーが逃げてしまったのだった。 ランドールがドアを出したのは仕事のためではない。 社内で秘密裏に作られたマシーン 悲鳴吸引器、その実験材料にブーを使おうとしていたのだった。 マシーンは子供の悲鳴を直接吸い出し、かつてよりもスムーズにエネルギーを集められるといった代物だが、子供の命を奪う危険なものだった。 ランドールの企みを知ったサリーは、すべてを白日の下に晒すべくウォータヌースへ掛け合う。 しかし丁度催されていた新人怖がらせ屋の研修会中で、手本を見せてほしいとせがまれたサリーは恐ろしい形相で吠える。 すると、不幸にもサリーに近づいたブーを怖がらせてしまう。 すべての事情を聞いたウォーターヌースの指揮の元、ブーを人間の世界へ返す作業が進む。 しかし、サリーたちの前へ出現したのはブーのものではなく、豪雪のヒマラヤへ続くドアである。 ウォーターヌースはランドールの実験の黒幕で、すべてを隠蔽するべく事情を知るマイクとサリーを追放してしまう。 ブーに嫌われたと落ち込むサリー。 サリーがブーへ肩入れするあまりに自分の人生を破滅に導いたと恨むマイク。 雪の中で仲違いするふたりは、かつてモンスターワールドから追放された に助けられる。 ブーを助けるべく、サリーはイエティの洞窟にあったスキーセットを改造したに乗って、山の麓にある子供のいる村を目指す。 丁度そこではMIの怖がらせ屋の仕事が行われていた。 サリーはモンスターワールドへ戻りブーの元へ急ぐ。 実験室ではウォーターヌースとランドールがブーを実験に使うところで、寸でのところで間に合ったサリーがブーを助け出す。 サリーを追って戻ってきたマイクと共にブーを人間の世界へ戻そうとするサリーは、ブーのドアを追ってドアの保管庫へ侵入する。 彼らを追ってきたランドールの手をかいくぐり、どうにか目当てのドアへたどり着いたものの、CDAを味方につけたウォーターヌースによって追い詰められる。 マイクを囮に逃げたサリーとブーは研修室へ逃げ込み、そこへ備え付けられたドアの接続機でブーのドアを起動するが、そこへウォーターヌースがやってくる。 彼は業績悪化で傾きかけの会社を救うために子供を誘拐し、マシーンを使ってさらなるエネルギーを得、そのためなら何千人でも誘拐してみせると言い、再びブーを攫おうとするが、そこで研修室に照明が灯った。 ブーの部屋と思われていたそれは研修に使われる擬似的な子供の部屋で、その内部で行われていたウォーターヌースとサリーとのやりとりはすべて、マイクが呼び寄せたCDA局員によって確認されていた。 陰謀を暴露されたウォーターヌースは局員によって逮捕された。 彼が去った後、サリーとマイクの前へCDAの首領である ロズが現れる。 彼女は2年半前からMIへ潜入して今回の事件について調査していたのだった。 彼女はブーを人間の世界へ返すというサリーの意志を汲み取る。 サリーはブーの部屋で彼女に別れを告げた。 ドアはドア・シュレッダーによって処分され、事件のすべては混乱を避けるためにCDAによって隠蔽された。 サリーはシュレッダーから出たドアの破片を握りしめた。 ウォーターヌースの逮捕によって会社は倒産し、社員たちは不安に苛まれる。 MIの消滅によるエネルギー不足の陰は計り知れない。 こんな状況を一周回って「結構笑えただろう」と揶揄したマイクの一言をヒントに、サリーはこの状況の打開策をひらめく。 サリーはMIの社長を継ぎ、会社の方向性を、子供を怖がらせることから、笑わせることへシフトさせた。 ブーとの冒険の中で、人間の笑いが悲鳴を凌駕するエネルギーを秘めているのだと知ったことが原因で、実際、エネルギーの供給は以前の10倍となり、会社の業績は安定し、エネルギー不足にも改善の兆しが見えていた。 社員も子供も笑う最高の会社を作り上げるも、サリーはブーのことを忘れられず、いつもブーが描いた絵とドアの破片を眺めていた。 ある日、サリーはマイクに連れられて会社の研修室へ訪れる。 そこには壊されたはずのブーのドアがあった。 確かに細々に破砕されたドアはマイクによって、長い時間と労力を懸けて修復されたのだった。 サリーが持っていた最後の一片をはめこむことで、ドアは完全に修復され、ブーの部屋と繋がった。 サリーがドアを開けてブーを呼ぶと、彼を呼ぶ声が返ってきた。 それは聞き慣れた人間の女の子の声だった。 登場人物 主要キャラクター サリー Sulley 本作の主人公。 本名:ジェームズ・フィル・サリバン James Phil. Sullivan。 モンスターズ・インク社内一の怖がらせ屋で悲鳴エネルギー獲得量はいつもトップ。 身長240センチの巨体に2本の角、紫斑点のある水色と青緑の毛むくじゃらの姿が特徴。 外見は恐ろしげだが、性格は温厚かつ謙虚で社員やモンスター・シティ市民からも慕われている。 毎日の筋トレを欠かさず、その吠え声は今やウォーターヌース社長すらも驚かせるほどで、怖がらせ屋初期の頃に直々に怖がらせ屋として見込まれていた。 一人称は「俺」。 自分達の世界に入り込んだ少女に出会ってからは、当初はただ彼女を怖がるだけであったが、過ごしていくうちに情が移って彼女を「ブー」と名付け、今まで誰も犯したことのなかった「人間の子供を愛してはいけない」という掟を破ってしまう。 そして彼女を元の世界に戻すため、徐々にマイクをも引きずり込んでの大騒動に発展する。 物語の中盤でウォーターヌースの命令で誤ってブーの目の前で吠えたことでブーを怖がらせてしまい、自分自身に罪悪感を感じ、さらにウォーターヌースによってヒマラヤに追放されるも過去に同じくして追放されていたイエティの協力で帰還し、救出の際に和解した。 事件解決後はウォーターヌースがCDA(Child Detection Agency、子供検疫局)に逮捕されたことを機に4代目の社長に就任。 ブーとの冒険とマイクとの会話で笑い声が悲鳴の10倍ほどのエネルギーを持つことを突き止め、子供を笑わせてエネルギーを供給するシステムでモンスターズ・インクを再始動させた。 そして、ラストでマイクが修復したドアを通り、ブーと再会した。 サリーのママ 電話をかけたマイクが「お前のママから電話だ」と言う台詞のみの登場。 サリーやマイクとは別の町に住んでいるらしく、彼らのCMを「家族全員で見た」と話していた。 マイク Mike 本名:マイク・ワゾウスキ(Michael Wazowski)。 サリーの親友であり、仕事のアシスタントでもある。 外見は一つ目に黄緑のボールから手足が生えたような体つきが特徴。 サリーと同じく、一人称は「俺」。 お調子者で頭の回転が速くよく喋るが、短気でそそっかしい性格。 社内の受付嬢セリアと熱愛中。 同棲しているサリーには仕事中のサポート以外にも毎朝怖がらせのトレーニングをコーチしており、敏腕アシスタントぶりも発揮している。 しかし書類の整理ができないため、事務担当のロズが大の苦手で、よく心にもないお世辞を言って機嫌を取ろうとするが毎回見抜かれている。 小柄であることが災いして、最前列でサリーとモンスターズ・インクのCMに出演していたものの会社のマークで隠れてしまったり、サリーと雑誌の表紙を飾った際もバーコードに隠れてしまったりするなど身長のせいで不憫な役回りを担うことがしばしばあるが、本人は写っているので気にしていない様子。 サリーに協力してもらい、セリアの為に最高のデートを企画するが、モンスター界にやってきたブーの出現により最悪なデートになってしまう。 現実主義ゆえに騒動を引き起こしたサリーに八つ当たりするが、サリーやブーのことを放っておけず最後まで協力した。 事件解決後、モンスターズ・インクがサリーにより再運営された後は、子供を笑わせるための鉄板ジョーク(子供には大すべり)として、子供の頃は、幼稚園があまりにも楽しすぎて留年したと話し、はが得意で負けたことがない(ボール役だったから)と語っていた。 他にも飲み込んだ物をゲップで吐き出すという離れ業も見せる(こちらは大笑いを誘った)等、子供を笑わせる社員として勤務しており、前日談である『モンスターズ・ユニバーシティ』での夢であったアシスタントとしてではなく社員として働く夢を叶えた。 EDのNG集ではその場を誤魔化すために出任せに言った『とにかくそれを送り返そう、さもないと』を本当に劇場化し、ラストには彼と瓜二つのママが登場した。 また、『』のエンドロールにカメオ出演しており、海中を姿で泳いでいる。 ミセス・ワゾウスキ マイクのママ。 息子の『とにかくそれを送り返そう、さもないと』の劇場におけるゲストとして登場。 息子に瓜二つで髪型はロズに似ている。 リトル・マイキー マイクが子供の頃から持っていたクマのぬいぐるみ。 一つ目で4本の足を生やしたような姿をしている。 ブーも気に入っており、そのぬいぐるみを抱きしめているのを見たマイクがブーから取り上げるが、逆に取り上げられたショックでブーを泣かせてしまう。 ブー Boo 本名:メアリー・ギブス Mary Gibbs。 ひょんなことからモンスターの世界へ入り込んでしまった女の子。 クローゼットのドアは白地に花柄があしらわれた物。 幼い故、好奇心旺盛で目を離すとすぐにいなくなってしまい、まだ言葉を上手く話せないが、サリーを「にゃんにゃん(Kitty)」と呼んで懐き、マイクのフルネームも覚えてしまう。 初対面のサリーを恐れなかった一方、ランドールのことを恐れていたが、サリーがピンチに陥った際にその恐怖心を克服し、ランドールに掴み掛かるといった勇敢な面を見せた。 サリー達に連れられて再び会社へ向かう際にはサリーが徹夜で作成した椅子の生地で造った胴体、モップの髪、電球の目玉のモンスターの着ぐるみを着用している。 ウォーターヌースらの陰謀により危険な目に遭うがサリーに助けられ、サリーとマイクの協力により無事に人間の世界へと戻っていった。 2人と別れた後、ブーのドアはドア・シュレッダーによって処分されてしまったが、マイクの手によって修復され、サリーが持っていたドアの破片をはめたことにより再会を果たした。 モデルはスタッフのロブ・ギブスの娘で当時2歳のメアリー・ギブス本人。 ブーのお部屋には『ファインディング・ニモ』のニモ人形や、『』のジェシーの人形がある。 サブキャラクター セリア(Celia Mae) モンスターズ・インクの受付レディ。 マイクと熱愛中。 一つ目で5本の髪の毛全てが蛇、手足は触手、スレンダーボディの外見の持ち主。 一人称は「私」。 マイクは彼女を「ハニー」(日本語版では「セリりん」)と呼び、彼女はマイクを「(かわいい)ギョロ目ちゃん」と呼んでいる。 実はブーがモンスター界に来た日はセリアの誕生日デートだったが、ブーの出現で台無しにされる。 その後、CDAの消毒を受けた事で 、マイクを見損ね、一時は破局寸前となったが、真相を知ったことで和解し、ブーを元の世界に返す協力をしてくれた。 その後は元の熱愛関係に戻っている。 ロズ(Roz) モンスターズ・インクで事務・怖がらせ屋が脅かす担当の子供達の管理を担当するナメクジの様な体に纏まって逆立った白髪、つり上がった眼鏡が特徴のおばさんモンスター。 無愛想でスローな口調が特徴だが、仕事の鬼であり、書類の不備が多いマイクに常に目を光らせている。 前日談のユニバーシティの時点で終盤マイクとすでに出会っており、「ずっと二人(マイクとサリー)を見ている」と一目置いていた。 実は事務担当は表の顔で、その正体はウォーターヌースの悪事を暴くために物語の2年半前より派遣されたCDAの隊長だった。 NG集では、本編で登場しないはずの場面に突然登場し、出演者を驚かすなど普段の態度から想像できないほどイタズラ好きでお茶目な一面を見せた。 Yeti ヒマラヤで暮らす気の良い雪男。 一人称は「俺」。 過去に何らかの理由でモンスターシティから追放されるが、今の暮らしを楽しんでいる。 前日談のユニバーシティではモンスターズ・インクの郵便局員だった。 雪玉でできたレモン味のスノー・アイスを作っている。 巨体と強面に似合わず、明朗快活な性格で、本人は「恐怖の雪男」という異名を快く思っておらず、「愉快な雪男」もしくは「可愛い雪男」のほうが良いと思っている。 彼の話では前までと一緒だったらしい。 なお、マイクによるとも追放されたようである。 雪山で遭難したサリーとマイクを助けて歓迎し、彼らを元いた場所に返すよう協力した。 ランドール 本名:ランドール・ボッグス(Randall Boggs)。 本作の。 外見は8本の手足を持つ紫色のトカゲのようなモンスター。 陰湿かつ狡猾な性格。 一人称は「俺」。 のように体色を周囲の風景と同化させ、まるでその場から消え去ったかのように見せる能力を持つ。 温厚で誰にでも社交的なサリーとは異なり性格の起伏が激しく、あまり社交的ではない。 社内ではサリーに次ぐ第2位の怖がらせ屋で、1位のサリーを常にライバル視しているが、ユニバーシティの大学時代にルームメイトであったマイクに対してはサリーほど嫌っていないようで、ふざけて脅かしたり、マイクの出任せを何の疑いもなく信じている。 しかし、悲鳴吸引機でブーの居場所を吐き出させるため容赦無くマイクに機械を向けた。 怖がらせ屋としての実力は高いが業績を上げるためなら手段を選ばないという冷徹な一面を持ち、社長のウォーターヌースに陰謀の協力を任されているものの「お前はサリバンの足元にも及ばない」と目の前で言われるなど信頼されていない。 終盤にはサリーとマイクによりドアの向こうの世界へ放り込まれて人間の世界に追放され、人間の世界ではワニに間違われ退治された。 ちなみに、送り込まれた家は『』に登場したものであり、家の軒下にて昆虫たちが集まっていた。 家の隣にある車はに初登場したピザ・プラネットの車が置かれている。 前日談にあたる『』では性格が異なり、今のサリーのような温厚な性格であったが後に現在の性格になる経緯が描かれている。 ファンガス 本名:ジェフ・ファンガス(Jeff Fungus)。 本作のランドールと同じくディズニー・ヴィランズではあるが命令されてやっているだけでランドールやウォーターヌースほどの悪人ではない。 赤い体と三つ目に眼鏡をかけたランドールのアシスタント。 悪気はないものの気弱な性格で、ランドールの命令には従順である。 また、機械に詳しい一面を持っており、ランドールが担当しているドアの周辺機器の不具合を指摘したり、悲鳴吸引機の操作や調整を行っていた。 悲鳴吸引機をマイクに向けようとしたが、スキを付かれマイクは開放され、彼が吸い取り機の犠牲となっていた。 事件解決後はランドールの代わりに仕事を行い、爆笑フロアで子供達を笑わせるために日々腕を磨いており、ランドールがいなくなったこともあり、今の仕事を楽しんでいる。 ウォーターヌース 本名:ヘンリー・J・ウォーターヌース三世(Henry J. Waternoose III)。 上半身はスーツを着た人間形だが、目が5個あり、下半身はカニのような多足型モンスター。 一人称は「私」。 現モンスターズインク社長で、彼の祖父が起業した会社を受け継いだ3代目。 サリーに怖がらせ屋として手ほどきをしたのも彼である。 サリーに期待と信頼を寄せる一方、エネルギー需要の伸び悩みによる業績不振・後身の育成に悩んでいる。 表向きは信頼と安全をモットーにしているが、実は本作のディズニー・ヴィランズで全ての事件の黒幕。 同じ悪知恵のランドールとその助手のファンガスを雇い、悲鳴吸引機を開発させ地下室で誘拐した子供から強引に悲鳴エネルギーを蓄えようとした。 後に自身の邪魔をしたサリーとマイクをのの吹雪の中に追放するも、自力で帰還した二人の策略によって、シミュレーションルームにて「会社を救うためなら、千人だって誘拐してやる」と発言した事で、CDAに利益最優先の本性を暴露してしまい、社長の権限を剥奪されると同時に逮捕された。 連行の際、悪足掻きとして今まで信頼したサリーを手の平を返すように散々罵倒するという社長らしからぬ情けない姿を晒していた。 CDA(Child Detection Agency) 子供検疫局の隊員たち。 合図番号は「2319」。 全員が黄色の防護服を着ている。 人間の子供を敵だと考え、怖がらせ屋が誤って持ち出した靴下などを処分し、消毒するのが彼らの仕事である。 一時期はサリーらを捕まえようとするが、事件の真犯人がウォーターヌースだと知ると彼らに敬意を払ったり、サリーの大ファンで彼にサインをもらったり、NG集で開いていない窓にぶつかりドジを踏んだりなどのお茶目な場面も見られ、劇場の案内役もしていた。 ウォーターヌース逮捕後、ブーのドアをドア・シュレッダーで処分したがマイクによって修復された。 会社の関係者 ジェリー Jerry Slugworth 絶叫フロアのマネージャー。 作業開始のカウントダウンを行う。 指が7本あるためカウントダウンは7から行う。 掛け声は「本番7秒前」。 ジョージ 本名:ジョージ・サンダーソン(George Sanderson)。 モンスタースケアラー(怖がらせ屋)の一員。 業績は8位。 頭の一本角と、全身を覆うオレンジの体毛が特徴的だが、勤務中に運悪く子供の靴下を体につけたまま帰還したためCDAに全て毛を剃られ消毒されてしまい、その後もサリーの体に付いた人間世界の物を空けたままの彼のロッカーに突っ込まれるなどの不運体質により何度もCDAの世話になる羽目に。 事件解決後はチャームポイントのオレンジの体毛は全て生え変わっていた。 チャーリー(Charlie) ジョージのアシスタント。 普段は人間界の仲良し兄弟のような仲だが、劇中で何度もCDAの世話になるジョージにドアから人間の世界に放り込まれるハメになった。 ただし、ウォーターヌースが逮捕された後は、ちゃっかり元の世界に戻っている。 玩具「スケアリーフィギュア」では名前が「レイ」だった。 スミッティとニードルマン Smitty and Needleman 会社の掃除係。 また、ゴミをに捨てる係や不用品のドアを始末する係も彼らの仕事である。 背の高く角が生えてるほうがニードルマンで、背が低く歯を矯正しているほうがスミッティ。 一人称は二人とも「俺」。 サリーとマイクの大ファンで、彼らを尊敬している。 コンビのような会話を繰り広げており 、NG集でも漫才を見せ、劇場でもニードルマンはランドール役、スミッティはファンガス役をやった。 NGシーン集ではサリーの名前の「サリバンさん」を「ソロモンさん」と言い間違えたり、作動させたドアシュレッダーが暴走して惨事を起こしたりしている。 タデウス・バイル(Thaddeus Bile) 新入りの怖がらせ屋。 あだ名は「フレム Phlegm 」。 青い体に4本の手を生やしている。 間抜けで練習でも失敗ばかりだが、事件後はそのおっちょこちょいなところが笑いに繋がったためか採用され働いていた。 フリント(Flint) 新人の教育係。 ウォーターヌース同様、上半身はスーツを着た人間系だが、下半身はヘビのような姿をしている。 新人研究者 まだ怖がらせ屋になれない、新入りのモンスターたち。 それぞれ三つ目で角を生やしたモンスター、一つ目のモンスター、手が4本のモンスター。 サリーの手本を見せてもらったことで、怖がらせ屋として学んだ。 ワックスフォード Waxford ジョーンズのアシスタントで五つの目がついており、それを指の様に使っている。 また、弾みで帽子が取れることもしばしば。 マイクがランドールに事件に関与したか聞かれた際に、彼を指して「あいつが怪しい! 目つきが悪いだろ? 」と言い、濡れ衣を着せられた。 マージ Marge 常にはって移動しているため、マイクからは「疲れてる」と思われている。 ウォーターヌースが逮捕された後は、高慢そうな態度を見せた。 チョルビー Chalooby ニードルマンやスミッティ同様、会社の掃除係。 だが歩くと液体が出るので、結局いつも汚してしまう。 モンスターシティ住民 一つ目モンスター 本名不明。 巨大で窓から一つ目だけ出しているモンスター。 縄跳びをしていた子供によって目を痛がる。 火を吐くモンスター 本名不明。 赤い全身と鼻の上に角を生やしている。 くしゃみをすると火を吐く体質で、新聞を燃やしてしまう。 その際に「またかよ」とばかりの表情を見せている。 ゴミを食べるモンスター 本名不明。 店前で掃除をしていたモンスター。 ゴミが好物で、拾ったゴミをちり取りごと食べる。 トニー Tony モンスターの街の八百屋の店主。 サリーとマイクとは仲がいい様子で、売り物の野菜を差し入れとして渡すほど。 外見は2人の会社の同僚・リベラに似ている。 ブロッビー Blobby 体がピンクの状でできたモンスター。 サリーやマイクとは知り合いのようである。 体がスライムでできているためか、下水道に続く排水口から流されて歯と目だけが残ることが多い。 テッド Ted のようなモンスターだが、あまりにも巨大すぎて脚しか画面に映っていない。 のような鳴き声。 音声解説によると、から鳴き声を取ろうとしたが、版権の問題で鶏のような鳴き声になった。 エンディングのNGシーン集ではのレックスもテッド役のオーディションを受けていたことが判明したが落選した模様。 ハリー Harry ハリーハウゼンの寿司職人で、タコ型のモンスター。 劇中では名前は明らかにされていないが、名前は店の名前から来ている。 劇場ではバイルがハリー役をやっていた。 ナメクジモンスター、ワックスフォードもどき いずれも本名不明。 ロズ同様ナメクジ型のモンスターとワックスフォードのような外見で彼より多い目玉のモンスター。 ブーが出現した事件のニュースで登場している。 ナメクジのほうは「逃げる途中で念力に持ち上げられた」、もどきのほうは「全部の目で見た」と虚偽を言っていた。 キャスター テレビのニュースキャスター。 ブーが出現した事件のニュースに登場。 専門家 ニュースに登場。 「このような場合には逃げろ! 」と言うワンシーンのみの登場。 社内保育の保母と生徒 モンスターズ・インクに社会見学に来た保母とその生徒たち。 着ぐるみを着たブーと出会い仲良くなり、「マイク・ワゾウスキ」と連呼する。 また、に似た青い生徒はマイクの手に噛みつき、劇場ではブー役をやらされており、保母は劇場でピアノ伴奏を担当していた。 怖がらせ屋 サリー・ランドール・ジョージを除く、怖がらせ屋モンスターたち。 全員それぞれ異なった外見と特徴を併せ持ち、子供たちを怖がらせるが、事件解決後は子供を笑わせる会社となったため、今は子供を笑わせるために腕を磨いている。 ほぼ全員、名前はスタッフからとられている。 また、一部本名が名前の由来となったスタッフの本名そのものである者も有る。 クロウズ Claws 怖がらせの際に自慢の牙と爪を生やして怖がらせるモンスター。 見た目は厳ついが臆病かつ泣き虫な性格で、いつもアシスタントに「しっかりしろ! 」と叱られている。 業績は12位。 一部書籍では名前が「ピート・ワード」(とジェイ・ワードからとられている)と記されていた。 チャック Chuck クロウズのアシスタント。 泣いてばかりの彼には毎回呆れている。 テッド・ポーリー Theodore "Ted" Pauley 仕事の際に多数の目玉を顔に付けるが、接触が悪いのか落ちてしまうことも。 業績は11位。 名前はプロダクション・デザイナーのボブ・ポーリーから。 ボブ・ピーターソン Bob Peterson 鋭い入れ歯をはめて怖がらせるモンスター。 事件解決後は子供を笑わせるためにおもちゃの入れ歯をはめている。 業績は6位。 名前はから。 スコアボードには「Peterson」と表記。 フランク Frank ボブのアシスタント。 一つ目の緑の体で4本の手を持つ。 サリーとマイクがブーをドアの向こうへ返そうと会社に入ったとき、すれ違った。 ランキー・シュミット Nicholas "Lanky" Schmidt 顔の部分から長い腕と脚が生えたモンスター。 クロウズとは仲がいいようで、何かと彼と一緒にいることが多い。 ニュースの際には「子供が俺のそばを飛んでいて、車をビームで撃ったんだ」と虚偽を言っていた。 業績は10位。 名前はロブ・シュミットから。 マージ Marge ランキーのアシスタントで女性のモンスター。 マイクに「元気かい?」と声を掛けられた時、「全然」と返事した。 リッキー・プレズスキ Ricky Plesuski ワニのような頭部から足が生え、鋭い牙が並ぶ大きな口をもつモンスター。 牙を自慢しているためか、アシスタントからの歯磨きは欠かせない。 業績は9位。 ジョー・ランフト Joe "J. " Ranft ポーリーと同じ体型で色が黒く、三つ目のモンスター。 業績は3位。 名前はから。 スコアボードには「Ranft」と表記。 バド・ラッキー Harry "Bud" Lucky 毛で覆われた頭部と触手をもつモンスター。 NG集ではサリーを転ばせた後、他の怖がらせ屋共々転んでしまい、視聴者を笑わせた。 業績は4位。 名前はから。 スコアボードには「Luckey」と表記。 スパイク・ジョーンズ Spike Jones 仕事の際に身体から多数のトゲを生やすモンスター。 業績は7位。 リベラ Rivera 六本ずつの手足をもつモンスター。 業績は5位。 ベティ Betty リベラのアシスタントの女性モンスター。 CM内にも登場した。 ハーレイ・P・ガーソン Harley P. Gerson 頭に脚が直接生えた姿をしているが絶叫フロアでは最下位のモンスター。 名前は脚本家のダン・ガーソンからとられている。 関連書籍などではやはりスタッフのハーレイ・ジェサップよりとられている「ハーレー」と紹介されていた。 キャスト(声の出演) 役名 原語版声優 日本語吹替 ジェームズ・P・サリバン サリー () マイク・ワゾウスキ () ブー ランドール・ボッグス ヘンリー・J・ウォーターヌース社長 セリア・メイ ロズ イエティ ニードルマン スミティ ジェフ・ファンガス タデウス・フレム・バイル ジェフ・ピジョン ジョージ・サンダーソン ジェリー(フロア・マネージャー) フリント チャーリー クロウズ 寿司職人 トニー グイド・カローニ テッド 原語流用 CDA(子供検疫局) 稲葉実 社内保育の コマーシャルのナレーター 新人研修生 その他 レックス (ノンクレジット) スタッフ• 監督:• 共同監督:、• 原案:ピート・ドクター、、、• 脚本:、• 音楽:• 製作:• 製作総指揮:、アンドリュー・スタントン• ストーリー監修:• 編集:• プロダクション・デザイナー:ハーレー・ジェサップ、ボブ・ホーリー• アート・ディレクター:ティア・w・クラッター、ドミニク・ルイス 主題歌• 3 21:00 - 22:52 112分 9. トリビア• 公開時のCMでは『』の劇中歌『ホエン・シー・ラブド・ミー (原題:When she loved me)』が使われた。 今作のオープニング前のディズニー・ピクサーのロゴ表記は短縮版である。 2005年には「」の20周年記念としてこの作品が上演されている。 日本で上演されるにあたってブー役の女の子は一般公募され、2人が選ばれた。 またいくつかのシーンがスケートダンスに合うようオリジナルの曲が作成されている。 マイクとセリアがデートをする寿司レストラン「ハリーハウゼン」は、著名モデルアニメーターであるの名前に由来している。 原語版の子供の悲鳴は無理矢理ピクサーへ連れて来られたスタッフの子供の声。 映画を通してピクサー作品に登場するのセットがいくつか流用されている。 ランドールが追放されたドアの行き先である人間界は実は、に登場する虫の街があるトレーラーハウスと同じセットである。 そして、そのトレーラーハウスを引く車こそが、全てのピクサー作品に登場するのデリバリーバン「GYOZAバン」である。 ちなみに、トレーラーハウス内には映画『』のニモがいる。 サリーがブーを部屋に戻して別れる場面では、部屋に散らかったの中に映画『』のニモや映画『トイ・ストーリー2』のジェシーとアルファベットブロック、ピクサーのショートフィルムのボールが登場する。 NG集では、朝の通勤シーンにて映画『』のレックスが登場する。 『』でマイクのおもちゃが登場する。 日本での上映は2002年3月2日から始まったが、大好評のため大幅に延長され同年7月中旬までのロングランとなった。 本編終了後のスタッフロールと共に、本来アニメーション作品ではあり得ないはずの「集 普通の映画作品で起こりそうなNGを数場面紹介 」と、本編でマイクが誤魔化しのネタとして使ったミュージカルを本当に上演する場面が流れる。 これらのシーンは、本作が衛星放送ので最初に放送された際には一切無くなりスタッフロールのみに置き換えられたが、その後の放送では復活している。 国内向けの版には、エンドロールのNG集のほか、映像特典としてスタッフロールのないNG集も別途収録されている。 しかし、国内向けの版には、WOWOWの初回放送と同様にスタッフロールにNG集は含まれず、スタッフロールなしの映像特典としてのみ収録されている。 に系『』で放送された際、サリーとマイクの字幕はそれぞれの体の色にちなみ水色と黄緑で表示された。 ピクサーの次回作品である『ファインディング・ニモ』のスタッフロールでは、水中を横切るマイクがカメオ出演している。 ピクサー作品の『』(2006年)ではエンディングでパロディー映画「・インク」として登場。 サリーとマイク、イエティはモンスタートラック(サリーは風、マイクは風の三輪車、イエティは一般的な雪上車風)になっており、人間界(自動車界)のに追放されたシーンを演じる。 マイクの声優は田中裕二でも三ツ矢雄二でもなくが担当している。 また、『』でもハリーハウゼン店内にモンスタートラック版マイクとサリーが一瞬登場する。 マイクが子供を笑わせるシーンの時、子供の部屋にとピクサー短編ののポスターが貼ってあるのが見える。 サリーとマイクが通勤する途中、モンスターが新聞を燃やす場面で、後ろの店にはディズニー映画『』に登場するクジラ、モンストロのポスターが貼ってある。 扉の保管庫のシーンで、障子や襖がありが見える日本の家と、が見えるフランスの家を通過する。 作品中で具体的に描かれる国は、これに「東海岸を目標」と表現されたアメリカを加えた3ヶ国だが、この3つの国には共にがある(本作品公開当時は香港パークは未完成)。 ちなみに日本の家ではサリーは非常に慌てていたため襖の開け方を忘れてしまい、それをマイクに指摘されている。 次作「」では、ロズは人間の子供による脅威を排除する保健局CDAの職員、イエティは郵便局職員、ジョージは大学でのグループのメンバーとして登場している。 ウォーターヌースは写真のみで登場している。 アトラクション 『 Monsters, Inc. 』 ののにあるライドタイプのアトラクション。 にオープンした。 『 Monsters, Inc. Laugh Floor 』 ののにあるシアタータイプのアトラクション。 2007年4月2日にオープンした。 設定は映画の後となっている。 『 Monsters, Inc. 』 ののにあるライドタイプのアトラクション。 にオープンした。 設定は映画の後となっている。 にリニューアルオープンした。 が提供。 ゲーム 2002年3月1日に発売された専用の横スクロール型アクション。 開発は、日本での販売元は。 海外ではゲームボーイアドバンス版とは違う、3Dタイプの版と版もある。 プレイヤーは「サリー」となり、ほかのモンスターたちを脅かして気絶させながら、「ブー」を人間の世界へ戻すためドアのかけらを探すという「おどかしアクション」。 2002年3月14日に発売された専用のアクションプラットフォーム・ゲーム。 日本未発売のプレイステーション2版もある。 開発は、日本での販売元はトミー。 プレイヤーは「サリー」か「マイク」のどちらかを選択、ほかのモンスターたちを脅かして腕に磨きをかけてゆくという「おどかしアクション」。 画面は3Dタイプで、報酬としてもらえるメダルを集めると、ムービーやミニゲームが増えてゆく。 2002年に北米で発売されたニンテンドーゲームキューブ専用のスポーツゲーム。 日本未発売。 モンスターズ・インク ワールド MONSTERS, INC. WORLD 日本の用と用のソーシャルゲームアプリ。 Android用が、iOS用がにサービス開始された。 が提供。 『モンスターズ・インク』が舞台のワールド「モンストロポリス」に、サリー、マイク、ブー、ランドールが登場する。 この『KHIII』での出来事は映画スタッフの要望により、原作映画後の正史として描かれている。 コミカライズ 作画でに連載、単行本1巻 マイクとサリーの新車でGO! マイクとサリーの新車でGO! Mike's New Car 監督 共同監督 ロジャー・グールド 原案 ピート・ドクター ジェフ・ピジョン ロジャー・グールド ロブ・ギブス 製作 ゲール・ゴートニー 製作総指揮 出演者 音楽 編集 ロバート・グラハムジョーンズ 製作会社 配給 公開 2002年 上映時間 3分54秒 製作国 言語 『 マイクとサリーの新車でGO! 』 Mike's New Car は、2002年にピクサーが制作した3分54秒の短編アニメーション作品。 にノミネートされた。 監督は本編と同じくピート・ドクターが務める。 登場するマイクとサリーの声優、及び日本語吹き替えの声優も本編と同じ。 あらすじ マイクは6輪駆動の新車を購入し、自慢する。 サリーを乗せ、ドライブに出発しようとするのだが、操作ミスなどトラブルが頻発する。 登場人物と声の出演• また、アトラクションに併設されているショップ「モンスターズ・インク・カンパニーストア」店内には旧車を販売する旨の掲示物が壁に貼られている。 脚注 注釈• Box Office Mojo 2002年9月26日. 2008年10月20日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)620頁• イエティによると、ビッグフットは追放されたショックでの丘を作って、体をかぶれさせたという。 変化するのはだけであり、目と口は変わらない。 それで擬態するときは瞼や口を閉じていることが多い。 大抵の場合、スミッティがボケ、ニードルマンがツッコミ役。 特報では、予告編では三ツ矢雄二• 予告編ではクロウズの声優は茶風林• 『キングダム ハーツIII アルティマニア』(スクウェア・エニックス、2019年)725頁 関連項目• 外部リンク• - (英語)• - (英語).

次の

【映画】『モンスターズ・インク』のキャラクター図鑑!サリー・マイク・ブーなど人気キャラも!

モンスターズ インク キャラクター

出典:Pixar Animation 背が低くカワイイ(?)外見から、怖くないとバカにされたり無視されたり…。 要領は悪いが愛嬌があり仲間想いで努力家。 子供の頃の夢をずっと持ち続けている。 ちびマイクがかわいくてしょーがない! ジェームズ・P・サリバン(石塚英彦/ホンジャマカ) 出典:Pixar Animation 怖がらせ屋の名門・サリバン家の子息。 才能はあるが自信家で努力はしない。 実は怖がりで自信がないことを隠すために虚勢を張っている。 スコット・スクイシー・スクイブルス(嶋田翔平) 出典:Pixar Animation 恥ずかしがりで地味な青年。 母のシェリー・スクイブルスと一緒に暮らす家をチームの寮として解放している。 気配を消すのが得意。 ドン・カールトン(宝亀克寿) 出典:Pixar Animation 元セールスマンの社会人学生。 名刺を持ち歩いている。 タコのような吸盤で垂直な壁を上ることができる。 ペリー兄弟(テリ=佐藤せつじ・テリー=花輪英司) 出典:Pixar Animation 2人いるけど体は1つ。 性格が正反対で口喧嘩ばかりしている。 アート(姫野惠二) 出典:Pixar Animation 陽気で突飛な行動をするモンスター。 両足(?)をくっつけて輪のように転がることもできる。 ロアー・オメガ・ロアーのメンバー 怖がらせ大会の優勝候補チーム。 ジョニーを筆頭にメンバー全員が威張っている。 ジョニー・ワーシントン(東地宏樹) 出典:Pixar Animation 体が大きく偉そうなモンスター。 マイクとウーズマカッパのメンバーをバカにしている。 チェット・アレキサンダー(田中英樹) 出典:Pixar Animation お調子者で強い者に媚びてばかりのモンスター ジョニー・ワーシントンにべったり。 ランドール・ボッグス(青山穣) 出典:Pixar Animation モンスターズ・インクでブーを攫ったトカゲ。 マイクのルームメイトで、真面目で気さくな正確だったが、自己顕示欲が強く、根に持つ性格。 マイクのアドバイスでメガネを外した。 審判たち クレア・ウィーラー(東條加那子) 出典:Pixar Animation 怖がらせ大会の運営と司会進行をつとめるモンスター。 大学の自治会長。 やる気なさそうに見えて、実は公平でデキる子。 ブロック・ピアソン(三宅健太) 出典:Pixar Animation 大学自治会の副会長。 クレアとともに怖がらせ大会の司会進行をする。 やたらテンションが高い。 教授たち ディーン・ハードスクラブル学長(一柳みる) 出典:Pixar Animation モンスターズ・ユニバーシティの学長。 伝説の怖がらせ屋で、記録的な悲鳴を集めたボンベが怖がらせ学部に飾ってある。 威圧的な雰囲気が怖い。 カサカサ歩く音が気持ち悪い。 デレク・ナイト教授(石住昭彦) 出典:Pixar Animation 怖がらせ学部の初級を担当する先生。 真面目で落ち着いた雰囲気だけど、意外とスパルタらしい。 その他のキャラクター フランク・マッケイ(小松史法) 出典:Pixar Animation マイクが子供の頃、見学に行ったモンスターズ・インクの怖がらせ屋。 規則を破って子供部屋のドアに入ったマイクをたしなめつつ、自分の帽子をプレゼントして励ますカッコいいスター。 カレン・グレーブス先生(柳原可奈子) 出典:Pixar Animation 子供の頃のマイクの担任。 友達ができないマイクを心配する優しい先生。 シェリー・スクイブルス(堀越真己) 出典:Pixar Animation スコットの母親でウーズマ・カッパメンバーの生活の面倒を見てくれている。 明るく気さくな性格で、どんな局面でも子供たちを励ましてくれる。 デスメタル好き。 イエティ(立木文彦) 出典:Pixar Animation 「モンスターズ・インク1」では人間界に追放されていたイエティ。 モンスターズ・インクで郵便係として働いており、マイクとサリーに仕事を教えてくれている。 ロズ(磯辺万沙子) 出典:Pixar Animation モンスターズ・インクではドアの管理人として登場していた。 本当の姿はCDA(子供検疫局)の職員。 おまけ アーチー 出典:Pixar Animation マイクとサリーが出会った時、追いかけていたブタ(っぽい生き物)。 モンスターズユニバーシティのライバル校であるフィアーテック大学のマスコット。 ご紹介できなかった個性的なキャラクターもたくさんいました。

次の

モンスターズ・インク

モンスターズ インク キャラクター

モンスターズ・インクの悪役キャラ「ランドール」について 【出典:】 モンスターズ・インクに悪役として登場するのがランドール(本名:ランドール・ボッグス)。 トカゲのようなモンスターで、周囲と同化し姿を消すのが得意なモンスターです。 モンスターズ・インクでは成績2位で、成績1位のサリーを強くライバル視しています。 怖がらせ屋として優秀な実力者のランドールですが、成績争いのためなら手段を選ばないという冷徹な一面も。 モンスターズ・インクでは、サリーの成績を抜くためにウォーターヌース社長の陰謀に裏で協力しています。 モンスターズ・インクでランドールの声を担当していた声優 映画「モンスターズ・インク」に悪役として登場するランドール。 ランドールの声を担当していた声優はこの方々でした。 英語版でランドールの声を担当していた声優 英語版「モンスターズ・インク」でランドールの声を担当していた声優は、俳優・映画監督として活躍しているスティーヴ・ブシェミさん。 俳優活動としては、「ファーゴ」「コン・エアー」「アルマゲドン」などの名作に出演されています。 日本語吹き替え版でランドールの声を担当していた声優 日本語吹き替え版「モンスターズ・インク」でランドールの声を担当していた声優は、声優・ナレーターとして活躍されている青山穣さん。 日本を代表するような声優で、「アルマゲドン」「Mr. ディーズ」「ビッグ・フィッシュ」など数々の名作で吹き替え版の声を担当されています。 モンスターズ・インクに登場するランドールの相方の名前 【出典:】 モンスターズ・インクでランドールの相方をしているのがファンガスというモンスターです。 モンスターズ・インクでは、ランドールの相方としてドアの整備や悲鳴吸引機の操作を担当しています。 悪役のランドールに協力するファンガスですが、一方で性格は穏やかで真面目。 そんな悪役のランドールですが、過去には真逆のキャラクターだったのをご存知でしょうか? ランドールは、モンスターズ・ユニバーシティ(大学)時代にマイクとルームメイトでした。 その時はマイクとも仲が良く、気さくで真面目な性格だったんです。 そんな性格の一方で、ランドールは上昇志向が強く皆に認められたいと思っていました。 その頃からルームメイトのマイクとも距離を置くようになり、徐々に現在のような悪い性格へと変わっていったのです。 その後、モンスターズ・ユニバーシティの怖がらせ大会に出場するも、サリーの脅かしの衝撃によりミスをして負けてしまったランドール。 それ以降、ランドールはサリーを強くライバル視するようになっていきました。 また、マイクとは元ルームメイトという関係もあるからか、軽く威嚇する程度で抑えています。 モンスターズ・インクの最後でランドールが人間界に追放される モンスターズ・ユニバーシティ時代に怖がらせ大会でサリーに負けたランドール。 モンスターズ・インクで怖がらせ屋として働き始めた後も、ランドールはずっとサリーをライバル視します。 モンスターズ・インクでは、サリーはNO. 1の成績を収めていました。 2だったランドールは、いつかサリーの成績を抜きたいと考えます。 そこで、サリーを追い抜きたいと考えていたランドールは、ウォーターヌース社長の不正に加担。 担当していた女の子・ブーから『悲鳴吸引機』で強制的に悲鳴を集めていたのです。 サリーとマイクが保護するブーを奪い返そうとするランドールですが、最後には不正事実が発覚し人間界に追放されてしまいました。 モンスターズ・インクの関連記事.

次の