ビヨンドミート 将来性。 初の米国株デビューは「ビヨンドミート(BYND)」テンバガーになったりしないかな??笑

【BYND】ビヨンドミート(Beyond Meat)の業績・決算と株価~ビーガン向け代替肉製造企業~被買収を前提にした割高な株価は維持できるか?

ビヨンドミート 将来性

7-9月期決算を発表しており、1株利益は初の黒字を計上したほか、売上高も予想を上回った。 通期の売上高見通しについても上方修正している。 好決算ではあったものの同社株には売りが強まっている。 IPO後のロックアップ期間が28日に終了したのに伴い、投資家は売りに備えているようだ。 IPO以来、320%超株価は上昇している。 アナリストからは目標株価引き下げが相次いだ。 なお、同社のブラウンCEOは声明で「我々は国内および海外の流通網拡大及びブランド構築により、市場に革新的な製品を投入し、将来の成長を促進するインフラストラクチャと内部機能強化に注力している」と語った。 (7-9月・第3四半期) ・1株利益(調整後):0. 06ドル ・売上高:9200万ドル(予想:8220万ドル) ・EBITDA(調整後):1100万ドル(予想:677万ドル) ・当座資産:3. 12億ドル (通期見通し) ・売上高:2. 65~2. 75億ドル(従来:2. 40億ドル超)(予想:2. 62億ドル) ・EBITDA(調整後):2000万ドル(予想:1430万ドル) (NY時間10:49) ビヨンド・ミート 87. 91(-17. 50 -16. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ビヨンド・ミート上場 「代替食」投資はどこまで美味い?

ビヨンドミート 将来性

ビヨンド・ミート(Beyond Meat) ・本社所在地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州エル・セグンド ・設立:2009年 ・業種:食品 ・事業内容:人工肉の製造・開発 ・代表者:イーサン・ブラウン(創業者兼CEO) ビヨンド・ミートは2018年に日本進出を計画したようですが、2019年にビヨンド・ミートに出資する三井物産が、日本での販売計画を中止したことを明らかにしました。 ただ今回は販売計画はなくなりましたが、将来的には日本進出はまだあり得ると語っています。 ビヨンド・ミートは、2019年5月に上場していますが、動物性ではない代替肉メーカーとしてはインポッシブル・フーズが上場していないので、現在、 代替肉メーカーとして唯一の上場企業です。 売上高の4~6月期は6,730万ドルで前年の同じ時期と比較しても3倍近い売上高になっていますし、ダンキン・ブランズ・グループとの提携もいい材料となっています。 上場してから上り調子で7月26日には約239ドルの最高値を付けましたが、経営陣などが保有株の売却を発表したことで、7月末に株価は急落しています。 さらに、大手のタイソン・フーズが代替肉の人気に便乗してきていて、今後競争が激化することが予想されるので、今後どういうことになっていくのか注目していきたいと思います。 2019年9月30日からのマクドナルドでのPLTバーガー試験開始の発表を受けてビヨンドミートの株価は10%以上上昇し5月の上場の時よりも500%を超える成長をしています。 ビヨンドバーガー(Beyond Burger) 物は試しでビヨンドバーガー 味、食感驚くほど肉! 次女っ子に食べさせたらこれ美味しい〜とこれがベジバーガーとは全然気がついてない、問題は値段、本物の肉より高いからなー、、、 — tora nenasigusa39 ビヨンドミート社の植物性バーガーパティは、エンドウ豆などを主原料にしていて、キャノーラ油、精製ココナッツオイル、ココアバターを含んでいます。 飽和脂肪酸は 心血管疾患のリスクを高めるとされていますが、Beyond Meatの人工肉を使用したハンバーガーは4オンスあたり250kcalで飽和脂肪酸を 6g、一般的な牛赤身挽肉を使用したバーガーは4オンスあたり283kcalで飽和脂肪酸は 6. 7gなので、飽和脂肪酸に着目すると、Beyond Meatの人工肉と通常のひき肉は大差がありませんので植物由来の人工肉はそれほど健康にいいわけではないようです。 出典: ビヨンドミート社の植物性バーガーパティは、それまでの植物性バーガーパティのように冷凍ではなく、 生肉の状態で売られています。 焼くと、動物性の肉のように 肉汁がでますし褐色になります。 コレステロールがゼロなので、多くの消費者から気に入られています。 食べた人の感想ですが、「これが豆からできたとは想像できないが、動物の肉と同じかと問われれば違う」ということです。 アメリカ全土の大型スーパーには普通の肉と一緒に売られていて、お値段は開発費を回収するために動物の肉よりも 高いとのことです。 彼女いわく日本にもあればいいのに〜!だそうです。 — Marie 🇺🇸 プラントベースダイエット herbivofit ビヨンドフライドチキン(Beyond Fried Chicken) 2019年8月27日から ケンタッキーフライドチキンがアメリカのジョージア州アトランタのSunTrust Parkの近くにある1店舗に限定してビヨンドミートのテストを開始しました。 — CNN CNN テストしているチキンは「Beyond Fried Chicken(ビヨンドフライドチキン) フライドチキン越え 」と呼ばれています。 ターゲットは肉をまったく食べない完全菜食主義者ではなく、準菜食主義者で少しでも肉を食べるのを少なくしようとしている人たちです。 そのためBeyond Fried Chicken(ビヨンドフライドチキン)は区別しないでいつものフライドチキンと同じフライヤーで作られています。 Beyond Fried Chicken(ビヨンドフライドチキン)のお客さんの評判が好評ならば、テスト店舗がさらに広がる見込みになっています。 アメリカ国内ではケンタッキーフライドチキンの店舗は競合他社との厳しい戦いが繰り広げられていて、アメリカ国外の店舗によってのみ得られている成長をアメリカ国内でも実現させようとの試みで今回のビヨンドミートのテストが実施されています。 ちなみに、アメリカにある 「デルタコ」というメキシコ料理チェーンはビヨンドミートを使用した「Beyond Taco」という商品でお客さんのニーズに応えて売上が再上昇している実績があります。 今後はケンタッキーフライドチキン・ジョージア州アトランタのSunTrust Parkの近くにある1店舗のお客さんの反応に目が離せないですね。 PLTバーガー マクドナルドは2019年9月30日からカナダのオンタリオ州の28店舗で12週間「Beyond Meat」を使ったバーガーの提供を試験的に開始します。 名前は「PLTバーガー」で、 Plant 植物 ・ Lettuce レタス ・ Tomato トマト の頭文字を取っています。 PLTバーガーの価格は、6. 49カナダドルと税金が加算されます。 1カナダドルは今のレートで81. 45円なので約528円プラス税金です。 ビル・ゲイツ Bill Gates, Elon Musk and Mark Cuban quit these 3 bad habits before they became successful. via — CNBC CNBC ビル・ゲイツはマイクロソフトの共同創業者であり、世界の長者番付に過去23年間に18回首位に立つ大富豪です。 ビル・ゲイツは小食で ファストフードが大好きでマクドナルドでの食事が中心とのことです。 分単位で働くビル・ゲイツは調理に時間がかからないファストフードで食事を分単位で速くすませるのでしょう。 そんなビル・ゲイツだからこそ、人工肉を製造・開発してハンバーガーとして売り出しているビヨンド・ミートの 将来性を見越して出資しているのでしょう。 ビヨンド・ミートにビル・ゲイツは2017年の7月に 22. また、レオナルド・ディカプリオも出資しています。 レオナルド・ディカプリオは昔から 環境問題に積極的に取り組んでいたので植物性のバーガーパティを作る企業に出資をしたのでしょう。 最後に ビヨンド・バーガーに使用されているキャノーラ油にも、モンサントの 遺伝子組み換えのナタネが原料になっているようなので、少し気にはなりますけれども、日本に ビヨンド・バーガーが上陸したら食べてみたいと思います。 ビヨンド・バーガーは、コレステロールがゼロというのも大きな魅力なので、ビヨンド・バーガーの日本での早くの展開に期待しています。 ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。 こちらの記事もよろしかったらどうぞ >>> >>> >>> >>> 人気記事• 優先席は電車やバスにいまや普通にありますが、最初に優先席が出来たのは1973年9月... まな板は毎日作るお料理に絶対に必要ですが、使い終わったまな板はどこに収納しているで... OKストア(オーケーストア)は関東を中心に展開しているディスカウントスーパーマーケ... 大豆食品は良質なたんぱく質で筋肉のもととなります。 特に蒸し大豆はダイエット中でも積... 古着は安くてかわいい掘り出し物もあるのでたまに買っていますが、古着には独自のイヤな... 小さいころシャボン玉を作ってすぐに割れて壊れてがっかりしたことはないですか?だれで... 帯状疱疹に昨年かかった時の私の体験談です。 まだかかったことのない人で、もし... 香味野菜は香りや味を付ける野菜だということはわかりますが、実際... マザコン(マザーコンプレックス)とは日本では、子供が自分の母親に対して強い愛着や執... 消費税が引き上げられた後...

次の

ビヨンド・ミート上場 「代替食」投資はどこまで美味い?

ビヨンドミート 将来性

これまでに発表された決算のうち、75%の会社が1株当たり利益(EPS)でコンセンサス予想を上回りました。 過去5年の平均は72%なので、普段よりEPSは好調だということです。 一方、売上高では57%の企業がコンセンサス予想を上回りました。 ただ、 過去5年間の平均は60%なので、普段より売上高は不調でした。 なお、例年、決算発表シーズンは、大型株から始まり後半へ行くほど小型株が多くなりますので、いまちょうど小型株の決算発表が佳境を迎えているところです。 「良い決算」とは「EPS」「売上高」「ガイダンス」の すべてが事前の予想を上回ったもの さて、「良い決算」とは、どんな決算を指すのでしょうか? ウォール街では、これに関して厳格な定義があります。 1)EPS、2)売上高、3)ガイダンスのすべてで、事前のアナリスト達のコンセンサス予想を上回った決算が「良い決算」とされています。 ガイダンスとは、その企業の財務部長が決算発表時に示す「来期以降のEPS」ならびに「売上高」の予想を指します。 それらのうちひとつでもコンセンサス予想を下回れば、それは悪い決算という理解になります。 株式投資では、良い決算を出した企業の株は持ち続け、悪い決算を出した株は売ってください。 1社ずつ、決算の内容を見ていきましょう。 【ビヨンドミート】 残念ながらEPSが予想を下回る 大豆たんぱく質から代替肉を作っているの第2四半期決算は、EPSが予想-8セントに対して-16セント、売上高が予想5271万ドルに対して6730万ドル、売上高成長率が前年同期比+286. 8%でした。 売上高の内訳は、小売が3412万ドル(前年同期比+192%)、フードサービスが3313万ドル(前年同期比+483%)でした。 フードサービスが伸びた理由は、ファーストフード・レストランなどでビヨンドミートを使ったメニューを打ち出す企業が増えたためです。 グロス利益は2270万ドル、グロスマージンは33. 8%でした。 純利益は-940万ドル。 ちなみに前年同期は-740万ドルでした。 2019年度の売上高予想2. 24億ドルに対して、新ガイダンス2. 4億ドルが提示されました。 また、修正EBITDAベースで黒字になるというガイダンスが示されました。 は、この決算を発表した後で325万株を1株160ドルで売り出しました。 目先の注目点としては、株価がこの売出し価格を下回らないことが重要になります。 なぜなら、今回の公募で初めて株を購入した投資家が多いので、その水準を下回ると「しこり(含み損)」ができてしまうからです。 【クラウドストライク】 売上げ成長のモメンタムは強い クラウドを通じてインターネット・セキュリティーのサービスを提供しているの第1四半期(4月期)決算は、EPSが予想-48セントに対して-47セント、売上高が予想9560万ドルに対して9610万ドル、売上高成長率が前年同期比+103. 2%でした。 アニュアライズド・リカーリング・レベニュー(ARR)は、+144%の3. 646億ドルでした。 期中543社の新規顧客を獲得し、総顧客数は3059になりました。 第2四半期のEPSは予想-31セントに対して新ガイダンス-24~23セントが、売上高は予想9679万ドルに対して新ガイダンス1. 03億~1. 04億ドルが提示されました。 のサービスは、今急速にユーザーに浸透しており、売上成長のモメンタムは強いです。 株価は新値圏にあり損している投資家が居ない状態なので、戻り待ちの売りがなく、株価は上値が軽いと思われます。 【リフト】 株価は停滞しているが、決算は期待を上回る内容に ライドシェアリングのの第2四半期決算は、EPSが予想-1. 00ドルに対して-68セント、売上高が予想8. 10億ドルに対して8. 67億ドル、売上高成長率が前年同期比+71. 8%でした。 は、6月末から一部地域で値上げを開始しました。 それが乗車回数に悪影響を及ぼした形跡はありません。 なお、値上げは「業界のトレンドのようだ」というコメントがあり、も値上げしていることをうかがわせました。 アクティブライダー数は、前年同期比+41%の1545万人でした。 IPOで話題になったことが、アクティブライダー数の増加に寄与したと思われます。 アクティブライダー当たりの売上高は、前年同期比+22%の32. 67ドルでした。 コントリビューション・マージン(貢献利益)は46%でした。 前年同期は42%でした。 つまり、値引きを止めたということです。 「価格ではなくリフトのブランド力で乗客を獲得出来ている」というコメントでした。 第3四半期の売上高は、予想8. 41億ドルに対して新ガイダンス9億~9. 15億ドルが提示されました。 売上高ガイダンスを引き上げた理由は、値上げがスンナリ受け容れられたためです。 2019年度の売上高は、予想33. 2億ドルに対して新ガイダンス34. 7億~35億ドルが提示されました。 ちなみに、旧ガイダンスは32. 75億〜33億ドルでした。 はIPOが高値で取引開始された後、株価が急落し、それ以来、上昇しあぐねています。 しかし、これまでに発表された決算は、すべて期待を上回る良い内容でした。 したがって、引き続き保有すべき銘柄だと思います。 【マッチ・グループ】 短期的に売り圧力がかかる可能性があるので注意! ティンダーなどのマッチングアプリを展開しているの第2四半期決算は、EPSが予想43セントに対して43セント、売上高が予想4. 89億ドルに対して4. 98億ドル、売上高成長率が前年同期比+18. 2%でした。 ティンダーのサブスクライバー数は、+50. 3万人の520万人でした。 ガイダンスは38. 4万人でした。 今回の決算では、特にこのティンダーの好調が投資家に好感されました。 第3四半期の売上高は予想5. 2億ドルに対して新ガイダンス5. 35億~5. 45億ドルが、EBITDAは予想2億ドルに対し2億~2. 05億ドルが提示されました。 なお、の株式の80%はによって所有されています。 は、向こう数カ月の間に、マッチ・グループの持ち株をの株主に分配する決断を下す可能性があります。 それは、 ごく短期的にはマッチ・グループ株に売り圧力をもたらす可能性があります。 【ピンタレスト】 好決算により、見直し買いが入る可能性も! の第2四半期決算は、EPSが予想-9セントに対して-6セント、売上高が予想2. 37億ドルに対して2. 61億ドル、売上高成長率が前年同期比+62. 0%でした。 月次アクティブユーザーは+30%の3億人、ユーザー1人当たり売上高は+29%の88セントでした。 2019年度の売上高は、予想10. 7億ドルに対して新ガイダンス10. 95億~11. 15億ドルが提示されました。 旧ガイダンスは、10. 55~10. 8億ドルでした。 がIPO後最初に発表した決算は、ガッカリさせられる内容でした。 しかし、今回の決算ではピシッと良い決算が出せました。 このため、には見直し買いが入る可能性があります。 【ロク】 最近IPOした小型成長株の中で、最も勢いのある銘柄のひとつ テレビ向けストリーミング・プラットフォームを提供するの第2四半期決算は、EPSが予想-20セントに対して-8セント、売上高が予想2. 23億ドルに対して2. 5億ドル、売上高成長率が前年同期比+59. 5%でした。 部門別売上高を見ると、プラットフォーム売上高が1. 68億ドル(前年同期比+86%)、 プレーヤー売上高が8240万ドル(前年同期比+24%)でした。 プラットフォーム売上高は、動画広告インプレッション数の増加による広告売上高の増加が寄与しました。 グロスマージンはプラットフォームが65. 4%、プレーヤーが5. 5%でした。 アクティブ口座数は3050万口座でした。 これは前期比+140万口座でした。 また、ストリーミング時間は94億時間でした。 これは前期比+5億時間、前年同期比+72%でした。 ユーザー当たり売上高(ARPU)は、21. 06ドルでした。 これは前期比+2. 00ドルでした。 第3四半期売上高は予想2. 46億ドルに対して新ガイダンス2. 5億~2. 55億ドルが、2019年度の売上高は予想10. 5億ドルに対して新ガイダンス10. 75億~10. 95億ドルが提示されました。 は、最近IPOした小型成長株の中で、最も勢いに乗った銘柄のひとつと言えます。 したがって継続保有すべきです。 【シルクロード・メディカル】 決算は今ひとつだが、製品には将来性があるので次回以降に期待! は、脳梗塞(のうこうそく)の原因となる頸動脈狭窄(けいどうみゃくきょうさく)の治療手術のための医療機器「経カテーテル頸動脈血行再建術デバイス」を販売する企業です。 その第2四半期決算は、EPSが予想-27セントに対して-42セント、売上高予想が1. 36億ドルに対して1. 49億ドル、売上高成長率が前年同期比+92. 2%でした。 2019年度の売上高は、予想6億ドルに対して新ガイダンス6億~6. 2億ドルが提示されました。 今回の決算はEPSが予想を下回ったので「売り」だと思います。 ただ、 の製品には将来性があるので、次回以降の決算をモニターし、再びきちんとした決算が出せるようになったらその時に買い直したいと思います。 【アトラシアン】 前回の決算と違い、今回の決算はスッキリした内容に ソフトウェア・エンジニアがオンライン上でコラボすることを助けるの第4四半期(6月期)決算は、EPSが予想16セントに対して20セント、売上高が予想3. 31億ドルに対して3. 346億ドル、売上高成長率が前年同期比+35. 7%でした。 第1四半期のEPSは予想21セントに対して新ガイダンス24セントが、売上高は予想3. 496億ドルに対して新ガイダンス3. 49億~3. 53億ドルが提示されました。 2020年度のEPSは予想1. 00ドルに対して新ガイダンス1. 00ドルが、売上高は予想15. 5億ドルに対して新ガイダンス15. 4億~15. 56億ドルが提示されました。 の場合、前回の決算発表は落胆させられる内容でしたが、今回はスッキリした内容でした。 長期で見た同社のトラックレコードはしっかりしているので、これを機に同社株を買い直したいと思います。 【トレードデスク】 毎期コンセンサス予想を上回る「優等生」 ウェブのプログラマティック広告のプラットフォーム、の第2四半期決算は、EPSが予想68セントに対して95セント、売上高が予想1. 55億ドルに対して1. 60億ドル、売上高成長率が前年同期比+42. 修正EBITDAは5800万ドルでした。 前年同期は3690万ドルでした。 第3四半期の売上高は、予想1. 62億ドルに対して新ガイダンス1. 63億ドルが提示されました。 修正EBITDAは、4500万ドルというガイダンスが示されました。 2019年度の売上高は、予想6. 5億ドルに対して新ガイダンス6. 53億ドルが提示されました。 修正EBITDAは、2. 01億ドルというガイダンスが示されました。 は、毎期、着実にコンセンサス予想を上回る決算を出しており「優等生」と言えます。 引き続き保有すべき銘柄です。 【トゥイリオ】 安定して良い決算を出し続けている優良企業 クラウド上に電話システムを構築でき、メッセージで電話認証をするの第2四半期決算は、EPSが予想2セントに対して3セント、売上高が予想2. 64億ドルに対して2. 75億ドル、売上高成長率が前年同期比+86. 1%でした。 ダラー・ベース・ネット・エクスパンション率(ドルベースの売上げ膨張率)は+140%でした。 前年同期は+137%でした。 第3四半期のEPSは予想1セントに対して新ガイダンス1~2セント、売上高は予想2. 85億ドルに対して新ガイダンス2. 86億~2. 89億ドルが提示されました。 2019年のEPSは、予想12セントに対して新ガイダンス17~18セントが提示されました。 旧ガイダンスは11~13セントでした。 売上高は、予想11. 1億ドルに対して11. 13億~11. 19億ドルが提示されました。 旧ガイダンスは11. 02億~11. 11億ドルでした。 も安定して良い決算を出し続けている銘柄であり、継続保有すべきです。 【ウーバー】 ライバルの「リフト」に比べて見劣りのする決算に ライドシェアリング、レストランの出前サービスなどを展開するの第2四半期決算は、EPSが予想-4. 72ドルに対して-2. 01ドル、売上高が予想33. 2億ドルに対して31. 7億ドル、売上高成長率が前年同期比+14. 売上高の内訳は、ライドシェアリングが23. 地域別売上高成長率は、米国カナダが17. 56億ドルでした。 コア・プラットフォーム・コントリビューション・マージンは8. 前年同期は14. の決算は、ライバルの に比べるとかなり見劣りする内容でした。 また売上高がコンセンサス予想に届かなかった為、多くの投資家を落胆させました。 株はすぐ処分すべきです。 取引手数料もお得で、 米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。 さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、 米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。 また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。 しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、 外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 【関連記事】 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 3400銘柄以上 約定代金の0. また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。 あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「 米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、 海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。 また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「 米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。 【関連記事】 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 2600銘柄以上 約定代金の0. 海外ETFの取り扱い数も、 米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は 最低0米ドルからになった。 米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。 NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。 また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事を無料で読むこともできる。 【関連記事】 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 1000銘柄以上 無料 【DMM. com証券おすすめポイント】 2019年12月に 米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。 取扱銘柄数は少なめだが、 FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。 他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。 米ドルで持っておきたい人にはデメリットだが、 すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。 また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。 米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。 ダウ・ジョーンズ社が発行する「 バロンズ拾い読み」も掲載されている。 【関連記事】.

次の