ダウン スイング 右 肘。 【ゴルフの裏技】絶体ダフらない方法はこれしかない <うまいダウンブローには訳がある>

ゴルフは右肘がスイングのポイント!安定したスイングを身に着けよう!

ダウン スイング 右 肘

トップで90度曲がった右肘はインパクトゾーンまで維持すると飛距離が出るでしょう。 方向性を意識すると右肘は右足の前で伸びるのですが、下半身が強度であればスイングが速くなりインパクトで肘を伸ばすほうが良いでしょう。 トップでの右肘の正しい向きとは? バックスイングのトップで右肘は地面を向いていますが、肘が外側に向くのはダウンスイングのタイミングが取りづらいでしょう。 右肘が外側に向くと真下に向けるのに時間を要しタイミングがズレてくるでしょう。 バックスイングの右肘は以下のようにしましょう。 両膝に力を入れる• テイクバックは上半身の捻転だけ(コックは入るが右肘は曲げない)• テイクバック後に腰が少し回る(左膝に力を入れたまま)• トップに移行するとき右手人差し指を上に上げる(肘は無意識) 右肘が外側に膨れる人の共通点は上半身の捻転不足から右半身でテイクバックするために肘が早く曲がり外に飛び出すのです。 左半身でテイクバックすると右肘を意識することもなく肘は無意識で地面を向くでしょう。 参照 「」 ダウンスイングでは右肘は腹の前に持ってくる ダウンスイングで右肘が収まるところはお腹の前ですが、これはインパクトのヘッドスピードを考えるからです。 初心者もこのようなスイングをしますが、スライスは肘の使い方ではなく手の平の向きが間違っているのです。 ダウンスイングで 右肘をお腹の前に収めるのは以下のようにするためです。 ヘッドスピードを上げる• 遠心力を最大にする• 肩の回転と右肘の送りでスピードを上げる このような要素が相まってヘッドスピードを上げる根拠になっています。 このスイング方法はプロの多くが取り入れていますが、アマチェアはまだまだでしょう。 参照 「」 ダウンスイングでは右肘を伸ばすタイミングをなるべく遅くする ダウンスイングで下半身の回転から始まり上半身の回転に入りますが、グリップは遅れて入ってきます。 この時間差がヘッドスピードには必要で、右肘を伸ばすのも遅らせるほうが 飛距離には大切なことです。 右肘が伸びるのを我慢してインパクトゾーンまで引っ張るのは、以下のような理由です。 ヘッドの遠心力• 上半身の回転• グリップの走り• 右肘を伸ばすタイミング 以上の4つのパワーをプラスすることで飛距離を生み出しているのです。 アマチェアのほとんどが飛距離の4つの法則を無視しているから飛距離が落ちるのです。 参照 「」 インパクトゾーンで右肘を伸ばす インパクトゾーンで右肘が伸びるのがベストですが、これを体験するには様々な肘に使い方ができてはじめて理解できるでしょう。 右肘を伸ばすタイミングは以下の方法があります。 ダウンスイングで徐々に伸ばす• ダウンスイングで右足の前で伸ばす• ダウンスイングでお腹の前に入れインパクトで伸ばす このような肘の使い方が可能ですが、飛距離を考えるとやがて肘はお腹の前に収まるでしょう。 肘が伸びる瞬間はスイングの速さも大いに関係しますが、ゴルフをやっているとスイングは徐々に変化するでしょう。 参照 「」 インパクトでは完全に右肘が伸びた状態でボールを捉える インパクトでは右肘は伸びた状態になりますが、この時点で 右手の平の向きに注意しましょう。 ボールをまっすぐ飛ばす要領は以下のようにします。 右肘はダウンスイングで徐々に伸びる• 右飛を右足の前で伸ばす• 右肘はインパクトゾーンまで我慢する(手の平の向きに注意) 以上の3通りの右肘の使い方でもまっすぐ飛びますが、まっすぐ飛ぶ秘訣は手の平の向きだけです。 参照 「」 このようなスイングの右肘の使い方をしていても手の平の向きが体の正面ではボールはスライスするでしょう。 反対に肘を伸ばした状態で手の平が目標を向いているとインパクトゾーンに入ると右手のかぶりで引っかけが出ることもあります。 それほど同じスイングでもボールの飛ぶ方向は変わるということです。 その大きな違いはコックが全てですが、コックはインパクト直前まで維持することが条件になってきます。 <スポンサード リンク> ゴルフ上達に有益な教材 延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。 現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。 バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。 同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。 飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。 作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。 年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。

次の

飛距離を伸ばす右肘の使い方!ダウンスイングでの右肘のポイント

ダウン スイング 右 肘

Contents• ダウンスイング!始動はどこから? まずダウンスングの始動 トップからの切り返しからダウンスイングが始まります。 始動は下半身からになります。 テークバックでクラブがトップの位置に来る寸前に 切り返しが始まります。 その 始動は下半身になります。 下半身の特に 足の裏もしくは両足の内ももで 背骨を軸として回転します。 クラブがトップの位置に納まる前に下半身の回転により ダウンスイングが始まります。 それが、 トップでのタメになります 上半身と下半身が一瞬、 逆方向に進みます。 これが ダウンスイングの始動であり トップでのタメですね! この時、 ヘッドの重みでコックも最大化します。 このコックの最大化は手首を柔らかくしておく必要があります。 しかし 手首を柔らかくして急激に切り返すと 確実に フェースが開いてインパクトしてしまうので 初めはゆっくり切り返す事をお勧めします。 この ゆっくりが大事なんです。 アドレスで 手首に角度を付けて固定しテークバックします。 柔らかく固定して下さい、力は必要ありません。 トップに行く前に コックが完成し 完成したコックが最後 切り返しで更に深くなる訳です。 ノーコックで上げてトップからの切り返しだけで コックを作ると切り返しの短い時間で相当な 手首の動きになり、 コントロールが難しくなります。 よってアドレスから 徐々にコックを入れていく事をお勧めします。 また初めは ゆっくり、出来た来たらスピードを 上げてみて下さい。 テークバックもゆっくり、切り返しもゆっくり ダウンスイングもゆっくりやって見て下さい。 【 切り返し、テークバック、軸回転、トップ、コック、インパクト、手首の角度】などについては、こちらで詳しく解説しております。 下半身から動き出し 引っ張られるように上半身が動き出します。 これが自然落下です。 テークバックで上げたクラブヘッドを 肩や腕や手の力を使ってボールにぶつけに行くのは 自然落下ではないですね! 上半身でボールを打とうとすると、 右手を使ってしまします。 右手を使うと コックが解けてしまい 力のないインパクトになったりダフッたりと いい結果は期待できません。 だから クラブを手や腕で振る意識は捨て 下半身に引っ張られる意識だけにする。 ただし壁はしっかり作って下さいね! 背中で壁を感じて下さい! それがダウンスイングでの腕・クラブの 『 自然落下』です。 クラブヘッドを自然落下させるのか、手を自然落下させるのかは イメージの問題でどちらでも正解だと考えます。 とにかく、 上半身はトップの位置で 脱力させ 下半身によって落下すると考えて下さい。 ではどうやって回転させるのか? それは、 足の裏で腰を回そうとすれば良いんですね。 その場で 背骨を軸にして足の裏で下半身を回転させるのです。 そうすると、 左膝が必ずアドレス時の場所に戻ります。 それで良いんです。 それが正解です。 ただしここで注意して下さい! 壁を作る事! 下半身はゆっくりスピードアップさせて壁を作って下さい! 左膝が、アドレスの位置に戻らず 左にスエーしたり トップで 右に行ったまま残ってしまたりするのは間違いです。 まずはアドレスの位置にしっかり戻って来る事が重要です。 その後、 左膝はそれ以上左にスライドすることなく 腰は回転し続けます。 右モモが左モモに密着して回転していきます。 結果左膝が伸びて行くわけです。 あくまでも 腰の回転をしながら左膝が伸びます。 腰を早く回そうとした結果、左膝が伸びる(最初はゆっくり) そんなイメージで良いと思います。 ただ左膝を伸ばそうとするのは間違ったイメージになります。 ダウンスイング!左肩の開きが早いのは左肩始動の為? ダウンスイングで最もやってはいけないのが 左肩の開きです。 ダウンブローに打ちたいが為に上からクラブを落とそうとして 左肩や顔がボールに向かって突っ込んでしまいます。 私はいつもこう考えていました。 「 ダウンブローに打ちたい! クラブを上から『 ドスンッ』と落とせばダウンブローに打てる!」 と・・・ でもそう考えると ボールを上から思いっきり叩こうと思い トップから左肩を積極的に動かそうとします。 その結果、 左肩や顔(目)がボールに寄って行く為 手だけが遅れ、フェースが開いた状態で下りて来ます。 またそれを取り戻そうと 右手を使い、アウトサイドからクラブが下りて来て コックが早く解けすくい打ちやダフりに・・・ ダウンブローに打とうとしているのに 結果、アッパースイングになってしまっているんです。 アドレスで胸の正面にあるグリップは トップでズレが生じます。 そのズレた状態を インパクトまでに戻さなければならないのです。 ですが肩や胸が早く開くと グリップはいつまでたってもズレたまま追いつかない為 矯正的に右手を使って合わせに行くんです。 だから ダウンスイングの始動は下半身で行ってください! 下半身に引っ張られて肩や胸やグリップ(手)が回転していきます。 そうすると 左膝がアドレスの位置に戻った時に 胸はまだ斜め右側を向いています。 グリップ(手)が胸の前に自然落下されている事を確認して下さい。 これでトップでズレたグリップ(手)の位置が インパクト前までに戻って来た訳ですね。 グリップ(手)が戻ってきたら 体とグリップ(手)を同調させて回転すれば良いんです。 【 ダウンブロー、アドレス、グリップ】などについては、こちらの記事で詳しく解説しています。 形はトップのまま 右肘はトップで出来た角度を出来るだけ保ったまま インパクトまで向かうんです。 ここで私の場合。 右肘の形をキープするのと同時に 前倒し『 クラブを立てる』をしたい為に トップから 左脇を締め左肘を自分のみぞおち辺りに 密着させようと意識します。 そうすると右肘はトップの形でキープされ落下してきて 右腹に密着します。 左肘はインパクト直前に体に密着します。 左肘と右肘どちらも体に密着し 上半身に同調してフィニッシュまで回転していきます。 そうするとインパクトまでにしっかりクラブは立ち コックの解きも保たれるわけですね。 是非、トライして下さい! Sponsored Link まとめ ダウンブローで打つ為には コックのタメが必要になります。 その為には 右肘の角度のキープ クラブをコントロールしたアームローテーション が重要になります。 それには 柔軟な上半身と 軸のぶれない下半身 そして クラブをコントロールする意識が必要となります。 初めはゆっくりトライしてみて下さい。 そして頭で意識しなくても体が自然と動くようになるまで 繰り返し練習してみて下さい! また、ゴルフレッスンを受けたいが スクールに入るのは面倒だな・・・という方は!👇.

次の

今すぐ実践「右肘の使い方」ポイントレッスンで、理想的なスイングを身につけませんか?

ダウン スイング 右 肘

普段の生活の中で「棒で何かを叩く」という動作は、可動域が広く力を入れ易く動かし易い、肩、ひじ、手首などの関節を使って身体の正面で腕を振って行うことに慣れています。 それ故、ゴルフを始めた時から、まず身体の正面でクラブを振ってヘッドをボールに当てる(ボールを打つ)ことを覚え、その次にボールを飛ばす精度や飛距離を高めるための練習を重ね、知らず知らずのうちに 身体の正面でボールを捉えるリストターン系のスイングイメージが身についていきます。 リストターンのスイングは、日常動作に近く、短期間でクラブヘッドをボールに当てることが出来るようになるのでこれが正しいと思い込み、下の男子プロのような力強いスイングフォームをイメージして試行錯誤を繰り返しながらそのまま練習を続けがちなのですが、ある程度のレベルまで到達したところで、さらなる高みを目指して方向性と飛距離を高めようとすると、その 再現性を高めることが非常に難しくなり、常にナイスショットが打てる感覚をマスターするには 相当な練習量が必要になって、練習場ではナイスショットが打てていても、実際のコースではスコアが全然良くならないという壁にぶち当たります。 また、プロゴルファーのスイング分解写真を見て、 「自分もこんな風に力強く美しいフォームでスイングが出来たらな〜。 」と写真のイメージを思い描きながら、打ちっ放し場で練習を積み重ね、自分のスイングをビデオ撮影して見てみたら 自分の理想からはほど遠い酷いスイングフォームだったことに愕然とされたご経験はないですか? プロゴルファーの分解写真は連続的な動作の一瞬を切り取ったに過ぎず、 プロゴルファーは、その 写真のフォームを作ろうと意識しながらスイングしている訳ではないのです。 さらに、写真のように止まっていない 実際のスイングにおいては、自分の力以外に物理的な遠心力と慣性力が働くために ただひたすらボールを遠くへ飛ばそうと、闇雲にプロのフォームを真似て力づくでクラブを振り回していても、理想のイメージ通りにクラブを振って狙ったところへボールを飛ばすことはなかなかできないのです。 理想的なスイングを修得するためには、これらの物理的な力が働くことも頭においた上で、 自分がどのように意識して、どこにどう力を入れれば自分が理想とするスイングイメージに近づくのか? を 自らの眼で確認しながら正しい力の入れ方を知ること。 つまり、写真のような形(フォーム)をつくろうと意識するのではなく、 身体をどう動かすかを意識することが大切であり、その結果として、ビデオ撮影した一瞬、一瞬の形が理想のフォームに近づいているかどうかが大切なのです。 このサイトは、自ら意識したことが、実際のスイングにどのように反映されるのかを、 ど素人のゴルファーが、ハイスピードカメラを用いて試行錯誤を繰り返しながら導き出した秘訣をまとめたものです。 まずは、こちらをご一読あれ!• (ゲスト一人からでもエントリーできる阪神地区周辺のゴルフ場) 私がゴルフを始めたころに教えられたことは、 「テイクバックから最初に構えたときに両腕と胸でできる三角形に戻すように、身体を回転させながら左足に体重移動して左腕でクラブヘッドを打ち込んでいく。 」でした。 その教えを忠実に守って辿りついた私のスイングが、左下の連続写真にある、俗に「手打ち」と言われるような ヘナチョコスイングです。 ゴルフを始めてから相当の期間、こんなヘナチョコスイングで打っているとは思いもせず、力任せにクラブを振り回して、OBもよく出ましたがドライバーで 230ヤードくらいは飛んでいました。 それ故、私自身は 「OBが出るのは練習が足りないからだ!」とか、 「もっと力を入れてきちんとボールをヒットできるようになればもっと飛ぶはずだ!」と思い込み、ひたすら打ちっぱなし場へ通い、ナイスショットが出る確率を高めようとボールを打っていたのですが、 この分解写真を見たときは、 「エッ、こんなへっぴり腰なの!」とガッカリする衝撃を受け、もっと力強いスイングにしようと、こんなスイングイメージを頭に描きながら、 クラブヘッドを打ち込むように腕を振って、身体の正面でボールを捉えるものと思い込んだまま試行錯誤を繰り返しました。 しかし、いくら練習しても、コースに出るとたまにもの凄いナイスショットが打てても、方向性は安定せずOBもよく出て、上ってみればいつもスコアは100前後あたりをうろちょろしてほとんど進歩は見られず、 と悩む日々が続き、ゴルフがだんだん面白くなくなってきていました。 そんな悩める私に、突然一通のメールが届きました。 それはオージー・ゴルフ・ジャパンLLPというところからの、オジー・モア(Ossie Moore)というオーストラリアのティーチングプロによるの紹介サイトへの案内メールでした。 その紹介サイトを読み進む内に、ひとつの衝撃的なフレーズが私の眼に飛び込んできたのです。 このフレーズは、それまで、ひたすら肩に力を入れてクラブ(腕)を振っていた私には革命的でした。 岡本綾子プロのスイング BOOK DVD 腰や肩を回す動作のスピードに比べ、腕を振る動作のスピードは大変速いので、腕を振る意識がある限り腰や肩が十分に回る前に腕の振りによってクラブヘッドがボールに到達してしまう。 あるいは、腕を振ろうとすると脳が勝手に身体の回転を止めてしまいます。 そして、他の方から「もっと腰を回せ!」だとか、「もっと肩を回せ!」とアドバイスされて、腰や肩を勢いよく回してボールを捉えようとすると、スイングのリズムがどんどん速くなりショットは全く安定しなくなるばかりで、再現性よくナイスショットを打つことがますます難しくなるのです。 誰も 「絶対に腕を振ろうとせずに、腰と肩を回すだけでボールを飛ばすことを考えろ!」とは忠告してくれないのです。 それ故、出来るだけ身体の回転を活かしたスイングにしようと、バックスイングでしっかり身体を回して身体の回転でダウンスイングを始動して、 自分では身体の回転を生かしたスイングが出来ていると思い込んでいても、 ビデオ映像などでスイングをチェックすると、 身体の正面でボールを捉えるというイメージが有る限り、 身体の横に振り上げたクラブを身体の正面まで振り下ろそうとして、 無意識の内にインパクト直前に身体の回転を止めてしまい、 グリップとクラブヘッドが身体の回転を追い越し、 身体の回転がまったく活かされていない手打ちのようなインパクトになっていることに初めて気づいてガッカリするのです。 手打ちのようなスイングからボディーターンのスイングに改造するためには、一度スイングもスコアもぐちゃぐちゃに崩れることを覚悟して、 既に身体に染み付いたインパクトのイメージやスイングリズムを消し去るために、まずボールを飛ばすことは度外視して、腕の振りを一切使わずに 身体の回転のみで左腕を引き下しグリップに遅れてクラブヘッドが最後に回り込んでくるスイングリズムを身体に覚え込ませ、 腰を飛球線方向まで回し、胸を張るように肩を開いて腰の右横でボールを捉える新たなインパクトのスイングイメージ(フォーム)とリズムを頭の中に作り上げることが必要になるのです。 最近のゴルフレッスン教材のキャッチコピーには、 「力を抜いた方が、飛距離が伸びる。 」などのようなものがあるのですが、これは、腕を全く振ろうとしなければ上半身からの脱力ができ、身体の回転のみでボールを打つように心がけると、下半身リードの強い筋肉を使ったボディーターンのスイングがスムーズに出来るようになり、腕を振ろうとするよりもスイング軌道が安定して、より正確にスイートスポットでボールを捉えられ、曲がらない打球が打てるようになるからなのです。 (ここで、ちょっと、コマーシャル。 まだまだ、続くよ!) 「SWING PRO II」は、実際のクラブに比べ非常に軽くて柔らかいために、腕を振らずに身体の回転のみでグリップエンドから引き回すように振るのが難しいのですが、 グリップを出来るだけ固定して決して腕で振り下ろそうとせずに、腰と肩の回転のみで引き回すように数回振った直後に、実際のクラブを振ってみると左肩で左腕を引き下す感覚やクラブの重みでムチのようにヘッドが振られる感覚がメチャクチャはっきりと感じられ、 ボディーターンのスイング感覚を研ぎ澄ますのに適していると感じています。 Ryoma GOLF ) スイングプロは、非常に柔らかく、素振りをして ボディーターンのスイング感覚や 下半身リードの身体の動きを身に付けるのに適しています。 それに対し、 スイングドクター(オレンジシャフト)は、実際に ボールを打ちながらボディーターンでのインパクトのイメージや右腕のタメのリリースポイントを身に付けるのに最適です。 スイングドクター(オレンジシャフト)のシャフトは、通常のクラブと比べると柔らかく、釣竿のようなしなりをイメージしていただくといいかと思います。 シャフトが柔らかい分、棒を振るようにクラブを振ってヘッドを打ち込んでボールを打とうとすると、シャフトがしなってフェースが開いてボールを捉えてしまうため、必ず右方向への打球になってしまいます。 スイングドクター(オレンジシャフト)で真っすぐボールを飛ばすためには、右ひじの曲げと手首のタメをしっかりキープして、身体の回転によってグリップエンドから鞭のように引き回してヘッドが自然に飛び出す勢いでボールを捉えなければならず、身体の正面ではなく、 腰や肩がしっかり回った右腰の横、右肩の右前でボールを捉える瞬間のインパクトのイメージを作るのに適しています。 スイングドクター(オレンジシャフト)でボールを打った後で実際のクラブでボールを打つと、右ひじの曲げとコックのリリースをインパクトまで我慢して しっかり肩を回してクラブを振り抜けるようになりボールの捕まりが良くなるので、腕を振らずに ボディーターンのみで狙った方向にボールを飛ばすことができるようになります。 価格:4094円(税込、送料別 ドライバー アイアン ウェッジ パター サイズ選択あり! 商品画像をクリックして Amazonページで選択 少しハード:ブラック メンズ:オレンジ レディス:ピンク シャフト選択あり! 商品画像をクリックして Amazonページで選択 オレンジ:スタンダード イエロー:よりソフト レディス:ピンク シャフト選択あり! 商品画像をクリックして Amazonページで選択 オレンジ:スタンダード イエロー:よりソフト 好みの色をクリック! 34インチ 右用 オレンジシャフト あなたのスイングの支点と力点は、どこにありますか? 普段の生活の中で「棒を振る」という動作は、可動域が広く、力を入れ易く、動かし易い肩、ひじ、手首などの関節を使って腕を振って行います。 また、 ほとんどのスイング解説は、男子プロのように腕の振りも活かしたスイングを基に男性の方が解説されています。 それ故、プロゴルファーほどの体力もなく、練習量も少ないアマチュアゴルファーが身体(腰と肩)の回転と腕の振りを活かしたスイングの習得を目指すことになり、ボールをクラブヘッドでうまく捉えるための基本練習として、下にあるような図とともに とか に書かれているような 「アドレスでつくった右腕と左腕の間の三角形を崩さない。 」だとか、一般的によく言われている 「身体の正面でボールを打つ。 」とか、 「左足に体重移動して壁をつくり、インパクトで腕を伸ばしヘッドを走らせる。 」といった定説に従って、地面方向であるビジネスゾーンに意識を集中させるという思い込みとともに、左右対称にクラブを振って 身体の正面で腕を伸ばしてボールを捉えるインパクトのイメージがつくられていきます。 スイング幅が小さければ身体の回転だけで両腕を伸ばして身体の正面でうまく打てるのですが、スイング幅を大きくするに従い、出来上がったイメージ通りに身体の正面でボールを捉えようとすると必ずダウンスイングで腕を振らなければならなくなります。 その結果、下の連続写真の方のように インパクト前後(ビジネスゾーン)のフォームばかりを意識し過ぎて本能的に(習慣的に)身体の回転よりも腕の振りを優先してしまい、ボールに身体が正対したところで身体の回転を止めて腕を振ってボールを打ちに行くという手打ちの癖がつき、インパクトからフォロースルーにかけては、腕の振りに引っ張られるように腕のあとから身体が回ってフィニッシュをとることになるのです。 何故かと言うと、大きくバックスイングすると、小さなスイングの練習で修得した身体の正面でインパクトするフォームを作ろうとして、腕の関節や筋肉を使ってダウンスイングの開始直後から身体の回転と一緒に腕を振り下してクラブを早く落とし込もうとします。 そして、身体の正面でボールを捉えるために、インパクト直前に身体がボールに正対したところで 左足を踏ん張って身体の回転を止め、小さなスイングと同じように身体の正面でヘッドを打ち込むように腕を振ってボールを強く打とうとします。 つまり、身体の回転はインパクト直前で止まり、身体の回転でクラブを振り下ろすことによって生じる慣性力と遠心力に腕を振ろうとする力が加わり、自分が思っている以上にヘッドが早く落ちてボールを捉え、腕の振りのみでボールを打ったあとから身体が回っているだけで、男子プロのように身体の回転と腕の振りが同期して両方の力でボールを打てていることにはならないのです。 また、ある程度の経験を積んで100前後でラウンドできるようになったゴルファーの多くが、身体の回転と腕の振りを使って正確にボールを捉えるためのインパクト前後(ビジネスゾーン)での腕を振り出す際のひじや手首の使い方などの身体の動きとそのタイミング、そしてダイナミックなスイングリズムを身に付ける努力をされます。 そして、下の連続写真のように 身体を回しながら右脇を閉めるように左腕を振り下し身体のほぼ正面で右ひじを伸ばしながらクラブヘッドを走らせ、手首を反してクラブを振り抜くリストターンのインパクトが出来るようになれば、練習場ではナイスショットが連発でき一時的にショットが安定して自己スコアを更新できるようになるのですが、さらなるスコアアップを目指して飛距離を伸ばそうとコース上でちょっと意気込んだ途端、たちまちスイングリズムが狂い始めグリップを振り下ろすタイミングや手首のコックを解くタイミングなどが乱れて、身体の回転とクラブの振り下ろしがバラバラになりミスショットを連発して打球の方向性や飛距離が安定しなくなり大叩きしてしまうことになります。 なぜなら、 肩、ひじ、手首の関節を使って腕を振るスイングは、自由度が広い反面、調整箇所が多くフェースの向きが乱れやすくスイングの再現性が低いために、スイングのリズムやタイミングなどが狂い始めるとミスショットが出る確率が結構高くなるのです。 さらに、実際のラウンドでは一打ごとに変化するコースの状況やそれに応じてティーショットからアプローチショットまで様々なクラブを使いこなさなければならず、それぞれのクラブごとの重さや長さの違いなどがさらに調整を複雑にしてミスショットの出る確率を高めます。 それ故、ミスショットを避けるためには常に同じようにスイングできる感覚を身体に覚え込ませておくための反復練習が不可欠になるのですが、アマチュアの場合、クラブを握る頻度にも限界があるため、ある程度上達したところで 練習場ではいいショットが打てるようになっても、いざコースに出るとミスショットが多くスコアが伸び悩むという壁にぶち当たり、いくら練習しても思うように上達できずゴルフが何となくつまらないものになってしまうのです。 では、どうすれば、この壁をぶち破ることができるのでしょう? それは、ゴルフのスイングに対する思い込みや考え方を根本から変えることです。 もしあなたが、野球のバッティングと同じように 「ゴルフのスイングは、腕や肩の力でクラブヘッドを振り回してボールを打つ。 」とか 「ヘッドをしっかり打ち抜くように振れば、ヘッドスピードが上がり飛距離が伸びる。 」 と思い込んでおられるとしたら、それは忘れましょう! 野球のバッティングは、限られた時間内に高速に動いているボールをいかに打ち返すかであり、 投球と同時にボールが投げ込まれるコースを瞬時に判断して、限られた時間内にバットをコントロールしてボールの勢いに負けずに確実に打ち返せるだけの自由度とパワーが求められるために、腕の振りを生かしたスイングになり、打球の方向はインパクト時のバットの(軸の)方向によって左右され、バットの捻りは打球方向には影響しません。 ところが、 ゴルフのスイングでは、止まっているボールを、狙った方向に狙った距離を正確に打つことの再現性が求められる反面、動作の開始からボールを捉えるまでの時間的な制約がないために、スイングの自由度はそれほど強くは求められません。 また、打球の方向はインパクト時のクラブのシャフト(の軸)の傾きにはそれほど影響されず、クラブヘッドのフェースの向き、つまりシャフトの捻りに大きく左右されるのです。 この点を勘違いしたままで、 野球のバッティングのようにクラブヘッドをボールに当てに行ったり、 「インパクトでクラブのシャフトが地面に対して直角になるようにヘッドを回し込まないと、振り遅れてしまって打球は右方向にしか飛ばない。 」と思い込んでいると、ダウンスイングで腕を振り下ろしてヘッドを回し込んでしまう呪縛から逃れられず クラブヘッドを狙った方向に向けてボールを正確に捉えることが却って難しくなり再現性を損ねてしまうために、なかなか上達できなくなるのです。 仮に、ゴルフのスイングを野球のバッティングに例えるとしたら、ドライバーは外角低めを、アイアンは内角低めをセンターバックスクリーンにホームランするような打ち方に近いのかもしれません。 腕を振り下ろすとどうして再現性が下がってしまうのかを理解して、 いかに調整箇所の少ない シンプルなスイングにして再現性を高めるかがゴルフ上達の鍵です。 では、なぜ腕を振り下ろすとスイングの再現性が下がってしまうのでしょう? クラブフェースの向きを左右する要因として、• 身体の軸の傾き• 腰の回り度合い• 肩の回り度合い• 肩のラインと左腕のつくる角度(腕の振り)• 右ひじの曲げ• 左腕の捻り(ローテーション)• 手首の曲げ(コックとスナップ) などが考えられますが、クラブヘッドに近い部位ほどその影響は大きく、最も影響を及ぼすのは、 「手首の曲げ(コックとスナップ)」です。 次に「腕を振るという動作」によって、 右ひじの曲げ、左腕の捻り度合い(ローテーション)と 両肩のラインと左腕のつくる角度が変化しインパクトの瞬間のフェースの向きに少なからず影響を及ぼします。 腕を振ろうとすると、 腰や肩の回転よりも腕の振り下ろしが先行するために、ダウンスイングで左脇が開き両肩のラインと左腕のつくる角度が大きく変化して、ヘッドが打ち込まれるタイミングやクラブフェースの向きがその都度変わり易く、 ミスショットが出やすくなるばかりでなく 調整箇所が多くて何が悪いのか分らなくなり 修正が難しくなります。 肩(腕)の力で振ると、 上半身主導でクラブヘッドでボールを打とうとして、左肩を支点としてバットを振るように腕で打ち抜かれます。 支点からクラブヘッドまでの距離が長いばかりでなく、支点と力点が同じなので、遠くへ飛ばそうと意気込むほど支点が定まらずヘッドをボールに正確に当てることが難しくなり、方向性が悪くなるとともにナイスショットの出る 確率は下がるのです。 ボディーターンで打つと、 下半身主導で腰の回転にグリップエンドから引っぱられるようにクラブは振り下ろされ、肩の回転によって右ひじを支点にムチをしばくように振り抜かれます。 身体の回転と腕の振りが一体化してヘッドスピードが早くなるとともに、ショットの方向性も安定し再現性が格段に高まります。 支点を安定させればナイスショットが出る 確率が高まるのです。 腕を振ってボールを打とうとした場合、上図の左側に示す通り、支点である左肩から作用点であるクラブヘッドまでの距離が長く大きな誤差が生じやすくなるばかりでなく、支点と力点が同じなので遠くへ飛ばそうと意気込むほど支点が定まらずヘッドをボールに正確に当てることが難しくなります。 また、身体のほぼ正面で両腕を伸ばしながらクラブヘッドを打ち抜くことにより左腕が捻られることになり、それはクラブシャフトの捻りに直結しているためにクラブヘッドのフェースの向きを大きく変化させることになります。 実際、 インパクト直前からインパクト後まで左回りに左腕は捻られ続けることになり、クラブフェースが狙った方向を向いている時間がとても短く、ボールを捉える瞬間の僅かなタイミングのズレや左腕の捻り度合い、手首の反し方などによって打球の方向が大きく左右されるばかりでなく、ボールを押し出す時間が短いために勢いのある打球が出にくくなります。 さらには、肩や腕、手首の筋肉はそれ程強くない筋肉なので、常に再現性よくクラブを振るためにはある程度の強さを維持するために日頃から鍛えておく必要がありますが、アマチュアではなかなかそのようなトレーニングはできず、 力強く振ろうとするとクラブの重さに負けて却って失敗するばかりでなく、ドライバーからウェッジまでの 様々なクラブの特性の違いに対する許容度が小さく、変化への適応性が損なわれミスショットに繋がり易くなります。 つまり、 ゴルフのスイングにおいて腕を振る、あるいは手首を使うという動作は、ミスを誘発する要因が多くなるばかりでなく、 腰や肩の回り度合い(回転角度)と腕の振りによって生ずる様々な変化量が整合しなければフェースが前を向いてスイートスポットでボールを捉えられないということで、男子ツアープロのような身体を回しながら腕の振りを使うスイングというのは相当に難易度が高く、一定の再現性を保つためには、上半身の動きを支えられる強靱な下半身を鍛え、常に全身にそのダイナミックな感覚を覚え込ませておかなければならないスイングなのです。 逆に、プロはこれらを意図的に変化させることでインテンショナルなフックやスライスを打ち分けています。 ショットの再現性を高めるには、可動域が広く調整が難しくなる腕の振りや手首の曲げなどは意識的に使わずにこれらを固定して調整箇所を減らし、インパクト時のフェースの向きが一定方向を向いて安定する 腰と肩の回転のみに集中できるボディーターンのスイングを習得することに専念した方がスイングの再現性は格段に高まります。 調整箇所を少なくしてスイングの再現性を高めれば、スイングの精度(安定性)を高めることはより容易になります。 スイングの精度(安定性)とは、ヘッドスピードを高めることではなく、 「正確にクラブフェースを狙った方向に向けて、そのスイートスポットでボールを捉える。 」ということです。 どんなにヘッドスピードを上げても、狙った方向を向いたクラブヘッドのスイートスポットがボールに当たらなければ飛距離も方向性も出ません。 岡本綾子師匠のスイング BOOK DVD 上の写真のようなダウンスイングのフォームを見ると、「しっかり腰が回っている。 」と思われるでしょう。 そして、 「腕の振りよりも速く腰を回せば同じように振れるのだろう。 」と勘違いして、腰を速く回しながら腕を振り下ろそうとして、スイングリズムやインパクトのタイミングが乱れさらにミスショットしやすくなって、これは プロにしかできないとても難しいスイングなんだと思い込んでしまい、相変わらず身体の正面で腕を振りボールを正確に飛ばすための練習を続けられます。 ところが、腕をまったく振り下ろそうとせず、テイクバックで出来た両腕と肩の形を崩さずにグリップを振り上げた位置に残して、右ひじをしっかり曲げたまま右脇腹に絞り込むように腰と肩だけを回す。 別の言い方をすると、 テイクバックした際にトップでできる腕の形をできるだけ崩さないでボールを捉えられるように腰と肩を回してダウンスイングすることだけを心がけると、 案外簡単にこのように振り下ろす事ができるのですが、多くの方がヘッドを速く振ることばかりを優先的に考えておられるので、 「右ひじをしっかり曲げヘッドを遅らせ、腕は振ろうとせずにしっかりタメをつくり、腰と肩をしっかり回して腰の横でボールをしばく!」なんてことを言おうものなら、「おまえの言うことは理解できん!アホちゃうか!」と言われてしまうのです。 このように腕を振ろうとせずにボディーターンでスイングすると、インパクト時には手首を反さずにボールを打ち抜いた後で手首が自然に反ることになるので、インパクト時のフェースの向きが一定方向を向いてボールを押し出すように打ち抜け、曲がりが少なく方向性の安定した勢いのある打球が打てます。 とにかく、ゴルフが上達するための近道は、腕を振ってボールを打つという固定観念を捨てて、 ダウンスイングで右ひじをしっかり曲げて腕を振ろうとせずに 「タメ」を作り出し、右ひじを支点にして腰と肩を充分に回しながらボールを捉えることを身体に覚え込ませた方がスイングの再現性が高まり、ドライバーからショートアイアンまでどのクラブも同じようなスイング、同じようなリズムで打てるようになるのです。 急がば回れなのです。 私自身の経験からも、20年近く100前後でいくら練習しても全く改善されなかったスコアが、考え方を変えスイングを改造しただけで、たった3年で80代前半で回れることもあるくらいに劇的に変わりました。 腰の回転によって右脇腹に絞り込まれた右ひじが支点となったところから、さらにどのくらいまで腰や肩を回したところで腕を振り出してボールを捉えるかで、男子プロのような腕の振りも生かしたスイングか、それとも女子プロのような身体の回転のみのスイングかの違いが出てくるのだと思います。 腕を振ろうとせずに右ひじや手首をしっかり曲げて、 遠心力に逆らってどこまでヘッドが膨らむのを我慢して「タメ」を作り出すかでショットの再現性や飛距離が違って来るのです。 つまり、 のです。 普段の生活の中でやり慣れていない 「腰と肩の回転で棒をムチのように引き回す」という動作なので、最初は戸惑いを感じうまくできないかもしれませんが、素振りをしっかりしてその感覚をつかめてくると、腕を振るスイングよりもはるかに再現性の高い力強いショットが打てるようになりゴルフが面白くなります。 石川遼プロ 左肩で腕を振るのではなく、左肩を回してクラブを振り抜くので、 インパクトまで左脇は開かず、左腕は右脇が閉じ右腕が伸びる分だけしか動かない。 岡本綾子師匠曰く、 「形にこだわり過ぎてはダメ。 スイングの基本は単純な回転運動。 そのためのいいイメージが大切。

次の