遊戯王 最新 スターライト。 【遊戯王 高騰】《エフェクト・ヴェーラー》のスターライトレアが通販サイトでまさかの16万円!?アポロウーサ以来の高騰シングルへ!?【#遊戯王】

【遊戯王 高騰】《エフェクト・ヴェーラー》のスターライトレアが通販サイトでまさかの16万円!?アポロウーサ以来の高騰シングルへ!?【#遊戯王】

遊戯王 最新 スターライト

「トリックスター」(トリスタ)デッキレシピ 「トリックスター」(トリスタ)デッキは効果ダメージを蓄積させて追い詰めていく、バーンデッキです。 一部ネットでは、便所ワンキルが話題にもなりました。 LotDでは 「Playmaker」パックに収録されています。 そんな「トリックスター」(トリスタ)デッキのLotD(2020年環境)におけるデッキレシピがこちらです。 その中でも、今回特に重視したいのが彼女たち。 このカードを 手札から特殊召喚する。 その自分のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、その元々の攻撃力分アップする。 デッキから「トリックスター」カード1枚を手札に加える。 このカードを手札から特殊召喚する。 このカードを特殊召喚し、 対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 そのモンスターを手札に加える。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、その ダメージの数値分アップする。 攻撃力2000 便利な魔法・罠 便利な「トリックスター」魔法・罠がこちら。 フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。 「トリックスター」(トリスタ)モンスターはすべてが光属性なので、戦闘時にこいつを手札から捨てるだけで、トリスタちゃんは「戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップ」します。 これで低い火力をカバー。 回し方パターン例 「トリックスター」モンスターは相手に効果ダメージを与えられるものが多く、これを蓄積させてじわじわと相手のLPを削ることができます。 たとえばこんな回し方があります。 バーンで攻める 「トリックスター・マンジュシカ」は 相手がドローをするたびに 200ダメージを与え、「トリックスター・ライトステージ」は 「自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、相手に 200ダメージを与える。 」という効果があるため、さらに200ダメージを与えます。 また、「トリックスター・ライトステージ」には 「1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。 このカードがフィールドゾーンに存在する限り、セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。 」という効果もあるので、忘れず使用して 相手の伏せカードも排除していきましょう。 そのほか各「トリックスター」の効果を組み合わせたり、あるいは相手にドローさせるカードを使用して効果ダメージを連発させることも可能です。 簡単に出せる「ヴァレルロード・ドラゴン」 こちらは闇属性ドラゴン族のリンクモンスターです。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 その 相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。 攻撃力3000 とまあ、強いです。 「トリックスター」デッキでは、この「ヴァレルロード・ドラゴン」を簡単に出すことができます。 出し方の一例がこちら。 ほかにも 「トリックスター・マジカローラ」を使うことで、墓地の「トリックスター」モンスターを特殊召喚することも可能です。 「ヴァレルロード・ドラゴン」は攻撃する 相手モンスターをリンク先に置いて奪うことができます。 奪ったモンスターで攻撃することもできますので、強力です。 とまあ、効果ダメージの蓄積で相手を削るもよし、「ヴァレルロード・ドラゴン」で攻めるもよしの「トリックスター」デッキでした。

次の

ドラゴンスターさんより、 「ストラクチャーデッキ 精霊術の使い手」で強化された2種類のデッキでの対戦動画が公開!「ストラクチャーデッキ 精霊術の使い手」Amazonにて在庫復活!

遊戯王 最新 スターライト

その効果を無効にし破壊する。 その後、「スターダスト・ドラゴン」1体をエクストラデッキから特殊召喚できる。 で登場した。 複数枚を化し、からをするを持つ。 された・こちらがされるのどちらにも制限がなくも存在しないため、のの中では優秀な部類に入る。 多くので採用される・・や、・等の「を2枚以上する」を化できる。 中でもには特に強いとして機能するので、を誘いやすいを多くするとの相性は非常に良い。 にしすることに成功した場合、更にをできる。 をにされた上、をにできる2500のを1体増やされるのは、が劣勢であれば相当の脅威である。 のにの・を化し、一気に攻め込めれば理想的である。 ただし、このでしたはを満たしていないため、やができない。 自身のでしてもにできないので、したと違い使い捨てになる。 弱点としては、このはを含むため、等で化される点が挙げられる。 またを行うも多くはないため、に投入するバランスやの傾向を考慮する必要がある。 を1枚ずつする・等のや、・には無力。 のにを頼る以上、場合があることを視野に入れておく必要がある。 同じであるとはの関係である。 詳しくはを参照。 のを複数枚するであれば、がしたに対してもできる。 のなら実質に1枚を送るだけでよく、かなり楽に使える。 を出せばになれる場合や、の素材を早急に確保したい場合などに有効。 にがかかるこそあるが、緊急時の策として覚えておいて損はないだろう。 について• や自体はにしない。 そのための後に1の処理だけが行われる。 (のをや等、をとする処理がこの時に行われる。 ) よって、このに対してやは。 のはである。 よってがにない場合でもできるし、あってもしないこともできる。 また、するか否かを決定するのはなので、するか否かをにに告げる必要はない。 「をにしてからする」ので、このによって化できない場合はも行われない。 つまり以下のようにを組んだ場合、このより前にによってのが化されるためこので化できず、よってする処理も行うことができない。 《スターライト・ロード》• (:)• このでしなければをできない。 よって、や等のできない場所でしたに対しこのをした場合やこののにのが既に上に存在しない場合は、にはするがすることができないのでは行えない。 これを逆手に取ったテクニックとして、のに対してこのをされた場合、それにやをしてをしまえば、ののを防げる。 複数をするに対してならば、その中にの様なされないが含まれていても問題なくできる。 「スター ライト・ロード」であるため、のでしても、「」と名のついたとして扱わない。 をにしつつを得られるため、トーナメントレベルのにもしばしば投入された。 たとえでされてもは成立しているため、大幅な損失に対する保険として気軽に伏せられる点の評価が高い。 最大の対象だったがだった頃には採用率にかげりを見せていたが、にてがし、天敵のがとなったため、再度採用率は上昇した。 第9期に入ってからのでは、とよく比較されるようになり、あちらが優先される時期も多くなっている。 元々化性能は劣っていたのををできるリターンの大きさでカバーしていたのだが、の変化によりを用意する余裕がなくなったことや、しても倒されやすくなったことで見返りを得ることが難しくなってしまったことが原因だろう。 が突然多くのをした場合、それまでのに加えてこのも警戒するのが定石になった。 何も考えずにを稼げる力を持つに一石を投じるこのの登場は、およびプレイングに大きな影響を与えたと言っていい。 かつてはこのを警戒しての起点をではなくとするも見られた。 2012年世界大会のジュニアクラス決勝は、日本代表のvs台湾代表のの対決となった。 1戦目、を取った台湾代表は++3枚という鉄壁の布陣を張る。 に《スターライト・ロード》があると踏んだ日本代表はを温存し、2枚のでをするがいずれもハズレ。 最後にをした所、残ったは案の定《スターライト・ロード》であり、そのまま彼は第1戦を敗北してしまった。 なお日本代表は第2戦には勝ったものの第3戦に敗北し、結局この《スターライト・ロード》を撃ちぬけなかったがために準優勝に終わった。 「が大量のを出したら、を使わずでを潰す」という日本代表のプレイングは、《スターライト・ロード》対策のお手本というべき的確なプレイである。 だが、どれだけ的確なプレイングを行っても運がなければ勝てない事を証明することにもなってしまった。 「にしする」とに記された初のである。 後に同じようなのが登場している。 非常に優秀なだが、 の付属のため、入手困難なだった。 その後はやで再録され、入手しやすくなった。 英語版ではに封入しているので、こちらを使用するもいた。 英語版ではでの再録時に何故か「 をにしする」とされている。 しかし、ミスだったのかでの再録時には「 をにしする」に戻っている。 のをにしてし、をした。 「vsブレオ」戦では、ブレオの《調律崩壊》によりから直接。 「遊星vsジャック」(4戦目)ではのでいる。 アニメではのは扱いであり、をクリアしていた。 またアニメのではのしかにできなかった。 しかし「遊星vsシェリー」戦では遊星自身のに対ししているため、と矛盾している。 また、は星が全体に散らばっており、光の線も異なっている。 英語版アニメでは、遊星が一度を《スターダスト・ロード》と呼んだ事がある。 余談だがアニメVRAINSでは「スターダストロード」と呼ばれる場所が登場している。 だが、にはを行ってくるがほとんどおらず、多くの場合。 基本 Q:中にできますか? A:いいえ、できません。 よって、この方法でしたは自身のによるからのや、その他のによるやはできません。 その場合、にするはできますがするはできません。 その際、《スターライト・ロード》のもになりされます。 にできずもできないため、をする処理も行いません。 このをしてすることはできますか? A:はい、できます。 このをしてすることはできますか? A:はい、できます。 《スターライト・ロード》はをできていない事になりますが、をすることは可能ですか? A:をできていない事になるため、をすることはできません(のはになります)。 この場合をすることは可能ですか? A:のをすることはできないので、からをする事はできません。 この場合、にあるをし、をすることはできますか? A:はい、できます。 ののにして《スターライト・ロード》を、がさらにをしてをにました。 結果、《スターライト・ロード》のにはされるは《スターライト・ロード》1枚しかありませんが、のを化することはできますか? A:ののに、が2枚以上されない場合でも、《スターライト・ロード》によって、のをにしした後、をする事ができます。

次の

【遊戯王 高騰】《エフェクト・ヴェーラー》のスターライトレアが通販サイトでまさかの16万円!?アポロウーサ以来の高騰シングルへ!?【#遊戯王】

遊戯王 最新 スターライト

「トリックスター」(トリスタ)デッキレシピ 「トリックスター」(トリスタ)デッキは効果ダメージを蓄積させて追い詰めていく、バーンデッキです。 一部ネットでは、便所ワンキルが話題にもなりました。 LotDでは 「Playmaker」パックに収録されています。 そんな「トリックスター」(トリスタ)デッキのLotD(2020年環境)におけるデッキレシピがこちらです。 その中でも、今回特に重視したいのが彼女たち。 このカードを 手札から特殊召喚する。 その自分のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、その元々の攻撃力分アップする。 デッキから「トリックスター」カード1枚を手札に加える。 このカードを手札から特殊召喚する。 このカードを特殊召喚し、 対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 そのモンスターを手札に加える。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、その ダメージの数値分アップする。 攻撃力2000 便利な魔法・罠 便利な「トリックスター」魔法・罠がこちら。 フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。 「トリックスター」(トリスタ)モンスターはすべてが光属性なので、戦闘時にこいつを手札から捨てるだけで、トリスタちゃんは「戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップ」します。 これで低い火力をカバー。 回し方パターン例 「トリックスター」モンスターは相手に効果ダメージを与えられるものが多く、これを蓄積させてじわじわと相手のLPを削ることができます。 たとえばこんな回し方があります。 バーンで攻める 「トリックスター・マンジュシカ」は 相手がドローをするたびに 200ダメージを与え、「トリックスター・ライトステージ」は 「自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、相手に 200ダメージを与える。 」という効果があるため、さらに200ダメージを与えます。 また、「トリックスター・ライトステージ」には 「1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。 このカードがフィールドゾーンに存在する限り、セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。 」という効果もあるので、忘れず使用して 相手の伏せカードも排除していきましょう。 そのほか各「トリックスター」の効果を組み合わせたり、あるいは相手にドローさせるカードを使用して効果ダメージを連発させることも可能です。 簡単に出せる「ヴァレルロード・ドラゴン」 こちらは闇属性ドラゴン族のリンクモンスターです。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 その 相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。 攻撃力3000 とまあ、強いです。 「トリックスター」デッキでは、この「ヴァレルロード・ドラゴン」を簡単に出すことができます。 出し方の一例がこちら。 ほかにも 「トリックスター・マジカローラ」を使うことで、墓地の「トリックスター」モンスターを特殊召喚することも可能です。 「ヴァレルロード・ドラゴン」は攻撃する 相手モンスターをリンク先に置いて奪うことができます。 奪ったモンスターで攻撃することもできますので、強力です。 とまあ、効果ダメージの蓄積で相手を削るもよし、「ヴァレルロード・ドラゴン」で攻めるもよしの「トリックスター」デッキでした。

次の