エバー テイル ブースト。 エバーテイルのアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

【エバーテイル】ブーストの仕様について解説!|ノマドGamer

エバー テイル ブースト

コンテンツ [] 覚醒とは? 同名のキャラクターを最大4体合成することによって、以下の状態を開放します。 進化後に名前が変わっても、同じキャラクターとして扱われます 1. 同じキャラクターを1体合成するごとに、未開放の サブパッシブスキルを1つ解放できる。 メインパッシブスキルは黄文字で表示される サブパッシブスキルは白文字で表示される 同じキャラクターを覚醒合成すると、1体につき1個サブパッシブスキルを開放。 キャラクターの最大レベルを Lv5ずつ解放、 最大Lv20解放することができる。 同じキャラクターを覚醒合成すると、レベル上限が解放される。 進化とは? 進化は、進化素材とゴールドを消費して、キャラクターを更に強化することができます。 具体的には、レベル上限がLv20解放され、キャラクターによってはメインパッシブやアクティブスキルの追加があり、 キャラクターのイラストも変化します。 ブーストとは? ブーストは、強化したいキャラクターに、ブーストを持つキャラクターを合成することで、強化したいキャラクターのHPと攻撃力を強化することができます。 例:ブーストキャラ、ステータス見比べ用 同じレベルのカゲグマのHPと攻撃力に注目してほしい。 若干ではあるが、ブースト+1のカゲグマにはHPと攻撃力が上昇している。 ブーストを持つキャラクターは、ガチャ内に「強化フレンド召喚」が存在するフレンドガチャから入手可能です。 このガチャが目印 傭兵とは? 傭兵は、他のプレイヤーに貸し出すキャラクターのことを指します。 他プレイヤーに使用された場合、フレンドポイントをプレイヤーは獲得することができます。 選択した傭兵は、バトル中に呼び出すことも可能です。 傭兵の召喚は、スキップボダンの上に出現しています。

次の

【エバーテイル】効率的なリセマラのやり方

エバー テイル ブースト

ーテイルを無料配信期間中にインストールして今までやってきた初級として、どういった点が魅力だったのか。 新規ゲームとして情報が少ない中、少しでもの指針、またアドを載せた資料が増えればいいな、という一心で初級としての視点から書いていきたいと思い開設しました。 ーテイルに魅了された1人として特徴紹介やパーティ考察をしていこうと考えています。 ーテイルとは?楽しむポイント 家庭用ゲーム機仕様の超本格モンスター育成! 重厚なメインストーリー 戦術性が試されるバトルシステム 全世界のユーザーとのリアルタイム対戦仲間が集うチャット完備のギルドシステム 充実のサイドクト 向けゲーム察明期の意欲作、ドラゴンアイランドのスタッフがおくる、本物のゲームで育った世代のための、本物のゲーム。 に求める要素を妥協無く詰め込んだ大長編が今、ここに開幕! AppStore ーテイル紹介文より抜粋 上にあるように、モンスターを捕まえて育成する、及びメインストーリーを追って成長する主人公を追っていく、ということが主軸に置かれた今作品。 伝統の育成ゲームとして、古き良きを引き継ぐような形でありやってみて非常に懐かしさのようなものを感じます。 体力が少ないと確率は上昇する。 またモンスターたちの持つスキルを使うために必要な「スピリット」や次にスキルを使うまでのリキャストタイム「TU」と言った頭脳戦の要素も存在し、対人戦以外なら時間制限もないのでゆっくりと考えながらプレイできます。 急がなくていいので最適な攻撃パターンを考え、実行するという試行錯誤が可能で、現代の忙しいゲーム傾向とは一線を画した落ち着いたプレイが魅力ですね。 注意点ですが、モンスターを育成する、と言っても全てのキャラがフィールド上で捕まえられるわけではなく、やSRキャラを始めとする仲間たちにはガチャ産の物も存在します。 第一幕クリアまでに必要なキャラは全てフィールドで取り切れますが、第一幕クリアで解放される第二幕以降のオンラインクトは段々とがいないと厳しくなってくる盤面もあるかもしれません。 しかし、パーティをしっかりと組むことでRキャラでも十分な火力を出すことも可能ですし、後述するイベントで戦力強化を図ることで今までのキャラでもパワーを出すことも可能になります。 今いる仲間たちで、最適な構成を探す。 こういった楽しみをするのに相応しいゲームであると言えます。 序盤から狙いたいパーティ編成 序盤ではガチャ石も少ないため、ストーリー加入キャラをメインに据えて考えていくことになります! 最序盤ではフィン、ビリドラが心強い仲間です。 最後の1人となったときに大ダメージを与えられるスキルを持つので最後尾が良いですね。 特にビリドラは強化していくことでボルドラとなり、体力火力ともに心強い味方となります。 毒を与え大ダメージを出していく「ポイズンパーティ」にも組み込みやすいキャラです。 また初めてから数日は「ビギナー限定フェス」ガチャがあり、初日にピックアップされるアストリッドを主軸とした燃焼を付与して戦う「燃焼パーティ」も存在します。 運よく引けたら狙ってみてもいいかもしれません。 水着リュドミラが引けたら全体攻撃、及び2体攻撃を無効化する「ステルス」を付与して戦う「ステルスパーティ」がおすすめです。 ナギ、及び水属性リゼットが引けたら「睡眠パーティ」の出番です。 相手を一定時間行動にする「スリープ」を付与しスリープキラーでとどめを刺しましょう! その他雷属性に多い「スタン」で敵の行動を遅延してTUが多い敵に大ダメージの「タイムブレー」を決定打とする「スタンパーティ」、光属性に多い回復で仲間を生き延びさせ一定時間経過後に使えるようになる「サバイバルブロウ」での大ダメージを狙う「サバイバルパーティ」など多種存在します。 他にも色々考案中のパーティはありますが、序盤の手助け記事ということで次回以降の記事に回したいと思います。 下の記事では、上に挙げた状態異常について解説していますので、参考にしてみてください。 最初に回せるガチャのおすすめ ーテイルを始めると、まず一連のガチャ SRキャラ確定 を引くことができます。 ここではシャナ 雷 、ラズリオス 闇 、ゲフエル 光 、ジェル 火 の四体から出てきますが、この中でおすすめとされているのはシャナです。 二体に攻撃できる強力なサバイバルブロウを持ち、生き延びた際の火力は相当なものです。 進化することでスキル「ライフフリップ」も手に入れるため、生存力が格段に増加する。 またラズリオスもおすすめの一角ではあります。 筆者は知らずジェルで始めてしまいましたが、最初のキャラということもあり愛着が湧いてくるため好きなキャラを選べると良いですね。 またプレイ開始から1週間程度、毎日日替わりで強キャラのピックアップが行われる、前述した「ビギナー限定フェス」ガチャが開催されます。 ここでは初日に確率が上がる上にずっと使い続けられる燃焼の起点、「アストリッド」がまずおすすめです。 時点ではルイスでしょうか。 スピリット8以上でダメージを半減できたり、7以上で打てる「ソウルト」が強烈です。 ここで出てくるキャラはいずれも強いため、序盤のキャラ不足を解消するためにもある程度は石が溜まり次第引いてしまって問題ないでしょう。 イベントで戦力強化! 序盤はもちろん、中盤以降も武器やSRキャラ、稀にSRアクセサリーが手に入るイベントの重要度は高めです。 筆者がやり始めた時にはちょうど「剣豪ドゥルク」が始まったあたりだったでしょうか。 武器「ロワプワイド」を必死で1覚醒分集めた思い出があります。 イベントではキャラの設定がストーリーで掘り下げられる他、こなしていくごとに初回石や素材のボーナスが得られ、少なくとも一回は行けるところまで挑戦した方が良いと思われます。 最高で5回交換でき、最大覚醒することも可能だ。 これらはイベントアイテムを集めて交換していく方式のため、回った分必ず集まっていくタイプの周回イベントです。 素材にも交換できるので多少足りない分を補完するという使い方がよさそうです。 他にもイベントに合わせガチャでは登場キャラのピックアップもあるようなので、好きなキャラを狙って引くことをおすすめします。 改善されるかも?気になる点 多くの人から取り上げられている話題ではありますが、改善して欲しいとユーザーから声が上がっている点もいくつかあります。 ・活かせるモンスター捕獲のチャンスが少ない 前述の通り色々な戦略が取れる本作ではありますが、実質的に登用しやすいレア以上のキャラをフィールド上で捕獲できるチャンスは限られています。 また草むらが揺れるときに現れるレアモンスター扱いのキャラも、一度捕まえるともう出てこなくなってしまうため覚醒することができなくなっています。 モンスターの種類、及びレアリティ向上には一考の余地が残されていると言えるでしょう。 確実に引きたいとなると相当数の石を確保しなくてはならないでしょうね……。 運頼りです。 ・オフライン形式のマップでオンラインクトもやってほしい オンラインクトでは第一幕までのオフラインクトとは異なり、マス目を移動していくスタイルのため駆け回れるフィールドとは異なっています。 もちろん前者の方が面白いということは公式の方でも把握しており、時間とコストがかかることからこの形式になってしまったようです。 これに関してはいつか実際されることを願うしかないかと。 ・対人戦で出てくる相手が強い リアルタイム対人戦で対戦していると、相手があまりにも強すぎるということに辟易してしまうことがあります。 トップと下位層との衝突を避けるためにも、ランクやキャラレベルごとのプレイヤーの階層分け、及び戦力差をより視覚的に見やすくすると負担も少なくなるのではないでしょうか。 最後に モチベーションをどこに置くか 全てのゲームに言えることですが、ゲームにはモチベーションの波があります。 今でこそこうしてブログを書いてしまうほど熱中していますが、いつ途絶えるかは自分にもわかりません。 だからこそ、「どこに」やる気、モチベーションを維持するポイントを設けるか、ということが重要になってきます。 引けたキャラを大切にしたい、でもいいですし、対人戦で勝ちたい!やストーリーの完結を見るまでは死ねない!などでも良いと思います。 何をもってやる気に変換するかを意識しておくといろんなゲームを回りながらもーテイルへのモチベーションを保ち続けることが可能になってきます。 ちなみに筆者はステルスパーティが完成するまではやめられそうにないですね。 来年の水着に期待ですね 画像のはーテイル様に帰属します hiayozukoma.

次の

【エバーテイル】効率重視のリセマラ方法と道中攻略

エバー テイル ブースト

キャラクター同様に武器も経験値が入ると強化されるので、得意武器じゃなくても極力キャラクターに持たせておきましょう。 また、見落としがちですがSRキャラは強力なリーダースキルを持っているので、リーダーにしておく事を推奨します。 シナジーとかはとりあえず二の次です。 道中の編成と戦闘のコツ 1章が終わるまでは倍速が使えないので、一回の戦闘がどうしても長いです。 そのため戦闘は一回でクリアしたいものです。 道中の戦闘は如何に火力のあるキャラを素早く倒すかがカギになります。 おすすめの編成は、フィン・ビリドラ・ひよっこヒーロー・SRキャラ、その他です。 ポイズンとポイズンイーターのコンボで敵を倒して行くのが基本戦術になります。 クイックとペインアタックを使うカゲクマが厄介なので、登場するときは最優先で倒しましょう。 1章ボス「ミノタウロス」の攻略 レベリングを一切せずに1章のボスを倒す攻略法です。 PT編成 復刻イベントと新規イベントが開催されている時期は、2時間そこらで10連分のソウルストーンを溜めることができます。 普段単発数回しか回せないエバーテイルにおいては絶好の機会になります。 エバーテイルのリセマラまとめ くどいようですがSSRキャラの排出確率が低く、ガチャ石の配布量が少ないゲームなので、リセマラはとにかく数をこなす必要があります。 そして1日の時間は限られています。 真っ当な生活をしている人は尚更リセマラに費やせる時間が無いでしょう。 そんなエバーテイルのリセマラですが、初心者限定24時間ガチャの初日のキャラは強キャラを設定してくれているので、リセマラをする価値は十二分にあると言えます。 レベル60程度でSSRキャラがひとりも居ないけど課金したくないって人は、そのアカウントをキープしながら大変有意義なリセマラ地獄に身を投じてみては如何でしょうか。

次の