麻雀 点数 表。 点数計算 計算式と早見表

点数計算早見表シンプル版

麻雀 点数 表

符計算 しっかりした点数計算ができれば、あなたも晴れて「 脱初心者」です。 点数計算は難しそうだと思われがちですが、基本さえ覚えればあとは非常に簡単なので、ぜひチャレンジしましょう。 点数はどう決まる? 点数は、 飜数と 符点によって決まります。 飜数とは、アガリ役によって決められている役の難易度のようなものです。 符点とは、牌の組み合わせやアガリ方などによって決められている点数計算のキモになるものです。 飜数の説明 覚えていない人は、で確認しましょう。 符点の説明 和了り役などには関係なく以下の要因によって決定されます。 組み合わせによる点• テンパイの形による点• 和了り方による点 それぞれについて詳しく説明していきます。 副底 和了った人に無条件につく 20点。 和了り方による符 門前でロン和了りした場合は 10点(鳴いている場合は 0点)、ツモ和了りした場合(門前・鳴いている場合どちらも)は 2点が加算されます。 アタマが役牌なら2点と考えれば簡単です。 以上が符点の全てです。 これらを全て足し算して符点を出します。 ただし、 1の位は切り上げになるので、31点なら40点、45点なら50点というようになります。 最初は間違えるかもしれませんが、徐々に身についていきます。 さぁ、符計算ができるようになったところで、続いて実際の点数を見てみましょう。

次の

麻雀点数早見表

麻雀 点数 表

副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: メンゼンでない ロンは 0符• メンツの種類:中のアン カン 32符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:役牌中 1翻• ドラ2枚: 索子の3 萬子の8 2翻• 親の ロンで60符3翻の場所を点数早見表で確認すると 11,600点となります。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: メンゼンでない ロンは 0符• メンツの種類:筒子9のアン カン 32符+中の ミンコ 4符+發の ミンコ 4符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:役牌中 役牌發 2翻• ドラ1枚: 萬子の7 1翻• 3翻でも70符以上は満貫(親:12,000点 子:8,000点)確定になります。 子の ロンで70符3翻の場所を点数早見表で確認すると 8,000点となります。 さらに1本場なので合計 8,300点です。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: メンゼンでない ロンは 0符• メンツの種類:萬子3のアンコ 4符+索子3のアンコ 4符+筒子3のアン カン 16符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:三暗刻2翻+三色同刻2翻=合計 4翻• 7翻以上は跳満(親:18,000点 子:12,000点)確定になります。 子の ロンで7翻の場所を点数早見表で確認すると 12,000点となります。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: メンゼンでない ロンは 0符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:發1翻=合計 1翻• 子の ロンで30符4翻の場所を点数早見表で確認すると 7,700点となります。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: ツモアガり 2符• メンツの種類:南の ミンコ 4符+索子4の ミンコ 2符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:南1翻=合計 1翻• ドラ0枚: 0翻• 子の ツモで30符1翻の場所を点数早見表で確認すると 1,100点( ツモなので括弧内の点数を参照)となります。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: メンゼンでない ロンは 0符• メンツの種類:筒子1の ミンコ 4符+筒子3の ミンコ 2符+東の ミンコ 4符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:東1翻=合計 1翻• 子の ロンで30符3翻の場所を点数早見表で確認すると 3,900点となります。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: メンゼンでない ロンは 0符• メンツの種類:萬子2のアンコ 4符+ 字牌白の ミンコ 4符+筒子9のアン カン 32符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:白1翻=合計 1翻• ドラ0枚: 0翻• 子の ロンで60符1翻の場所を点数早見表で確認すると 2,000点となります。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: メンゼン ロンは 10符• メンツの種類:萬子7のアン カン 16符• アタマ:役牌 2符• 合計翻数• 役:一盃口(イーペーコー)1翻=合計 1翻• 子の ロンで50符3翻の場所を点数早見表で確認すると 6,400点となります。 仮に符計算を行うと以下のようになります。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: ツモアガりは 2符• メンツの種類:萬子2のアンコ 4符+索子4のアンコ 4符+中のアンコ 8符+白のアン カン 32符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:役満の 四 暗刻• ドラ0枚: 0翻• 本場数 本場数:0本 0点 合計点数 親の役満は 48,000点となります。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: メンゼン ロンは 10符• メンツの種類:索子3のアンコ 4符+索子4の ミンコ 2符( ロンは ミンコ扱い)+索子8のアンコ 4符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:リーチ1翻=合計 1翻• ドラ0枚: 0翻• 子の ロンで40符1翻の場所を点数早見表で確認すると 1,300点となります。 副底(フーテイ 基本符): 20符• アガリ方: メンゼン ロンは 10符• メンツの種類: 順子は 0符• アタマ:役牌でないので 0符• 合計翻数• 役:タンヤオ1翻+ピンフ1翻=合計 2翻• ドラ0枚: 0翻• 親の ロンで30符2翻の場所を点数早見表で確認すると 2,900点となります。 問題12の答え 親 ツモアガり ドラ表示牌 表 裏 なし 南2局0本場<東家> アガり形 コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 >何か見落としがあったら申し訳ないのですが、問5の点数計算は30符1翻1000点ではないでしょうか。 コメントいただきありがとうございます! ユーザー様の仰る通り、30符1翻は1000点です。 問題5の例では、30符1翻の1000点ですが「子のツモアガり」で1000点は割り切れない為、他家の支払いは親500点・子300点となります。 よって、親500点+子300点+子300点=合計1100点となります。 ロンアガりの場合は放銃したプレイヤー1人で全額をを支払う為1100点ではなく1000点の支払いとなります。 今回の例の場合、符は30符、翻数は1翻+場ゾロ2翻で合計3翻です。 場ゾロとは点数計算をする上で無条件で与えられる翻数で2翻をプラスします。 お役に立てましたら幸いです。 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。

次の

簡単な麻雀の点数計算

麻雀 点数 表

麻雀点数早見表 点数は全て覚える必要はありません。 下記の表で必要な符の列だけ覚えれば良いです。 何故このような計算になるのかは後で解説しますが最初は気にしなくても構いません。 簡単に言えば符の数字を基本にして、1飜増えるごとに点数が倍々になっていくと考えて下さい。 ですから符が倍になれば点数も倍になります。 1飜上がれば点数は倍になります。 綺麗に倍になっていないのは端数を切り上げるからです。 先ずは、 子の30符3飜(手役1飜+場ゾロ2飜)は1,000点ということを覚えて下さい。 20符は平和ツモのみ、25符は七対子のみです。 これらは40符と50符の表を覚えておけば1飜下げて考えれば良いです。 同様に60,80,100符も30,40,50符を1飜上げれば良いので別に覚える必要はありません。 表が大きくなるとかえって分かりづらいですよね。 赤字と青字の符と飜数を対応させて見て下さい。 30,40,50符は必ず覚えて下さい。 まずは 下の表の太字点数の部分だけ絶対に覚えておくことです。 70,90,110符は慣れて来てから覚えても良いでしょう。 下記の表において、飜数は場ゾロ(バンバン)の2飜を加えたものです。 5倍ということを覚えて下さい(端数があるので全てピッタリではありません)。 従って、20符と30符や40符と60符などが対応しますので、子の表で見たような数字がたくさん出てくると思います。 子が上がった場合に親が支払う点数と、親が上がった場合に子が支払う点数が同じと覚えておくと良いでしょう。 カッコ内はツモ上がりの場合の子1人あたりの支払う点数です。 当然ながら3等分して均等に支払います。 親の点数 3飜 4 4飜 5 3 5飜 6 4 6飜 5 30符 60 1,500(500) 2,900(1,000) 5,800(2,000) 11,600(3,900) 40符 20 80 2,000(700) 3,900(1,300) 7,700(2,600) 満貫 50符 25 100 2,400(800) 4,800(1,600) 9,600(3,200) 満貫 (以下は慣れてからで構いません。 ) 70符 3,400(1,200) 6,800(2,300) 満貫 満貫 90符 4,400(1,500) 8,700(2,900) 満貫 満貫 110符 5,300(1,800) 10,600(3,600) 満貫 満貫 場ゾロを加えて7飜は満貫です。 これ以上は符計算はもう必要ありません。 満貫以上の点数は次の通りです。 跳満は満貫の1. 5倍、倍満は2倍、三倍満は3倍、数え役満は4倍です。 満貫 跳満 8-9飜 倍満 10-12飜 三倍満 13-14飜 数え役満 15飜以上 子 8,000 12,000 16,000 24,000 32,000 親 12,000 18,000 24,000 36,000 48,000 点数の計算方法の詳細 それでは、何故このような点数になるのか計算方法を解説します。 計算方法など知らなくても上記の表を覚えれば良いですし、その度にいちいち計算しないので気にしなくても良いですが、頭には入れておいた方が覚えるのも早くなります。 一応、理解しておくことをおすすめします。 また、あまり遭遇しない90符や110符の点数計算をする際には、表を覚えていなくても計算ができるので便利です。 先ず、下記の数式を頭に入れて下さい。 3飜であれば8、4飜であれば16ですね。 このページの解説で全て場ゾロ(バンバン)を加えた飜数で解説しているのはその為です。 例えば、子の30符3飜の場合で解説します。 3飜というのは役は1飜のみということです。 麻雀では100点未満の端数は切り上げます(点棒がありません)ので、1,000点となります。 4飜だと960点の倍で1,920点、これも切り上げて2,000点。 5飜だと更に倍で3,840点、切り上げて3,900点です。 このことを理解しておくと、30符3飜が1,000点なのに5飜が4,000点ではなく3,900点になる理由が分かりますね。 ツモあがりの場合、親は点数を3等分して子からもらいます。 子は点数を4等分して親からは2人分もらうと考えれば良いでしょう。 この場合も原則として100点未満切り上げと考えれば良いです。 まず覚えること 何となく原則が分かれば、実際には核となる点数だけ覚えておけば何とかなります。 後は表を見たり実践したりしながら慣れていくと良いでしょう。 最低限覚えておくべき数字は下記の通りです。 30符 3飜 (子)1,000点 (親)1,500点 30符 5飜 (子)3,900点 (親)5,800点 40符 3飜 (子)1,300点 (親)2,000点 50符 3飜 (子)1,600点 (親)2,400点 まずはここから覚えましょう。

次の