セプテンバー 歌詞。 【歌詞カタカナ】September

Aimer セプテンバーさん 歌詞

セプテンバー 歌詞

9月21日の 夜のことをさ Love was changing the minds of pretenders よそよそしかった 僕らの気持ちを 愛が変えていったよね While chasing the clouds away 雲を 追い払うようにね Our hearts were ringing 僕らのハートは 鳴り響いていたんだ In the key that our souls were singing. 僕らの魂が歌うキーに合わせてね As we danced in the night, 夜中に ダンスを踊ったらさ Remember how the stars stole the night away 覚えてる? 星々が 夜を奪っていったんだよね Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - never was a cloudy day 決して曇ることのなかった あの日をさ Ba dudu ba du, ba dudu ba du Ba dudu ba du, ba dudu ba du Ba dudu ba du, ba du ba My thoughts are with you 僕の想いは 君と一緒にあるんだ Holding hands with your heart to see you 君を見るために 君のハートと手を繋いでいるのさ Only blue talk and love, 甘い会話と愛だけでいいんだよ Remember how we knew love was here to stay 覚えてるんだ 愛はここにあり続けるって分かったよね? Now December found the love we shared in September. 今は12月 9月に分かち合った本当の愛に気づいたんだ Only blue talk and love, 甘い会話と愛だけでいいんだ Remember the true love we share today 忘れないで 今日僕達が分かちあった 本当の愛を Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - never was a cloudy day 決して曇ることのなかった あの日をさ Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - golden dreams were shiny days 金色の夢は 輝かしい日々になったのさ Love bells was ringing 愛の鐘が鳴り響いて Our souls were singing 僕たちの魂が歌っていたんだ Do you remember 覚えてる? Never was a cloudy day, yow 決して曇ることのなかった あの日をさ Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - never was a cloudy day 決して曇ることのなかった あの日をさ Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - golden dreams were shiny days 金色の夢は 輝かしい日々になったのさ Ba de ya... Ba de ya... 「September」の歌詞の和訳を簡単にまとめると、 9月21日に一夜を過ごした男女が、また12月に再会して、付き合いだす!? って感じなんですよね。 なので、 「9月」は歌詞の中では回想であって、今は 「12月」なんですね。 Now December found the love we shared in September. 今は12月 9月に分かち合った本当の愛に気づいたんだ この歌詞の和訳が、 「September」の歌詞を めちゃめちゃ簡単にまとめています(笑) それにしても、とてもキャッチーなMUSICですよね。 私は、世代は違うのですが、どこで聴いたのか、とても耳に残っているMUSIC。 聴いたことはあったけど、どういった内容の歌詞なのかは、知りませんでしたが、今回歌詞を和訳してみて、なるほどそういう歌詞だったのかと。 まあ、ノリの良い音楽同様、ノリの良い男女でないと、 起きそうにない恋愛エピソードですね(笑) 9月から12月の間はいったい何をしていたのか!?そもそも、9月はどうやって出会ったのか!? 歌詞の和訳をしながら、そんな疑問も浮かんできましたが、 そういう細かいことはどうでもいいんだと、諭されるような音楽ですよね。

次の

Aimer セプテンバーさん 歌詞

セプテンバー 歌詞

もくじ• RADWIMPSとは? RADWIMPS ラッドウィンプス は、日本の4人組ロックバンドである。 所属レコード会社はEMI Records。 所属事務所は有限会社ボクチン。 略称は「ラッド」。 バンド名は、「すごい」「強い」「いかした」という意味の軽いアメリカ英語の俗語「rad」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「wimp」を組み合わせた造語であり、「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「マジスゲーびびり野郎」といった意味である。 -Wikipediaより メンバー 名前 担当 レオンの一言紹介! 野田 洋次郎 ギター、作詞、作曲 圧倒的存在感のようじろう。 そのオーラは、まさに天才です!!! 桑原 彰 ギター ゆるキャラ的存在のくわちゃん。 「RADWIMPS3 〜無人島に持っていき忘れた一枚〜」の収録曲一覧 曲順 タイトル 1 4645 2 セプテンバーさん 3 イーディーピー 〜飛んで火に入る夏の君〜 4 閉じた光 5 25コ目の染色体 6 揶揄 7 螢 8 おとぎ 9 最大公約数 10 へっくしゅん 11 トレモロ 12 最後の歌 RADのメジャーデビューシングルでもある 「25コ目の染色体」、あまりRADを好きじゃなくても知っている人が多い 「トレモロ」など、好きな人は メジャーデビューアルバムにふさわしいと思うようなラインナップですね(笑) 「セプテンバーさん」の歌詞 一人のために描いた夢を 誰かに使いまわした そんなこともあるさと笑える僕も きっとセプテンバー 『夏』ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの 「もう少しだけここにいさせて」そんな顔で僕見るの でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる こんな二人を繋ぐのは きっとなんでもないセプテンバー 本物よりもリアルに見えた あの魔法はもう解けた けどギュっとすればキュンとなるあれは 夏のおかげなんかじゃない 湿る空が乾く色を きっとパパは探していたの そんな時に一人ぽつんと疼くまってたセプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 夢が語りつくした希望を 僕は拾うよ 君は見てるの? さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ 夏がちらかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう そう今だから この声だから 響くセプテンバー 声が響きだす そこに意味はなくとも 君が笑い出す そこに夏はいなくとも OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 僕が笑える理由なら 今まさに目の前にいるよ こんな僕らをつなぐのは そうさいつも 愛が語り尽くした想いを 僕は歌うよ 人は笑うよ でも今ならば この声ならば届く気がしたんだ 手と手をとれば揺れる心が 抱えた不思議 それはテレパシー さぁ今だから この声だから さぁ今ならば この声ならば こんな僕だけど そう君となら 何もないけれど そう今ならば この声ならば そう君となら 響く気がしたんだ あぁこの季節 とき が 語るもの あぁこの季節 とき が 繋ぐもの 歌詞を解説!! まず、9月3日はRADWIMPSがインディーズ最後のLIVEをした日です。 そのため、 「セプテンバーさん」はいわばメジャーデビュー記念の曲なのです!! ファンに「応援してくれてありがとう。 メジャーデビューしても応援し続けてくれる?」という意味を込めた曲だそうです。 笑 とりあえず、読んでくれた方がRADに興味を持ってくれたら幸いです!!.

次の

竹内まりや September 歌詞

セプテンバー 歌詞

リズミカルなファンクミュージックである当曲。 ボーカルの伸びのある歌声も印象的で、踊り手の心を高揚させる。 数多くのメディアされている曲 この『September』はメディアで使用されることも多く、2002年には 日本テレビ系ドラマ『続・平成夫婦茶碗』主題歌、2003年にはGAPのCMソング、2006年の米映画『バベル』をはじめ多くの映画でもオープニングやエンディングなどで使用された。 変わったところでは、プロ野球・読売ジャイアンツの阿部慎之助がバッターボックスに入る際に当曲を流がしていることも有名だ。 ドラマにCMに映画にスポーツに。 今も多くの人の耳に残っていることもうなづける。 そして、楽しい曲調の影響もあるためか、深く歌詞を読み込んだことがない方が多いのではないだろうか。 でも、この機会にちょっとだけ歌詞を読んでみてほしい。 そうしてみると気づくはずだ。 この曲『September』が、実は9月の曲じゃないということに…。 そして、続けてこう思うはずだ。 タイトルが 『September』なのにも、どうして??と。 では、もう一度歌詞を読みなおし、その意味を深く探ってみよう。 この曲で主人公は9月のある日を思い出しているのだ。 「お互いの高まる気持ちを確かめ合いながら身体を交わらせて大人な会話を楽しんだね」と、ワンナイトラブの思い出に浸っている。 明確な時が示された。 今は 「December:12月」だ。 12月になってようやく主人公には分かったらしい。 情熱的な一夜が忘れられず、彼女への愛が今日も主人公を高ぶらせている。 季節は秋を終えて、冬になった。 秋の涼しさを通り越して冬の寒さが人々の心と体に染みわたっている中で、まだ夏を引きずっている主人公。 相当、9月21日に遊んだのがいい女性だったんだろう…。 英語の歌詞の意味がわからないのはしょうがないかもしれない。 でも、 冬の曲を秋の曲だと言わないように注意しましょう。

次の