ご 送付 いただけ ます でしょ うか。 メールで「送ってください」と正しい敬語できちんと伝える【メール文例付き】

「ご送付」の意味と使い方、お願い・お礼の伝え方、敬語・謙譲語は?

ご 送付 いただけ ます でしょ うか

「ご送付」という言葉の意味と使い方を正確に理解していなければ、上手な使い方をすることができません。 ビジネスシーンでもよく使われることのある「ご送付」という言葉について正確に理解しましょう。 まずは「ご送付」の意味について調べてみましょう。 「ご送付」に意味 そもそも「ご送付」という表現の「送付」とは何なのかを、まずは理解しましょう。 「送付」とは「書類や品物などを送り届けること」を指しています。 よく使われている別の言葉で簡単に表現すると「送信」とか「送る」ということもできるでしょう。 では、なぜ「書類や品物などを送り届けること」という意味のある「送付」に「ご」という言葉が付けられているのでしょうか。 この「ご」は敬語になります。 そのため、ただ「書類や品物などを送り届けること」を事実として伝えるのではなく「ご」をつけて相手に対する敬意を示すことができている表現になります。 さて、ここまでで「ご送付」の具体的な意味について理解することができました。 早速「ご送付」をどのように使う事ができるのか調べてみましょう。 より実用的な使い方を知るためにシーン別の正しい表現について見てみましょう 「ご送付」という敬語のシーン別正しい表現を知ろう! 「ご送付」という言葉を実際にどのように使うことができるのかを理解するためには、シーン別で、この表現の使い方について知る必要があります。 なぜなら、同じシーンに出くわした時に、これから調べる「ご送付」の使い方を、そのまま自分の会話に取り入れることができるようになるためです。 ぜひ、自分の生活シーンとこれから例文に用いられているシーンを比べて、より実用的な表現を学ぶようにしましょう。 「ご送付ください」で要求する 「ご送付ください」にどのような意味があるのか最初に理解しましょう。 後半の部分が「ください」というかたちになっています。 この表現は尊敬語が元になっています。 つまり、相手が動作主の場合に限って使うことができる表現であることがわかります。 そのため「ご送付ください」を使うことができる具体的なシーンは、誰かに品物や書類を送ってほしい時になります。 つまり、相手に何かを送ってもらえるように行動を要求していることになります。 少し強い要求にもなり得る 直接的な考えを相手に対して伝えていることになりますので、ただ相手に「送る」という行動を要求しているのではなく、その行動を必ずしてもらいたい、という考えを相手に伝えることにもなります。 もちろん、言い方や送るものによって「ご送付ください」という言葉を言われる人の受ける印象が変わってきます。 しかし「これはすぐに送ってもらわないと」と感じるような書類やものがあるのであれば「ご送付ください」と言うことができるでしょう。 「ご送付させていただきます」で自分の行動を伝える どのようなシーンで「ご送付させていただきます」という言葉を使うことができるのでしょうか。 この言葉によって自分の動作を表現することができます。 つまり、必然的に自分が相手に対して書類や何かのものを送りたい時に使うことのできる表現であることがわかります。 しかし、人によっては「ご送付させていただきます」の「ご」が不必要なのではないかと考えています。 この点については、人によって下す結論が変わってきます。 しかし「ご」が必要だと考えている人と、不必要と考えている人がいるのはなぜでしょうか。 「ご」をつけた方が良いと考えている人の多くは、自分の行動に対して敬意を示すのは間違いだ、と考えています。 簡単に言うと「ものを送るのは自分なのに、なんで自分の行動について敬語で話さなければいけないんだ」と考えていることになります。 「ご送付させていただきます」の「ご」をつける理由 逆に「ご」をつけた方が良いと考えている人は「送付」によって生じる動作は自分だけではなく、相手も関わると考えています。 そのため、送られた郵便物を受け取る側の人にも、ある程度の動作が求められるので「ご送付」という表現を使うことによって、相手への配慮を示すことができる、と考えています。 「ご送付させていただきます」という表現に「ご」をつけるかどうかの判断は人によって大きく異なってくることがわかります。 どちらの表現を使うとしても、ここで学んだ考え方が基本となっていますので、考え方を整理した後に、自分なりの決定をすることができるでしょう。 「ご送付申し上げます」で深い敬意を示す 「ご送付させていただきます」という表現を、相手に対して何かの書類や物を送る時に使うことができる、という点をすでに学びました。 実は「ご送付申し上げます」という表現も全く同じシーンで使うことができるといいます。 では「ご送付させていただきます」と「ご送付申し上げます」という表現の間にはどのような違いがあるのでしょうか。 語尾に注目してください。 「申し上げます」という表現が使われています。 文法上この言葉は謙譲語になります。 つまり、自分の身分を低く扱って相手に敬意を示す表現だということです。 「ご送付申し上げます」を取引先の人に使う そのため「ご送付申し上げます」で「送らせてもらいます」という考えを伝えることができますが、そこには深い敬意を示されていることを忘れてはなりません。 職場の上司が取引先の人と会話をしている時には「ご送付申し上げます」で、相手に示されるべき敬意を、この表現によって上手に伝えることができます。 「ご送付いただけますでしょうか」 「ご送付いただけますでしょうか」という表現を言われるとしたらどのように感じますか。 おそらく、自分に選択肢が与えられていることに気づくことができるはずです。 つまり、要求されている書類を。 送るのか、送らないのか、という決定しなければいけないことになります。 簡単に言うと「ご送付いただけますでしょうか」で「送ってもらえませんか」と相手に質問していることになります。 しかし、この表現を使うことによって、より相手に対する敬意を示すことが可能になります。 取引先の人に書類を送ってもらいたいととします。 そんな時に「ご送付いただけますでしょうか」と言うのであれば、相手に強要していることになりません。 もちろん、取引先の人からしすると書類を送ることが当然な場合であったとしても、質問されたことによって断ろうとする人は、まずいないでしょう。 「ご送付願います」 「ご送付願います」という表現でも、相手に書類や何かのものを送ってもらうのを要求することができます。 しかし、この表現を使った場合、結果として書類を送ってもらうように要求していることになります。 どういうことでしょうか。 「ご送付願います」の「願います」という表現に注目することができるでしょう。 誰が願っているのでしょうか。 自分です。 つまり、この表現では「あなたに書類を送ってもらうことを、自分は願っています」と言っていることになります。 言われている方からすると、何かの行動をするように強制されている感じがしません。 むしろ、この表現を使う人の願いを叶えてあげるために「送ってあげよう」という気持ちになることでしょう。 取引先との関係が複雑な場合に「ご送付願います」という言葉を使うこともできます。 他にも、怒りやすい人と話している時にも「ご送付願います」を使えます。 「ご送付いたします」 「ご送付いたします」も相手に対する深い敬意が現れている表現の1つです。 しかし、この表現を使う場合、書類や物を送るのは自分になります。 「いたします」という表現は「する」の謙譲語になります。 そのため、ただ「ご送付します」というよりも「ご送付いたします」と言ったほうが、相手に対する敬意が示されていることになります。 これから自分が書類を送ることによって相手に対する迷惑をかけてしまうのであれば「ご送付いたします」で対応する方が賢明と言えます。 請求書をご送付する際のメールの書き方と文例を調べよう 「ご送付」を使った文章をメールで送らなければならないこともあるでしょう。 そんな時に相手に不敬な仕方で「ご送付」という言葉を使ってしまうと、後で、取引先の人とのトラブルになってしまう可能性もあります。 「ご送付」のメールでの具体的な使い方を調べてみましょう。 件名で「ご送付」を使う 例えば、履歴書をメールで送らなければいけないとします。 メールの内容で履歴書を送付していることに言及することができますが、件名でもそのことについて簡単に伝える必要があります。 「履歴書をご送付の件」というタイトルで履歴書を送りましょう。 つい相手を意識しすぎて、メールのタイトルでも「です、ます」を使おうとする人がいますが、件名の場合は問題ありません。 他にも「資料送付の件」というタイトルで、取引先との資料の受け取りメールを送ることができます。 タイトルでは、内容を知ることのできる簡単な表現を用いることが、相手に対する親切に繋がる、ということを忘れないようにしましょう。

次の

「恐れ入りますが、○○していただけますか?」と言いたいとき (1/2)

ご 送付 いただけ ます でしょ うか

「送ってください」は失礼な表現? アンケートや見積書、請求書、パンフレット、契約書など、お客様に何かを「送ってください」とお願いすることは、そう珍しいことではないでしょう。 ところが、よくあることだからこそ、知らず知らずのうちに失礼な言い回しをしてしまっているということもあります。 送ってほしい物があったとき、日頃どのようなメールを書いているか、思い出してみてください。 その文面は、本当にビジネスマナーに則ったものでしょうか? ここでは、何かを「送ってください」とメールでお願いする場面での表現についてご説明します。 この機会に、改めて自分のメールを見直してみましょう。 「送ってください」という表現が失礼だとされる理由 ビジネスメールは敬語で書くのが基本です。 その点、「送ってください」というのは、一見丁寧な言葉遣いに見えます。 よろしくお願いします」というようなメールを書いたことがあるという方もいるかもしれません。 ところが、この「送ってください」も、実はビジネスメールとしては良くない書き方なのです。 「してください」というのは、お願いしているようにも聞こえますが、実は「命令」のニュアンスを含んだ言葉です。 例えば、「笑ってください」と「笑っていただけませんか」では、後者のほうが丁寧に感じるのではないでしょうか? 「ペンを取ってください」と取引先の方に言うのは失礼だというのは、多くの方の共通認識でしょう。 「送ってください」も、これと同じニュアンスの言い回しなのです。 どういう表現が失礼ではないのか それでは、「送ってください」を失礼でないように伝えるためには、どうすればいいのでしょうか。 3つのポイントをご紹介します。 1 言い回しを変える 日本語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁重語」「丁寧語」「美化語」の5つの敬語があります。 このうち、謙譲語は自分の行動に対してへりくだった言葉を使うことで、相手を相対的に上げる敬語です。 また、丁重語も自分の行動をへりくだった表現ですが、謙譲語とは違い相対的に上げる相手はいない敬語です。 「送ってください」の場合、「送る」という行動は相手がすることですから、謙譲語、丁重語はあてはまりません。 「送ってください」という表現は丁寧語にあたりますが、「お」をつけて「お送りください」とすることで、より丁寧な姿勢を表現することができます。 ただし、丁寧語はあくまでも丁寧な言い回しであるというだけで、相手へ敬意を払う言い方ではありません。 「送ってください」を「尊敬語」で表現する場合は、「ご送付ください」となります。 口語や友人同士などの間柄ではあまり使われることのない言葉ですが、ビジネスパーソンとして「ご送付ください」という言い回しが自然に出るよう、普段から意識して使うようにしたいものです。 2 尊敬語や謙譲語と組み合わせる 日本語は、複数の言葉を組み合わせることで丁寧さを演出することができる言語です。 「ご送付ください」に、さらに「お願い申し上げます」を組み合わせて、「ご送付くださいますよう、お願い申し上げます」とすると、より丁寧になるでしょう。 3 クッションになる言葉と組み合わせる クッションになる言葉とは、「ご送付ください」の前にプラスすることで表現をやわらげるための言葉のことです。 例えば、「ご多忙中のところ大変恐縮ですが」「お手数をおかけいたしますが」といった言葉がこれにあたります。 このようなクッション言葉(ビジネス枕詞)には、いくつものバリエーションがありますが、どれも「相手を気遣い、申し訳なさを演出する」という共通点があります。 相手の立場・状況を考えて依頼メールを書く それでは、依頼メールの文例を見てみましょう。 ここでは、3つのパターンをご紹介します。 御社のウェブサイトを拝見してご連絡いたしました。 また、価格表がございましたら、参考までに同封いただければ幸いです。 書類の送付をお願いするメールのポイントは、送付先の住所をわかりやすく明記することです。 文面に気を配ることも大切ですが、「どこに送ればいいのか」をはっきり書いておくことで、相手の負担を軽減させるよう心掛けましょう。 お手元に届いていらっしゃるでしょうか。 何らかの手違いで、メールをお届けできていない可能性もあるかと思い、 再度ご連絡を差し上げた次第です。 お忙しいところ大変申し訳ありませんが、ご確認いただければ幸甚です。 念のため、再度送付先住所をお知らせいたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 すでにお願いしている書類や物が届いていない場合は、相手を責める口調にならないよう、十分注意する必要があります。 メールが届いていなかった可能性や、相手の忙しさを配慮する内容を織り込みながら、慎重に連絡しましょう。 ただし、これは最初に送ったメールの返信がなかった場合の書き方です。 「すぐにお送りします」といったメールがもらえていたのに資料が届かないという場合は、「いつ、どのような返答をもらったか」という内容に加えて、「製品が手元に届いていないこと」「発送時のトラブルなどについて危惧していること」「状況を確認してほしいということ」などを文面に盛り込みます。 どちらの場合も、基本的な書き方は、「依頼内容の再確認」「現状の説明」「相手への気遣い」「再度の依頼」という構成になります。 また、メールの返信がなかった場合は、最初に送ったメールを引用して連絡するのもおすすめです。 いつも弊社のサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、弊社ではお客様満足度向上のためにアンケートを実施することとなりました。 ご回答いただきました方には、 もれなく弊社サービスで利用できるポイントを500pt進呈いたします。 所要時間は15分ほどとなっておりますので、ご協力いただければ幸甚です。 ご協力いただける方は、下記URLから回答画面に進んでください。 お忙しいところ恐縮ですが、貴重なご意見をお待ちしております。 アンケートの依頼をする際は、アンケートの目的や回答期限、方法などを明記しましょう。 また、アンケートの回答をどのように扱うかについてや、アンケートに答えるメリットなどを併記することで、回答率の上昇が期待できます。 シーンに合わせた表現を使って送付依頼メールを送ろう 一言で「送付依頼」といっても、さまざまな内容が考えられます。 それぞれのシーンに合わせて、受け取った人が不快感を抱かない表現を心掛けましょう。 それと同時に、こちらが求めていることや、相手が受けるメリット・デメリットについて明確に説明し、不安を払拭することも大切です。

次の

間違いも多い「いただけますでしょうか」の意味と敬語表現・使い方と例文

ご 送付 いただけ ます でしょ うか

日本のビジネスシーンにおいて敬語は常に飛び交っています。 たとえ自分より年下の相手であったとしても、取引先には敬語を使用するのは一般的です。 よく「いただけますでしょうか」や「ございますでしょうか」とうい敬語を耳にしますが、この「いただけますでしょうか」は一般的に間違いという声が多くあります。 「ます」と「です」を2つ重ねると二重敬語になる ひとつの言葉に対して、敬語を2つ重ねて使用することを二重敬語と呼びます。 つまり「いただけますでしょうか」の場合、丁寧語である「ます」と「です」を2つ重ねて使用していることから二重敬語となるのです。 この二重敬語は一般的に間違いとされています。 相手に対する配慮でも二重敬語は間違い 「いただけますでしょうか」「ございますでしょうか」といった二重敬語は、日本人が他国民に比べ「相手へ配慮する心」が非常に強く、常に相手がどう思うかを考えているからです。 この相手へ配慮する心があることから、「いただけますでしょうか」や「ございますでしょうか」といった通常の敬語よりもへりくだった言い方が生まれたと考えられています。 「いただけますでしょうか」の正しい敬語は「いただけますか」 「いただけますでしょうか」と表現したいときの正しい敬語は「いただけますか」です。 しかし間違いで、ほとんどの日本人が「いただけまでしょうか」よりも「いただけますか」を断定的な言い方できつく捉える傾向があります。 間違いですが、「いただけますでしょうか」と言われる方が丁寧に感じます。 敬語としては間違いです。 「いただけますでしょうか」は間違いでも「よろしかったでしょうか」は正しい 「いただけますでしょうか」とうい敬語に類似しているもので「よろしかったでしょうか」という敬語があります。 これは一般的にバイト敬語と呼ばれ間違いとして認識している人が多くいます。 しかし専門家によるとこの敬語、実は間違いではなく正しいのです。 「よろしかったでしょうか」は相手への配慮 この言葉は「あなたの判断はもう聞きましたが、私の認識で間違いないですか?」という意味が込められています。 敬語的には相手へ配慮した言い回しとなり間違いではないのです。 さらに一般的なバイト敬語とされている「1万円からお預かりします」や「お弁当の方、あたためますか」といった敬語も実は間違いではなく正しい敬語です。 「いただけますでしょうか」は敬語として間違いなので「いただけますか」を使う 「いただけますでしょうか」などの間違い敬語は聞いて嫌な二重敬語です。 ビジネスシーンにおいて先方がもし敬語に神経質な人であった場合、間違い敬語は悪い印象を与える結果になりかねません。 そのため「いただけますでしょうか」のような二重敬語は使用せず、正しい敬語を心がけましょう。

次の