スライダー 握り 方。 三振・内野ゴロの山を築くスライダー!握り方や投げ方を徹底解説!

スライダーの投げ方と握り方を画像付きで解説 変化球(野球)研究所~変研~

スライダー 握り 方

スライダーとは?! スライダーとは リリースした腕から反対に曲がるようなボールです。 横にスライドするような軌道のためスライダーと名づけられています。 カーブのようにふわっとするのではなく、ストレートに近い軌道から切れるように曲がっていくのです。 同じ利き腕同士の対戦の場合、バットから逃げるように変化します。 そのため空振りを取れる変化球として多くの投手が持ち球にしています。 純粋なスライダーは真横に近い変化をします。 しかし、斜めや真下に変化をさせるスライダーもあります。 日本のプロ野球でもスライダーを得意とする投手はたくさんいます。 主に横方向へ曲がる変化球ですが縦に落ちるスライダーも得意としていると種がたくさんいるのです。 スライダーを得意とする投手が多い理由は? スライダーを得意とする投手が多いのは、 ストレートとの組み合わせで三振を取りやすいということです。 スライダーは直球との組み合わせで空振りが取りやすいです。 特に、同じ利き腕同士の対戦であればストレートと似た軌道から外へ逃げるので対応しづらいのが特徴です。 そのため空振りを奪うことができ、決め球としても優秀な投球ができます。 特に、直球に自信のある投手はスライダーを好んで使っています。 スライダーとフォークボールを使う投手が多いのは、このためです。 スライダーとカーブの違いは? カーブとスライダーの違いを見ていきましょう。 スライダーは、打者のところまでストレートと同じような軌道で行きます。 そのため打者とってはストレートが来たと思います。 そこから横に滑ることで打者が空振りをしてしまうのです。 また、ボールゾーンからストライクゾーンに入れたりストライクゾーンからボールに入ったりと左右の幅が効きやすい変化球です。 カウントを取りに行ったりでき、ストライクゾーンを広く使うことができる変化球です。 カーブは打者のところまでふんわりと進んで行きます。 浮いて落ちるので縦の変化をつけやすい変化球です。 またスピードも遅いのでタイミングを外すために使えます。 スライダーとカーブの使い方をしっかりと理解しておきましょう 【初心者向け】スライダーの投げ方! 次は、実際にスライダーを投げるコツを紹介します。 スライダーを投げるには、ボールの握り方、腕の振り方、リリースのコツの3種類があります。 どれも大切な要素のでしっかり押さえておきましょう。 コツを覚えることでスライダーが投げやすくなります。 スライダーの投げ方の主なポイントを3つ解説します。 ボールの握り方 スライダーは、 人差し指を縫い目に引っ掛けます。 そして中指も縫い目に触れるぐらいにもちます。 ここまでは問題ありません。 問題は親指です。 親指は縫い目のしたではなく横をもちます。 パチンコをする方は分かるかもしれませんが、親指が横になった方が回しやすいですよね。 そういうイメージで持ちます。 親指を下にする方はたくさんいますが、親指を真横に持ってくる方はなかなかいません。 変化をつけるために親指を横に持って行くのです。 親指のポジションを、頭に入れておきましょう。 ストレートと同じように握りそこから中指と人差し指を揃え、ボールの中心より右側にずらし中指をしっかりと縫い目にかけます。 こういった持ち方も正解なのでいろんな持ち方を試してみましょう。 腕の振り方 基本的に腕の振りはストレートと一緒です。 リリースにはコツがありますが腕の振り自体は変える必要はありません。 思い切って投げ込むことが必要です。 スライダーはストレートとのコンビネーションで打者を打ち取る変化球です。 そのためストレートと同じように打者に印象付けることが必要です。 腕の振りはストレートと一緒で思い切って振り切りましょう。 ストレートと同じ軌道であることで、打者はストレートだと思って振ります。 そこから曲がることで空振りが取れるのです。 このように、スライダーを使うには腕を思いっきり振ることが大切です。 また、スライダーを投げるときは相手がストレートを待っている時に投げると効果的です。 逆にスライダーを待っている時だと狙い撃ちされやすいので、ストレートとコンビネーションをするのがやはり大事なのです。 リリース時のコツ 手首を立てて置き、リリースの瞬間に捻りながら中指で指で押し込みます。 このようなスライダーを投げると横に曲がっていきます。 また、一方のスライダーだと、手首を返さず人差し指でカットするようなスライダーもあります。 このような投げ方をすると、縦スラと言って斜めに落ちるスライダーになります。 手首をスナップをきかせて投げる投げ方と人差し指でカットしていくスライダーがあります。 またリリースのタイミングや、切り方によってスライダーはいろんな変化をします。 自分に合った投げ方を見つけることで、自分ならではのスライダーが投げられるようになります。 変化球の研究は面白いものです。 自分ならではの武器をぜひ見つけてみてください。 プロにスライダーはこんなにも凄い! ストライダーは横に曲がる変化球だと思ってらっしゃる方も多いことでしょう。 確かに動画を見ていただくと横に曲がるように見えます。 しかし、動画の中には縦に落ちるスライダーもあります。 このように縦と横の変化を自由自在に操るのはスライダーの特徴です。 特に、プロのスライダーは曲がりも切れもとんでもない変化をします。 動画でしか見ることのできない体の使い方やコツなどを発見できるかもしれないので、ぜひ一度ご覧ください。 きっとあなたのストライダーをより良いものにしてくれることでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 スライダーはプロ野球やアマチュア野球の中でもよく投げられる球種です。 しかしスライダーは投げ方を覚えないとなかなか投げられません。 特にピッチャーをやっている方や東急に興味がある方はぜひ一度スライダーを投げてみてください。 握り方やコツを覚えることでより良いスライダーが投げられることでしょう。

次の

ド素人でも2時間あれば投げれる!スライダーの握り方と投げ方のコツ!

スライダー 握り 方

みなさんはスポーツの種類をあげてくださいと言われたらなんのスポーツが思い浮かんできますでしょうか。 サッカーでしょうか、バスケットボールでしょうか、テニスでしょうか、それとも野球でしょうか。 このうち、野球は世界的に見ると意外とマイナーなスポーツですが、日本ではとても人気がありますよね。 プロ野球のファンも多いと思いますし、春や夏に開催される甲子園を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。 ところで、野球の花形ポジションといえばピッチャーですが、ピッチャーが投げる球にはさまざまな種類がありますよね。 例えば、ストレート、フォーク、カーブ、スライダー、チェンジアップなど、あげていけばきりがありません。 そして、これらの変化球の中には似ていて違いがよくわからないものもあります。 その代表としてあげられるのが「カーブ」と「スライダー」です。 そこで、今回は「カーブ」と「スライダー」の違いについて解説していきたいと思います。 まず、「カーブ」は大きく曲がりながら落ちていく変化球です。 一方、「スライダー」はストレートに近い軌道から打者に近い場所で急に曲がっていく変化球です。 つまり、 「カーブ」と「スライダー」ではボールの軌道が異なるのです。 「カーブ」をもっと詳しく カーブは大きく曲がりながら落ちていく変化球です。 具体的には山なりの軌道から打者の手前で急激に減速し、落ちながらリリースした手の反対方向に曲がっていきます。 カーブは一番基本的な変化球であり、多くの投手が持ち球にしています。 そして、 ストレートとの球速の差が大きく、緩急をつける意味で使われることが多いでしょう。 ちなみに、この球で打者を空振りさせるのは比較的難しいですが、縦の変化が大きいならば可能です。 そして、ただカーブを投げるというだけなら簡単であり、腕をひねって投げればたいていの人が投げることができます。 しかし、 打者を翻弄したり、肘に負担をかけないように投げたりするのは難しく、多くの経験が必要になります。 また、カーブにはいろいろな投げかたや変化があります。 そのため、カーブは基本にしてもっとも奥が深い変化球だと言えるでしょう。 ここからはカーブの握りかたとリリース、それから種類について解説していきたいと思います。 そして、深く握ると回転がかかりにくくなっていしまいます。 そのため、親指から人差し指のラインとボールとの間に隙間ができるように浅めに握ります。 ちなみに、カーブは肘や手首を外側にひねって投げるイメージがありますが、これは間違いで、実際にはひねったりしません。 実際は 腕全体のしなりを使い、手首を縦に振って回転をかけます。 カーブのボールの軌道のイメージに重ねるように腕をしならせ、縫い目にかかっている中指でボールをなでるようにして投げるといい球を投げることができます。 ちなみに、このように投げることでボールが中指や人差し指を軸に転がるように手から離れていきます。 これが一般的に言う、「抜く」という感覚です。 そして、カーブの握りかたやリリースの仕方、変化の方向などはさまざまです。 カーブの種類 カーブ系の変化球は主に 3 つです。 それぞれについて見ていきましょう。 スローカーブ スローカーブとは球速が遅いカーブのことです。 ドロップカーブ ドロップカーブとは縦に大きく変化するカーブのことです。 ナックルカーブ ナックルカーブとは人差し指をナックルのように曲げて投げるカーブのことです。 うまく「抜く」ことができるといい球になりますが、その分コントロールは難しいです。 「スライダー」をもっと詳しく スライダーはストレートに近い軌道から打者に近い場所で急に曲がっていく変化球です。 そして、リリースした手の反対方向に曲がっていくので変化の方向はカーブと似ていますが、球速がストレートに近めです。 投手が左利きで打者も左利きの場合や投手が右利きで打者も右利きの場合はバットから逃げるように変化していくので空振りを取れる変化球です。 そのため、多くの投手が持ち球にしています。 そして、 一般的なスライダーはほぼ真横に変化していきますが、中にはナナメ下向きに変化するスライダーもあれば真下に変化するスライダーもあります。 ここからはスライダーの握りかたとリリース、種類について見ていきましょう。 hatenablog. そして、中指は全体が縫い目にかかる位置になっていて人差し指は縫い目にかかりません。 また、ストレートと同じように手首と指で回転をかけます。 そして、手首はやや外側に向けてチョップをするように振り、縫い目にかかっている中指に特に力を入れてリリースします。 ちなみに、手首を外側に向けすぎると中指でボールを押し出せなくなってボールが抜けてしまい、カーブのような球になってしまいます。 スライダーの種類 スライダーには主に 4 つの種類があります。 それぞれについて見ていきましょう。 高速スライダー 高速スライダーとは文字通り、速いスライダーです。 スラーブ スラーブとはカーブに近いスライダーです。 縦スライダー 縦スライダーとは垂直方向に変化するスライダーです。 カットボール カットボールはふつうのスライダーより速く、変化の小さいスライダーです。 空振りと取るというよりは、バットの芯を外させてゴロにしたりフライを上げさせたりするために投げられます。 まとめ 以上、この記事では、「カーブ」と「スライダー」の違いについて解説しました。

次の

未経験者でも2時間で投げれる!伊藤智仁が誰にも打たれない魔球として使っていた!高速スライダーの握り方と投げ方のコツ!

スライダー 握り 方

社会人デビューはダイビングのインストラクター。 それまではバンド活動一辺倒。 その後、デザイナーに転身して経験を積み、スノーボードのイベント会社でデザイナーとして活動。 現在は、インハウスでDTP、webデザイン、フロントエンド実装、SEO対策を行っています。 趣味の草野球とwordpressのことについて執筆しています。 関連する記事• 2020. 21 十亀 剣選手は、愛工大名電高から日大、JR東日本を経て2011年のドラフト会議で西武ライオンズより1位指名を受け入団し1年目から41試合に登板と、先発[…]• 2020. 19 斎藤 雅樹氏は、川口高等学校から1982年のドラフト会議で荒木大輔の外れ1位として読売ジャイアンツに入団し、当時の監督の藤田元司の意向もありサイドスロ[…]• 2020. 15 村田兆治氏は、1967年にドラフト1位指名を受けは東京オリオンズに入団し、2年目の69年に6勝を挙げました。 迎えた1974年のロッテが優勝した年に、[…]• 2020. 20 潮崎 哲也は、甲子園出場をなく、社会人の松下電器に入部しそこで実力をつけ19歳の若さでソウルオリンピックの日本代表チームに選ばれました。 そこで野茂英[…]• 2020.

次の