ピン から キリ まで 意味。 「ピンキリ」とはどっちが上!?語源から意味をわかりやすく解説!使い方や類語も紹介

「ピンからキリまで」 : 日本語、どうでしょう?

ピン から キリ まで 意味

「ピンからキリまで」の語源は? まずは、「ピン」と「キリ」の語源についてみていきましょう。 ピンの語源は? ピンは、 ポルトガル語で「点」という意味の「pinta」に由来します。 16世紀にポルトガルから日本に伝わったものの一つに、ゲームカードがあります。 これは現在のトランプのようなもので、4種類のスート マーク が各12枚ずつで合計48枚のものでした。 このゲームカードは徐々に日本風に変化し、「天正かるた」「天正系」と呼ばれるようになりました。 そもそもは、このカードの最初の「 1」に相当するものを「 ピン」と呼んでいました。 また、点が一つである「 サイコロの 1の目」のことも意味するようになり、博徒 ばくと が使う隠語 いんご にもなりました。 さらには、一般にも使われる俗語として広まっていったのです。 なお、数字の「1」はポルトガル語で「um」です。 そして、ピンという言葉は次のような意味でも使われてきました。 はじめ、最初• あたま• 一番上• 最上品 スポンサーリンク キリの語源は? キリは、くぎり 区切り、句切り の「きり」で、「物事が終わりとなる切れ目のところ、限度」という意味です。 具体的には、次のような使われ方をします。 ちょうど、 きりがいい• 仕事に きりがついた• 欲を言えば きりがない キリの語源については、ピンの由来と同様に、「ゲームカードの12に相当するものを キリと呼んでいた」とする説もあります。 ちなみに、ポルトガル語の「12」は「doze」です。 なお、 本来は キリに「最悪品」といった意味はありません。 しかし、「ピンからキリまで」という慣用句が使われるようになり、年月が経つとともに、「キリ」は「悪いもの」という意味合いを持つようになりました。 「ピンからキリまで」の意味は? 「 ピンからキリまで」は、江戸時代から慣用句として使われるようになりました。 現在では省略した形の「 ピンキリ」もよく使われています。 意味は語源からも明らかなように、次のようなものになります。 最初から最後まで• 良いものから悪いものまで• いろいろ、さまざま 現在では、品ぞろえが豊富なことを「ピンからキリまで」を使って表現しますね。 なお、「ピン」と「キリ」の どっちが上でどっちが下なのかを問題とすることがあるようです。 これも語源からすれば、「ピン」が上ということになります。 しかし、「ピン」と「キリ」がセットになって「ピンからキリまで」という一つの慣用句をつくって一つの意味を持っているので、どちらが上か下かにこだわるのは、あまり意味がないことです。 また、先に述べたように、「ピンからキリまで」は江戸時代から使われるようになった慣用句で、現在と上・下の関係は変わっていません。 素直に、このまま使えば良いのです。 まとめ• 「 ピンからキリまで」は、江戸時代から慣用句として使われるようになり、「最初から最後まで」「良いものから悪いものまで」「いろいろ、さまざま」という意味を持っています。 ピンは、ポルトガル語の「pinta =点 」に由来します。 キリは、くぎり 区切り、句切り の「きり」に由来します。

次の

ピンキリ,意味,由来,上,下

ピン から キリ まで 意味

スポンサーリンク ピンキリはどちらが上でどちらが下? ピンからキリまではどちらが「上」で、どちらが「下」になるのでしょうか? 上になるのが「ピン」 下になるのが「キリ」 このように現在はピンが上で、キリが下の意味になりますが、この言葉が言われ出した頃は今とは反対の意味で使われていました。 昔はキリの方が上でピンの方が下でした。 昔からのもので、風習や言葉などは時代とともに変化しているものが多いですが、その中でも言葉は特に変化する代表的なものです。 現在では多くの人が同じ情報を瞬時に手に入れることができますが、昔は人から人へとゆっくりと伝わっていくものでした。 伝言ゲームのような感じでしょうか。 だから、 途中で間違って伝わったものはそのまま伝わっていきます。 今の伝言ゲームであれば、最後の人まで行くと、そこで正しい言葉が発表されるので、どこで間違ったかがすぐわかりますが、昔は間違って伝わったものが正しいことになってしまうんですね。 では、ピンとキリの語源はどこから来たのでしょうか? ピンの語源 ピンの言葉はどのようにしてできたのでしょう! ピンは ポルトガルの言葉で「点」をあらわす「pinta(ピンタ)」からきているという説があります。 室町時代にポルトガルからカルタが伝わり、それを元に日本では「天正カルタ」が作られ遊ばれるようになりました。 カルタやサイコロの目の「一」は「点」が書かれていますね。 だから、 ピンは数字ではないのですが「一」を表していたので、数字の中で一番小さいから最低の意味で使われていました。 それじゃ、キリもカルタやサイコロから来たのでしょうか? キリの語源 ピンの語源はポルトガル語の「pinta(ピンタ)」からきているという説が有力ですが、 キリには諸説があります。 中にはちょっと首をかしげるような説もありますが、代表的なものとしては下の3つがあります。 限り説• 十字架説• 花札説 ピンキリの語源ってこんなところから来てるの?と思いますね。 それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう! 1.限り説 日本語の「限り」からきているという説があります。 2.十字架説 ポルトガル語の「cruz」(十字架)」から 十を意味しているという説です。 天正カルタはトランプのように一から十二まで、4枚ずつの札がありました。 だから、最後は十二なのでこの説はつじつまが合ってないようです。 3.花札説 花札の絵は1月が松、12月が桐です。 最後ということで 12月の絵は桐なので、キリと言うようになったという説があります。 しかし、現在使われている花札は天正カルタよりずっと後の江戸時代中期にできたので、この説もあまりあてになりませんね。 ちなみに我が家では花札でよく遊びます。 役の中の「 花見で一杯」「 月見で一杯」など風流な言葉だと思いませんか? 遊び方はこちら「」をご覧ください。 でも、花札は賭けて遊ぶものだったので印象がとても悪いんですね。 だから、悪い遊びのように思っている人は大勢います。 子供の友達のママさんたちもその口なので、我が家では子どもには花札で遊んでいることは口止めにしています。 スポンサーリンク キリの語源で有力なのは、上記3つの1番目、日本語の「限り」です。 2番めの十字架説と3番めの花札説はちょっとこじつけ感があるようですねえ。 カードやサイコロで遊ぶ時はテンションが上がるので、そのような時にいろんな言葉が出てきて、そのままだったり言葉と言葉が組み合わさったりしたものがたくさんあると思われます。 ワイワイ言いながら、ポルトガル語のピンが出てきたり、日本語のキリが出てきたりして、丁々発止のやり取りをしている様子が目に浮かびます。 そのような中で生まれた言葉ではないかと個人的に思っています。 ピンからキリまでの言葉、上が「ピン」、下が「キリ」ということが分かりました。 最後にどのような意味合いがあるのか簡単に見ていきましょう! どんな意味合いがあるのか ピンからキリまではいろんな意味合いで使われます。 いいものから悪いものまで• 最高から最低まで• 高級品から低級品まで• 上質なものから悪質なものまで• 極上の品から最低の品まで• 価値の低いものから高いものまで• 下等なものから上等なものまで 使い方としては、例えば 「ダイヤだダイヤだと言っても、数万円の模造ダイヤから何億円もするダイヤまでピンからキリまであるからね」 「大卒っていっても、大学にもピンからキリまであるからなあ」 なんて、使われ方をします。 終わりに 「ピンキリ」の言葉は「ピンからキリまで」を略した言い方です。 最高から最低までの意味がありますが、どちらが上だったかなと迷う方もいらっしゃいます。 現在では、ピンが上でキリが下ですが、この言葉ができた時は反対で、キリが上でピンが下でした。 このように言葉はどんどん変化していきます。 現在も進行形の言葉として「 やばい」があります。 「やばい」のもともとの意味は盗人の仲間内言葉で「捕まるかも分からない、危険だ」などの意味を表していました。 現在は、若者たちの間で全く違う意味で使われています。 「このケーキ、なに?やばいね!」 「やべーっ!うまーっ!」 などのように、 感動やほめ言葉としてよく聞きます。 これからこのような使い方が、定着してくるのではないかと感じる今日この頃です。

次の

ピンからキリまではどっちが上?由来をたどると今とは逆さまだった?

ピン から キリ まで 意味

スポンサーリンク ピンキリはどちらが上でどちらが下? ピンからキリまではどちらが「上」で、どちらが「下」になるのでしょうか? 上になるのが「ピン」 下になるのが「キリ」 このように現在はピンが上で、キリが下の意味になりますが、この言葉が言われ出した頃は今とは反対の意味で使われていました。 昔はキリの方が上でピンの方が下でした。 昔からのもので、風習や言葉などは時代とともに変化しているものが多いですが、その中でも言葉は特に変化する代表的なものです。 現在では多くの人が同じ情報を瞬時に手に入れることができますが、昔は人から人へとゆっくりと伝わっていくものでした。 伝言ゲームのような感じでしょうか。 だから、 途中で間違って伝わったものはそのまま伝わっていきます。 今の伝言ゲームであれば、最後の人まで行くと、そこで正しい言葉が発表されるので、どこで間違ったかがすぐわかりますが、昔は間違って伝わったものが正しいことになってしまうんですね。 では、ピンとキリの語源はどこから来たのでしょうか? ピンの語源 ピンの言葉はどのようにしてできたのでしょう! ピンは ポルトガルの言葉で「点」をあらわす「pinta(ピンタ)」からきているという説があります。 室町時代にポルトガルからカルタが伝わり、それを元に日本では「天正カルタ」が作られ遊ばれるようになりました。 カルタやサイコロの目の「一」は「点」が書かれていますね。 だから、 ピンは数字ではないのですが「一」を表していたので、数字の中で一番小さいから最低の意味で使われていました。 それじゃ、キリもカルタやサイコロから来たのでしょうか? キリの語源 ピンの語源はポルトガル語の「pinta(ピンタ)」からきているという説が有力ですが、 キリには諸説があります。 中にはちょっと首をかしげるような説もありますが、代表的なものとしては下の3つがあります。 限り説• 十字架説• 花札説 ピンキリの語源ってこんなところから来てるの?と思いますね。 それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう! 1.限り説 日本語の「限り」からきているという説があります。 2.十字架説 ポルトガル語の「cruz」(十字架)」から 十を意味しているという説です。 天正カルタはトランプのように一から十二まで、4枚ずつの札がありました。 だから、最後は十二なのでこの説はつじつまが合ってないようです。 3.花札説 花札の絵は1月が松、12月が桐です。 最後ということで 12月の絵は桐なので、キリと言うようになったという説があります。 しかし、現在使われている花札は天正カルタよりずっと後の江戸時代中期にできたので、この説もあまりあてになりませんね。 ちなみに我が家では花札でよく遊びます。 役の中の「 花見で一杯」「 月見で一杯」など風流な言葉だと思いませんか? 遊び方はこちら「」をご覧ください。 でも、花札は賭けて遊ぶものだったので印象がとても悪いんですね。 だから、悪い遊びのように思っている人は大勢います。 子供の友達のママさんたちもその口なので、我が家では子どもには花札で遊んでいることは口止めにしています。 スポンサーリンク キリの語源で有力なのは、上記3つの1番目、日本語の「限り」です。 2番めの十字架説と3番めの花札説はちょっとこじつけ感があるようですねえ。 カードやサイコロで遊ぶ時はテンションが上がるので、そのような時にいろんな言葉が出てきて、そのままだったり言葉と言葉が組み合わさったりしたものがたくさんあると思われます。 ワイワイ言いながら、ポルトガル語のピンが出てきたり、日本語のキリが出てきたりして、丁々発止のやり取りをしている様子が目に浮かびます。 そのような中で生まれた言葉ではないかと個人的に思っています。 ピンからキリまでの言葉、上が「ピン」、下が「キリ」ということが分かりました。 最後にどのような意味合いがあるのか簡単に見ていきましょう! どんな意味合いがあるのか ピンからキリまではいろんな意味合いで使われます。 いいものから悪いものまで• 最高から最低まで• 高級品から低級品まで• 上質なものから悪質なものまで• 極上の品から最低の品まで• 価値の低いものから高いものまで• 下等なものから上等なものまで 使い方としては、例えば 「ダイヤだダイヤだと言っても、数万円の模造ダイヤから何億円もするダイヤまでピンからキリまであるからね」 「大卒っていっても、大学にもピンからキリまであるからなあ」 なんて、使われ方をします。 終わりに 「ピンキリ」の言葉は「ピンからキリまで」を略した言い方です。 最高から最低までの意味がありますが、どちらが上だったかなと迷う方もいらっしゃいます。 現在では、ピンが上でキリが下ですが、この言葉ができた時は反対で、キリが上でピンが下でした。 このように言葉はどんどん変化していきます。 現在も進行形の言葉として「 やばい」があります。 「やばい」のもともとの意味は盗人の仲間内言葉で「捕まるかも分からない、危険だ」などの意味を表していました。 現在は、若者たちの間で全く違う意味で使われています。 「このケーキ、なに?やばいね!」 「やべーっ!うまーっ!」 などのように、 感動やほめ言葉としてよく聞きます。 これからこのような使い方が、定着してくるのではないかと感じる今日この頃です。

次の