銀杏 食べ 過ぎ 死亡。 銀杏食べ過ぎ何個が目安対処は?死ぬこともあるの?

食べ過ぎは死に繋がる?〜銀杏の致死量

銀杏 食べ 過ぎ 死亡

イチョウの葉とぎんなんの実(「」より/Aomorikuma) 今年9月、『クローズアップ現代+』(NHK)が「急増!カフェイン 中毒 相次ぐ救急搬送 いま何が」という特集を放送して話題となった。 今、身の回りにはエナジードリンクや眠気防止の錠剤など、カフェイン入りの商品が増えている。 しかし、仕事のため、受験勉強のため……とカフェインを過剰摂取したことによって救急搬送される人が増えているというのだ。 なかには、死亡した人もいるという。 しかし、危険なのはカフェインだけではない。 日ごろ何気なく口にしている食品のなかにも、中毒症状を引き起こす成分が含まれていることがあるのだ。 ぎんなんの食べ過ぎで中毒死も その代表が、今が旬の銀杏( ぎんなん)だ。 塩で炒ったり揚げたりしたぎんなんは酒のつまみに最適で、スーパーマーケットには「揚げぎんなん」も売られているため、この時期に口にする人も多いだろう。 しかし、ぎんなんは古くから「年齢の数以上食べてはいけない」といわれるように、中毒性の高い食べ物として知られている。 「ぎんなんは、『ギンコトキシン』という、脳内の抑制性伝達物質であるGABA(ガンマ・アミノ酪酸)の生成を阻害する成分を持っています。 そのため、食べ過ぎると興奮状態に陥り、鼻血が出たり体が痙攣したりすることがあります」 そう話すのは、日本薬科大学教授の船山信次氏だ。 「過去には、41歳の女性がぎんなんを60個以上食べて救急搬送された例もあります。 『年齢の数以上食べてはいけない』という言い伝えは、まさに言い得て妙で正しいのです」(船山氏) 実際、食べ物が少なかった終戦直後には、子どもが升いっぱいのぎんなんを食べたことで中毒死する悲惨な例もあったという。 食べ物があふれている現代で同じことが起きる可能性は低いが、ぎんなんは少量でも危険性があるため、口にする際は十分注意すべきだという。 ゴボウの危険な保存方法とは? さらに身近で危険性が高いのが、ゴボウだ。 ゴボウそのものに健康被害を及ぼす危険性があるという話は聞いたことがない。 ただし、ゴボウは冷蔵庫で保存すると場所を取る上に鮮度が落ちてしまうため、昔から花壇などの土の中に埋めて保存する習慣がある。 「ゴボウに危険性があるわけではありません。 庭には『チョウセンアサガオ』というナス科の植物が生えることがあります。 チョウセンアサガオは冬になると、地上部花の部分がなくなって根だけが土中に残るのですが、このチョウセンアサガオの根は見た目がゴボウにそっくりなのです」(同) チョウセンアサガオの根にはアトロピンやスコポラミンという毒性のある成分が含まれており、口にすると「ろれつが回らなくなる」「うわごとを言う」「記憶が数日間飛んでしまう」などの症状が引き起こされることがあるという。 「過去には、チョウセンアサガオをゴボウと誤認して食べてしまった結果、中毒になってしまった例がいくつもあります。 また、奇妙な食中毒が発生した事例もあります」(同).

次の

銀杏を食べ過ぎた場合の症状はこれ!対処方法についてくわしく紹介

銀杏 食べ 過ぎ 死亡

サクっと読む 目次• 銀杏の食べ過ぎ 1日何個まで? 調べてみると、銀杏の食べすぎは本当に良くないです。 特に子供には、注意が必要です。 「銀杏は、5歳未満の幼児に与えてはいけない。 5歳以上の子にも、年の数以上与えてはいけない」 と言われています。 なんと、銀杏中毒というものがあるんです。 そして今まで、銀杏中毒の症状が出た70%が10歳未満の子供なんです。 子供は、特に中毒症状を引き起こしやすいですので注意して下さいね。 積極的に食べさせなきゃいけないものでもないし…。 大人は多くても40個以下、子供は7個以下、という事ですね。 ただしこの銀杏食中毒は、アレルギーなどとは違い、免疫で免れるものではありません。 銀杏中毒は、体調に左右されることが大きいです。 「一度食べて平気だったから大丈夫!」 と、いうものではないのです。 身体の状態によっては、5粒程度の少量でも症状が出ることがあります。 常識的に食べる量として、大人でも一日10個程度に留めておいた方が良さそうですね。 また、妊婦さんが銀杏を食べるとビタミンB6の働きが阻害されることにより、早産の危険性があるので、妊娠中の女性は銀杏を食べないよう注意しましょう。 子供に潰して少量食べさせる、とか、銀杏が入った食べ物を食べさせちゃった、くらいは、 まったく問題ありません。 大人も、銀杏を食べるときは• 一度にたくさん食べない• 少しでも継続して食べない という事を守ってください。 銀杏中毒の原因は? 実は、銀杏には4-O-メチルピリドキシンという成分が含まれています。 4-O-メチルピリドキシンは構造が、ビタミンB6に似ています。 そのためにビタミンB6と結合して、ビタミンB6本来の働きを邪魔してしまい、中毒の症状が起きるのです。 たくさん食べると、一時的にビタミンB6不足になります。 ビタミンB6は神経伝達を抑制する働きがあるGABAを作り出しているのですが、これを4-O-メチルピリドキシンが邪魔してしまうのです。 するとGABAが抑えていた神経伝達が抑制されず、中枢神経が異常を起こし、けいれん等が出てしまいます。 それが銀杏中毒の正体で、なにかの毒が作用する、というよりも、ビタミンB6欠乏により症状が出るのです。 スポンサーリンク 銀杏 食べ過ぎるどうなる? 銀杏を食べ過ぎた時の症状としては 主に 吐く、けいれんがあり、特にけいれんが何度もあることが多いです。 他にも• 顔が青くなる• 不整脈• 呼吸困難• めまい• ボーっとする• 足がふらふらする• 腹痛 なども起こすことがあります。 重い場合は「てんかん」とよく似た症状が出ます。 大量に食べてから、1~12時間ほどでこの症状が出ることがあります。 大抵は90時間以内(約半数は24時間以内)に回復はするそうですが、死亡例もあります。 個人差があって、大量に食べても症状が出ない人もいれば、少量で重症になる人も。 特に、戦後の食糧難の時に、食べるものがなくて栄養が偏っていた人が多いせいか、銀杏中毒の事故が多発していたそうです。 戦後の食糧のない時代に、戦争孤児が銀杏を食べすぎて死亡したケースもあるとか。 現代でも41歳の方が、60個以上の銀杏を食べて4時間後に緊急搬送された例があります。 そして中毒を起こしていても 「なんか鼻血がでた」 「なんか気持ち悪い」 くらいの認識で気づかなかった、という事も多いです。 銀杏を食べ過ぎた時の対処法 ご家庭で中毒を起こした場合、痙攣を誘うので、吐かせないでください。 意識がない場合はすぐ救急車を呼び、医療機関にかかってください。 意識があって、病院に行ける場合は、すぐ受診してください。 症状が一時的に治まっても、再び痙攣が起きることがあります。 銀杏中毒の症状が起こった場合、病院でビタミンB6製剤(ピリドキサールリン酸)を投与するのがもっとも有効だと言われています。 要はビタミンB不6足だからB6を投与すると治る、という事ですね。 医師でも銀杏中毒の判断がつかないこともありますので、銀杏を食べたことを伝えましょう。 ちなみに、銀杏の毒素は加熱処理をしても消えたり中和したりはしません。 美味しくても、食べすぎは注意です。 ぶれに注意!銀杏にはアレルギーも 実は銀杏には中毒の他にも気をつけなければいけないことがあります。 料理などで銀杏に手を触れるときに、かぶれが出ることがあります。 銀杏には「ギンゴール酸」というアレルギー物質が含まれています。 これが「銀杏皮膚炎」というかぶれを引き起こし、腫れや水疱などを発生させてしまいます。 症状はすぐではなく、1日~2日経ってから発生します。 銀杏に触れたら手を洗うこと• 敏感な方は直接触れないよう、手袋などを使用すること を心掛けましょう。 そして、マンゴーやカシューナッツといったウルシ科植物のアレルギーがある方は、銀杏のアレルギーも発症しやすいです。 アレルギーの症状として• 触った場合はかぶれ• 食べた場合は頭痛、嘔吐、腹痛 といった症状が出ます。 心当たりのある方は、お気を付けください。 まとめ 銀杏の食べ過ぎ危険!1日何個まで大丈夫?については、ご参考になったでしょうか。 お酒の席などでつい気が大きくなって、銀杏のおつまみを食べすぎないように。 また、子供には、食べ過ぎないように注意してあげて下さい。 銀杏中毒の症状が出てしまったら、慌てずに病院に受診しましょう。

次の

ぎんなんの食べ過ぎはキケン!何個までなら大丈夫?

銀杏 食べ 過ぎ 死亡

数年前の11月。 愛媛県松山市でその事件は起きた! 高校3年生のあやさんは、最近ちょっと自分の体形が気になっていたため、 ここ数日、夕食ぬきというダイエットをしていた。 慣れないダイエット... 空腹でお腹はなりっぱなし。 このままじゃ眠れない... あやさんはキッチンへ向かった。 すると、そこにいたのは晩酌中の父。 空腹に苦しむ娘に『あるもの』を勧めてくれた。 『これならカロリーも少な目っぽいし、きっと太らない』そう思ったあやさんは どんどん食べた。 そして、次の日も。 気に入っちゃったので、自分の部屋で食べまくった! しかし、食べはじめておよそ1時間後。 彼女に異変が。 なぜか焦点が合わず... めまいのような感覚が。 胃からものが逆流したみたいに気持ちが悪い。 そして、めまいと吐き気はひどくなっていく。 あやさんは朦朧とする意識の中で、必死で母親を呼んだ。 しかし母が来た時には、すでに口から泡を吹き、意識を失っていた。 すぐに病院へ運ばれたあやさん。 そして、この症状の原因は、父に勧められ沢山食べていたあの食べ物だと判明した! 謎の症状の原因はあの定番のおつまみ 恐ろしい症状を引き起こした原因は、酒の肴としても超メジャーな食べ物だった。 それはなんと銀杏!! あやさんは『銀杏中毒』と診断されたのだ。 銀杏を食べ過ぎると、銀杏に含まれる『メチルピリドキシン』という成分が 体内のビタミンB6の働きを邪魔する。 ビタミンB6が働けなくなると、嘔吐、下痢、呼吸困難などの症状が出て、 やがて、中枢神経に異常が。 そして、起こるのが痙攣。 痙攣を繰り返し起こすのが銀杏中毒の特徴なのだ。 すぐにあやさんに、ビタミンB6の点滴が投与された。 これが、銀杏中毒の最も効果的な治療法。 あやさんは、この点滴を一晩続け... 翌日には回復することができた。 銀杏中毒と診断され、命の危険もあったあやさん。 実はあやさん、あの日食べた銀杏の数はなんと2日で100個! 明らかな食べすぎだった! 当時あやさんはダイエット中だったが、 ダイエットをすると、ビタミンB6の摂取量が減ると考えられていて、 そうなれば、なおさら銀杏中毒になりやすくなるらしい。 稀にだが、死亡例も報告されている銀杏中毒。 どんなに美味しくても... 食べすぎにはご用心!

次の