りんどう湖ファミリー牧場 犬。 【2020年】那須りんどう湖レイクビューの割引券・クーポン・無料入園方法まとめ

犬と那須旅行記 その8:りんどう湖ファミリー牧場でアルパカさんとふれあってきた

りんどう湖ファミリー牧場 犬

この記事の目次• 家族で楽しめるりんどう湖ファミリー牧場 お天気もすっかり回復して晴れてきたところで、りんどう湖へGO! りんどう湖ファミリー牧場は、名前の通り家族みんなで楽しめるレジャースポットです。 牧場と遊園地が一体化したような感じで、犬も一緒に入れます! りんどう湖ファミリー牧場の入園料は通常の場合、大人1600円かかりますが、公式サイトの割引券を使うと乗物券がついてかなりお得になるので要チェック。 【公式サイト】 まずは入場口付近から乗れる遊覧船に乗りました。 犬も抱っこしていれば一緒に乗ることができます。 そのあとは、ゴーカートに乗ったり、メリーゴーランドに乗ったり、恐竜スタンプ迷路にチャレンジしたり。 ちびっこアスレチックエリアのところに、トランポリン+バンジージャンプみたいなアトラクションができていたので7歳児が挑戦。 ゴムひもで釣り上げられて、ジャンプするとかなりの高さに! 「し、しぬー!!」と怖がりながらも、相当たのしんでいる様子でしたw 小学3年生以上が対象で、わたしたちはやりませんでしたが、乗り物系でおそらく一番人気と思われるのが「 」というアトラクション。 湖の上をターザンみたいに空中滑空できます。 下から見てるだけでもコワイw 子供の遊具はもちろん、アーチェリーやパターゴルフ、サイクリングなど大人も充分に楽しめるアトラクションがいっぱいで、正直なところここまで期待してなかったです。 りんどう湖ファミリー牧場すごい。 いろいろ遊ぶにもかなりの体力が必要で、最後のほうはへろへろになってましたw いちご狩りもできる! 園内ではいちご狩りができるいちご園もありました。 実は今までいちご狩りというものをやったことがなかったので、初チャレンジしようと思ったら「本日は終了しました」とのこと。 いちごの量にも限りがあるので、1日に入れる人数にも限度があるみたいですね。 いちご狩りしたい人はできるだけ早めの時間に来たほうがいいかも。 乗り物や牧場以外にも、園内は広い公園のようになっていて、水蒸気が吹き出す広場があったり子供にとってパラダイスみたいなところでした。

次の

塩原温泉 観光スポット13選!牧場・キャンプ場・滝で自然を満喫!

りんどう湖ファミリー牧場 犬

那須高原にある 「那須りんどう湖LAKE VIEWレイクビュー」は、牧場で動物とのふれあい体験や、ジップライン、スイス鉄道、ペダルボートなどのアトラクションが楽しめるレジャーランドです。 りんどう湖ファミリー牧場から「りんどう湖レイクビュー」に名前を変え、ブッフェなどのレストランも充実、さらに楽しみ方が増えています。 牧場では人気者のアルパカやカピバラ、ジャージー牛にも会えて 乳搾り体験もできますよ。 りんどう湖のほとりの 「小さなスイス」をテーマにしている牧場パークで、自然の中で動物や乗り物、食事が存分に楽しめるのが魅力ですね! 「那須りんどう湖レイクビュー」は、 割引クーポンを利用するとお得な料金で入園できます。 ジップラインやゴーカート、遊覧船等の 乗り物やアトラクションは 別料金が必要です。 乗り物券綴り「とくとく乗り物券」を購入すると、割安になります。 とくとく乗り物券 共通2,800円(3,500円分) それぞれ必要な料金は違うので、詳細は公式サイトの料金表を確認してください。 身長や年齢の制限があるアトラクションもあります。 駐車場の利用は 「無料」です。 割引クーポンの入手先 「那須りんどう湖レイクビュー」の入園料は、割引サービスによって割引額が違います。 おもな入手先を紹介しますので、利用しやすいものを選んでみてください! 400円割引にするには 入園料を 400円割引にするには2つの方法があります。 このような料金になります。 会員証提示で5名まで割引が適用されます。 JAPANが提供する割引サービス「デイリーPlus」のクーポンで 大人400円割引になります。 (割引プラン公開期間:~2021年3月31日まで) クーポン1枚で5名まで割引が適用されます。 「デイリーPlus」は月額会員制ですが 《2ヶ月無料》でお試しできるのもメリットになっています。 100円割引にするには 100円割引にするには「公式サイト」の割引クーポンを入手します。 ソフトクリーム付き入園券クーポンもあります。 おすすめの割引サービスは? 一番お得なのが「400円割引」のサービスですが 「JAF」を利用している方は、会員証提示のみなのが嬉しいですね! 「デイリーPlus」は、どなたでも割引サービスを受けられるのがポイントですし、他にも遊園地やカラオケ映画などのレジャー施設の割引クーポンがたくさんあるのでオススメですよ! 《2ヶ月無料》お試し中でも制限なく使えますし、必要なければ解約がいつでもできるのも安心です。 同様の割引特典が制限なく使えて 月額324円で利用できます。 解約はいつでもできますし、キャリア決済も可能です。 docomoユーザーなら 《30日間無料》でお試しできますよ。 那須りんどう湖ロイヤルホテルに宿泊する 那須りんどう湖レイクビュー周辺のホテルには《園内レストラン・売店・ アトラクションで使える金券が付いた特別入園チケットセットプラン》や《那須ガーデンアウトレット商品引換券付宿泊プラン》があったりします。 「那須りんどう湖ロイヤルホテル」が一番利用しやすそうですが、他にも「サンバレー那須」や「ホテルニュー塩原」にもお得なチケット付きプランがありますよ。 ワンちゃんと一緒に泊まれるホテルもありますね!.

次の

【那須りんどう湖レイクビュー】牧場もアトラクションも湖ものんびり楽しめておすすめ

りんどう湖ファミリー牧場 犬

2回目の親子遠足 当日の朝。 埼玉県から那須りんどう湖レイクビューは少々遠いので出発が7時30分と早い。 余裕を見て6時ちょうどに起きた。 前日に準備は完了していたし、カメラの充電もばっちりだ。 水筒に娘の大好きなりんごジュースを注いで、いざ集合場所の保育園へ。 娘の機嫌もばっちりで、大型バスに乗り込んで時間通り出発となった。 那須りんどう湖レイクビューへのアクセスと園内マップ ストリートビューで、那須りんどう湖レイクビュー内の様子や施設を見られる(撮影は2012年10月時点)。 その場合は拡大地図を表示してから、お楽しみいただきたい。 rindo. イルミネーション開催時、16時以降入園料割引(大人1,000円、小人400円)• 15名以上は団体割引(大人1,000円、子供500円)• 障害者手帳ご持参の方50%OFF 保育園・保育所・幼稚園の団体割引あり 上記価格以外にも、学校料金というものがあり、遠足などでは通常より安い料金となっている。 本記事では保育園・保育所・幼稚園の団体割引のみを紹介するが、他にも小・中・高校生用や専門・大学生用の料金などがあるので、リンクを掲載しておく。 rindo. html 娘が実際に体験したアトラクションなど 乗り物や手作り体験、動物ふれあい体験など様々なアトラクションがある。 今回の遠足では、現地で集合写真を撮った後は自由行動だったので、好きなように組み立てができた。 娘は3歳になったばかりというのを考慮して、乗り物と動物とのふれあいを重視して計画した。 当日はうんちを漏らしてしまうなどのハプニングがあったが、5時間で様々なアトラクションに乗ったり、動物にふれあうことができた。 当日娘が体験したものを下記に紹介する。 メリーゴーランド 屋内遊園地やゲームセンターなどにある小さいものは乗せたことがあるが、大きい本格的なものは初体験。 rindo. html リンが隣の馬に座って、落ちないように見守りながらスタート。 ポールを両手でがっちりと掴む娘の姿が可愛い。 乗りながらビデオ撮影したので録画時間を見たら2分ちょい。 ジュニアサーキット 制限は3歳以上で、大人は乗ることができない。 娘は背が低いので、係員の方に年齢を聞かれたが紛れもなく3歳なので乗ることができた。 rindo. html ペダルボート 娘はまだペダルに足が届かないので、貸し出し時間の30分間をリン1人で漕ぐ。 途中大きい鯉が併走して泳いできたり、白鳥がボートの後をついてきたりで面白かった。 後日、両足が筋肉痛になるかと思っていたら、足がだるかったものの痛みはなく大丈夫だったので階段を這って昇り降りするという醜態を娘にさらさずに済んだ。 rindo. html 2017年10月10日以降、湖水工事実施の為、湖の水抜きが予定されている。 平常の水位に戻るのは2018年4月の予定。 工事期間中のボート・遊覧船は運休とのことなのでご注意を。 ちびっこ乗馬 乗馬体験は遠足に行く前から娘に是非体験させたかったアトラクションだが、娘が馬を怖がるんじゃないかという懸念があった。 何を隠そうリンは中学に上がるまで犬に触れなかった。 それに小学校低学年まで、着ぐるみと握手することができないほどの超ビビリだったからである。 そんな父親の血を分けた娘である。 小さいときに実家で飼っていた犬は凶暴で、鎖を何度もちぎってはリンに噛み付こうと追い掛け回されていたし、着ぐるみはデカイ無機質な目が怖かった。 リンの中ではピエロや日本人形などの目が怖いのと同じ理屈だった。 今は全然へっちゃらで、むしろ人間のほうが怖いくらいだ(笑 でもそんな心配は杞憂に終わった。 乗馬のところへ行くと、娘が一言。 「これやるー。 ぱかぱかのるー」 子どもと親が一緒に乗馬体験ができる【親子乗馬】は2歳までとなっていたので、3歳から体験できる【ちびっこ乗馬】に1人トライした。 1周500円。 rindo. html 絶好のカメラポイントでは、馬を引いているお兄さんがしばらく止めてくれるのでサービス満点である。 といいつつ、動画で撮ってしまったのでスナップショットを取り損ねていたのであった。 ふれあい動物園 10種類を超える動物が出迎えてくれる。 残念ながら全種類の動物に触れ合うことはできなかったが、馬・ミニホース・アルパカ・ひつじ・ヤギと触れ合った。 アルパカやミニホースのような、比較的大きな動物が素早く近づいてくると、柵から一時的に逃げてしまうものの、娘が泣いてしまうようなことはなかった。 rindo. html バンジートランポリン ぱっと見で娘にはまだ早いかなと思っていたのだが、まさかの一言。 rindo. html まじか。 アグレッシブだな。 制限が書いてある案内を見ると、 年齢3歳以上、体重50kg以下(体重計あり)と書いてある。 身長制限は特に書いていなかった。 列に並ぶ。 しばらくして、やっぱり怖くなったのか動物のいるほうへ行きたいと言い出したので、アルパカの元へ。 この時点で集合時間が近づいていた。 アトラクションはあと1つか2つかな。 アスレチックもいいかなとバンジートランポリンの横を通り過ぎようとしたところ、娘が言った。 「これやるー」 やっぱりやりたくなったのか。 1人5分くらいで1度に遊べるのは2名なので、他のアトラクションと比較すると待ち時間は長い。 怖くて泣いてしまい、途中で断念してしまう子もいて20分ほど待ったところでいよいよ娘の出番がきた。 期待と不安が入り混じる中、娘に器具が装着される。 その姿がこちら。 だんだん高い位置までいくので、最後は少し怖かったみたいだが、途中は笑顔を見せる余裕もみせてとうとうやりきってしまった。 すごい。 とくとく乗り物券 りんどう湖レイクビューにはとくとく乗り物券というチケットがある。 これは 2,800円(税込)で3,500円分の乗り物、アトラクションで遊べるというもので、券売機で引換券を購入した後、場内の各所にあるチケット売場で受け取ることができる。 とくとく乗り物券で遊べる乗り物、アトラクション• ロードトレイン• フロッグホッパー• ペダルボート(2、4、6人乗り)• ジュニアサーキット• メリーゴーランド• ジップライン(カックー)• スーパーゴーカート• ウルトラバギー• パターゴルフ• 目指せ!征服王• スイス鉄道• ちびっこ乗馬• きかんしゃトーマス• キッズジャンボスライダー• バンジートランポリン(土日祝日、GW、夏休みのみ稼働)• アーチェリー• バズーカ砲 那須りんどう湖レイクビューの施設など 食事処 娘とリンはりんどう湖レイクビューの中心部付近にある、時計台レストランで食事を取った。 12時半に行ったら、レジがそこそこ行列になっていた。 このまま並ぶより少し遊んでからまた来ようということで、1階の売店に降り入り口付近のガチャガチャを楽しむ。 100円玉がなかったので、自動販売機で飲み物を買ってお金をくずす。 ガチャガチャの近くに両替機があると便利なんだけど、と感じた。 1時過ぎになると、だいぶレジも席も空いて、ゆっくりと食事をすることができた。 食べたのはスパイシービーフカレーとフライドポテト。 お子様ランチもあったが、バスの中でお菓子と少し前にキティちゃんのポップコーンを食べてしまったので量を控えめにしたのだ。 娘の食べる量がもっと読めるか、自分で選べるようになったら、 次に来るときはステーキを食べようっと。 りんどう湖レイクビューには他にも食べるところがたくさんあるので、下に紹介するとともに公式ウェブサイトの食事関連のリンクを置いておこうと思う。 レストラン・軽食• ブッフェレストラン 驚(おどろき)• ステーキレストラン 烈火• 時計台レストラン• 湖畔のフードガーデン• ラビちゃんのヌードル屋• rindo. html 上記に紹介したもの以外でも、 ピザ・ソーセージ・クッキー・バターの手作り体験がある(手作りピザは受付が11:30までとなっているので注意)。 rindo. html トイレ 各所にトイレがあるので、トイレまでの距離の問題で困ることはない。 時計台付近では男性用のトイレにもおむつ替えができるベッドが置いてあったが、ふれあい動物園付近のトイレにはなかった。 女性用のトイレにはおむつ替えスペースがあるとパンフレットなどに記載されているので、特に問題はない。 だが、リンのような 父子家庭のみで利用する場合は、車いす用トイレをやむなく借りるなどしなければならないのでオムツがとれていない子を連れて行くときは注意が必要である。 最後に 去年は屋内施設が豊富だったのと、時期が台風で11月にずれたため室内でほぼ1日を過ごした親子遠足であった。 だが今年は天気にも恵まれ、気温も熱すぎず寒すぎず快適だったので太陽の光をいっぱいに浴びながら楽しむことができた。 広いので、さすがに今回の遠足だけでは全てを回ることができなかった。 でも、 手作り体験やアスレチックなどはもう少し大きくなってからの方が楽しめると思うし、栃木へは良く足を運ぶので、また行くこともあるだろう。 記事で紹介しきれなかったバーベキューやアトラクションも盛りだくさんだしイベントもおこなわれているので、何度行っても楽しめると思う。 rindo. html 那須・日光は年末年始は結構空いているし、意外と雪が少ないので個人的にかなりおすすめだ。 娘のたくましい成長を見ることができたし、明らかに去年よりも活動範囲が拡がっているところを見られたので大満足。 また1つ、娘との思い出が増えたのだった。 今回はここまで。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の