インター エデュ 日能研。 関西版(大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀、和歌山)|受験情報サイト インターエデュ・ドットコム

【中学受験】役に立つYoutube動画。オススメを紹介してみる【日能研・インターエデュ】

インター エデュ 日能研

インターエデュについて紹介したいと思います。 幼稚園・小学・中学・高校・大学の総合受験情報サイトの一つに、インターエデュ・ドットコムというサイトがあります。 どちらかと云うと、インターエデュ(inter-edu. )は、家庭教師の派遣・募集の紹介もありますけれど、受験情報に特化した総合サイトであり、最大の総合掲示板というスタンスでしょうか。 所謂、小学・中学・高校・大学の通信教育の大手や進学塾や教室を運営しているのではなく、それらの情報を紹介したり、超難関校や有名進学校の学校情報や、父兄のための掲示板、超難関校や有名進学校の過去問、年度別の最新入試情報を紹介しているサイトです 例えば、掲示板には、これから、我が子を有名私立校や難関校に入れようと思っている親御さんには大変参考に成る体験談なども多く紹介されています。 inter-edu. とても参考になります。 読者の皆さんにこの記事は参考になりましたでしょうか。 多くの秀逸な進学塾がある中で自身にあった自己の能力を最大限に引き出せる塾に出会う事を願ってやみません。 当サイトは微力ながら応援します。 又お会いしましょう。

次の

関西版(大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀、和歌山)|受験情報サイト インターエデュ・ドットコム

インター エデュ 日能研

インターエデュの情報によると、中学受験の世界において三大模試といわれるものがあります。 日能研公開模擬試験(日能研) 受験者数15,000人前後 首都圏模試(首都圏模試センター) 受験者数10,000人前後 合不合判定テスト(四谷大塚) 受験者数15,000人前後 首都圏の中学受験者がこぞって受験するといわれる三大模試。 この三大模試と言われるなかに サピックスの模試は入っていないのですよね。 難関中学への圧倒的な合格者数を誇るサピックスの模試はどうなのか? 歴史が浅いせいかもしれないけれど、これは意外と大きなポイントであると思われるのですが・・・。 サピックスのライバルは、日能研と四谷大塚なんだそうです。 同じ受験の合格を目指す塾同志、ライバルだ!と 火花を散らすのもどうかと思いますが、所詮生徒さんあっての塾経営。 これは、商売的には仕方のないことなのでしょうね。 日能研は、カリキュラムやテキストがしっかりしていると言われるのに対して、 サピックスは、毎回の授業でテキストが配られる。 プリントも大量に配られ、整理するだけでも相当な負担になるといわれています。 「システムの日能研」に対しては、「講師のカリスマ性が売りのサピックス」といわれ、 「予習の四谷大塚」に対しては「復習のSAPIX」 比較してみるとなかなか面白いですね。 何を基準に塾を選ぶのか、親御さんとしては迷うところでしょう。

次の

インターエデュ:日能研の評判

インター エデュ 日能研

進学塾で有名な サピックスですが、小学校1年生からのコースがあるのをご存知ですか? インターエデュで検索してみると色々な情報が出てきます。 そんなに小さい頃から進学塾に?と驚きますが、中身は意外と学習意欲を沸き立たせるような指導を中心に行われているようですね。 SAPIXでは、子供がもともと持っている「なぜ」「どうして」の疑問を大切にしているのですね。 子供たちの知的好奇心を引き出しながら、学んでいく、そんな知的体験イベントが「サピックス劇場」というものです。 この夏の「サピックス劇場」では、音や星、空気などに目を向け、小学校低学年の親子がいっしょに学びました。 まずは興味を持つこと、そこから体験してみること、感じてみること、感性を学ぶことによって学習に対する意欲や理解力が生まれてくるのだろうと思います。 しかしながら、自然に対する興味やなぜ?と思う好奇心などは十分自宅でも養われるものだと思うのです。 家庭での指導がままならなかったり、何をしたらよいのかわからな はありませんか? 家庭のなかで、で好奇心あふれる会話にあふれていたら、人様の手くぉを借りなくても立派に感性は育つと思うのですがいかがでしょうか。 ここの部分が子供の知能を伸ばすキーになるのだとしたらサピックスのようなところに手助けしてもらわないといけなくなるんでしょうね。 サピックスに関して知りたいことが出てきたので、 インターエデュのHPからサピックスにいってみました。 サピックスには普通の進学コースとして、小学部、中学部そして中高一貫校に通う子供のためのNEXUSというコースにわかれています。 有名国、私立の中学合格を目指すためには中学部で学びます。 NEXUSというクラスは、中高6年一貫校に通う中学1〜3年生が対象で、学校生活を大切にしながら、少人数制のクラスで、しっかりと6年後の大学受験に向けた学習をサポートしてくれるのだそうです。 それにしても、受験をして中学に入学してすぐに大学受験のためにまた勉強をしだすなんてすごいですよね。 なんだか可愛そうな気がするのは気のせい? 通信教育ピグマキッズくらぶ(対象:小1・2・3・4)というものもあって、思考力・記述力を重視するサピックスの小学校低学年指導のノウハウが凝縮された通信教育なのだそうです。 親子で楽しみながら学ぶオリジナルメソッドです。 国際部(対象:在外子女および帰国子女)というコースは、帰国子女の高校受験をサポートするためのクラスです。 海外添削指導やアメリカ・ヨーロッパ・東南アジア・オーストラリアで海外講演会も実施しているそうです。 帰国子女受験、普通受験など、受験一般、全てひっくるめてご指導いたしましょう。 というサピックス。 受験生の親にとっては心強い味方ですね! 最近 インターエデュなどで サピックスに関する情報を目にすることが多くなりました。 サピックスと他の進学塾との比較やサピックスの学習指導方法などに対する質問、相談がほとんどですね。 サピックスでよく聞くのは、塾の教材プリントが多すぎて全部をこなすのは大変だという話。 気を利かして選別しようにも、どれが重要か、どれを優先してやるのがいいのか、その見極めと選別が非常に難しいのだそうです。 現在ではそれら選別や見極めのためにサピックスと併用して、家庭教師や個別指導が大流行している実態もあるそうです。 塾のための塾?そんな話、驚いちゃいますよね。 しかし、家庭教師や個別指導の併用で成績があがったという体験談もネットにあふれているのですよね。 少子化によって一人の子供対してお金をかけられることや、学歴社会、勝ち組負け組みなどの言葉が氾濫して、お受験に拍車をかけるのだと思います。 挨拶のできない子供、片付けられない子供、跳び箱を飛べなかったり、すぐ骨を折ってしまったり、すぐキレたり、子供達が危うい時代になってきています。 お受験も確かに大切だけれど、小学生には小学生としてのやらなければならないことを、まず家庭でしっかりと身につけさせることも大事だと思う今日この頃です。 インターエデュの情報によると、中学受験の世界において三大模試といわれるものがあります。 日能研公開模擬試験(日能研) 受験者数15,000人前後 首都圏模試(首都圏模試センター) 受験者数10,000人前後 合不合判定テスト(四谷大塚) 受験者数15,000人前後 首都圏の中学受験者がこぞって受験するといわれる三大模試。 この三大模試と言われるなかに サピックスの模試は入っていないのですよね。 難関中学への圧倒的な合格者数を誇るサピックスの模試はどうなのか? 歴史が浅いせいかもしれないけれど、これは意外と大きなポイントであると思われるのですが・・・。 サピックスのライバルは、日能研と四谷大塚なんだそうです。 同じ受験の合格を目指す塾同志、ライバルだ!と火花を散らすのもどうかと思いますが、所詮生徒さんあっての塾経営。 これは、商売的には仕方のないことなのでしょうね。 日能研は、カリキュラムやテキストがしっかりしていると言われるのに対して、サピックスは、毎回の授業でテキストが配られる。 プリントも大量に配られ、整理するだけでも相当な負担になるといわれています。 「システムの日能研」に対しては、「講師のカリスマ性が売りのサピックス」といわれ、「予習の四谷大塚」に対しては「復習のSAPIX」 比較してみるとなかなか面白いですね。 何を基準に塾を選ぶのか、親御さんとしては迷うところでしょう。

次の