ポケモン ソード サーナイト。 サーナイト育成論

サーナイト育成論 : スカーフサーナイト[基本型]|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ソード サーナイト

ようやくをそれなりの確率で倒せるがまとまりました。 トップクラスの難敵、 剣盾マックスレイドバトルをソロで周回しているトレーナーにとって厄介な相手。 はそのうちの一体です。 今回は、そんなを「 それなりの確率で倒せる」ソロ用の紹介です。 使用は 使用するは です。 はがねタイプで、かつダイアース(味方全体特防アップ)を撃てる物理型という、対に理想的なです。 どちらのバージョンでもゲット可能で、育成しやすいこともグッド。 以前までの記事と同じく「 適当でもどうにかなる」をコンセプトに、無振り、も適当です。 以前までの記事に興味を持たれた方は、カテゴリーの「マックスレイドバトル」から見ることができます。 特性は3種ありますが、今回は特にどれも役に立つことはないのでお好みで。 技構成 順番が変ですが、とじしん以外使いません。 一応説明を入れておきます。 (ダイスチル) 非ックス時のメインウエポン。 わざレコード74で覚えられます。 バリア時にはダイスチルでバリアの上からダメージを与えてやりましょう。 じしん(ダイアース) 今回のメイン技。 ックス終了後は使用しないので自力で習得できるじしんでいいです。 ダイアースで味方の特防を上げ、全員の生存率を上げます。 波動で打ち消されてしまうことがありますが、それでも撃つ価値アリ。 自由枠 まず使いません。 何をしても上2つの技より優先する理由がなく、本当に自由枠です。 攻略 さて、の攻略に挑戦します。 厄介なのは、のようなハズレ枠を引かなかったとしても、 やのようにパーであっさり落ちる味方が多い点ですね。 ナゲキは全体攻撃ですぐに落ちますし、どう挑んでも運が絡むのは仕方ありません。 気を取り直して、1ターン目の技選択。 ックスし、ダイアースを選択します。 味方の特防が上がり、これで多少生存率が上がります。 はともかく。 2ターン目はバリアが張ってあるのでダイスチルを選択。 どうせ追加効果が発動しないなら少しでもダメージを与えてやれの精神です。 3ターン目はバリアが張っていたらダイスチル、張っていなければダイアースを選択。 この間もは容赦なく攻撃をしてきますが、が生き残るよう祈りましょう。 が3回落ちることはザラなので、その辺は割り切りましょう。 後は連打で。 いつものことですがゴリ押しでどうにかなりました。 結論 で勝てました。 仲間のが貧弱すぎるため、こちらがどれだけ強力なを用意しても無駄なことがある……というのが難点です。 没案(対になれるかわからない達) どうせなので、ここに至るまでに用意したも紹介しておきます。 かいでんぱで特攻を下げる前回のと同じ作戦でしたが、あまりうまくいきませんでした。 1ターン目にかいでんぱ使用のため、ックスするタイミングを失うデメリットが大きかったです。 で味方を守る作戦。 リフレクターやは、相手の波動で打ち消されないため有効かと思いきや、 と同じくックスのタイミングを失うのが大きく、採用には至りませんでした。 どちらも「勝てないことはない」ですが、まぁ、はい。 微妙です。 振ってないので火力ないですしね(特に)。 さて、今回はこの辺で。 また次回の更新でお会いしましょう。 hinata-nagare.

次の

【ポケモン剣盾】キルリアの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポケモン ソード サーナイト

《サーナイトVMAX》をバックアップするHP回復カードです。 《マオ&スイレン》は《ポケモンいれかえ》の効果と同時に、HPを「120」回復することが出来ます。 《サーナイトVMAX》の『ダイキュアー』を合わせれば合計「170」HPを回復することになるので、半端な攻撃は完全に回復してしまいます。 耐久戦を仕掛けるときは《マオ&スイレン》を軸にして戦っていきます。 新カード《妖しいカンヅメ》は、超エネルギー1つを使ってHPを「80」回復させるグッズです。 《すごいキズぐすり》とは違ってエネルギー1枚で回復できるので、手軽に使用することが出来ます。 ただし、エネルギーを使うことに変わりはないので、手張りするためのエネルギーを手札に持っておきましょう。 どちらかというと優勢な盤面を更に万全なものにする為のカードです。 《ホラー超エネルギー》 耐久力のある《サーナイトVMAX》と相性のよい特殊エネルギー。 ワザを受ければ受ける程、相手のHPを削りに行くことが出来ます。 『ダイキュアー』のダメージは高いという程でもない為、火力補助という点でも是非採用しておきたいカードです。 複数付ければその分だけ乗せるダメカンも増えるのがおいしい。 【サーナイトVMAX】のサンプルデッキ デッキレシピ 今回は人気のデッキである【ドラパルトVMAX】の構築ノウハウを元にデッキを作成してみました。 ポケモンは違えど、耐久しながら戦っていくという点では似通った部分があると感じたためです。 それでは構築のポイントを何点か説明していきます。 使用者がまだまだ多い現状では、対策手段は持っておきたいです。 そこで【三神ザシアン】対策として、《クラッシュハンマー》と《ウィークガードエネルギー》で1枚ずつ投入しています。 《クラッシュハンマー》は《基本水エネルギー》や《オーロラエネルギー》を破壊しに行きます。 運次第ではありますが、成功すれば『オルタージェネシスGX』を撃つプランを崩しにいくことも可能です。 《ウィークガードエネルギー》は《サーナイトVMAX》に付けることによって、弱点をなくし、《ザシアンV》の攻撃を耐えられるようにします。 3ターン目に確実に《サーナイトVMAX》の『ダイキュアー』が打ち込めるように盤面を整えていきましょう。 《ジラーチ》の特性『ねがいぼし』や《デデンネGX》の特性『デデチェンジ』でデッキを回していきましょう。 サポートも《博士の研究》が4枚、《マリィ》を3枚採用しているので、何もサーチやドローが出来ずに番を終わることはほとんどないと思います。 2ターン目に攻撃を受けていてもダメージが大きくなければ『ダイキュアー』の効果で回復できます。 また、《サーナイトVMAX》に付ける「ポケモンのどうぐ」は《大きなおまもり》と《ビッグパラソル》があります。 どちらも優秀なので、相手のデッキに合わせて付けるどうぐを変えていきましょう。 基本的には《大きなおまもり》を付けて、ダメカンばら撒きを警戒するなら《ビッグパラソル》を付けると良いです。 1ターンで「190」ダメージを回復することは十分現実的です。 こちらは毎ターン「180」ダメージを刻み、勝利を手にしましょう! 【サーナイトVMAX】の強い点・弱い点 強い点:強大なHPをものにいわせた耐久力! HPが高い「ポケモンVMAX」に回復効果を持ったワザ。 この圧倒的な耐久力こそ《サーナイトVMAX》の強みです。 生半可な攻撃は意味をなさず、《マオ&スイレン》との組み合わせで中程度の火力も無力化します。 対して《サーナイトVMAX》は安定して「180」ダメージを刻みにいけるため、相手を上手くコントロールしつつじっくりと攻めることが出来ます。 ミラーマッチ?多分不毛な戦いになるでしょうなぁ… 弱い点:《ザシアンV》《リザードンVMAX》は厳しい 《サーナイトVMAX》の弱点を突ける鋼タイプポケモン、特に数の多い《ザシアンV》は天敵です。 『ブレイブキャリバー』でお手軽に一刀両断されてしまいます。 《ウィークガードエネルギー》を付けても安心は出来ません。 HPを「150」以上回復することが出来なければ、2回目の攻撃で倒されてしまうからです。 《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の『オルタージェネシスGX』が適用されていると要求値はさらに上がります。 一撃で「300」ダメージを与える《リザードンVMAX》も厳しい所です。 『キョダイゴクエン』を連発されれば、回復していようが2回目の攻撃で倒されてしまいます。 これらポケモンに対抗するには《大きなおまもり》も付けて、なおかつ回復手段をキープしておくという動きが必要になります。

次の

【ポケモンGO】サーナイトのおすすめ技と最大CP&弱点

ポケモン ソード サーナイト

「こだわりスカーフ」を持つことで殆どのポケモンから先手を取りながら、相手のタイプに対して弱点か等倍の技で大ダメージを与えて戦います。 岩や鋼タイプへの打点になるものの、命中が不安定なのが難点。 ドリュウズを1撃で落としたい場合。 水や飛行タイプへの打点。 元の威力も高めのためそこそこの火力になる。 技の通りがいいゴーストタイプの技。 無効や半減のタイプはフェアリーで対応できるため使いやすい。 岩や水タイプへの打点。 ヌオーやトリトドンを狙い撃ちできるのも利点。 壁貼りサポート型 性格 ずぶとい 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP175-防御128-特攻145-特防135-素早さ101 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 実数値は理想個体で計算し、不要ヶ所は省略しています 多彩な補助技を活用して、控えにいるアタッカーが活躍できる環境を作るサポート型です。 「リフレクター」などの壁技や状態異常の付与技など、起点を作るにあたって非常に選択肢が多いため、活躍させたいポケモンに合わせて技を選びましょう。 悪タイプに無効にされるため、ムーンフォースより使いにくい場面は多い。 状態異常技の候補。 物理アタッカーの火力を落としたり受けポケモンへのダメージソースになったりと、活躍の場面は多い。 状態異常技の候補。 地面タイプには無効だが、素早さ低下と確率での行動不能は起点にしやすいのが利点。 自己退場技。 今作から発動タイミングが変わり、HPが減少しているor状態異常のポケモンが出てきた時に発動する。 交換のタイミングが重要になる。 使用後、次の自分の行動までに倒された時に相手も戦闘不能にできる。 ダイマックス時は無効になるため、タイミングが重要。 変化技を封じる技。 受けポケモンのほとんどから先手を取れるため、行動を停止させやすい。 サーナイトの役割と立ち回り 多彩な技で戦う 「サーナイト」は、特殊アタッカーとして立ち回りやすい様々なタイプの特殊技を覚えるポケモンです。 同時に、サポーターとしての補助技も豊富なため、非常に幅広い役割を担うことができます。 自分のパーティに合わせた役割にすることが、非常に重要なポケモンです。 サーナイトの対策 物理アタッカーで弱点を突こう 「サーナイト」は特防の種族値は高いものの、HPや防御の種族値はあまり高くありません。 そのため弱点タイプの物理技で攻撃すると、大ダメージを与えて一気に倒し切る事ができます。 鋼タイプが強力な物理技が多いためおすすめです。

次の