目の下 の たるみ エクササイズ。 目の下のたるみを改善したいならエクササイズ

目の下のたるみを取りたい!老け顔No.1を治す美顔器とエクササイズのすすめ|美顔器のおすすめ

目の下 の たるみ エクササイズ

加齢による眼輪筋の筋力低下• 目の周りの乾燥• パソコンやスマホなどでの目の酷使• コラーゲンやヒアルロン酸の減少による肌自体の衰え• 洗顔時などの摩擦 いかがでしょうか? こららに当てはまる数が多いほど改善していくことが大事です。 目の周りの筋肉である眼輪筋が加齢とともに衰えてくると、目の下に影が現れます。 これが、顔を老けてみせてしまうたるみの主な原因です。 40代以降の方は、この嫌な影に悩んでいるケースも多いですね。 ですが原因は加齢だけではありません。 欧米人と比べると 日本人は表情が乏しく、まぶたの脂肪を支える筋肉を動かすことが少ないので、目の周りの筋肉が衰えやすくなっています。 また、紫外線などによる乾燥も原因のひとつです。 まず目元の皮膚が乾燥すると、角層が厚くなって肌のしなやかさが失われます。 最初は小じわ、次に深いしわ、最後に目の下のたるみとなって現れます。 さらに、パソコンやスマホの使い過ぎなども、目元の老化の原因として挙げられます。 目元のたるみ解消エクササイズ 目元のたるみを解消するには、 目の周りの眼輪筋をしっかり鍛えてあげることが大切です。 この筋肉を鍛えることで、 目の下の組織が強くなり、飛び出してしまっている脂肪を元に戻すことができます。 ここでは、目の下の筋肉を直接鍛える方法を紹介します。 このほかにも、目の端を支えて視線を上下する方法もありますが、 おでこにしわを作ってしまう原因にもなるので、こちらの方法を試してみてください。 力まずにやることで、しわも最小限にできます。 1回1分以内でできるエクササイズなので、試してみる価値アリですよ。 目の下のたるみ解消エクササイズのやり方(所要時間1分以内) step 1眼輪筋を確認し、指を骨にのせる 目の下を触ると、骨があると思います。 ここに眼輪筋が通っているので、瞼を開けたり閉じたりして動いている場所を確認してください。 眼輪筋がどこにあるかわかったら、指を骨にそっとのせます。 step 2指はそのままで目を細める 視力の悪い方が焦点を合わせる感じで、目を細めてみてください。 そのまま1回30秒を目安にキープします。 このエクササイズは、 疲れない限り1日に何度やっても大丈夫ですが疲れたときなどに1日3,4回くらいがいいと思います。 ぎゅっとまばたきするエクササイズ もうひとつの簡単にできるエクササイズがこちら。 ホットタオルで目の周りの血行を良くする• 眉の上を人差し指で押さえ、上目遣いでまばたきを30回する• 目を閉じて5秒、目を開けて5秒キープをそれぞれ5回行う これを朝と夜にメイク前やお風呂の中でやるようにすると、習慣づけられますよ。 眼輪筋が鍛えられて、目のまわりがすっきりとします。 目元の老廃物を排出するツボ押しマッサージ エクササイズだけではなく、ツボ押しマッサージもたるみ対策には効果的です。 ツボを刺激することで、目の周りの老廃物の排出が促されて、たるみを目立たなくすることができます。 エクササイズをする時間がなかなか無いという人でも、ツボ押しは気が付いたときに手軽にできるのでおススメです。 黒目の真下と目尻のちょうど中間にある、目の下側の骨にあるツボ。 指で触ると、ごく小さなくぼみがある部分です。 血行やリンパの流れを促し、たるみやクマを改善すると言われているツボです。 小指で撫でるイメージでやさしく刺激していきます。 力の入れ過ぎは、たるみを悪化させてしまう原因にもなるので、注意してください。 目の下のたるみ解消エクササイズは3ヶ月で効果アリ これらのエクササイズを続けて、 たるみが解消するまでの期間は、筋肉の生まれ変わりのサイクルである「3ヶ月」と言われています。 たるみの程度や年齢、肌質などによってもちろん個人差はありますが、毎日諦めずに取り組んでいくことが大切です。 お風呂に入っているときにやってみるなど、 トレーニングを習慣づけてしまうことがたるみ解消への道ですよ。 また、効果があったからといってトレーニングを止めてしまうと、時間が経つとまた目元はたるんできてしまうので、毎日続けていきましょう。 表情筋トレーニングをする際の注意点 次に挙げるいくつかの注意点を守って、表情筋トレーニングをおこなってください。 たるみのケアをするつもりが逆に酷くなってしまったということが無いように、必ず守ってくださいね。 トレーニング前には保湿をする 皮膚が乾燥していると肌に摩擦が生じることもあるので、 必ずクリームなどでしっかり保湿をしてからトレーニングをおこなうようにしてください。 また、コンタクトレンズを使っている方は、眼輪筋のトレーニングをすると乾き目を感じることがあります。 乾き目が気になる場合は、コンタクトレンズを外してからおこなってください。 鏡を見ながらチェックする せっかくのトレーニングも、間違った部分を動かしたり、余計な部分に力が入ってしまったりすると逆効果になってしまいます。 トレーニングの際には、鏡を見ながら筋肉の動きをチェックすることをお忘れなく。 筋肉が左右非対称に動いてしまう場合は、鏡を見ながら均等に動くように工夫してみてください。 また、筋肉を動かしたときにしわができてしまう場合は、しわを指で軽く押さえながらおこなうと良いです。 痛みや違和感、疲れを感じたら休む 表情筋トレーニングの際に、痛みや腫れ、痙攣などの違和感があったら、無理せずすぐに休みましょう。 また、疲れているときに無理にトレーニングをすると、頭痛や肩こりの原因にもなってしまうので、この場合もトレーニングはお休みしたほうが良いでしょう。 目の下のたるみを改善する日常生活の注意点 普段無意識にしている行動が、目の下のたるみの原因にもなっている場合もあります。 知らず知らずにやっていることが、たるみの原因になっていまっていたら怖いですよね。 手遅れになる前に、どんな生活習慣がNGなのか確認してみましょう。 無表情な生活をしている 目の下のたるみは、普段から無表情な人に起こりやすい症状です。 逆に、いつも表情豊かな人は、たるみが起こりにくくなっています。 日ごろから笑顔でいることで、周りからの印象が良くなるだけではなく、目の下のたるみも解消できますよ。 目の周りに刺激を与えている アイライナーやマスカラなどの化粧品を落とす際に力を加えていませんか? また、コンタクトレンズを装着したり外したりするときに、目元の皮膚を引っ張っていませんか? 目の周りの皮膚はとても薄いので、こういった物理的な刺激には非常に敏感です。 目の周りに刺激を与えることは、目の下のたるみを直接促進してしまいます。 また、洗浄力の強いクレンジングにも注意が必要です。 乾燥を引き起こし、たるみの原因になってしまいます。 クレンジングは洗浄力がマイルドなものを使ったり、保湿効果のあるものを選んだりするようにしましょう。 慢性的な睡眠不足 慢性的な 睡眠不足は、目の下のたるみに悪いだけではなく、体全体を老化させてしまいます。 睡眠不足が続くと、血糖値の上昇や高血糖をもたらす「コルチゾール」というホルモンを過剰に分泌させます。 血糖値の急な上昇は「糖化」を招き、体全体の老化を引き起こします。 睡眠は細胞の修復をおこなう大切な時間です。 目の下のたるみを解消させるためだけではなく、健康と美容のためにも十分な睡眠をとるようにしましょう。 血糖値を急上昇させる食生活に注意 睡眠不足とともに、 血糖値を急上昇させる食生活もたるみや老化の原因になります。 このような食生活は、細胞レベルで老化を促進するからです。 GI値の低い食品から食事をすることを心掛けると、血糖値の急な上昇を防ぐことができます。 一般に、GI値の低い食品には野菜が挙げられます。 野菜、主菜、主食の順に食事をする習慣をつけましょう。 また、白っぽい食材よりも黒い食材のほうが、GI値は低いとされています。 主食に蕎麦を取り入れたり、白砂糖よりも黒糖を使ったりするなど、無理なダイエットではなく食材を工夫してみるのも良いかもしれませんね。 過度なストレスには気分転換を 生活にリズムを与えるためにも適度なストレスは必要ですが、 過度なストレスは体内に活性酸素を大量発生させる原因にもなります。 活性酸素は、老化の原因とも言われており、シミやたるみを引き起こしほうれい線の原因にもなります。 なかなかストレスは避けにくいものですが、日常生活にヨガなどの運動を取り入れてみたり、音楽を聴いてみたりすることで若々しい心と体を保ちましょう。 目の下のたるみにおススメのアイクリーム 目元やまぶたのたるみには、アイクリームを使ったお手入れが効果的です。 アイクリームは、加齢とともに減少していくコラーゲンやエラスチンを増やす効果のある成分が含まれているものを選びましょう。 また、たるみ解消には保湿も必要なので、目元の乾燥が気になる方は保湿成分を含んだものを選ぶようにしたいですね。 EYE KIRARA(アイキララ) 価格:3218円 (税込) 容量:10g(1ヶ月使用目安) MGAという ビタミンC誘導体がコラーゲンを活性化し、目の下をふっくらとさせます。 ビタミンC誘導体は、肌の再生能力を高めることでも知られている成分です。 目の下のケアのために開発されたハロキシルと、ビタミンK含有原料を含んだKコンプレックスも配合。 目のくまやくすみなどにも効果的なアイテムなので、本気で目元ケアをしたい人にはおススメです。 アテニア アイエクストラセラム 価格:3291円 (税込) 容量:15g(1ヶ月使用目安) 年齢とともに毛細血管が減少する「目元のゴースト地帯化」に注目した美容液。 うるおいとハリを与える成分である「セイヨウキズタエキス」と「コメヌカ油」が配合されており、まぶた、目の下、目尻に対して働き、ハリのある目元を実現します。 コクのあるクリームタイプの目元美容液なので、うるおいも満点。 高品質なのに、価格がお手頃なのもうれしいポイントです。 A アイゾーンクリーム 価格: 19,440円 (税込) 容量:26g (2ヶ月使用目安) 肌本来の力に着目した「バイオアクティブ理論」に基づいた、ポーラの最高級エイジングケアラインであるB. アイゾーンクリームは 独自の保湿成分「月桃葉BAリキッド」「アケビ茎エキス」を配合した濃密なコクのあるクリームで、肌を引き上げるような密着感が特徴です。 3段階に感触が変化しながら、角層まで成分がしっかりと浸透していきます。 うるおいのある立体的な目元を実現できると評判のクリームです。 目の下のたるみをメイクで撃退! コンシーラー 目元のたるみを上手に隠すには、コンシーラーを使いこなすことが重要になってきます。 たるみだけではなくクマも併発している方は、コンシーラーの色をクマのタイプによって補色になるものを選ぶと、よりキレイな仕上がりになります。 目元のたるみの影が原因の黒クマは、ツヤを重視してパール感のあるコンシーラーを選んでください。 色は控えめなベージュがおススメです。 あまり明るい色を選んでしまうと、そこだけ白っぽくなって浮いて見えてしまいます。 目元の皮膚はとても薄く、デリケートなので、コンシーラーを塗るときは少量で力を入れずに伸ばしてください。 ファンデーション しわによるひび割れが目立ってしまうパウダーファンデーションよりも、クリームやリキッドなどの液状タイプのファンデーションを選びましょう。 ファンデーションの質感は、 パール系のものよりもマット系を選ぶのがコツです。 全体の印象に柔らかさが出て、目の下のたるみを目立たせません。 塗り方にも一工夫を。 全体的に厚塗りするのではなく、顔全体に薄く塗った後に、気になる部分だけを重ねるようにしてください。 厚塗りは顔の陰影を濃くし、たるみをさらに目立たせてしまうのでNGです。 ハイライト メイクの仕上げに、ハイライト用のコンシーラーを使ってたるみの影をなくしていきましょう。 ハイライトを塗る部分は、たるみの下の影になっているところです。 たるみ自体にハイライトを乗せると、余計に目立ってしまうので気をつけてください。 また、目の下だけにハイライトを入れると、そこだけ浮いて見えるので、おでこや頬の高い位置にも入れましょう。 統一感のあるメイクが完成します。 最後にフェイスパウダーを塗ることで、アイメイクも崩れにくくなりますよ。 美容クリニックで目の下のたるみを改善する方法 日常生活で気を付けるポイントや、自分でできるエクササイズを紹介しましたが、美容クリニックではどんなケアがあるのでしょうか? 自分でするケアとは違って、美容クリニックでの治療は即効性があるだけに気になっている人も多いはず。 ここでは、美容クリニックでの治療法を参考までにまとめてみました。 施術を受ける場合は、事前に医師としっかりと相談し、メリットとデメリットを把握するようにしてください。 ヒアルロン酸注入 たるみの影の部分にヒアルロン酸ゲルを注入し、その症状を改善する方法。 たるみそのものを無くすわけではなく、影になっている部分をふっくらとさせます。 費用は注入する量によって異なりますが、相場は注射器1本分(1㏄)で6~8万円ほど。 施術時間は10分程度です。 ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうため効果は永続的ではなく、半年~1年程度となっています。 下眼瞼切開 加齢や重力によって落ちてしまった筋肉で、 たるんだ目元の余分な皮膚のたるみをメスで切除する手術。 40代以降のたるみには、たるんだ皮膚を切り取り、眼窩脂肪を凹みに移動して目の周りの筋肉を引き上げるハムラ法と呼ばれる手法が使われます。 施術時間は30分程度で、強い痛みは1~2週間続き、抜糸をしてからメイクが可能になります。 費用相場は、30~40万円ほど。 ACR(PRP)療法 ACR(PRP)療法は、血小板による傷を治す性質を利用して、 顔の皮膚細胞を再生して若返りを図る方法です。 使用する血小板は自分自身のものを利用するため、アレルギーや副作用が無いというメリットがあります。 大まかな痛みは数時間で改善します。 気になる効果は1年~3年程度。 費用は、顔全体で20万円ほどが相場となっています。 まとめ 目の下のたるみを解消するエクササイズはいかがでしたか? 一日数分の簡単なエクササイズを続けるだけで、長期的な若返り効果がありますよ。 毎日のお手入れに取り入れて、たるみを解消していきたいですね。 また、 表情豊かな生活を送ることも、目の下のたるみをなくすためは大切です。 笑顔あふれる毎日は、たるみを解決してくれるだけではなく、周りも明るい気持ちにさせてくれます。

次の

【医師監修】目の下のたるみのふくらみタイプの原因と対策方法とは?|目の下のたるみ研修室

目の下 の たるみ エクササイズ

目の下のたるみをとる方法を伝授! 一気に見た目年齢を上げてしまう目の下のたるみ。 目の周りは人と会話する時でも一番見られる部分ゆえ、たるみがあると気になって会話に集中できませんよね。 そこでこの記事では普段からできる目の下のたるみを取る方法を3つご紹介。 ぜひ実践して目の下のたるみを解消してくださいね。 目の下のたるみができてしまう原因 目の周りは顔の他の場所に比べて特に皮膚が薄く、たるみが出やすい場所です。 また構造上シワもできやすく、加齢によって深く刻まれたり、肌乾燥や紫外線、高齢化によってハリ・弾力が低下したるみが促進されます。 また、眼球を支えている『眼輪筋』という筋肉もたるみに大きく影響します。 目の乾燥や血行不良、また現代ではスマホやパソコンのしすぎで、まばたきの回数が減ってしまっていると言われています。 こうしたコリ固まりやすい目の周りの筋肉は定期的にマッサージをすることで血行を上げることが大切です。 原因を知っておくことで適切な対処法がわかりますので、まず最初にチェックしておきましょう。 まずは老化による目の下のたるみ。 目の周りの筋肉が衰えることが主な原因です。 顔は表情筋というたくさんの筋肉でできていますが、年とともに筋肉は衰え、脂肪がつき、その肉が重力に負けることでたるみになります。 また、皮膚の内部にあるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が減少し肌にうるおいをキープする力が失われ、ハリや弾力が衰えてくることも原因のひとつです。 次に、まばたきの減少もたるみの原因となります。 近年はパソコンやスマホで作業している時間が増加していますよね。 画面を見ていると自分では気づかないうちにまばたきが減り、目の周りの筋肉が衰えています。 すると、前述したように、衰えた筋肉や脂肪がたるみの原因になってしまいます。 また、目の下にある脂肪「眼窩脂肪(がんかしぼう)」がふくらみ、目の下に大きなたるみを作っているケースもあります。 眼窩脂肪の圧により下まぶたが押し出されて、目の下に立体的なクマができたような状態になります。 目の周りの筋肉の衰えによる目の下のたるみは、目の周りにある「眼輪筋」や、下まぶたを鍛えるエクササイズを行うことでたるみの解消につながります。 血行がよくなる入浴中や、お風呂から出た後に行うと良いでしょう。 眼輪筋を鍛えるエクササイズ 1. まずは目を軽く閉じる 2. ゆっくりと目をギューっと閉じ、5秒キープ 3. 少しずつ目の力を抜き、今度は逆に眉尾を上げて目をできるだけ大きく開き5秒キープ 4. ゆっくりと戻す 下まぶたを鍛えるエクササイズ 1. 人差し指か中指を眉毛の上に置いて固定する 2. そのまま眉毛をゆっくりと上げ、指は上がる眉毛に対抗して下に抑えるようにして動かさない 3. 上まぶたが伸びきった位置で5秒間キープ 4. ツボ押しは外出時の移動中やテレビを見ながらでも行いやすいので、ぜひ気軽に始めてみてください。 目の下のたるみに良いツボは意外とたくさんあります。 眼精疲労にも良いので、ぜひ覚えて押してみてくださいね。 球後(きゅうご) 「球後」(きゅうご)は、黒目の真下と目尻の中央にあるツボ。 目の周りの骨のふちを触っていくと、球後の位置でわずかにくぼみがあるのですぐにわかります。 このツボは、目の周りの血液、リンパを流し、むくみを取ってくれます。 むくみは目の下のたるみにつながりますので、お酒を飲んだ日や生理前などむくみやすい時にも使ってみてください。 眼精疲労にも良いので、長時間のパソコン作業などで疲れたときに押すと目の疲労がすっきりとしますよ。 ただし、球後は皮膚が薄くデリケートなので、小指を使って優しく押すようにしましょう。 瞳子りょう 「瞳子りょう」(どうしりょう)は、目尻から親指の半分ほど外側にある小さなくぼみが目印のツボです。 このツボは、体液の流れを整えるツボなので、目の周りの血行を促進、たるみやクマを解消してくれます。 中指を使って押していきましょう。 血行を良くしてくれるので、顔がくすむ夕方に押すのがおすすめ。 目尻のシワにも良いですよ。 魚腰 「魚腰」(ぎょよう)は、眉毛の真ん中あたりのくぼみにあるツボ。 骨のふちではなく眉毛の上にあります。 ちょうど黒目の真上にあるので見つけやすいでしょう。 ここは、眼精疲労がある人は押すと痛みを感じる場所。 強く押しすぎないように注意しながら刺激しましょう。 パソコンやスマホのブルーライトや紫外線による影響で充血した目は、むくみ、たるみのある目に良いツボです。 承泣 「承泣」(しょうきゅう)は黒目の中心部から真下にある下まぶたにあるツボ。 骨のふちにあります。 目の周辺の血行を促進するとともに、疲れ目に即効性のあるツボです。 目を酷使した日に押してあげると良いでしょう。 皮膚が薄くデリケートな場所なので小指を使って、優しく押します。 四白 人差し指で押す 「四白」(しはく)は、「承泣」(しょうきゅう)から親指の太さ分だけ下に下がったところにあるツボです。 少しくぼんでいるのが特徴です。 目の周りや顔がむくんでいると押したときに痛みを感じるかもしれません。 人差し指を使って少しずつ優しく押していきましょう。 目の下のたるみだけではなく、目の下のクマ、色素沈着に良い上、顔全体をひきしめるので小顔も期待できます。 ヒアルロン酸は、注入した部分がふっくらとするので、たるみにより陥没してしまった部分に注入することで、たるみ部分との凹凸がなくなり、クマやたるみが目立たなくなります。 さらに、ふっくらとハリのある目元は若々しく見えるというメリットもあります。 ヒアルロン酸の注射は、1本1ccから販売しており、製造会社によって膨らみ方や柔らかさなどに差があります。 価格は約20000円~が相場ですが、製剤によって異なります。 痛みに弱い方はクリーム麻酔等を用いて注射し、15分~30分程度で施術は終了、数時間後にはメイクができる場合も多くあり、美容手術が初めての方にも受けやすいといえるでしょう。 ヒアルロン酸は、私たち人間の体内に存在する成分であるため、アレルギーやアナフィラキシーショックの心配はほぼないのはメリットの一つ。 腫れや赤みがでるダウンタイムもほとんどないといわれています。 ただし、施術を行ってから2~3日は様子をみる必要はあります。 持続期間は場所や製剤によって異なりますが約数か月~半年が一般的。 半年ほど経過するとヒアルロン酸が全て体内に吸収され、元に戻ります。 また、目の下の皮膚は大変薄く、毛細血管もたくさん存在しますので、ほかの部位よりは内出血の可能性が高いことも理解しておく必要があります。 内出血が起きてしまうと色素沈着が起こってしまうことも。 施術後のアイシングをしっかりと行うことで予防できますので、医師と相談しながらケアを怠らないようにしてください。

次の

目の下のたるみ 解消 目の下のたるみを取る運動 エクササイズ

目の下 の たるみ エクササイズ

・目を擦ったりする刺激によって色素沈着してしまった「茶クマ」 ・睡眠不足などにより血行不良が起こってしまっている「青クマ」 ・肌のたるみが原因の「黒クマ」 「黒クマ」と呼ばれているクマが肌のたるみによって起こったものです。 目じりを軽く引っ張った時にクマ自体が薄くなったら、それは目の下がたるんでしまっている証拠です。 目の下がたるんでしまう原因 目の下がたるんでしまう原因を思い浮かべた時に、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。 年齢、生活習慣、紫外線……思い当たることはいくつかあるはず。 そう、まさに目の下がたるんでしまう原因はひとつではないのです。 目もとの筋肉の衰え 元々下まぶたには、眼窩脂肪という眼球を守るためのクッションの役割を持つ脂肪があります。 本来であれば眼輪筋という目の周りにある筋肉によって押し留められている、この脂肪。 ところが年齢を重ねると筋肉自体が衰えてしまい、脂肪を支える力が弱くなります。 同時に、加齢によって顔面の骨が委縮してしまうため、骨から皮膚までを繋ぎとめる役割を持つ顔の靱帯も伸びてしまい、強度が落ちます。 それによって、支えを失った眼窩脂肪が出てきてしまい、目の下のたるみが発生してしまうのです。 目の使い過ぎによる血流の低下 スマホを手に持つとついつい長時間眺めてしまう、という方は多いと思います。 長時間パソコンを見続けたり、細かいものを見たり、目を酷使する仕事に就いている方も数多くいます。 目の疲れから生じるドライアイや頭痛などの症状はよく知られていますが、実は目の下のたるみにも大きな影響を与えているのです。 瞬きが少なくなることで筋力の低下を招き、目の筋肉が固まってしまうことで血流も悪くなります。 長時間目を使っている時には、まずは意識的に瞬きを。 目の疲れを自覚するようになったら、蒸しタオルやホットアイマスクで血流アップを図りましょう。 加齢や紫外線による肌ダメージ 肌の弾力を守っているコラーゲンは、年齢とともにどんどん減少していきます。 ただでさえ弱っている肌に追い打ちをかけるのが紫外線。 紫外線には肌の表皮へダメージを与えるB波と、肌の真皮層まで到達してしまうA波があります。 A波がコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生み出す大切な細胞を壊し、B波が外部からの刺激から肌を守るバリア機能を破壊します。 体の中でも特に皮膚が薄い目の下は、このダブルパンチの被害が甚大です。 こうして潤いが保てなくなると、目を擦った際の刺激などをより強く受けることになってしまい、乾燥に繋がります。 皮膚にハリがなくなった結果、目の下がたるんでいってしまうのです。 目の下のたるみ解消方法 目の下がたるんでしまったら、どうしたら良いんだろう。 スマホで検索してみると治療とか美容整形とか出てくるけど、そこまでしなきゃダメなの? いえいえ、そんな大掛かりなことはしなくても大丈夫です。 家でも、きちんと正しいケアを続けていけば、ハリのある目もとが蘇ってくれるはずです。 眼輪筋エクササイズで目の下を引き締めよう 支えを失って落ちてきてしまった脂肪を引き上げるためには、目の周りの眼輪筋を鍛えるしかありません。 体の筋肉と違って、顔の筋肉……特に目の周りの筋肉を鍛えるなんて、あまり想像できませんよね。 でも大丈夫です、ちゃんと簡単に鍛えることができます! 思い立ったその日からできる眼輪筋の鍛え方をピックアップしてみたので、今日から早速トライしてみましょう。 下まぶたを鍛えるエクササイズ (1)眉の下辺りに人差し指を置き、上まぶたが動かないように固定する (2)下まぶただけで目を閉じるイメージで下まぶたを持ち上げ、10秒キープ (3)下まぶたをゆっくりと戻す 左右5回ずつ行いましょう。 眼輪筋を鍛えるにしても、美容液を使ってケアをしても、効果が出るまでにはどうしても時間が掛かってしまいます。 でも、効果が出るまで待っていられない。 気付いた今、出掛ける前に何とかしたい! そんな時に頼れるワザをご紹介します。 目の下のたるみを目立たなくするメイク 今すぐに目の下のたるみを「目立たなくさせたい」「隠したい」という不可能に思える要望に応えられるのがメイク。 ここでは即席で目の下のたるみをどうにかしたい時のポイントをご紹介します。 メイク前の保湿 ばっちりとメイクをしても、それがよれてしまっては意味がありません。 肌が乾燥した状態にあると、お肌が皮脂を余計に分泌してしまい、お化粧がよれてしまいます。 洗顔後、お肌の保湿をしっかりと行ってください。 特に隠したい目の下のたるみ部分は丁寧に塗っていきましょう。 手のひらで保湿成分をしっかりと押し込んで、お肌への浸透を待ってからメイクをするとよれずに仕上がります。 ただし、油分の多い保湿クリームはメイクがよれる原因になってしまいます。 油分の多いものは避けて、保湿力のある美容液やアイクリームを使用しましょう。 ファンデーション 目の下のたるみを目立たなくさせるには、2色のファンデーションを使用することが重要です。 ・パウダータイプのファンデーションは、厚塗りすると亀裂が入ってシワが目立つため、メイク前に保湿をしたり、フェイスパウダーを代わりに使うのがオススメ ・厚塗りにすると逆にたるみが目立ってしまうため薄く伸ばすのがポイント フェイスパウダー フェイスパウダーをファンデーションの上からはたくと肌質が均一になります。 目元にも軽くのせておくと、コンシーラーの付きが良くなって更に目の下のたるみが目立たなくなります。 コンシーラー コンシーラーを使用する場合は、普段の肌色より2トーン明るいものを選ぶようにしてください。 透明なテープを耳周辺の皮膚に貼り付けたりして、たるんでしまっている顔の脂肪を物理的に引っ張り上げている状態です。 テープは透明なので髪で隠せますし、美容整形をすることもなく即時リフトアップ効果を得られるという意味ではとても頼もしい味方です。 気を付けておかなければいけないのは、リフトアップテープはその場しのぎであるということ。 リフトアップテープは簡単に使用できてしまうのでついつい手を出してしまいがち。 しかし、ただ皮膚を引っ張り上げているだけなので、根本的なたるみの解消には繋がりません。 使用頻度が多過ぎると逆に皮膚を引っ張り過ぎてしまい、シワやたるみを悪化させてしまうこともあり得ます。 リフトアップテープの使用は緊急時に留めておいた方が良さそうです。 どんなものなのか、実物を見てみたいという方はお近くの100均に立ち寄ってみるのも良いかも。 ……慣れていないと結構難易度高いです。 確かにグッと指で肌を引っ張って持ち上げている状態がずっと続いているような感覚がします。 外から見てもテープが貼ってあるかどうかも分からない、とのこと。 ただ、問題は剥がした後ですね。 敏感肌な私はピリピリした感覚が残ったので、100均は本当に「ここぞ!」という時だけの使用に留めておいた方が良い気がします。 (小松) まだ20代なのに、目の下にたるみが……!? 目の下のたるみと言えば30代も半ばを過ぎた頃から気になり始め、40代以降の大きな悩みの種……と考えがちですが。 まだ20代なのに目の下のたるみが気になるんだけど……という声も、最近はちらほらと耳にします。 ・花粉症の時期は目がかゆくて、いつも目を擦ってしまう ・時間が空いた時は常にスマホを手に持ってゲームやLINEに夢中 ・深夜まで遊んでしまうことはしょっちゅうで、テスト前は徹夜もザラだから、常々睡眠時間を削っている ついついやってしまっているその生活習慣が、目の下のたるみに繋がっているのです。 肌が受けたダメージは確実に蓄積されていき、ある日【目の下のたるみ】となって現れます。 目の周りの皮膚は顔のどこよりも薄く、ダメージを受けやすくなっています。 目を擦っていると気付いたら手を止める、スマホを見過ぎない、睡眠時間はきちんと確保。 意識をしていくことで、目の下のたるみの予防はできるのです。 正しいケアと生活習慣で目の下のたるみとはさようなら! 鏡を見た時に目の下のたるみに気付いて、老けた印象になった自分の顔に絶望することもあるでしょう。 しかし、たるみが起こってしまう原因やその解消法さえ知っておけば怖いものはありません。

次の