ロケット マン。 「ロケットマン」映画の中の曲とその背景/エルトン・ジョン

ロケットマン【映画】の評判や評価は?ボヘミアンラブソディを超えた?

ロケット マン

グラミー賞を5度も受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの人生をミュージカル映画化した同作が、8月23日から全国公開を迎える。 メガホンをとったのは、「ボヘミアン・ラプソディ」(以下「ボラプ」)で知られるデクスター・フレッチャー監督。 張り裂けそうな音圧が劇場を揺らし、魂の歌声が体と髪と服をビリビリと震わせる。 華麗なダンスと愛を貫く豊かなドラマは、網膜に焼きついて何日も離れない。 何度も見たい。 毎日だって見たい。 そんな多幸感に身を焦がす映像を、あなたは目撃することになる。 ・開始5分でフルスロットル! 傑作ミュージカルに劣らない、歌とダンスの多幸感 物語は、世界的成功を収めたエルトンが、セラピーで少年時代を振り返る様子から始まる。 モノトーンと原色のコントラストが映える1950年代を舞台に、歌詞が刺激的なミディアムテンポの楽曲「あばずれさんのお帰り」が鳴り響き、勢いよくミュージカルシーンが始まる。 開始からここまでわずか5分、映画はフルスロットルで走り出す。 この大胆なオープニングから、観客は一息に、映画の世界に自身の精神を旅立たせることになる。 全編を盛り上げる歌とダンスは、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」など、傑作ミュージカルに比肩する幸福をもたらしていく。 これまで「ミュージカルは耳を楽しませるものだ」と思っていたが、その認識がガラリと覆された。 観客は多幸感に肩まで浸かりながら、劇場をあとにできるはずだ。 ・知らなくたって感動できる、全22の名曲が物語を彩る エルトンの22の名曲が物語を彩るが、もちろん本作は、楽曲を知らなくとも楽しむことができる。 世界中を虜にした楽曲なだけに、非常に耳に残るので、鑑賞後には自然とメロディを口ずさめる。 「知らない曲である」ことが、感動を削ぐことは一切ない。 さらに、楽曲は主人公の心情と共鳴するように奏でられる。 スクリーンで起こる出来事と、浮かび上がる歌詞を噛みしめれば、より強い情動が胸に溢れ出してくる。 高度な音響設備を有する劇場であればあるほど、その体験は素晴らしいものとなるだろう。 またアメリカでは、本作は公開から6週間を経ても、全米興行収入ランキングのトップ10入りを果たしていた。 「ロケットマン」は、そんな「ファミリー向け大作に物足りない人々」も満足させる、重厚な作品と言える。 ・主演は「キングスマン」タロン・エガートン 吹き替えなし、衝撃の美声で歌って踊る ・脚本は少年の成長を情緒的に描く「リトル・ダンサー」のリー・ホール ・製作には世界的人気作「キングスマン」の超一流クリエイターが結集 ・製作総指揮にはエルトン・ジョン本人 自身の人生を最もクレイジーに映像化 「キングスマン」の主人公役で脚光を浴びたタロン・エガートンだが、長編アニメ「SING シング」の劇中で披露した歌唱力が記憶に新しい(同作ではエルトンの「アイム・スティル・スタンディング」を歌っていた)。 本作でも衝撃的な歌声を響かせており、数々の名曲を完璧に歌い上げている。 製作総指揮にはエルトン本人が加わり、自身の人生を最もストレートに、最もクレイジーに映像化するため指針を示した。 厳格な父とややエキセントリックな母に育てられたエルトン。 愛を求めて生き、失うたびにその魂は切り傷に覆われていった。 「抱きしめて」とせがむと、父は「甘ったれるな」と叱責した。 母は新しくできた恋人との情事に夢中のようだ。 世界から置き去りにされたとき、少年は階段に腰掛け、「愛が欲しい」と切実に歌うのである。 その模様は、映画の重要なターニングポイントと言える。 少年はやがて大人になり、はからずも急激な世界的成功を収めていく。 ステージでその歌声を響かせれば、数万の観客が狂ったように歓声を上げた。 誰もがうらやむ富と名声を手に入れ、常に人々に囲まれていながら、常にエルトンは孤独を持て余していた。 ただ、一欠片でもいいと欲した愛は、掴もうとすればするほど、砂が指の隙間からこぼれ落ちていくように彼の元から去っていった。 愛はどんな形をしていて、その在り処はどこなのだろう。 本作の主人公は、そんな問いを絶えず自身と観客に投げかけていく。 エンディングでは、「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」という楽曲が感動的に挿入される。 エルトンが盟友バーニー・トーピンと本作のために書き下ろし、エガートンとともにデュエットした新曲だ。 本作を未鑑賞の人は、是非その過程をお楽しみに。 C 2018 Paramount Pictures. All rights reserved. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画「ロケットマン 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ロケット マン

あらすじ イギリス郊外の街で両親に愛されずに育った少年「レジナルド・ドワイト」は、音楽の才能に恵まれていた。 彼はやがてロックに傾倒し、ミュージシャンを目指すことを決意。 新しく「エルトン・ジョン」という名前に変えたレジーは、音楽活動を続けていき、生涯の友となる作詞家「バーニー・トーピン」と運命的な出会いを果たして成功への道を走っていくが__。 『ロケットマン』エルトンジョンを演じたタロン・エガートンは本人に似ているの? 『スポンサーリンク』 『ロケットマン』でエルトンジョンを演じたのは「タロン・エガートン」という俳優さんです。 管理人は似てないような気がするのですが……とらえ方は人それぞれです! ツイッター上の意見 私だけの感想だとよろしくないのでTwitter上で意見をピックアップさせていただきます! 死ぬほどエンターテイメントで楽しいし面白いからホント見てほしい。 予告見たらすごい似てるからビックリした! — もやみ kzgdiskd 似てるという人もいれば似ていないという人もやっぱりいますね! 気になる方はぜひ映画をご自身でみてみてくださいませ! タロン・エガートン(俳優さん)が劇中歌を歌っているの? 劇中歌はエルトンジョンを演じたタロン・エガートンが実際に歌っています! めちゃくちゃうまくて脱帽ですが、歌自体はそこまで似ていなかったように私は思います。 また、 エルトンジョン本人は、 自分に似せると力強さがなくなって迫力がなくなるからということで自分の声に似せないでほしいとタロン・エガートンにいっていたのだとか。 なので、本人の声に似ていない!としてもおかしくはないです。 歌はうまい?評判はいいのか 『スポンサーリンク』 管理人は前述した通りとてもうまいと思いました! エルトンジョンは存命なので口パクも可能ではありましたが…… 俳優さん自身が歌うことで、さらにいい映画になっていたのではないかと個人的には思います。 エルトンジョンの半生を描くミュージカルタッチの映画なので、歌はとてもキーになっているのですが、俳優さんの歌唱力が圧倒的すぎて目が離せませんでした。 個人的に俳優さん自体はそこまで興味がなかったのですがほかの出演作品もみてみたくなるくらい魅せられます。 後々調べてわかったのですが、『SING』でゴリラの歌を歌っていたのはエルトンジョン役のタロン・エガートンだったみたいです。 歌うまいのはこの時からなんですね…… 気になるな……という方はぜひぜひ劇場へ足を運んでみてくださいませ。 歌の評判 ですね~。 ほんとタロン君の歌最高です!ユアソングはイベントでサー・エルトンと歌ってる動画だけで鳥肌立ちましたよね。 — まりて C96ほ10b Mariethe95 遂に明日エルトンジョンの映画が公開! ライオンキングの曲作ってるのもこの人だし、キングスマン2にも出てたし、ダイアナ妃の追悼曲はあまりに有名。 シェール、ダイアナロスとの3ショットの写真すごくない? 彼こそが生ける伝説 そしてタロン君の歌が実にいいぞ! — YOS YDos51 もう公開だね… yoursong大好きなんだけどタロンくんver. そしてネイサンがFSで滑りますしね。。 タロンだったのね 歌上手いなぁ 早くロケットマン見たい — もずく。 mm64sis まとめ 以上が『ロケットマン』でエルトンジョンを演じたタロン・エガートンは本人に似ていたのか、俳優さんが歌を歌っていたのか、歌の評判はいいのかなどまとめでした。 似ているにていないは賛否両論ありますが、歌の評判は総じていいので気になる方はぜひ見てみてくださいませ! ではでは、映画をみるよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ。 『スポンサーリンク』.

次の

リトルロケットマンの意味は?トランプと金正恩の舌戦の行方!

ロケット マン

概要 [ ] の短編集『』(1951年)に収録された短編「The Rocket Man」に影響を受けて書かれたと言われる。 アメリカのサイケデリック・フォーク・グループ、パールズ・ビフォー・スワイン()が1970年に発表したアルバム『』に、ブラッドベリの短編を元にした「Rocket Man」という曲が収められており 、バーニー・トーピンはこの曲からも直接的な影響を受けたとビルボード誌のインタビューで答えている。 また詞の内容は、がプロデュースしたの1969年のシングル「」のテーマとも呼応している。 火星に向けて一人で旅立った宇宙飛行士の複雑な心境が吐露されており、「火星は子供を育てるようなところじゃない/実際すさまじく寒いところだし/子供を育てようなんて考える者はここにはいない/科学を全部分かっているわけじゃないが/これが僕の仕事なんだ/週に5日の仕事/僕はロケット・マンさ/たった一人、宇宙でいつか燃え尽きてしまう」と歌われている。 シングル盤は、に発売され、付ので最高6位を記録し 、同誌の1974年の年間チャート40位を記録した。 イギリスでは2位 、カナダでは8位、アイルランドでは6位 を記録した。 本作は、エルトンのライブの定番曲となっている。 にので開催されたライブ音源が、1976年に発売されたライブ・アルバム『』に収録されている。 米国盤のシングル収録曲 [ ] 本国盤と米国盤のB面は異なる。 全作詞: バーニー・トーピン、全作曲: エルトン・ジョン。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「ロケット・マン」 Rocket Man バーニー・トーピン エルトン・ジョン 4:38 2. 「スージィ」 Suzie Dramas バーニー・トーピン エルトン・ジョン 3:21 合計時間: 7:59 よりより12インチシングル盤(プロモーション用)とマキシシングルがリリースされた。 A:「Rocket Man KDME remix 」• B1:「Rocket Man 03」• B2:「Rocket Man Royal Garden's Radio mix」 パーソネル [ ]• - 、• () - 、、• () - 、バッキング・ボーカル• () - 、バッキング・ボーカル• () - () カバー版 [ ] 「ロケット・マン」は、多数のアーティストによってカバーされている。 にによるカバー・バージョンが「」との両A面シングルとしてリリースされた。 全英シングルチャートで12位 、誌が発表したで11位を獲得した。 は、に発売したデビュー・アルバム『』において、パンク・ロック調にカバーした音源を収録している。 はにダンス・バージョンを発表し、クラブプレイチャート入りを果たした。 がに発売したEP『』に収録の「High」において、本作をサンプリングしている。 ヤング・サグのファンであるエルトンはこの曲を認めている。 に公開されたエルトンの伝記映画『』では、によるカバー・バージョンが使用された。 メディアでの使用 [ ] 「ロケット・マン」は、多数の映画作品で使用されている。 『』(1996年)• 『 ()』(1997年)• 『ラスト・リミッツ 栄光なきアスリート』(1998年)• 『』(2001年)• 『』(2006年)• 『』(2017年)• 『』(2017年)• 『』(2019年、歌唱バージョン) 脚注 [ ]• 2013年8月11日時点のよりアーカイブ。 2019年10月13日閲覧。. 2019年10月13日閲覧。 Official Charts Company. 2019年10月13日閲覧。 2011年4月7日. 2019年10月13日閲覧。 Rosenthal, Elizabeth. His Song: The Musical Journey of Elton John, Billboard Books, 2001. Musicoutfitters. com. 2019年10月13日閲覧。 2019年10月13日閲覧。 Billboard 2003年10月7日. 2016年9月20日時点のよりアーカイブ。 2019年10月13日閲覧。 The FADER. The FADER Inc.. 2019年10月13日閲覧。

次の