コロナ ウイルス 台湾。 台湾で見た新型コロナウイルスをめぐる防疫対策と人々の危機意識

台湾の研究者が日本の新型コロナ感染拡大を試算、5万人感染で「第二の湖北省になる」と警告 WEDGE Infinity(ウェッジ)

コロナ ウイルス 台湾

冒頭と同じ内容です。 3月19日から外国人は台湾に入国できなくなりました。 現在、台湾人及び台湾の居留証を持っている外国人は、依然として台湾に入国することができます。 海外への渡航歴がある人は14日間の「居家検疫」(在宅検疫)となり、里長もしくは里幹事(「里」は行政区画の1つ。 「区」などの下)が毎日連絡して健康状態をチェックします。 感染者と接触のあった人は14日間の「居家隔離」(在宅隔離)となり、衛生主務機関が追跡調査で健康状態を把握します。 「居家検疫」も「居家隔離」も外出は認められません。 伝染病防治法によれば、「居家隔離」者が勝手に隔離場所(自宅など)を離れた場合は20万台湾元から100万台湾元(約72万日本円から358万日本円)の罰金が科されます。 また、最近は14日間の在宅隔離や在宅検疫を終えた人が医療機関を受診し、新型コロナウイルスへの感染が発覚するケースが出ています。 これを受け中央感染症指揮センターは4日、在宅隔離や在宅検疫の終了後、さらに7日間の「自主健康管理」を求める方針を発表しました。 外出時のマスクの常時着用、公共の場への出入り自粛などが必要になります。 自主健康管理では、朝晩の検温、行動歴の記録、症状が出た場合にマスク着用の上で速やかに医療機関を受診することなども求められます。 現在、マスクの販売は政府によって管理されており、健保薬局やコンビニで購入することができます。 マスク購入可能枚数は、大人(1人)は2週間で9枚、子ども(1人)は2週間で10枚に制限されています。 (4月8日までは購入可能枚数がもっと少なかったですが、購入者の負担を軽くするため緩和されました。 ) 以前はIDカード、居留証、パスポートなどの身分証明書を利用して、購入可能な曜日を制限していました。 (例:ナンバーが奇数の人は、何曜日と何曜日だけ購入できる、等) しかし、現在は購入可能曜日の制限がなくなり、身分証明書を提示すればいつでもマスクが購入できるようになっています。 台湾で4月1日から義務化された公共交通機関でのマスク着用に関し、中央感染症指揮センターは3日、係員の指示に従わなかった場合は感染症予防法に基づき、最大で1万5000台湾元(約5万3800円)の過料を科すと発表しました。 陳時中指揮官はマスク着用義務化について、メトロ(MRT)や台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)などの公共交通機関においてマスクを着用していない利用者に対しては、まず注意を行い、それでも従わない場合に罰すると説明しました。 交通部(交通省)は1日、マスク着用義務化の対象は台湾高速鉄道、台湾鉄路管理局(台鉄)、高速バスだと説明し、地方政府の管轄であるメトロ(MRT)については、地方政府を尊重するとしました。 指揮センターの発表を受け、行政院(内閣)直轄6市(台北、新北、桃園、台中、台南、高雄)はいずれも3日、措置に従うと表明し、各市内の路線バスやメトロでもマスク着用を義務付ける方針を示しました。 冒頭と同じ内容です。 3月19日から、外国人は台湾に入国できなくなりました。 これを破った場合は罰金となります。 現在、台湾の公共交通機関や病院などの公共施設では、マスク着用が必須になっています。 マスクの販売は政府によって管理されており、健保薬局やコンビニで購入することができます。 マスク購入可能枚数は、大人(1人)は2週間で9枚、子ども(1人)は2週間で10枚に制限されています。 購入にはIDカード、居留証、パスポートなどの身分証明書の提示の必要があり、購入可能曜日制限もありません。 台湾のコロナウイルス対策まとめ 私の個人的な感想では、台湾のコロナウイルス対策は日本よりも徹底している印象です。 その背景には、台湾の中国に対する不信感や警戒心、2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の記憶があるのでしょう。 また、台湾は政治的な理由でWHO(世界保健機関)の総会に呼ばれないなど、立場的にも不安定なため、自分の身は自分で守るという意識があります。 ぜひ日本も台湾を見習って、もう少し対策を強化してほしいものです。

次の

台湾のコロナ対策が爆速である理由「閣僚に素人がいない」

コロナ ウイルス 台湾

野球や登山など徐々に解禁 台湾では感染者数の増加が0の日が続いていて、安定していることから、イベントなど徐々に解禁されています。 5月7日から國家公園(玉山、太魯閣、雪霸)などの山登り、山小屋への申請数がもとどおりになっています。 5月8日からプロ野球観戦が1試合につき1000名までということで解禁されました。 また5月15日からは最高2000名までということで開放されています。 観戦中の飲食に関しては、個人の持ち込みは許可されていませんが、お弁当、ペットボトルやふたのついたきっちりと包装された飲み物など野球場で販売されているものに限り許可が出ています。 また小学生以下の子供は親御さんと隣り合わせに座ることができるように配慮されています。 対策本部が南部の記者会見へ この週末に予定されているのは、台湾の南部観光地の墾丁(カンディン)へ台湾の疫情対策本部の記者会見の場が移動するということ(一時的なものです)。 これは安全な国内旅行の模範を示す意味もあり、実施されるとこのこと。 少しずづですが、台湾は正常な生活に戻るようにと安全に慎重にいろいろと検討され、実施されています。 新型コロナウイルスが早く終息し、自由に台湾旅行へ来てもらえる日が来ることを願っています。 以上台湾高雄からでした。 こちらでも台湾情報を発信しています。 ぜひご覧ください! Instagramインスタグラムも更新中! 台湾観光局公認インスタグラマーです。 You Tube Facebookもやっています。 特派員プロフィール• 高雄特派員 前田 公子 台湾人との結婚を機に2002年に台湾台北へ移住。 現在は高雄在住。 台湾現地から長年ブログやHPで台湾を紹介。 台湾生活を通して旅行、観光、街歩き、食べ歩き、グルメ、ファッションなどトレンド情報を発信中。 おいしいもの、きれいな景色、旅、音楽、イラストが好き。 毎日台湾の写真を摂り続けている。 トラベルブロガー、日本語教師。 台湾の今• 台湾を旅する• 台湾の詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の

コロナ危機で活躍、国民の憧れとなった注目の台湾「天才」IT担当大臣はどんな人か

コロナ ウイルス 台湾

この報告を受け、台湾政府の衛生福利部(日本の厚生労働省に相当)は、即日最初の注意喚起を行った。 同時に、武漢からの帰国便に対する検疫官の機内立ち入り検査、空港等での入国時の検疫強化を指示し、即実行している。 ちなみに、大みそかで休みだった日本の厚労省が最初の注意喚起を行ったのは、6日後の1月6日だった。 台湾の衛生福利部は中国の意向でWHO(世界保健機構)への加盟を認められていないが、今回の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)危機では独自に情報を収集し、必要と思われる措置を果敢に打ちながら、国民に対し毎日のように関連情報を提供した。 経済や観光など、中国との人的往来の多い台湾が、どのようにこの危機に対応してきたかを、時系列で追ってみたい。 専門家会議も迅速に招集 1月2日、専門家などによる「台湾衛生福利部 伝染病予防治療諮問会」の「旧正月春節インフルエンザ対応整備会議」において、武漢の肺炎についての対策を討論。 医師の診察時のN95マスク装着の徹底、入国検疫の再強化と帰国後10日間の経過観察、旅行経歴の告知の徹底などが話し合われ、即日実行に移された。 1月5日には、「中国原因不明肺炎 疫病情報専門家諮問会議」が陳時中(Chen Shih-chung)衛生福利部長(日本の厚生労働大臣に相当)の召集で行われ、経過観察を10日から14日に延長することなどが話し合われた。 翌6日には、台湾行政院(内閣)が中国での正確な情報を把握するための調査体制強化を指示(繰り返しになるが、日本の厚労省はここでようやく最初の注意喚起を行った)。 7日には武漢地区の危険レベルを早々とレベル1「注意/Watch(一般的予防措置の遵守)」に上げている。

次の