まいぜん最新。 【モンスト】雷禅〈らいぜん〉の最新評価!わくわくの実|幽遊白書

2020年下半期 ☆RyzenとIntelどちらのCPUを買うべき?

まいぜん最新

既に削除されていますが、2017年頃には「 ガンダムVSガンダム」もプレイしていました。 当時はややマナーの悪いような動画も多数見られ、 身内だけにではなくオンラインでも意図的に相手を挑発するような「煽り」といった行為を進んで行っているようなプレイングや、暴言に近い発言も多数見られます。 2019年現在は専ら「 マインクラフト」や「 フォートナイト」「 大乱闘スマッシュブラザーズ」「 スーパーマリオメーカー」などの動画を投稿しています。 特にマインクラフトの動画はかなり人気があり、「ドッキリ」や「ストーリー動画」などが人気を博しています。 閲覧層は小学生などの低年齢層が多くを占めており、わかりやすく面白い動画が投稿されていると推測されます。 まいぜんシスターズ炎上騒動 実は2017年時代、 まいぜんシスターズは「ガンダムVSガンダム」の動画も投稿していました。 ですが、2019年10月17日現在それらの動画群は全て削除されており、以降ガンダムVSガンダム系統の動画を投稿することは無くなりました。 恐らくは一つの炎上事件がきっかけになってしまっていると思われます。 まいぜんシスターズがガンダムVSガンダムで炎上!経緯は? 事情を一から詳しく説明するとやや長くなります。 当時のまいぜんシスターズは多彩な動画を投稿していました。 ガンダムVSガンダムシリーズの動画もその一つです。 ですが、その動画内にてまいぜんシスターズの二人は、 自分たち以外のプレイヤーへの悪質な煽り行為を繰り返していたようです。 人を不快にさせるプレイングを意図的にしないということはオンラインゲームにおいては基本中の基本のマナーですが、仮にも大衆にプレイングを見せる動画実況者がそれを行っていなかったのです。 更には そのことについて指摘されても全く反省せず、むしろ煽り行為を「相手に敬意を払う行為だ」として煽り行為を推奨するなど、おおよそオンラインゲームをプレイする人物とは思えない行為を繰り返していました。 そんな中、まいぜんシスターズが1本の動画を投稿します。 内容はガンダムVSガンダムで、 今までのまいぜんシスターズとは明らかに動きが違う動画だったのです。 ですが、動画の実況は徹頭徹尾自ら操作していると言わんばかりの内容だったのです。 その動画内容に不信感を抱いた一部プレイヤーがその動きを検証、某有名プレイヤーのものではないかと特定されます。 そして、その経緯をTwitterで知ったYouTuber「 伝説のオコリザル」さんが知り合いだった某プレイヤーに確認を取ります。 すると、 某プレイヤーさんはまいぜんシスターズに自身のプレイ動画を売却したことを明らかにします。 そのことを知った伝説のオコリザルさんは「やっぱり中身をすり替えて実況していた」「やっていることが詐欺師」とかなり批判的なツイートをします。 この時点ではまいぜんシスターズの動画だとは言及していないものの、既に情報が広まっていた界隈ではすぐに何のことか特定され、プレイヤー間から批判的なツイートが数多く噴出しました。 いつも通りに無視を決め込み、反省しないと思われていたためか、伝説のオコリザルさんもヒートアップして、某有名プレイヤーにゲスト両を払って暴露配信なども行っていました。 そんな最中に まいぜんシスターズが唐突に動画を投稿します。 謝罪というか釈明動画でした。 その内容は• 本来ならば動画は二本立てで、二本目でプレイヤーすり替えを暴露する予定だった• 伝説のオコリザルさんに先に暴露されて炎上させられたことで、結果的にネタバラシが出来なくなってしまった• そのため企画はボツにする というものでした。 ですが、まいぜんシスターズは動画内で完全に「自分が操作している体で動画を実況していた」「伏線などは一切張っていない」ことから「最初からネタバラシなんてする予定がなかったのではないか」「バレなければそのまま自分のプレイにするつもりだったのではないか」と批判されました。 動画も完全に後出しだったため、言うだけなら言えるということも批判される原因です。 また、もしすり替えドッキリ動画だったのなら、バレても「別人でした!」とネタバレするのが普通であるとも指摘されています。 ですが、 当該動画を視聴したまいぜんシスターズの熱狂的なファンが伝説のオコリザルさんの動画に突撃を仕掛けます。 コメント欄が荒らされ、低評価をさんざんつけられるなど、かなり酷かった様子です。 それに対して伝説のオコリザルさんも動画を公開します。 まいぜんシスターズに対して• 自分に都合がいいように発言を捏造している• 釈明動画の内容は言い訳だらけで、他人に炎上騒動の責任転嫁をしている• やっていることは「偽計業務妨害罪」だ と指摘。 伝説のオコリザルさんの出した動画内で、特に発言の捏造が証拠ありで公開されたこともあってか、まいぜんシスターズ側は一転して批判をされます。 それを受けて まいぜんシスターズは一連の騒動に関する動画を一斉削除、批判的なコメントに関しても削除、動画の評価を非公開にするなどの措置を行っています。 更には ガンダムVSガンダム系統の動画も一斉削除し、2019年10月17日現在に至るまで正式な謝罪も無く、無視を行っているようです。 そのせいでまいぜんシスターズには、一部界隈からはかなり嫌われている傾向にあり、荒らしなどはされないものの、未だに多くのアンチを抱えるゲーム実況者となっています。 まいぜんシスターズ現在の活動 尚、 まいぜんシスターズは近年「煽り」行為系の動画は投稿していません。 煽りを行えるようなゲームのプレイを行っていないからかもしれませんが、2017年の炎上騒動が後を引いているのだと思われます。 ですが、それに反して前述の通り、謝罪なども行っておらず、一貫して無視を決め込んでいるのも事実です。 今後の活動ではどうなっていくのかわかりませんが、あまり蒸し返してもいい話ではないので、特別煽ったりつついたりすることは避けた方がいいかもしれません。 また、YouTubeのイメージ向上を図るとして、 2019年よりスーパーチャットによる収入を全て寄付に当てるということも明言しています。 2018年はYouTubeの良くないニュースばかりがピックアップされていた気がします。 今後Live配信は全てチャリティ配信とし、スーパーチャットはすべて募金します。 このチャリティ活動を通して、社会及びYouTuberのイメージ向上に少しでも貢献したいです。 まとめ 古参YouTuberでありながら近年台頭してきた「まいぜんシスターズ」は• 2015年12月にデビューした「ぜんいち」さんと「マイッキー」さんの二人組ゲーム実況YouTuber• 投稿初期は数多くのゲームをプレイしていたが、近年は「マインクラフト」と「大乱闘スマッシュブラザーズ」、「フォートナイト」を中心にプレイ中• 本名や顔などは完全に謎に包まれている• 2017年に「ガンダムVSガンダム」のプレイ動画を巡って炎上騒動を起こしている• 2019年からスーパーチャットの収入を全て寄付することを明言している とのことです。 2019年に低年齢層視聴者に人気を博したまいぜんシスターズ。 今後の活動に注目が集まりますね!.

次の

まいぜんシスターズ最新プログラミング本の発売日は?口コミや感想も紹介!

まいぜん最新

7GHz 3. 6GHz 3. 6GHz 3. 5GHz 3. 5GHz 3. 2GHz ターボ・ブースト なし 4. 2GHz 3. 9GHz 3. 単純なCPU性能ならCorei3 9100F、次点でPentiumGold G5400って感じですが、 9100Fはグラボ必須になるので、本コンセプトではなし。 OCできるなら3000GでもOKAthlon 3000Gは最近登場した低価格APUで、オーバークロックすることでものすごい性能アップします。 定格運用ではコスパ悪いですが、OC前提だとコスパ高いので、できる方はおすすめです。 小売り価格が安い まずなんといっても価格が安いです。 安くPCを組むならこの上無いCPUです。 そしてこの 内蔵グラフィックスの違いが、基本PC動作にも影響してきます。 AMD系で重要なのがマザボとメインメモリの相性。 メーカーホームページで対応しているメモリメーカーと種類にしないと、 マジで規定規格で動かないことあります。 (私も何度も経験) ということで、今回はメモリ対応メーカーと種類が多いASUSより、 ASUS TUF B450M-PLUS GAMINGをチョイス。 もっと安いマザボありますが、 高耐久性で長く使えますし、合わせた価格の安いG. Skill F4-3200C16D-8GVKBと相性OKなので。 メモリはもっと安いのもありますが、 今後上位のRyzenシリーズへの換装の拡張性も考え3200MHzタイプのメモリとしています。 (Ryzen性能はメモリ速度が重要でもある) 3600MHz、3000MHzもありますが、一番コスパが良いです。 容量は8GBあれば基本PC動作は快適。 お好みでSSDとHDDの構成を変えてもよいですが、 約500GBSSDとバックアップに2TBとしました。 電源は450Wあれば十分ですが、将来上位のRyzenCPU+グラフィックボード搭載を考えるなら、 もう少し容量のある電源でもOKです。 60 GHz 3. 7GHz 3. 6GHz 3. 6GHz 3. 5GHz ターボ・ブースト 4. 20GHz 4. 2GHz 3. 9GHz 4. 2GHz 3. 大きく分けて、Intel系+グラフィックボードの組み合わせでゲーム性能を高めるか、 RyzenのAPU(CPU+Vegaグラフィック)の組み合わせで安さを取るかの選択になります。 内蔵グラフィックスでコストを抑えられる ライトゲームになってくるとIntel製の内蔵グラフィックスでは厳しいものが出てくるため、 グラフィックボードの購入も必須となってきます。 そのため大幅にコストカットができます。 例えばライトゲーム代表格の オーバーウォッチなら標準画質FHDで53fpsほど、 フォートナイトなら低画質80fps前後、 Word of Warshipsは中画質で60fps以上で遊べる性能。 PUBGでは60fps以上の確保は難しく、 場合によって動作が遅くなりますが遊べるレベルです。 内蔵グラフィックスでこのレベルなのは間違いなくすごいことで、 Intelでは到底適いません。 画像処理もOK 当然ですが、illustratorやphotoshopなど画像処理ソフトの動作も普通に動きます。 快適さや高速をめざすなら、もうひとレベルスペックをあげたいところですが、 フリーズといった現象はかなり少ないです。 8GBあれば基本PC動作は快適です。 なお Ryzen系はデュアルチャンネル(メモリ2枚挿し)でないと、性能を発揮できないので、 かならず2枚セットのメモリを購入しましょう。 マザーボードはAMD最新世代のB450をチョイス。 記憶容量は480GB SSDおよびバックアップとして2TBのHDDを選択しました。 90 GHz 2. 90 GHz 3. 70 GHz 2. 90 GHz 2. 90 GHz 3. 60GHz 3. 80GHz 3. 60GHz 3. 20GHz ターボ・ブースト 4. 30 GHz 4. 30 GHz 4. 60 GHz 4. 10 GHz 4. 30 GHz 4. 10GHz 4. 30GHz 3. 90GHz 3. 60GHz L3 キャッシュ 12 MB 12 MB 9 MB 9 MB 6 MB 16MB 16MB 16MB 16MB メモリーの種類 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-2933 内蔵グラフィック UHD630 - - - - - - - - TDP 65 W 65 W 95 W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 小売り価格 23,999円 20,499円 22,850円 17,180円 16,390円 16,148円 15,378円 13,178円 10,978円 の9種類が候補かなと思います。 基本は価格が1万円台から選ぶのが予算におさまります。 ゲーム・クリエイティブ性能・価格コスパの3点で、 最もおすすめできるのがRyzen3 3300Xです。 全体的に高い水準で性能がまとまっており、価格も手ごろで組みやすいです。 絶対的な安さ重視であれば品薄ではありますがRyzen5 1600AFです。 Ryzen3 3300Xの良さ ゲーミング性能においては同AMDのRyzen5 3500をも超えており、 さらにライバルCore i3 10100とも互角。 またクリエイティブ性能では勝っています。 加えてB550マザーボードと組み合わせることで、 新規格PCIe4. 0に対応している点もメリット。 メモリ高いOCにも対応している点など、 拡張・将来性をふまえてもIntelよりおすすめとなっています。 安さとスレッド数コスパで光る1600AF 今まで予算を抑えつつ、そこそこのゲーム性能&クリエイティブ性能なら、 Ryzen5 2600が候補でした。 しかしながらここにきてAMDはRyzen5 1600AFという、 複雑怪奇なCPUを新たにリリースしています。 この1600AF、何と言っても価格が1万円前後で6コア12スレッドというのが最大の魅力。 すでにRyzen5 2600は品薄&価格上昇してしまっているので、 Ryzen5 1600AFのほうがおすすめです。 ただしこちらも人気で品薄状態です。 また沢山のゲーム、そしてある程度の動画編集も考慮の上、総2. 5TBとしています。 色々な作業が十分できるよう、メモリは16GB、かつ定格である3200MHzを選んでいます。 予算に余裕があり、補助電源が必要でも問題ないのであれば、 GTX1650 SUPERも個人的におすすめです。 なお Ryzen5 1600AFを選択する場合はCPUの部分だけ変更すればOKです。 前世代のゲーミングコスパCPU「Core i5 9400F」を互角以上の性能があります。 また Core i3 10100はRyzen3 3300Xよりも圧倒的に消費電力が少ないので、 CPUクーラーは別途用意しなくてもOKです。 より小型なPCや静音PCを組むのにも向いています。 90 GHz 3. 70 GHz 3. 10 GHz 2. 90 GHz 2. 90 GHz 2. 90 GHz 3. 80 GHz 3. 70 GHz 2. 90 GHz ターボ・ブースト 4. 30 GHz 4. 60 GHz 4. 50 GHz 4. 30 GHz 4. 30 GHz 4. 10 GHz 4. 60 GHz 4. 40 GHz 4. 80GHz 3. 60GHz 3. 60GHz 3. 80GHz ターボ・ブースト 4. 40GHz 4. 20GHz 4. 10GHz 4. 30GHz L3 キャッシュ 32MB 32MB 16MB 16MB メモリーの種類 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 内蔵グラフィック - - - - TDP 95W 65W 65W 65W 小売り価格 29,498円 24,368円 16,148円 15,378円 このエントリエンド、ミドルのCPUが候補になると思います。 最も層が厚いですね。 ここからは目的によっておすすめCPUが変わります。 ゲーム、動画編集、配信すべてやる ゲーム性能、動画編集、ゲーム配信すべての性能をこだわりたい!という人は、 Ryzen5 3600がおすすめです。 ほぼ同価格であるライバルCore i5 10400 F よりもゲーム性能も若干高く、 動画編集速度などクリエイティブ性能も勝っています。 6コア12スレッド、3200MHzの高クロック対応とOC対応、 B550と組み合わせでPCIe4. 0に対応とった点を踏まえると、 価格に対するコスパもCore i5 10400より優秀だと思います。 ただしF付は安いので、コスパは同等 より性能が高いCPUとして、AMDはRyzen5 3600X、 Intelには10500,10600シリーズがありますが、 価格も高くコスパがわるい点ではややおすすめできません。 コスパ重視なら とにかく 価格に対する満足度重視であれば、Ryzen3 3300Xがおすすめです。 Ryzen3なのに、Ryzen5 3500とCore i5 9400Fを超える性能と、 もはやミドルクラスといっても差支えありません。 ゲーム性能はもちろん、4コア8スレッドと高速でキャッシュにアクセスできる構造のおかげで、 動画編集も十分こなせます。 また色々な作業が増えますので16GB。 沢山のゲーム、動画ファイルを保存できるよう3. 5TBとしています。 Ryzen3 3300Xにする際も、CPU部分だけ構成を変えればOKです。 あとは適宜SSD容量を調整してください。 グラボ前提ですので、内蔵グラフィック付の高いF無しモデルよりおすすめです。 Ryzen5 3600よりも消費電力が低く、純正クーラーでも十分対応可能です。 また定格は2666MHzですが性能を発揮するためには、 それ以上のメモリと組み合わせることをおすすめします。 B460の場合、MAXが2933MHzですのでそのように選んでいます。 予算12万以上:とにかくパワフルPCにしたい人 自作をやっている人にとってこのレンジを考えるのが一番楽しいかもしれません 笑 想定としてはとにかくパワフルです。 70GHz 3. 70GHz 2. 80GHz 2. 80GHz 3. 60GHz 3. 60GHz 3. 10GHz 3. 80 GHz 3. 80 GHz 3. 80 GHz 3. 80 GHz 2. 90 GHz 2. 90 GHz 3. 60 GHz 3. 00 GHz ターボ・ブースト 5. 30GHz 5. 30GHz 5. 20GHz 5. 20GHz 5. 00GHz 5. 00GHz 5. 00GHz 5. 10 GHz 5. 10 GHz 5. 10 GHz 5. 10 GHz 4. 80 GHz 4. 80 GHz 4. 90 GHz 4. 50GHz 3. 80GHz 3. 90GHz 3. 60GHz 3. 70GHz 3. 20GHz ターボ・ブースト 4. 70GHz 4. 60GHz 4. 50GHz 4. 40GHz 4. 30 GHz 4. 10 GHz L3 キャッシュ 64MB 64MB 32MB 32MB 16MB 16MB メモリーの種類 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-2933 DDR4-2933 内蔵グラフィック - - - - - - TDP 105W 105W 105W 65W 105W 65W 小売り価格 98,780円 73,980円 50,698円 42,342円 25,358円 23,720円• どちらか一方、特にCPU性能が劣っていると、 ゲーム描画を高画質にできなかったり、エンコード・録画ミスがおこってしまいます。 それでは 目的別におすすめの構成を紹介していきます。 なおCPUクーラーは空冷を選択していますが、簡易水冷とかでもかまいません。 SSD、HDDの容量も自由で構いません。 Ryzen7 3700Xの構成 Ryzen7 3700X 8コア16スレッド を利用した構成です。 おすすめのパーツ構成【CPU】Ryzen 7 3700X BOX 38,899円 【CPUクーラー】DEEPCOOL GAMER STORM ASSASSIN III 9,779円 【メモリ】G. CPUクーラーは最強と評されている空冷クーラーを選択しています。 必要に応じてRTX2070 SUPERやRX5700XTを選択するなど、パワーアップしても良いです。 それでも十分CPUは対応できます。 おすすめのパーツ構成【CPU】Core i7 10700K BOX 54,750円 【CPUクーラー】DEEPCOOL GAMER STORM ASSASSIN III 9,779円 【メモリ】G. CPUクーラーは最強と評されている空冷クーラーを選択しています。 グラボですが、今回はRTX2070 SUPERを選択しました。 ゲーム配信でもバランスが良い構成かとおもいます。 グラボと言えばNvidiaが有名ですが、最新世代のRX5700XTの選択も良いです。 Nvidia同クラスRTX2070 SUPERと拮抗した性能をもち、価格も安いことからコスパが高いです。 ただしDLSSやレイトレといった技術は使えません。 代わりに遅延低下の「Anti-Lag」、映像を鮮明化技術の「Image Sharpening」使えますが、 根本的に違う技術なので、このあたりは好みになりそうです。 おすすめのパーツ構成【CPU】Ryzen 9 3950X BOX 90,053円 【CPUクーラー】DEEPCOOL GAMER STORM ASSASSIN III 9,779円 【メモリ】G. マザボはVRM負荷も考えX570を利用。 グラボはRTX2080 SUPERを選択していますが、より高性能なRTX2080tiでも良いでしょう。 大切なのは明確な目的!初心者で不安な人は? CPU選びはなんとなーく選ぶのではなく、自分が何をしたいのか?をイメージして選びましょう。 そうしないと、 高いPCにしたのに完全にオーバースペックだったり、 逆に性能不足でストレスたまりまくりボンバーってことになりかねません。 そういったことを考えるのが自作の楽しみともいえるのですが 笑 ただ自作初心者や、パーツの相性などは保障しておしいという方は、 BTOパソコンを選ばれても良いかもしれません。 最近はゲーミング向けBTOも本当に増えましたし、 有名ではないですがコスパが高いBTOも増えてきました。 私もおすすめゲーミングPCを紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

次の

【モンスト】雷禅〈らいぜん〉の最新評価!わくわくの実|幽遊白書

まいぜん最新

まいぜんシスターズには様々な憶測の噂がありますが、どれも根拠もない噂です。 ぜんいちの苗字が「木村」だとか、マイッキーの苗字は「神田」だとか…。 どこ情報かは分かりませんが、今後最も情報公開してほしいYouTuberの一員となったことは間違いないです 笑 まいぜんシスターズの炎上の真相を調査! まいぜんシスターズに起きた炎上事件とは、一体なんでしょうか。 詳しく調査するとまいぜんシスターズの炎上が起きたのが、 2017年頃のことでした。 オンラインゲームで他のプレイヤーに対して、 迷惑行為を繰り返しています。 また違うゲーム実況の人が何回注意しても、これは敬意を払った行為だと反省の意図は一切見せませんでした。 そんな中ある日行われたゲーム実況で明らかに、まいぜんシスターズとは違う動きをする動画がありました。 リスナーは不信感を抱きながらも視聴しますが、やはりどこかまいぜんシスターズの動きとは違う事に気づきます。 リスナーが動きを検証した結果、 某有名ゲームプレイヤー動きと一緒だったことが明らかに! なぜ検証しただけですり替えがバレたのかというと、この経緯を知った 「伝説のオコリザル」が有名プレイヤーに確認したからです。 伝説のオコリザルが真実を突き止めたことで、まいぜんシスターズのファンは怒り炎上したというわけです。 しかしその後まいぜんシスターズはドッキリ企画でこの動画を上げて、次の動画でネタバレする予定だったとしらを切ります。 まいぜんシスターズはその経緯を動画でアップしたのですが、まいぜん信者たちが伝説のオコリザルに批判を打ち付けました。 Sponsored Links このような炎上問題があったことで、まいぜんシスターズは 一部のリスナーに嫌われています。 まとめ いかがでしたでしょうか? まいぜんシスターズの顔バレについてご紹介したのですが、 まいぜんシスターズは謎多きグループだということが分かりました。 名前や誕生日も公表されておらず、プロフィールも何も分かりません。 今後の 情報公開を楽しみに待つしかないですね。 まいぜんシスターズの今後の活躍に期待ができそうです!.

次の