船橋 東武 百貨店。 東武百貨店船橋店デパ地下でおすすめの人気スイーツ・お土産おすすめ15選 | VOKKA [ヴォッカ]

東武百貨店 船橋店トップ

船橋 東武 百貨店

城北5区、東武東上線沿線を中心とした商圏人口は年々増加しており、さらなる集客が見込まれています。 こうした環境の中で池袋本店は、多くのお客様のマイストアとなることを目指し、魅力的なイベントの企画・開催や、食品売場・化粧品売場の大規模な改装等を通じて、次世代のお客様やファミリーのお客様のご来店促進を図っています。 また、現在池袋エリアでは再開発事業が進められています。 池袋駅周辺の4公園はアートの発信地としてリニューアルし、2020年には劇場も備えた複合商業施設「Hareza(ハレザ)池袋」が誕生する予定です。 東西南北の街を結ぶ電気バス「IKEBUS(イケバス)」の運行も開始し、地域全体の活性化が期待できます。 さらに、東武鉄道が参画する池袋駅西口地区再開発も進行中です。 新たなまちづくりとともに、池袋駅西口地区は今後も大きく発展する可能性に満ちています。 船橋店 船橋店もまた、船橋駅に直結したターミナル百貨店です。 船橋駅は、JR東日本、東武鉄道、京成電鉄が乗り入れ、首都圏における巨大ターミナル駅の一つです。 2018年2月に新たな駅ビルがオープンしたことで、駅周辺はさらに賑わいを増しています。 また、都心へのアクセスが良い船橋市は「住みたい街」としても人気が高く、人口は増加傾向にあります。 そのため、従来のお客様に加えてより若い世代のお客様や、ニューファミリー層のお客様に足を運んでいただける店づくりを進めています。 2019年11月には、地下1階の惣菜売場をリニューアルオープンし、地域・沿線のお客様のニーズに沿った品揃えを強化しました。 近年、大手百貨店の不採算店舗の閉店が相次いでいますが、東武百貨店は、池袋本店・船橋店とも「ターミナル駅直結」、「商圏人口が増加傾向」という強みを活かし、不採算店舗のない経営を実現しています。 新食品館「eatobu(イートーブ)」誕生一周年 池袋本店の地下1階・地下2階8~11番地エリアの、新食品館「eatobu(イートーブ)」は2019年11月にオープン一周年を迎えました。 この食品フロア改装では、若手社員のアイデアを積極的に取り入れました。 一例として、地下1階にある「OYATSU table(おやつテーブル)」と「nicodeli(ニコデリ)」は、社員が一から企画し誕生した自主編集売場です。 若い感性を活かしたアイデアにより、ファミリー層や若い世代のお客様の集客向上につなげています。 池袋本店 和洋菓子売場リニューアル 2019年6月には、全国初出店となるキャラメル菓子専門店「ROAST CARAMEL MARKET(ロースト キャラメル マーケット)」がオープンしました。 これに先立ち、2019年4月には池袋地区初出店の重ね菓子ブランド「casaneo(カサネオ)」がオープンするなど、 新ブランドの導入により次世代のお客様の獲得を図るとともに、改装によって通路幅を広げ、お客様にとって「見やすく」「選びやすく」「買いやすい」 新たな菓子売場の創造を目指しています。 多彩なテナントの導入 東武百貨店では、幅広いお客様のニーズに応えるため、多彩なテナントを積極的に導入しています。 「ユニクロ」、「ニトリ」や、2017年11月に船橋店にオープンした「ビックカメラ」もその一例です。 店内のディスプレイに、ビックカメラ・東武百貨店それぞれで取扱っている商品を織り混ぜることで、店内の回遊性を高め、相互の利益向上を図っています。 2017年7月に池袋本店にオープンした「にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう」は、ファミリーのお客様向けの施設です。 お子様に人気の幼児番組キャラクターをモチーフにした遊び場や物販コーナーなど、ファミリーで楽しく過ごせる空間となっています。 また、東武百貨店では、テナント事業の強化に向け、テナントの運営管理や開発事業を行っている東武グループ企業への出向施策を継続的に行っています。 池袋本店で年に3回開催されている「大北海道展」は、テレビでもよく取り上げられる、大人気の物産展。 魅力的なイベントや催事は、多くのお客様を店内に呼び込み、店全体を活気づける力があります。 また、目新しいイベントや催事はメディアに取り上げられることもあり、これを機に新たな東武ファンを増やすことにもつながります。 新しい企画に挑戦! 池袋本店では、20~30代という若い世代のお客様やファミリー層のお客様をターゲットとした新規催事を開催しています。 特に食品催事については、20代の社員が若手ならではの目線で企画から手掛け、若い世代のお客様の興味を引く新たな催事に次々と挑戦しています。 そうした中で、「IKEBUKUROパン祭」や「IKEBUKURO肉グルメ祭」などは、多くのお客様にご好評いただき、食品催事の新たな柱となりつつあります。

次の

アフタヌーンティー・ティールーム 東武百貨店船橋店

船橋 東武 百貨店

TOPICS• リビングルームにマッチした商品を提案する新スタイルのお店... はせがわ• 雨の日サービス• 和洋酒• NEW OPEN 保険のことなら「ほけんの窓口」へ 複数社の保険商品から納得の保険プランが選べます。 生命保... ほけんの窓口 東武船橋店• 旭屋書店• ローストキャラメルマーケット創業祭 創業1周年を迎えるにあたり、日頃のご愛顧に感謝を込めて、創業祭を開催いたします。 期間中対象... ローストキャラメルマーケット• 夏のH. ~美しい日本 ふるさとの詩~原田泰治 版画展 原田泰治は日本の自然豊かなふるさとの風景や古くから日本に息づく風物詩を描き、その素朴でありなが... 美術画廊• ホコモモラ•

次の

東武百貨店とは(東武グループ、店づくり、催事・販促企画)|2021年度 新卒採用情報|東武百貨店

船橋 東武 百貨店

城北5区、東武東上線沿線を中心とした商圏人口は年々増加しており、さらなる集客が見込まれています。 こうした環境の中で池袋本店は、多くのお客様のマイストアとなることを目指し、魅力的なイベントの企画・開催や、食品売場・化粧品売場の大規模な改装等を通じて、次世代のお客様やファミリーのお客様のご来店促進を図っています。 また、現在池袋エリアでは再開発事業が進められています。 池袋駅周辺の4公園はアートの発信地としてリニューアルし、2020年には劇場も備えた複合商業施設「Hareza(ハレザ)池袋」が誕生する予定です。 東西南北の街を結ぶ電気バス「IKEBUS(イケバス)」の運行も開始し、地域全体の活性化が期待できます。 さらに、東武鉄道が参画する池袋駅西口地区再開発も進行中です。 新たなまちづくりとともに、池袋駅西口地区は今後も大きく発展する可能性に満ちています。 船橋店 船橋店もまた、船橋駅に直結したターミナル百貨店です。 船橋駅は、JR東日本、東武鉄道、京成電鉄が乗り入れ、首都圏における巨大ターミナル駅の一つです。 2018年2月に新たな駅ビルがオープンしたことで、駅周辺はさらに賑わいを増しています。 また、都心へのアクセスが良い船橋市は「住みたい街」としても人気が高く、人口は増加傾向にあります。 そのため、従来のお客様に加えてより若い世代のお客様や、ニューファミリー層のお客様に足を運んでいただける店づくりを進めています。 2019年11月には、地下1階の惣菜売場をリニューアルオープンし、地域・沿線のお客様のニーズに沿った品揃えを強化しました。 近年、大手百貨店の不採算店舗の閉店が相次いでいますが、東武百貨店は、池袋本店・船橋店とも「ターミナル駅直結」、「商圏人口が増加傾向」という強みを活かし、不採算店舗のない経営を実現しています。 新食品館「eatobu(イートーブ)」誕生一周年 池袋本店の地下1階・地下2階8~11番地エリアの、新食品館「eatobu(イートーブ)」は2019年11月にオープン一周年を迎えました。 この食品フロア改装では、若手社員のアイデアを積極的に取り入れました。 一例として、地下1階にある「OYATSU table(おやつテーブル)」と「nicodeli(ニコデリ)」は、社員が一から企画し誕生した自主編集売場です。 若い感性を活かしたアイデアにより、ファミリー層や若い世代のお客様の集客向上につなげています。 池袋本店 和洋菓子売場リニューアル 2019年6月には、全国初出店となるキャラメル菓子専門店「ROAST CARAMEL MARKET(ロースト キャラメル マーケット)」がオープンしました。 これに先立ち、2019年4月には池袋地区初出店の重ね菓子ブランド「casaneo(カサネオ)」がオープンするなど、 新ブランドの導入により次世代のお客様の獲得を図るとともに、改装によって通路幅を広げ、お客様にとって「見やすく」「選びやすく」「買いやすい」 新たな菓子売場の創造を目指しています。 多彩なテナントの導入 東武百貨店では、幅広いお客様のニーズに応えるため、多彩なテナントを積極的に導入しています。 「ユニクロ」、「ニトリ」や、2017年11月に船橋店にオープンした「ビックカメラ」もその一例です。 店内のディスプレイに、ビックカメラ・東武百貨店それぞれで取扱っている商品を織り混ぜることで、店内の回遊性を高め、相互の利益向上を図っています。 2017年7月に池袋本店にオープンした「にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう」は、ファミリーのお客様向けの施設です。 お子様に人気の幼児番組キャラクターをモチーフにした遊び場や物販コーナーなど、ファミリーで楽しく過ごせる空間となっています。 また、東武百貨店では、テナント事業の強化に向け、テナントの運営管理や開発事業を行っている東武グループ企業への出向施策を継続的に行っています。 池袋本店で年に3回開催されている「大北海道展」は、テレビでもよく取り上げられる、大人気の物産展。 魅力的なイベントや催事は、多くのお客様を店内に呼び込み、店全体を活気づける力があります。 また、目新しいイベントや催事はメディアに取り上げられることもあり、これを機に新たな東武ファンを増やすことにもつながります。 新しい企画に挑戦! 池袋本店では、20~30代という若い世代のお客様やファミリー層のお客様をターゲットとした新規催事を開催しています。 特に食品催事については、20代の社員が若手ならではの目線で企画から手掛け、若い世代のお客様の興味を引く新たな催事に次々と挑戦しています。 そうした中で、「IKEBUKUROパン祭」や「IKEBUKURO肉グルメ祭」などは、多くのお客様にご好評いただき、食品催事の新たな柱となりつつあります。

次の