千と千尋 火垂るの墓。 【都市伝説】千と千尋の神隠し|かずバズ/ブログ

火垂るの墓の都市伝説で節子が千と千尋に登場する理由がヤバい!

千と千尋 火垂るの墓

公開年度 作品 人数 割合 1984年 風の谷のナウシカ 308人 76. 8% 1986年 天空の城ラピュタ 313人 78. 1% 1988年 となりのトトロ 352人 87. 8% 1989年 魔女の宅急便 327人 81. 5% 1991年 おもひでぽろぽろ 165人 41. 1% 1992年 紅の豚 248人 61. 8% 1994年 平成狸合戦ぽんぽこ 221人 55. 1% 1995年 耳をすませば 237人 59. 1% 1997年 もののけ姫 300人 74. 8% 1999年 ホーホケキョ となりの山田くん 052人 13. 0% 2001年 千と千尋の神隠し 335人 83. 5% 2002年 猫の恩返し 230人 57. 4% 2004年 ハウルの動く城 289人 72. 1% 2006年 ゲド戦記 146人 36. 4% 2008年 崖の上のポニョ 265人 66. 1% 2010年 借りぐらしのアリエッティ 180人 44. 9% 2011年 コクリコ坂から 107人 26. 7% 2013年 風立ちぬ 064人 16. 0% 2013年 かぐや姫の物語 021人 05. 2% - 見たことがない 010人 02. 8%)」「千と千尋の神隠し(83. 5%)」「魔女の宅急便(81. 5%)」は凄まじい割合ですが、何よりもジブリ作品を見たことがない人は2. 5%しかいなという結果に驚きます。 そんな国民的アニメであるジブリ作品の興行収入やDVDの販売枚数はどれくらいなのでしょうか。 今回は、ジブリ作品の興行収入一覧と推移、また、ジブリがここまで有名になった戦略やブランディングを考察してみたいと思います。 ジブリ作品の興行収入一覧表と興行収入推移グラフ スタジオジブリがこれまで手がけた映画タイトル全24作品(うち3つは同時上映作品)を興行収入順に並べると以下のようになります。 公開年度をクリックすると、「風の谷のナウシカ」が一番上にきて、公開年度順に並びます。 なお、桁を合わせのために0を追加しています(ゼロパディング)。 ジブリ作品の興行収入は、「千と千尋の神隠し」が304億円で第1位、「ハウルの動く城」が196億円で第2位、「もののけ姫」が193億円で第3位でした。 意外だったのは、「もののけ姫」よりも「ハウルの動く城」の方が興行収入が多いことです。 観客動員数の推移グラフ 同様に、観客動員数の推移グラフです。 「千と千尋の神隠し」の突出ぶりがよくわかります。 観客動員数のグラフには記載していませんが、「思い出のマーニー」の興行収入は35億円ほどなので、観客動員数は220万-250万人ほどと予想できます。 「レッドタートル ある島のものがたり」は興行収入が7億円(660万ドル)しかないため、観客動員数は40万人ほどでしょうか。 アメリカ公開作品なので、映画料金が日本より安いはずです。 こうしてみると、「千と千尋の神隠し」や「もののけ姫」などの中期作はさておき、前期代表作の「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」の興行収入が「ホーホケキョ となりの山田くん」に負けているという事実……。 「ゲド戦記」でさえ「風の谷のナウシカ」の5倍の77億円の興行収入をあげています。 また、「風立ちぬ」以降の興行収入は、100億円を大きく下回ったままパッとしませんね。 個人的には、ジブリが面白かったのは「ハウルの動く城」までで、それ以降は流し観しかしていません。 残念ながら、ざっと調べた結果、かなり以前の売上枚数(本数)しかわかりませんでした。 不明もパラパラあります。 2万枚(2013年6月) おもひでぽろぽろ 20万枚(2000年) 紅の豚 80万枚(2003年6月) 平成狸合戦ぽんぽこ 40万枚(2000年) 耳をすませば 40万枚(2000年) もののけ姫 450万枚(2005年3月) ホーホケキョ となりの山田くん 不明 千と千尋の神隠し 550万枚(2005年3月) 猫の恩返し 72万枚(2005年3月) ハウルの動く城 270万枚(2005年3月) ゲド戦記 不明 崖の上のポニョ 64万枚(2009年7月) 借りぐらしのアリエッティ 不明 コクリコ坂から 9. ただ、これは2005年時点の数字です。 ジブリ作品は、毎年必ずテレビで放送されています。 視聴率も取れますし、DVD売上に与える影響も強いでしょう。 そのため、DVDなどの売上が止まることはないと思います。 「千と千尋の神隠し」は、もう600万枚は超えているのではないでしょうか。 ちなみに、一番売れたゲームソフトがスーパーマリオブラザーズで681万本、ドラゴンクエストIXでも440万本、ファイナルファンタジーVIIで407万本です。 「千と千尋の神隠し」がどれだけすごいかがわかりますね。 ジブリといえば?好きなジブリ作品と興行収入のギャップ ちなみに冒頭と同様、2013年12月に行ったアンケートで「好きなジブリ作品は?」という質問をしたところ、興行収入とはまったく違う結果でした。 好きなジブリ作品アンケート結果 第1位「となりのトトロ」17. わたしも、小学校4年生のときに見た「天空の城ラピュタ」のワクワクと感動は今でも覚えています。 前期作品は、興行収入で比べると「千と千尋の神隠し」とは30倍近い差があります。 ただこれは、映画の面白さに30倍の差があるということではありません。 ジブリ作品のブランディングとは ジブリ作品の流れが明らかに変わり、興行収入が爆発的に増えたのは「もののけ姫」からです。 企画、宣伝、興行を取り仕切るプロデューサーに鈴木敏夫氏を据え、徹底的なメディア戦略を行ったそうです。 それまでは、「アニメ=子どもが観るもの」という図式を「大人でも楽しんで観ることができるエンターテイメント」としてメディア戦略を展開したことで、興行収入に結びついた結果だと言えるでしょう。 一定の認知を超えると「ブランド」が確立します。 後はブランディングされた一定の質を持った作品を市場に投下していくだけで、ある程度の話題性とそれに伴った売上が見込めることになります。 つまり「もののけ姫」のメディア戦略がなければ、「千と千尋の神隠し」の世界的ヒットはなかったかもしれません。 それどころか、ジブリ作品そのものがここまで有名になることはなかったかもしれません。 ただし、一定の認知を超えたブランドは、市場から厳しい良し悪しの判断をされる土俵に立つことも忘れてはいけません。 もののけ姫以降、興行収入の波が激しくなり、宮崎駿監督が(半ば)引退してからは、明らかに興行収入が落ちてしまいました。 これはジブリ作品が市場の厳しい目にさらされた結果でしょう。 どれだけ作り手に思い入れがあったとしても、どれだけお金をかけたとしても、興行収入が振るわなければ、市場から「悪い」と判断をされているということです。 果たしてスタジオジブリは、また以前のように国民的なアニメを作ってくれるのでしょうか。 以下でディズニーアニメの興行収入もまとめています。

次の

【火垂るの墓】の都市伝説が怖い!赤いシーンは幽霊になったから?

千と千尋 火垂るの墓

原作小説は野坂昭如さんの実話がベースになってるので、ジブリ映画「火垂るの墓」は野坂昭如の実話なのか?といえば実話であるということになります。 でも2人とも養子だったので実の兄妹ではないです。 (映画は14才と4才で実の兄妹)妹の名前は節子ではなく恵子。 節子は養母の名前でした。 1945年(昭和20年)6月5日の神戸大空襲で家を失い、家族は火傷で死にました。 映画で、母に会えず泣く節子を励ますために清太は鉄棒の前回りをしますが、実話でも鉄棒で46回の前回り記録を持ってます。 焼け跡から食料を見つけたのも実話で、神戸の親戚に身を寄せたのも実話です。 防空壕で過ごしたの実話ですが、映画のように防空壕で生活したわけではないです。 映画での清太は妹思いのいい兄ですが、実話の野坂昭如さんは困窮したなか妹が疎ましく、泣き止ませるために頭を殴ったこともありました。 実話での妹へのせめての思いやりは、蚊帳の中に蛍を放つこと。 しかし食料に困るようになってからはろくに食事も与えず、1才の妹は痩せて骨と皮だけになって誰にも看取られず死去しました。 そんな実話があり、野坂昭如さんはあとから「妹をかわいがってやればよかった」と思い、妹への贖罪と鎮魂をこめて原作小説を書いたのでした。 やっぱり「火垂るの墓」が実話なのかと思うと切なくなりますね。。。 清太の所持品は錆びたドロップ缶。 その中には妹・節子の小さな骨片が入っていた。 駅員がドロップ缶を見つけ、無造作に草むらへ放り投げる。 地面に落ちた缶からこぼれ落ちた遺骨のまわりに蛍がひとしきり飛び交い、やがて静まる。 太平洋戦争末期、兵庫県武庫郡御影町(現在の神戸市東灘区[注釈 1])に住んでいた4歳の節子とその兄である14歳の清太は6月5日の神戸大空襲で母も家も失い、父の従兄弟の嫁で今は未亡人である兵庫県西宮市の親戚の家に身を寄せることになる。 最初のうちは順調だった共同生活も戦争が進むにつれて、二人を邪魔扱いする説教くさい叔母との諍いが絶えなくなっていった。 居心地が悪くなった清太は節子を連れて家を出ることを決心し、近くの満池谷町の貯水池のほとりにある防空壕の中で暮らし始めるが[注釈 2]、配給は途切れがちになり、情報や近所付き合いもないために思うように食料が得られず、節子は徐々に栄養失調で弱っていった。 清太は畑から野菜を盗んだり、空襲で無人となった人家から火事場泥棒し、時には見つかり殴られた上に派出所に突き出されながらも飢えをしのいだ。 ある日、川辺で倒れている節子を発見した清太は、病院に連れていくも医者に「滋養を付けるしかない」と言われたため、銀行から貯金を下ろして食料の調達に走る最中に日本が降伏して戦争は終わったことを知った。 清太は日本が敗戦し、父の所属する連合艦隊も壊滅したと聞かされショックを受ける。 節子に食べ物を食べさせるものの既に手遅れで、節子は終戦から7日後の8月22日に短い生涯を閉じた。 節子を荼毘に付した後、清太は防空壕を去る。 その清太もまた栄養失調に侵されており、身寄りも無いため三ノ宮駅に寝起きする戦災孤児の一人として野垂れ死んだ。 清太は他の2、30体の死体と共に荼毘に付され、無縁仏として納骨堂へ収められた。 未だに節子の「なんで蛍すぐ死んでしまうん?」って台詞が胸を打つ。 原作小説のカバーも節子だけで清太は映ってないほど。 そんな節子の年齢は4才で、兄・清太の年齢は14才です。 声優は、アニメだと子供の役でも大人の声優が担当したりするイメージがありますが、節子の声優は当時また5才11ヶ月だったので、年齢才はたった1才だから演技がとてもリアルで印象に残りました。 高畑監督は、劇団の子供たちが原作のセリフを読んだそのテープの中に「本物の節子の声が聞こえてきた」と、白石綾乃さんの声優演技を絶賛していました。 — どらさ DORASA3 白石綾乃さんは27才だった2009年10月にDJのTomoyuki Tanaka FPM さんのブログに登場したのを最後に、消息不明です。 この時は節子っぽく「おにぃちゃん、うち、テキーラ欲しいねん!」と言っていたそう。 2012年には『火垂るの墓』関連イベントの主催者サイドが連絡をとろうとしたものの、連絡先がわからず出演を断念したとか。 たぶん芸能活動はもう引退して一般人なんだと思います。 節子の死因は、食べ物がなくなって栄養失調だったように見えますが、本当の死因は「有害物質による衰弱」だというのが都市伝説です。 軍需工場の火事で、有害物質を含む黒い雨が降りました。 その雨粒が節子の左目に入るシーンがあるので、そのとき有害物質が体内に入ったことが死因に繋がったと思われます。 実際、節子はその後、左目の痛みを訴えてることも伏線の回収となってます。 もし栄養失調が死因だとしたら、体の大きさ=エネルギー消費量から考えて兄・清太のほうが先に倒れるのが自然だという見方もあります。 「清太と節子の幽霊を登場させているのだが、気の毒なことにこの体験を繰り返すしかないのだ」 映画のイントロで清太が駅で餓死すると、たくさんの蛍とともに画面が赤くなって節子の幽霊が現れます。 節子が清太の遺体に近づこうとすると、清太の幽霊が現れ引きとめ、節子は笑顔になります。 清太が古いドロップ缶を持つと、ドロップ缶は飴入りの新品になり、2人は幽霊として記憶を見ることでもう一度体験を繰り返すようです。 さらに都市伝説を裏付けるように「千と千尋の神隠し」に節子が登場します。 銭婆のもとへ向かい電車に乗った千尋。 最初の停車駅「沼原」のホームに、同じおかっぱ頭の少女が立っています。 少女の顔は見えませんが、半透明なので、清太が来る(死んで幽霊としてやってくる)のを待っている節子だといわれてます。 戦火を生きた幼い2人の一瞬の命を輝きを描いた感動作を是非大切な人とご覧下さい。 — スタンリー@金曜ロードSHOW! 当時の映画館は今のように座席指定ではなかったので、「となりのトトロ」と見てほっこりした観客が「火垂るの墓」を見て辛すぎて鬱になる人もいたとか。 そうして日本映画史上に残る「絶対にやってはいけない二本立て」となったそう。 1997年からは1年おきにテレビ放送されたのですが2011年にはテレビ放送されず、2013年を最後に放送されなくなり「放送禁止の理由」が都市伝説として話題に。 劇中で登場する節子が大好きな飴「サクマ式ドロップス」の商標権が原因だというのです。 番頭と社長の息子の2社に分かれて裁判で争うことに。 その結果、番頭の会社「佐久間製菓」が「サクマ式ドロップス」の商標権をゲット。 社長の息子の会社「サクマ製菓」は「式」のない「サクマドロップス」の商標権をゲットしました。 都市伝説ではこのことが放送禁止の理由といわれました。 しかし2018年4月5日に高畑勲監督が死去すると、4月13日の金曜ロードショーは予定していた「コナン」を中止して高畑監督の代表作「火垂るの墓」放送が決定。 日テレの谷生俊治プロデューサーが映画舞台を同じ神戸出身であり、高畑監督にお世話になったので「最大限の追悼と敬意」の意味を込めてのことでした。 なので「サクマ式ドロップス」の商標権は関係なかったようです。 きっと視聴率の問題と、あまりに救われない結末に『こんな悲しい映画、放送しないでほしい』という声が多かったからでしょう。 「火垂るの墓」テレビ放送は今回で13回目で高畑監督の作品としては最多。 ちなみに他のシブリ映画では、「風の谷のナウシカ」で17回。 その他にも「天空の城 ラピュタ」は16回、「となりのトトロ」は15回となってます。

次の

【火垂るの墓】節子の死因が怖い…声優も行方不明に「2人は幽霊として悲劇を繰り返ていた」

千と千尋 火垂るの墓

ついつい見てしまうジブリ作品ですが、信じられない都市伝説があるのをご存知ですか? 「 千と千尋の神隠し」にもそんなネタが数多く存在します。 それは「千と千尋の神隠し」のなかで、同じくジブリ作品「火垂るの墓」の節子を とあるシーンで見かけたという噂。 「火垂るの墓」といえば戦争時の中、兄妹が支えあって生きる様を描いた高畑勲監督の作品。 そんな時代背景や監督も違った作品の中で、果たして「千と千尋の神隠し」に 節子はいるのか? 筆者なりにその都市伝説を検証してみました! Sponsored Link 「千と千尋の神隠し」にあの節子が!? 「 千と千尋の神隠し」はご存知の通り、日本のみならず世界でも大ヒットしたスタジオジブリ・宮崎駿監督の作品。 ヒロインは荻野千尋という小学生の少女で、ある時、両親と一緒に別の世界へとスリップしてしまう話。 そんな「千と千尋の神隠し」で、同じくジブリ作品の「火垂るの墓」でお馴染みの 節子がいたという都市伝説があるのです。 噂の場面は、物語の後半部分になります。 千尋が変身した坊やカオナシと銭婆のもとへ向かうシーン。 一行はその途中、電車に乗っていくつかの駅を通り過ぎていきますが… その中で登場する「 水上の駅」のホーム。 ここで 誰かを待っているような小さな女の子が、一瞬ですが写し出されます。 この少女が、実は節子ではないかと一部の視聴者の中で噂されているのです。 ほんの一瞬しか写らないこと、そしてシルエットのように顔が黒く塗られているためハッキリと断定することは出来ませんが… 本当にこの娘は「節子」なのか? 「駅のホームにいた少女=節子」という都市伝説は本当なのか? そもそも、何故「千と千尋の神隠し」に節子が出ているという噂が広がったのか? 顔も判別出来ず、年齢も「火垂るの墓」で登場していた頃よりも年上のように感じられます。 実はこの都市伝説が生まれた背景には、「火垂るの墓」を監督した高畑勲氏が関係していたようです。 「 兄妹の霊が出ている」 Sponsored Link 「火垂るの墓」は清太と節子が太平洋戦争の中で逞しく生き抜く様を描いていますが、高畑監督による上記のコメントがこの都市伝説を生んだとのこと。 仮に「千と千尋の神隠し」においてあの少女が節子だとした場合、彼女が待ちわびていたのは兄・ 清太だったと仮定できます。 こう推測すると「火垂るの墓」の情景が頭の中で蘇ってきて胸のざわめきすら感じますが… しかしこの少女の正体について、現状ハッキリしたことは分かりません。 具体的な説明もありませんし、同じジブリ作品とは言えど発表時期が全く異なるからです。 時代背景も違うため、「千と千尋の神隠し」に登場した少女が節子であるという信憑性は薄いと個人的には思います。 とは言え、ここは見る人の判断次第でしょう。 ジブリアニメ、とりわけ宮崎駿監督の作品は壮大なテーマゆえ、見る人によっていかようにも解釈出来るからです。 いちファンとしては、 視聴者に謎を残すという意味で宮崎駿が意図的に作ったシーンなのではと捉えています。 「千と千尋の神隠しに節子が出ていた」なんて都市伝説があればまた違った視点で楽しめますからね。 まとめ 内容・設定ともに異なる2作品ですが、「千と千尋の神隠し」に火垂るの墓の節子が登場していたとは… これが本当なら衝撃の都市伝説ですよね。 スタジオジブリの2トップである宮崎・高畑監督。 そんな彼らだけに作品に遊び心を取り入れたとしても全く不思議じゃありません。 ただし先にも述べた通り、この都市伝説の真相は分かりません。 解釈の仕方はあなた次第ですが、考えようによっては楽しみが広がりますよね。 是非あの少女が登場する駅のシーンに注目しながら、再度鑑賞してみてください。

次の