香川 福岡 高速バス。 高速バス・夜行/深夜バスの予約なら、【発車オーライネット】

香川県発の高速バス|バス予約は日本旅行のバスぷらざ

香川 福岡 高速バス

道路運送法の規定に関わる審査を受け、国土交通大臣から許可を受けた事業者です。 安全にバスを運行できるか以下の内容を厳しく審査された後、許可を受けます。 道路運送法に抵触しないような停留所の設置• 運転者の休憩、仮眠施設の設置• 車両の保管、設備施設の設置• 事故を未然に防ぐ為の教育及び、指導体制、社内規定の構築• 損害賠償能力• 財務内容 運行路線は一つ一つ全て事前に認可を受ける必要があります。 運行ルートや時刻表などのほかに、停留所の位置まで届け出て認可を受けております。 当サイトに掲載している路線バスは全て一般乗合バス事業者による「路線バス」です。 非常に高いレベルの安全運行管理を実施しております。 ご安心してご利用ください。

次の

高松線

香川 福岡 高速バス

安全・品質向上への取組み コトバスでは24時間の運行管理体制を整えております。 運行中の管理はもちろん、運行前後の点呼では「アルコールチェッカー」「デジタルタコグラフ」「ドライブレコーダー」によって、ドライバーの各々の体調管理・安全指導を確実に行っております。 またより安心してご利用頂けるサービスを提供する為に、接客・接遇においてもプロジェクトチームを組んで外部講師と共に常に改善を行っております。 プロジェクトチームが中心となり、マニュアルの作成・実地研修・講習会の開催などを行っております。 SEAT 選べる シートタイプ• プレミアム3 お隣を気にしないプライベート感が魅力。 スーパーシート トイレ付にパワーアップ!• スーパーシート・バリュー お一人様の前後スペースをゆったり確保。 スタンダード リーズナブルな価格が魅力! コトバスエクスプレスについて コトバスエクスプレスは、香川・徳島・高知・愛媛の四国四県と、東京や名古屋方面を結ぶ高速バス・夜行バスです。 お客様の安全を最優先としているため、目的地に到達するまでにある程度の長い時間がかかることになります。 そのため、高速バス・夜行バスには、お客様のご負担を可能な限り軽減するために様々な工夫や取り組みが求められています。 特にコトバスでは高速バス・夜行バスでの高い快適性を実現するべく、様々な工夫を行っております。 コトバスは、四国で初めてISO39001(道路交通安全の国際的な規格)の認証を受けたバス会社です。 お客様を目的地まで安全にご案内することにかけては、絶対の自信があります。 運行前後にはしっかりとドライバーの体調管理を行い、常日頃から安全確保を第一に考える指導をしています。 運行するすべての車両には、衝突被害軽減ブレーキシステムや車両ふらつき警報、車両安定制御システムを搭載し、万が一の事故も未然に防げるような措置を講じています。 また、お客様の声を経営方針に積極的に取り入れることで、車内の快適性向上に努めています。 例えば、マスクやハンガー、ブランケットなどのお客様からご要望の多かったアイテムは、全車両にご用意しております。 ご入用の際には、添乗員までお気軽にお申し付けください。 トランクに預けていただいた荷物の取り違えが起こらないか不安になってしまう、というお客様も多かったので、お預かりした荷物の1つ1つにタグを取り付け、お客様にタグに対応する半券をお渡しすることにいたしました。 引き渡しの際には添乗員が半券の確認をさせていただいた上で荷物をお渡ししますので、取り違えが起こる心配はありません。 お客様にご不便をおかけしていたサイトもリニューアルし、携帯サイトからでもリアルタイムで空席情報の確認やお申込みができるようにいたしました。 スムーズにご予約いただけるので、お気軽にご利用ください。 こういった工夫にあわせて、もちろん車内環境の充実にも力を入れ、快適な空間の実現に努めております。 ゆったりお過ごしいただける独立3列シートの車両や、スマートフォンやノートパソコンの充電にお使いいただけるコンセントをご用意しております。 コトバスはコストパフォーマンスに優れており、安全かつ快適に目的地までの旅をお楽しみいただけます。 高速バス・夜行バスで香川・徳島・高知・愛媛の四国四県から東京・名古屋・福岡方面に向かわれる際には、是非コトバスエクスプレスをご利用ください。 GROUP コトバス グループのサービス• コーポレートサイト 琴平バス(コトバス) お客様にとって、いつでも身近な存在であるために。 地域社会へ広く貢献できる企業に成長するために。 お遍路の旅 四国巡拝センター 四国巡拝センターは、地元四国の四国八十八ヶ所専門会社として「バス・タクシー巡礼」はもちろん、思い立ってもなかなか一人では行けない「歩き遍路」もツアーで実施しております。 バスツアー バケーションくらぶ 香川、徳島、高知、愛媛発の東京ディズニーリゾート、スキー&スノーボードまで、バスツアーのことなら「バケーションくらぶ」におまかせください。 日帰りバスの旅 コトバスツアー お客様お一人お一人とのコミュニケーションと、ささやかなサプライズで旅の想い出作りのお手伝いを一所懸命に、かつ、それを楽しんでさせて頂きます。 タクシーでうどん巡り うどんタクシー 専門の知識を持ったドライバーがうどんの歴史・文化から本場のうどんの食べ方・注文システムなどうどんに関する「うんちく」を語りながらご案内いたします。

次の

九州方面(丸亀/高松

香川 福岡 高速バス

もくじ• 料金と時間の比較 新幹線 高速バス 車 料金 14,000円 7,200円 11,500円+ガソリン代 時間 3時間10分 8時間30分 5時間10分 備考 新幹線は普通指定席での料金 大人通常の料金 高速は平日のETC料金 料金や時間はルートや時期によって微妙に変わりますが、こうして見ると新幹線の優秀さがよく分かりますね。 (とか言いつつ高速バスを選んでしまったわけですがw) とはいえ、これだけでは分かりにくいので、それぞれの移動方法についてもう少し掘り下げてみます。 新幹線での移動について 新幹線と言っても博多から高松駅までは直接は繋がっていないので、博多から岡山までは新幹線。 岡山から高松まではという快速電車に乗ります。 新幹線が約12,500円、マリンライナーが1,510円なので、合わせて14,000円前後。 時間は乗り換えも含めて3時間〜4時間ほどみておけばいいと思います。 他の2つと比べて早くて楽なのは間違いないので、あとはお金の問題ですかね。 博多ー岡山の新幹線の料金は、以下の記事が分かりやすかったので参考にしてみてください。 参考 高速バス(夜行バス)での移動について 僕が乗った「」だと、福岡を22時頃に出て、高松駅には翌朝の6時半頃に着きます。 料金は大人料金で片道7,200円ですが、早割で予約できれば6,000円前後で取れる便もあるので、移動する日にちが決まってるなら早めに予約するのがいいですね。 料金的には新幹線の半分ですし、ガソリン代まで含めれば自分の車で行くよりも安いので、お金だけで考えると高速バスが最安です。 が、実際に移動してみて痛感しましたが、ぶっちゃけ結構キツイのは覚悟してくださいw (具体的な感想は記事の後半で書きます) 予約に関しては以下のサイトが日ごとの料金も比較できて分かりやすかったです。 参考 車での移動について 福岡から香川までは約500kmありますので、休憩する時間を入れると夜行バスと大してかかる時間は変わらないと思われます。 料金的にも高速代まで含めると新幹線とほぼ同じ金額になるはずなので、観光なら違う手段で行って向こうでレンタカーを借りたほうがよっぽど楽ですね。 ただ、人数3〜4人いるなら高速バスを使うよりも安くなりますので、金額だけで考えるなら車がお得にはなるかなと。 どの移動手段を選ぶべきか?• 新幹線を選ぶのが早いし楽• 体力に自信があるなら半額で行ける高速バス• 3人以上なら自家用車での移動も検討 往復で約3万円とお金はかかりますが、時間と体力的なことを考えても新幹線(+マリンライナー)を選ぶのが1番ベターです。 正直30代前半の僕でも、夜行バスで往復して観光するのはしんどかったので、行きは新幹線を使って体力温存。 戻りは帰るだけなんで夜行バスなど、最低でも併用するのがおすすめ。 ただし翌日も仕事が休みなことが条件でしょうか…笑 自分の車を使っての移動は先ほども書いた通り、1人なら新幹線と、2人なら高速バスを使った場合とほぼ同じ金額になるので、3人以上なら金銭的なメリットはあるかなと。 ただ、乗ってるだけの夜行バスでもきつかったのに自分で運転しなくちゃいけないので、体力的なことも考えて決めてください! 夜行バスで福岡ー香川を往復してみた感想 バスの出発は22時頃なので、一緒に香川に行く友人と合流してまずは立ち飲み屋で一杯。 今回乗る「さぬきエクスプレス福岡号」は車内にトイレがあるので、アルコールでトイレが近くなっても安心ですw 時間になったのでバスに乗車。 夜行バスで往復する香川うどんの旅がスタート! ちなみに乗車場所の「」は少し前に改装されてキレイになっていて、スタバがあったり、ローソンにはちょっとしたお土産もあるので、早めに着いてゆっくりするのもありだと思います。 福岡発だと博多バスターミナル、小倉駅前でも乗車可能です。 周りのお客さんの目が気になって車内の写真が全然なくて申し訳ないんですが、シートは横に3席の独立シートなので、比較的にゆったりは座れます。 各席には1つずつコンセントが付いてるんで、スマホなんかを夜のうちに充電できるのはよかったですね。 小倉を出て、0時半頃に1回目のサービスエリアでの休憩。 この頃はまだ元気があって、関門海峡にテンション上がったりしてましたw (暗くて写りが悪い…) 休憩が終わって出発すると、車内は消灯されておやすみタイム。 ただ、ゆったりしてるとはいえバスの席ですしなかなか寝付けず、ようやく寝れたのが2時過ぎ… と思ったら4時半には再度のトイレ休憩にて起こされてしまいました… 別に降りなくてもいいんですが、真ん中の席だと車内に明かりがつくと目が覚めちゃうんですよねー。 窓際の席はカーテンで仕切れるようになってるので、カップルなど2人での予約でも窓際の縦並びがおすすめです。 休憩後はもう1回消灯するものの、香川側にも降りれる場所が複数あるんで、その度にアナウンスがあって起こされ… そうこうしてるうちに、6時半には高松駅に着いてしまいました! 実質2時間ちょっとの睡眠で日帰り旅をしてきたんで、やっぱりしんどかった….

次の